む〜さんパパ さん プロフィール

  •  
む〜さんパパさん: 楽しいむ〜さん一家
ハンドル名む〜さんパパ さん
ブログタイトル楽しいむ〜さん一家
ブログURLhttp://www.blog-sanyo-railway.com/sanyo-005/
サイト紹介文酒と電車が大好きなむ〜さんパパが山陽電車と沿線のあれこれをちょっとマニアックに紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/12/24 14:28

む〜さんパパ さんのブログ記事

  • 「行こう‼ミライ電車」運行中!
  • 山陽電車110周年記念イベントの一つ、絵画コンクール「行こう‼ミライ電車」入賞作品を車内に展示した、その名も「行こう‼ミライ電車(そのまんまですね・・・。)」が運行されています。「行こう‼ミライ電車」使用車両は6000系6004号。1号車6004号の前面に取り付けられているヘッドマークは最優秀作品2点のうちの1点。明石市立谷八木小学校2年生、河上響右さんの作品「お魚電車が海を走るよ」です。海の中を電車が走る明石らし [続きを読む]
  • 【曽根〜妻鹿】播州の秋祭りをぶらぶらと。
  • 10月のこの時期、山陽電車沿線で繰り広げられるお祭り。「播州の秋祭り」と一括りにしてしまうのはもったいないほど、あちこちの神社で華やかに催行されています。む〜パパ、10月14日、「灘のけんか祭り」で有名な白浜の宮駅を中心に少し散歩してみました。白浜の宮駅改札口。普段は無人駅ですが、10月14・15日の「灘のけんか祭り(松原八幡神社)」開催中は駅員さんがたくさん。シャッターを開けるとガラス張りの窓口が現れます。 [続きを読む]
  • 【西宮】鉄道写真も有名なおいしい洋食屋さんへ
  • 天気も良かったので一家でお出かけ。阪神西宮駅に降り立ちました。お昼まで少し時間があったので西宮神社へ。全国のえびす神社の総本社ですが、その創建は謎に包まれています。それはともあれ、人が大勢来ています。実は10月7日・8日の2日間、西宮神社を中心に「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」が開催されており、市内の酒蔵が境内で利き酒大会(有料)!とりあえず小さいコップで味見してから、気に入れば買うもよし。友人同士 [続きを読む]
  • 山陽6000系直通特急を阪神沿線に追う!(後編)
  • 淀川でこの道の先輩と合流したむ〜パパ、再び大阪へ上って来る6000系を狙うため野田〜福島間のトンネル入口へ。まずは野田駅から線路に沿ってしばらく歩き、環状線の高架をくぐったところにある歩道橋に上ってみました。こんな感じで、地下から出て来る電車を撮ることができます。阪神5700系「ジェットシルバー」が現れました。振り返るとJR環状線の新型車323系が。実は山陽6000系とここで出会っているのです。しばらく待っている [続きを読む]
  • 山陽6000系直通特急を阪神沿線に追う!(中休み編)
  • さてさて、芦屋市の打出若宮町踏切道で6000系直通特急を姫路へ見送ったむ〜パパですが、まだここで電車を待ちます。6000系直通特急の何本か後を追いかけてきた「Meet Colors! 台湾」号。レインボーカラーの車体帯が目を引きます。阪神ジェットカー5500系リニューアル車。紫色に近くなったブルーが新鮮な印象。現在2編成が活躍しています。ここで場所を変え、打出駅東側の打出東口踏切道へ移動。ここは少し高い位置から地面に下りて [続きを読む]
  • 山陽6000系直通特急を阪神本線に追う!(前編)
  • 「6000系がついに直通特急デビュー!」との報に接し、ここは阪神電鉄線内で撮影したいと朝早くから出動したむ〜パパ。ほとんどが高架化あるいは地下化された阪神本線では、珍しく地上区間の残る芦屋市内へ。まずは打出駅に降り立ちました。時刻はまだ8時10分くらい。駅の東西を歩き回り、落ち着いたのは打出駅のすぐ西側にある打出若宮町踏切道。芦屋市内のこのあたり、街角にお地蔵さんを集めた場所を見ることが出来ます。お花を [続きを読む]
