む〜さんパパ さん プロフィール

  •  
む〜さんパパさん: 楽しいむ〜さん一家
ハンドル名む〜さんパパ さん
ブログタイトル楽しいむ〜さん一家
ブログURLhttp://www.blog-sanyo-railway.com/sanyo-005/
サイト紹介文酒と電車が大好きなむ〜さんパパが山陽電車と沿線のあれこれをちょっとマニアックに紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/12/24 14:28

む〜さんパパ さんのブログ記事

  • 帯の位置が変わった!3058号
  • つい先日工場から出場した3058号。帯の位置が変わってカッコ良くなったとファンの間で話題になっています。む〜パパ、その3058号の走っている姿は見ますが・・・、 まだ、写真撮ってないです(スミマセン)! というわけで、そ … 続きを読む → [続きを読む]
  • 【20周年】明石海峡大橋開通当時の山陽高速バス(後編)
  • では後編として、明石海峡大橋開通時に用意された8両のうち残り3両をご紹介します。7009号。いすゞP-LV719R(川重車体)1990年式。山陽バスに1両だけ存在したいすゞのスーパークルーザーで、貸切時代は8020号。トイレは無く淡路線で使用されました。貸切時代(8020号)の姿。当時ミニカー化できる唯一の車両だったため、特注トミカとして発売された際7009号が選ばれています。(厳密にはトミカはスーパーハイデッカーではありませ [続きを読む]
  • 【20周年】明石海峡大橋開通当時の山陽高速バス(中編)
  • 前回は今からちょうど20年前、明石海峡大橋開通当日の山陽高速バスの様子をお届けしたわけですが、今回は当時活躍した懐かしい車両たちをご紹介します。明石海峡大橋開通時、山陽バスでは専用車を新造せず全車他用途からの転用車で開業に備えました。その内訳は夜間高速バスから2両、貸切バスから6両の計8両でした。貴重な全車の写真記録です。7002号。元熊本線用の夜間高速バス車両で、3列26人乗りカーテン付きの豪華仕様でした。 [続きを読む]
  • 【20周年】明石海峡大橋開通当時の山陽高速バス(前編)
  • 今月の山陽沿線カイド「エスコート」は明石海峡大橋開通20周年を取り上げています。む〜パパ、昨日のことのように思いますが、20年が経つんですね。トシも取るわけです。乗り物イラストレーター、井上広大さんデザインの記念ポストカード。20年前、開業当時の車両と現在の車両が描かれています。今回は開業当時の貴重な写真を公開しましょう!1998年4月5日。明石海峡大橋開業の日、学園都市駅で高速バスの開業式典が行われました。 [続きを読む]
  • 【キュービックバス】高校生に人気のあった「フカフカバス」
  • 「さよならキュービック」と題してシリーズ化するつもりだった記事ですが、「その1」で後が続かずご無沙汰している間に本当に「さよなら」してしまいました・・・。各車をマニアックに解説したいところなのですが、今回は置いておいて少し面白い車両をご紹介します。1536号 1985年式いすゞP-LV218L(川重車体)今となっては懐かしい、最初期のキュービックです。これは何の変哲もないノーマルなキュービック。今回ご紹介するのは [続きを読む]
  • 【歴博】「線路は続く」展開催中!
  • 姫路にやって来ました。兵庫県立歴史博物館。現在開催中の特別企画展「線路はつづく」です。日本の鉄道創成期はイギリスやアメリカなどから輸入されたレールを使用していました。この展覧会では鉄道の発展を「レール」から見たものです。当時の双頭レールに代表される輸入レール、国産化されたレールなどを通じて兵庫県内の鉄道網の充実を解説しています。急速に拡大する鉄道網とその国産化が、当時の日本の近代化とリンクしている [続きを読む]
  • 【たつの】昭和レトロ情景館で鉄道模型と昭和のジオラマを楽しむ
  • 突然ですがこの写真。詳しい方ならば「天賞堂のキハ17や!」と言ってしまうかも知れませんが・・・。これは言うまでもなく模型の写真です。少々山陽沿線からは遠ざかりますが、この3月22日、たつの市の旧市街地龍野町に「昭和レトロ情景館」がオープン。築200年という古民家の中に広がる鉄道模型というよりは、昭和30~40年代をテーマとした素晴らしい街並みジオラマが展示されています。外観。ジオラマ製作者のご実家とのこと。入 [続きを読む]
  • 【祝】神戸電鉄開業90周年メモリアルトレインが出発!
