yobiko さん プロフィール

  •  
yobikoさん: 大学受験予備校の大学受験応援ブログ
ハンドル名yobiko さん
ブログタイトル大学受験予備校の大学受験応援ブログ
ブログURLhttp://jukenyobikou.seesaa.net/
サイト紹介文新宿にある大学受験予備校からの大学入試合格を目指す大学受験生に向けた応援メッセージです!
自由文大学受験に勝つために必要な勉強法は? 何をどう勉強すればいい? 受験に失敗しないために必要な心構えは? 西新宿の予備校が、あなたに「失敗しない」大学受験合格に関しての様々な情報をお伝えいたします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/12/23 09:05

yobiko さんのブログ記事

  • いよいよ一般入試!
  • AO入試や公募制推薦の結果も大方出、いよいよこれからは一般入試で受験をする生徒さんたちにとっては、カウントダウンの季節がやってきました。気温もだんだん下がってきて、いよいよ冬本番、受験本番のムードになってきましたが、受験生の皆さんは身体を壊さずに頑張ってください。最後まで応援、フォローを惜しみません! [続きを読む]
  • 面談ジャンキーの母親に注意!
  • 最近の脳科学の研究によると、男性は1日6000ワード、女性は1日2万ワードの言葉を話さないとストレスが溜まるそうです。女性はじつに男性の3倍以上の言葉を話さないとストレスを抱え込む動物なのだそうです。井戸端会議をしているオバちゃん、女子会、女性ばかりが電車の中でぺちゃくちゃ喋っているカップル。これらの例を思い浮かべれば、なるほど!と納得がいくことでしょう。また、ドラマでよく描かれる中年の倦怠期を迎 [続きを読む]
  • 教育学部系のAOで有効な必殺フレーズ
  • The man who has no imagination has no wings.想像力のない人には翼がない。ちょっとカッコつけ過ぎかもしれませんが、AO、公募の面接などで、この言葉使えます。使いやすい学部は、教育系。それと文学部系を受験する受験生の中には、将来教師になりたいという志望理由の人もいるので、そのような将来像を抱いている人も使えます。このような将来を描き、志望理由にする生徒は、将来の自分は、生徒たちに「生きる力」を育みたい [続きを読む]
  • ドリームキラーだらけの高校だったら無理して通う必要はない!
  • もし、あなたが通う高校の先生が塾や予備校が嫌いで、「予備校に行ってる奴は受からない」なんてことをクドクド言っているような教師が多かったら?さらに、周囲のクラスメートは就職や専門学校進学が多く、大学進学のために勉強をしているような生徒をみつけては、イジったり、からかったり、イジめたりするような環境だったら?正直、そんな連中に合わせるだけエネルギーと時間の無駄です。選択肢は2つあります。もし、1年生や [続きを読む]
  • 大手予備校と少人数制予備校の違い
  • 大手予備校の授業は、大きい教室で行われることが多いです。大勢の生徒を詰め込み授業。大学の講義みたいに。ですので、学力も、志望校も異なる様々な生徒を相手にしているため、生徒一人一人の学力や、学力の定着度、現状まではフォローできません。というか、フォローしたくても出来るわけがありません。しかし、うちの予備校は違います。大手予備校ではないので、小さめの教室での少人数制授業が行われます。しかも、授業終了前 [続きを読む]
  • シオノギ製薬の子どもの「うつ」治験
  • 引きこもりがち、怒りっぽくなった?ふさぎ込んでいる?元気がない?自信をなくして落ち込んでる?最近、笑顔を見てないうつ病に悩むのは大人だけではありません。近年、児童思春期にかかるうつ病があることが明らかになってきました。小学生から高校生の時期にも「うつ病」はあります。ただし、大人と症状の現れ方が違うため、気づきにくいことがあります。しかも日本にはまだ小児のうつ病に適応なる薬はありません。シオノギ製薬では [続きを読む]
  • サボっている人が、自分よりいい思いをしてたらどう思いますか?
  • 皆さんはおそらく大学に入学したら、アルバイトをすることと思います。あるいは既にしている人もいるかもしれません。で、バイト先で、サボっている人がいたらどう思いますか?自分はサボらずマジメに働いているのに、遅刻の常習犯やサボり魔たちと同じ給料をもらっていたらどう思いますか?「ちゃんとマジメに働けよ!」って思いますよね、普通。で、サボっているバイトが仕事を怠けているくせに「時給が安い、もっと高い時給が欲 [続きを読む]
  • 錯覚資産。脳のメカニズムを知れば、AO、公募制推薦が有利になる!
  • 「お前にこの大学は無理だ」「受けてもいいが宝くじを買うつもりで受けろ」そんな冷淡なことを言う学校の先生、いますよね。でも、合格したとたん「先生は信じてたゾ、先生はお前ならやってくれると思っていたゾ」「君は我が校の誇りだ!」などと言って手のひらを返すと先生も、いますよね。参考:高校の先生が手のひらを返しはじめていますひどい!たしかにひどいです。でも、これって、人間の脳のメカニズムそのものなんですよ。 [続きを読む]
  • 学歴はあるに越したことはない(できれば高学歴)