  • 【山陽6000系】京阪13000系も兄貴分でした。
  • 先日、東京メトロ16000系が山陽電車6000系の兄貴分であるというお話をしましたが、「京阪13000系のほうが、より兄貴分として似ているのではないか?」というご指摘があり、ならばと観察してきました。ご存じ山陽6000系。写真の6002号は現在6003号と組み直通特急に使用されているそうですが、む〜パパ、まだ撮影しておりません・・・。いずれそのうち。こちら京阪13000系。2012年から製造されている同社の通勤電車で、銀色ではあり [続きを読む]
  • 【神戸市交通局】交通フェスティバル2017
  • いよいよ今年も鉄道各社のフェスティバルシーズンがやって来ました。む〜さん&む〜パパが最初に選んだのは、昨日9月24日(日)に開催された神戸市交通局名谷車両基地「交通フェスティバル2017」。神戸市交通局は今年で100周年ということもあり、特別ゲストに斉藤雪乃さんを迎え、家族連れや多くのファンで大賑わいでした。会場入口近くは市バスエリア。大人気のボンネットバス。実はこの「こべっこ2世号」トラックシャーシをベース [続きを読む]
  • 【特殊車両が大集結】中・西播磨地域 姫路市合同防災訓練
  • 9/3(日)白浜の宮駅の南にある東部析水苑で、中・西播磨地域 姫路市合同防災訓練が実施されました。参加者3000人、参加車両100台、ヘリコプター3機による大規模なもので、2年前にむ〜パパが見学した総合防災訓練の規模を大きく上回っています。まず最初はドローンによる状況把握。いきなりのドローン登場!現代的ですね!陸上自衛隊ヘリコプターによる救援物資輸送。災害救助犬による土砂崩れ現場での救出活動。1階部分が倒壊した [続きを読む]
  • 【いよいよ見納め】明石市バス塗装車撮影会
  • 9月2日(土)、明舞北センターにあるバス回転地で山陽バス・神姫バス共同企画により「明石市バス塗装車撮影会・フォトラン」が行われました。明石市バスが消えて早5年、今回明石市バス復刻塗装をまとう山陽バス5420号車が引退するということで、山陽バス・神姫バス共同で特別に元明石市バス車両を並べての撮影会が実施されました。明石市バス復刻カラー登場の記事はこちら。青空の下、終結した明石市バス塗装車たち。一番手前、明石 [続きを読む]
  • 山陽6000系の兄貴分、東京メトロ16000系を見る
  • 山陽電車の新型6000系。本線・網干線で大活躍中ですが、登場時から一部のファンの間では「東京メトロ16000系」と車内が似ているという噂がありました。東京メトロ16000系って?む〜パパ、再び東京取材を敢行、その真相に迫りました。山陽沿線ですっかりおなじみとなった6000系です。(網干線 天満〜平松間)そして、こちらが東京メトロ16000系。千代田線用ですが相互乗入れしているJR常磐線や小田急線でもその姿を見ることができま [続きを読む]
  • 宇部市で活躍する元山陽バス(その2)
  • 山口県宇部市で活躍する元山陽バスの車両をこちらでご紹介しましたが、宇部市にはこのほかにも元山陽バスの車両がいます。今回はそのうち3両の撮影に成功しました。前回ご紹介できなかった2両をどうぞ。(撮影協力:宇部市交通局)山口200か481 すでに第2の職場でも廃車となっていました。これは元山陽バス4209号。いすゞU-LT332J(車体:IKコーチ)1992年式山陽バス時代の姿です。山陽バス時代。後ろから。登場時はいわゆる「バ [続きを読む]
  • 国立国際美術館「バベルの塔」展
  • この時期は暑さが厳しく、む〜さん一家、たいてい涼しい所に行っています。今回訪れた国立国際美術館、昨年も行っていました。前は地上部分の写真を出したので、今年は地下部分を。全体が地下にある美術館は珍しいのではないでしょうか?さてさて、今年は「バベルの塔」展。天に届く塔を作ろうとする人間。その傲慢さを戒めるため神は人間の言葉を互いに通じないようにした結果、塔が完成することはなかったというお話。旧約聖書の [続きを読む]
  • 神戸市交通局は100周年!