  • 神戸電鉄は1928(昭和3)年11月28日、湊川〜有馬温泉間で営業を開始して今年で90周年。これを記念し往年の旧塗装を再現した「メモリアルトレイン」が5月19日(土)、デビューしました。この旧塗装車、2編成がデビュー。今回はスプリンググリーンとシルバーグレーのツートンカラー。もう一つ、オレンジとシルバーグレーのツートンカラーは7月ごろに登場するとのことです。メモリアルトレインの出発式が行われる谷上駅には、すでに多 [続きを読む]
  • 春の阪急レールウェイフェスティバル2018
  • む〜パパ、鉄道会社の工場公開はあちこち参戦していますが、実は阪急電車の正雀工場には行ったことがありません。今回「春の」レールウェイフェスティバルに訪問する機会を得て(事前申込・抽選制)、ようやくやって来ました。が・・・、大雨・・・。昨年は阪急の「秋のフェスティバル」が台風で中止になっており、何となく天気に恵まれないお祭りではありますが・・・。雨が止まないので建屋の中へ避難です。広々とした工場では宝 [続きを読む]
  • 【新神戸】布引の滝からフロインドリーブへ
  • む〜さん一家、新緑の新神戸駅に降り立ちました。竹中大工道具館です。た〜さんリクエストによる「ジブリの立体建造物展より」ですが、詳細はのほほんくじらさんのページを見ていただくとして・・・。新神戸駅の裏手を少し登ると「布引の滝」があります。「日本三大神滝」の一つと言います。(「日本三大名瀑」に入ることもあります。)こちらは雄滝。新緑が目に染みます。良い季節になりました。少し下流の雌滝には古い石造の取水 [続きを読む]
  • 【鉄道模型】山陽電鉄3050系Nゲージ第2弾ついに発売!(その2)
  • 前回ご紹介した山陽3050系Nゲージ第2弾のうち、もう一つ3050系アルミカー試作編成3066号のモデルをご紹介します。基本的には第1弾で発売されたアルミカー3072号の色替えとなる製品ですが、今回新しく追加された金型もあります。3066号は1981(昭和56)年、我が国初の大型押出し形材を用いた新工法アルミカーの試作車として登場しました。アルミ製で登場したのは3066-3067の2両で、3号車の3508号は他の編成から来たもので、4号車の3 [続きを読む]
  • 【篠山】旧垂水警察署の建物に出会う!
  • 現在学が丘にある垂水警察署。以前は垂水駅の浜側、国道2号線沿いにありました。その頃の写真を撮っていないのですが、いわゆる洋館で「異人館警察」などと呼ばれていました。市民に惜しまれつつ1986(昭和61)年に取り壊されたのですが・・・、丹波篠山に移築され現存するというので、む〜さん一家、遠征です。さすがに電車で来るというわけにもいかず、今回はクルマです・・・。「お菓子の里 丹波」写真は本館。この裏手に庭園 [続きを読む]
  • 【須磨浦公園】満月と敦盛桜
  • このところの暖かさで一気に満開になった桜。む〜さん一家、今年も揃って敦盛桜に行ってきました。敦盛橋へ向かう坂道。ふと後ろを振り返ると、桜色の満月が。大勢の人が桜と満月のコラボレーションに見とれています。こんな感じで、いかがでしょう?「敦盛大門」を抜け、メイン会場へ!見事に満開の桜です。圧巻です。テーブルマッピング「春咲くテーブル」「デジタル・メモリアル・スポット」裏側からシルエットで撮ってみました [続きを読む]
  • 【山陽バス】2018バスフェスタ【神姫バス】
  • 3/24・25の両日、イオンモール神戸北で神姫バス・山陽バス共同の「バスフェスタ」が開催されました。ちょっと山陽沿線からは離れているのですが、山陽バスからは「6000系塗装」の車両が参加していました。む〜パパ、24日に行ったのでスカイバス見ていません・・・。山陽バスはチョロQなどのグッズと懐かしい写真を販売。懐かしいいすゞBUや路線バスでは近隣で並ぶもののない豪華仕様のCQA、山陽バスの代名詞と言われた三菱ふそうセ [続きを読む]
  • 【鉄道模型】山陽電鉄3050系Nゲージ第2弾ついに発売!(その1)