  • 世間では、「学歴なんて関係ないよ」と言われますが、果たして本当でしょうか?たしかに、中卒や高卒の人が起業して社長になっているケースもありますし、有名大学を卒業しなくても、社会の第一線でバリバリと活躍している人もいます。しかし、これらの人は、多くの「高学歴ではない人たち」の中では、きわめて少数派であることを認識したほうが良いです。そういう人たちもいるんだから、自分だって将来、起業すればなんとかうまく [続きを読む]
  • 金足農高と激突した大阪桐蔭の試合を見て思い出したこと
  • 今年の高校野球は盛り上がりましたね。なにせ、秋田の金足農高と大阪桐蔭の激突ドラマ。出身県とは関係なしに、熱く見守っていた人も多いのではないでしょうか?秋田も頑張った!そして、史上初2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭も快挙!決勝戦。金足農高に勝った後、大阪桐蔭の根尾君のインタビュー、覚えてますか?「誰にも負けないぐらい練習しました」そうなんです。大阪桐蔭の野球部は「日本一の練習量」の高校としても有名 [続きを読む]
  • AO、公募制で受験する経済、経営、商学部志望者にオススメ本
  • 文系で、商学部、経済学部、経営学部を目指す多くの受験生の本音は、⇒まだ将来なりたい職業が決まってない⇒そこそこツブシがききそうな学部だろ⇒就職に有利そうな学部だから一応受けてみっかそんな感じだと思います。もちろん、それでも結構です。ただ、しかし、面接がある試験、すなわち、AO入試や公募制推薦の時に、そのような考えを前面に押し出すのはどうかと。就職に有利だからおたくの大学に入りたいです、入れてくださ [続きを読む]
  • 生徒の「伸びる」「伸びない」は、短時間でだいたい分かる。
  • 新しい生徒が入塾してくると、これまでの学習情況や、もしもっていれば過去の模試の結果などを見ながら、面談をします。5分も話せば、いや5分も話さなくても、だいたいその生徒が伸びる・伸びないは分かります。声のトーンや抑揚、相槌の打ち方、目の強さ、目線の動き方、頬杖をついているか否か、貧乏ゆすりをしているか否か、脚の開き方、口をぽかんと空けているか、きちんと結んでいるか、話し方の筋道、回りくどいか、結論か [続きを読む]
  • 推薦入試。ウザい志望理由書になっていませんか?
  • 私はカナダに2年間留学していました。私は茶道の免状を持っています。私は週末に乗馬をやっています。私はひきこもりでした。私は生物が得意で模試で全国1位をとったことがあります。はいはいはいはい。ご立派、ご立派、素晴らしい。で?たしかにAOや公募の志望理由書の中に入れれば、映える経歴であり、能力でしょう。(ひきこもりは除く)でも、自分の華々しいところ(ひきこもりは除く)を押し売りしすぎな志望理由書になって [続きを読む]
  • 思考は現実化する。何千回も夢を思い描いていれば
  • 「思考は現実化する」という言葉、一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?実際、そういうタイトルの本も出ていますしね。思考は現実化するこの本に限らず、この本に書かれている内容と同内容の成功法則が書かれたビジネス書や自己啓発書は、それこそ星の数ほどあります。少し前だと「引き寄せの法則」関係の本もだいぶ出ていましたね。これらの本には、様々な事例や細かな切り口は異なるものの、自分の目標を常に思い [続きを読む]
  • 「やりたいことがないから勉強しない」は言い訳
  • 言い訳、しようとしましたね?生徒からよく相談される内容のひとつに、「やりたいことがない」だから、「大学行く気がしない」だから、「勉強する気がおきない」というものがあります。結論から言ってしまえば、それは「逃げ」にすぎないと思います。今の世の中、大人だって、本当にやりたいことをやって楽しく生きている人なんてごく僅かですよ。「やりたいことがない」は、「勉強しない」にはつながらない。むしろ、「やりたいこ [続きを読む]
  • やる気になった。でも何から初めて良いのか分からない。そういうときは?
  • よし、本格的に勉強に取り組むぞ!しかし、何をどうやっていいのかわからない。そんなときはどうする?うちの予備校に通う生徒だったら、担任がすぐさまピッカピカの学習計画を立ててくれます。しかし、予備校や塾に通わず、まずは独力で「今、やれるところから取り組みたい!」と考えている人も多いはず。そういう人は、何をどうやる?今すぐ出来る簡単な方法。まずは、直近の定期テスト(中間・期末テスト)の見直し&復習をしま [続きを読む]
  • 「出来る」を増やせば、「学力」上がる
  • 解ける(解けた)問題の数を増やせば、学力(偏差値)もあがります。何を当たり前なことを!そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、では、あなた、これまで、英語でも数学でも良いのですが、使っている問題集の問題のうち、何問「出来る」「解ける」がありますか?たとえば『ネクステ(Next Stage)』には、1400弱の問題が掲載されていますが、その中の何問が確実に出来るといえますか?1380問中1000問?1380問中100問?1 [続きを読む]