  • 今年は神戸市交通局発足(当時は電気局)から100周年。正確には神戸市電は民営の神戸電気鉄道(現在の神戸電鉄も以前は「神戸電気鉄道」でしたが、それとは別です。)が1910年に開業していましたが、これを市営にした1917年から今年が100年ということです。神戸市役所2F市民ギャラリーで8月1日(火)〜6日(日)にかけて「懐かしの写真パネル展」が開催されていましたので、む〜さん&む〜パパ出動しました。地下鉄の駅名にもなってい [続きを読む]
  • 【キュービック】宇部市で活躍する元山陽バス
  • 全国で第二の人生を歩む山陽バス。む〜パパ、山口県宇部市で活躍する元山陽バスの車両を取材しました。やって来たのは宇部市バス。どこを走っているのかさっぱり分からなかったので、手っ取り早く車庫を訪れました。(撮影協力:宇部市交通局)山口200か493 いすゞU-LT332J(IKコーチ)1994年式 元山陽バス4410号です。同車を後ろから。LTは大型ショートと呼ばれるクラスのバスで、大型や中型に比べると全国的に見て少数派。京浜 [続きを読む]
  • 「コワイエ展」ではない「怖い絵」展
  • たーさんが「コワイエ展」に行きたいと言っていたな〜、と記憶をたどるむ〜パパ。「コワイエ」って誰だろう?そんな画家知らんな〜、と、ある時。その展覧会が「怖い絵」展であることを知り、む〜さん・た〜さんと一緒に兵庫県立美術館にやって来ました。「怖い絵」展。相当人気があるようで美術館だけでなく周辺駐車場は満車状態。こういう時こそ電車で来なければなりません。「怖い絵」って何なんでしょうね〜。これは、ドイツ文 [続きを読む]
  • 5008号「110周年記念号」もご紹介
  • 7月2日にデビューした「110周年記念号」。ほぼ毎日姫路と阪神梅田を結ぶ直通特急として活躍しています。「楽しいむ〜さん一家」ではすでに「Meets Colors! 台湾」号として活躍中の5010号を1両ずつご紹介しましたので、不公平の無いよう(?)「110周年記念号」も1両ずつ紹介しましょう。(車庫内写真提供:山陽電気鉄道)「110周年記念号」真っ赤な先頭部がインパクトのある1号車側から。(滝の茶屋駅)1号車5008号。前頭部は須磨浦 [続きを読む]
  • 「山陽電車創立110周年記念号」出発式
  • 山陽電車の前身の一つ、兵庫電気軌道創立の1907年から今年で110年となります。これを記念し7月2日「山陽電車創立110周年記念号」が登場!この列車の出発式が姫路駅で行われました。110周年記念号。須磨浦ロープウェイ60周年も合わせPRするため、前面はロープウェイのデザインに。大阪寄りは赤い「やまひこ」。(写真提供:山陽電気鉄道)姫路側は白い「うみひこ」がデザインされています。(写真提供:山陽電気鉄道)さて、姫路駅 [続きを読む]
  • 5010号が「Meet Colors! 台湾」号に変身!
  • 本日より運行を開始した「Meet Colors! 台湾」号。魅力あふれる台湾への旅へと誘いたいという想いが込められたラッピング車両です。出発式の模様はすでに「僕の人生各駅停車」でレポートされておられますので、む〜パパとしてはマニアックに各車の様子をお届けします。(写真提供:山陽電気鉄道)今回ラッピング車にエントリーされたのは5010号。もちろん直通特急メインの6両編成です。1号車(大阪寄り)5010。ピンク基調です。2号 [続きを読む]
  • 【さようなら】3004号の50年
  • 5月31日限りで引退した3004号。1967(昭和42)年に登場してから半世紀に渡って活躍しました。今回はその歩みを少し振り返ってみましょう。新設間もない東二見車庫で並ぶ3004号と3006号。1967(昭和42)年4月に新製され車庫に搬入された直後と思われます。2次車である3020号までは当初前面に方向幕が付いておらず、貫通扉の中央に車番が付いていました。まさにピカピカの新車状態ですね。今は無き兵庫駅に到着する3004号の特急です。当 [続きを読む]
  • さようなら3004号・3200号 ③3004号を追え!(後編)
  • (前編より続く)3004号に乗って妻鹿駅下車、市川橋梁にてスタンバイしたむ〜パパ。それにしても気持ち良い天気です。遠くに姫路城が見えます。こういうときは何分も前に来て準備し練習をしておくものですが、練習台に来てしまったのは3000号。こちらもまもなく引退が予想される3000系のトップナンバー。登場当時の細い帯に復元されてから俄然人気を集めています。特に狙ってはいませんでしたが、こちらもしっかり記録しないといけ [続きを読む]
  • さようなら3004号・3200号 ②3004号を追え!(前編)
  • 5月末で引退する3004号・3200号。今回「さよならヘッドマーク」付きの3004号を追ってみました。当日の運用は各駅やご案内センターで教えてもらえます。沿線の有名撮影地には大勢のファンの方が出動しておられますので、さてどこで撮ろうか、と思案。む〜パパが最初にやって来たのは阪急神戸三宮駅。これはJR三ノ宮駅上りホームから撮影。結構有名な場所なので先客がいるかと思い、む〜パパ30分前から場所取り(?)しましたが結局 [続きを読む]
  • さようなら3004号・3200号 ①3200号編
  • 新型6000系の増備に伴い、引退が始まった3000系。5月末で姿を消す3004号と3200号に「さよならヘッドマーク」が取り付けられ、沿線はちょっとした撮影ブームになっています。今回は3200号についてお話しします。大阪寄りは赤白のヘッドマーク。1969.12.27〜2017.5.31ですから47年半の活躍ということになります。(2017.5.19 滝の茶屋)最後ということで山陽電車随一の撮影名所、晴天の滝の茶屋で狙ってみました。上写真とは撮影順 [続きを読む]