  • 発売が大きく遅れ、一部の店舗では予約取消しになったという話まで出た山陽電鉄3050系の鉄道模型Nゲージモデル第2弾が3月2日、突然発売となりました。今回のモデルは前回発売の3050系鋼製車新塗装およびアルミカーの仕様変更とも言えるものですが、そこは製造したマイクロエース社、単なる色違いではありません。今回は前回モデルとの違いを徹底的に検証してみましょう。左から今回発売の旧塗装3050・前回発売3054・今回発売3066・ [続きを読む]
  • 【東二見〜西江井ヶ島】近代建築と酒蔵の町を歩く
  • 前回西新町〜江井ヶ島をウォーキングしたメタボ気味のむ〜パパ、今回は東二見駅へ降り立ちました。山陽鉄道フェスティバルでおなじみ東二見工場がある山陽電車の拠点です。車庫のほうへ行ってみたいのはやまやまですが、今回は浜手へ。駅の南側はエレベーターも付き、面目一新ですね。ここから海へ向かって歩くと、ほどなく近代建築ファンには有名な建物があります。現在は明石市二見市民センターとして使われている旧二見町庁舎。 [続きを読む]
  • 3204号「Last Run」ヘッドマークを追う!
  • 今月末に引退する3204号に「Last Run」ヘッドマークが掲出された初めての週末。そこそこ好天だったこともあり、撮影に便利な「1dayチケット」を片手に、沿線には多くのファンが出動していました。む〜パパ、寝坊したため、とりあえず近場の霞ヶ丘駅に出動。いつもの撮影地です。すっきり晴れてくれても良かったのですが、なんとなく曇りがち。冬の天気だけに文句は言えません。特急通過待ちの間に霞ヶ丘駅へ。撮った3204号に乗車し [続きを読む]
  • 【さよなら】最後の3200形オリジナル車3204号が引退
  • 山陽電車で3200形の引退が続いています。3200形についてはこちらに詳しく。3200号・3202号はすでに引退し、3204号が今月末で引退することとなりヘッドマークを掲げて運行しています。この編成の引退をもってオリジナルの3200形は消滅することになります。今回はヘッドマークが取り付けられる前の姿をマニアックにご紹介します。3204号は、3200形オリジナル3編成のうち最後に冷房が取り付けられたため、5000系と同じ集中クーラー(C [続きを読む]
  • 【西新町〜江井ヶ島】冬の海辺をウォーキング
  • む〜パパ、最近メタボ気味なので休みの日は歩くことにしているのですが、今回は西新町駅に降り立ちました。高架の風景も街になじんできました。線路跡も道路へと工事中。高架下の店舗も徐々に完成、新しい街づくりが進んでいます。明石川に沿って河口へ出ます。確か県営住宅の庭に古い明石市バスの廃車体が置いてありましたが、県営住宅そのものが建て替わりバスなど跡形もありません。河口の砂洲は鳥たちの楽園。無数のカモメが占 [続きを読む]
  • 【エコパーク網干】かき祭りと元明石市バス
  • 山陽沿線まちガイドでも予告されていたエコパーク網干の「かき祭り」みなさまは行かれましたか?む〜さん一家、せっかくの冬。寒い季節にふさわしい「かき」を味わいに山陽網干駅に降り立ちました。山陽網干駅。豊橋から始まる私鉄ネットワークの最西端駅にあたります。JRにも網干駅がありますが、元々網干の市街地は山陽電車よりさらに南側(浜側)に広がっています。さてさて「かき祭り」会場、エコパーク網干までは無料送迎バス [続きを読む]
  • 3024号・3202号「Last Run」ヘッドマークを撮る!
  • とうとう「Last Run」ヘッドマークが付いた3024号と3202号。1月末で引退の報を受け多くのファンのみなさんが沿線に出動しています。む〜パパも出動!午前中晴れていたのですが、む〜パパ出動の午後になると雪空になり怪しい天気に。まずは上ってくる3202号を西江井ヶ島駅西方で。1時間後にやって来る3024号を西二見〜播磨町間の双子東踏切道で。姫路寄り3612号のヘッドマークは少し歪んでいるような・・・。にしても天気がはっきり [続きを読む]