おゆみパイ さん プロフィール

  •  
おゆみパイさん: 私の小規模なブログ
ハンドル名おゆみパイ さん
ブログタイトル私の小規模なブログ
ブログURLhttp://vaginally.hateblo.jp/
サイト紹介文無職、ニート、精神病患者の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/12/24 18:35

おゆみパイ さんのブログ記事

  • 12月10日
  • 女の子は正義だ。と、思いたい。男の子はなんだろう?まだしっくりくる言葉が見つからないけど、等しく尊い。どちらも。歳を取っても私は女の子と男の子という存在を、「あー愛おしいなあ」と思い続けたいなあなんてことを思う。生意気だなあとかアホだなあとか、中にはサイテーなやつもいるでしょうが。まあ、基本的に誰もが通った道じゃない?そんな偉そうにばかにするなんてこと、できないよ、できません?ずっと忘れたくないと [続きを読む]
  • 12月2日
  • 結ばれるその日まで相手の顔を知らず、知らないまま、「あの家の娘さんは美人らしい」なんて話を聞いて、その噂に恋をして、文を出す。恋の歌を贈り、贈られ、想いを育んで、やっと許しが出ると夜に彼女の家に行く。そうして結ばれ、翌朝、彼は彼女の顔を知る。百人一首という感情作者: 最果タヒ出版社/メーカー: リトル・モア発売日: 2018/11/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る あ、 [続きを読む]
  • 11月28日
  • 東京の家に液タブのペンを忘れて、昨日今日何もできず。加えて何だか自分の人生を悲観してしまう。とりあえず読書を最近しだした。他に良い暇つぶしが見つからなかった。 [続きを読む]
  • 11月25日
  • 今日は、「行くって決めたんだから行かなくちゃなあ」と思って酉の市と銭湯へ行った。酉の市を知ったのはつい最近。芸能人もよく買っているみたいで、お店を持ってる人でなくても買うべきなんだなと思って行く覚悟を決めていた。〜酉の市〜きっとものすごく混むだろうと思ってあえて新宿のほうには行かず、ちょっと乗り換えが面倒だけど府中のほうの神社へ行った。改札を出るとたくさんの人がある方向へと流れ込んでいくので、「お [続きを読む]
  • 11月23日
  • 例の下の記事で報告したお仕事の件ですが、もちろん漫画を描くにあたって作品も鑑賞させていただきました。監督22歳!?まじか、まじかー…と最初は驚き、でも「この若さで作品をつくりあげた、すごい!」なんて浅はかな評価はしてはいけないと思って私は気を取り直して作品を観ることにした。私は「若いのにえらいね」と言われるのが好きではなかったのだ。感想として正しくないのかもしれないけどそのとき純粋に思ったことを書い [続きを読む]
  • お仕事
  • ??番外編・漫画連載スタート??12月1日の劇場公開へ向けて、本篇より派生した番外編・漫画連載をスタートします???ストーリーは #井樫彩監督 、イラストは、人気イラストレーターの oyumiさん (@oyumijp)が担当!まずは1〜3話を一挙公開????#真っ赤な星 #小松未来 #桜井ユキ #毎熊克哉 pic.twitter.com/KoVYyc0X1Y— 映画『真っ赤な星』 (@makka_hoshi) 2018年11月21日映画『真っ赤な星』のオリジナルストーリー [続きを読む]
  • ここをサイトにします
  • 一応、プロらしくサイトを持たなくちゃな〜と思ってTumblrを持ったり独自ドメインそこに使ったりしてたんだけど、結局何も更新できていなくて。Tumblrってカテゴリ分けがどうやってできるのかあんましわからなくて…ちゃんとしたサイトを作るべきなのか、とか色々考えたけど、好きな漫画家さんはエキサイトブログだけを使っているみたいなので、じゃあ私もずっと持ってるこのブログをサイトとして使おうということにした。基本的に [続きを読む]
  • 11月19日
  • ああ、いろんなことがなつかしくなってゆく。ぼーっとしているといつもそのフレーズが頭に流れる。鏡に近づくと少しずつ増えていくそばかす。それを見て、自分が若くなくなってゆくことを感じる。そのことに不安や後悔は覚えなくて、ただただ、生きてきた実感……自分には現実味や実感というものにとても鈍くて、時々全部気のせいだったんじゃないのかと思えてしまうことがあったし、それは今もある。だからこうして目に見える形 [続きを読む]
  • 11月17日
  • 犬の散歩をしてる途中、アラサーかもう少し若いくらいの男が自宅の玄関前で「ただいまー」と言ってから家の中へ入ってったのを視界の端で確認。私は思わず「こんなこと現実世界で言う人が存在するんだ」と驚いてしまった。うちは誰も「ただいま」を言わないし、「おかえり」を言う人もいない。聞いたこともないと思う。案外そういう人も少なくはないのかもしれないけど…でも気持ちがいいなとは思った。おかえりを言ってくれる人が [続きを読む]
  • 11月15日(2)
  • 昨日の日記のタイトル(日付)を見て、「あれ今日って16日だっけ?」と思ったら、そうか深夜に更新したせいか。なるほど、となった。縁起物っていうの?熊手。ほら、酉の市ってやつで商売人向けに売られるってやつ。あれ自体がいい商売だよねぇなんてことは多分言ったらアウトだしつまらないよね、モデルや俳優なんかも熊手を買ってる様子をSNS上で見られたので私も買おうと決めた。今週末17日と来週30日。どっちの日に行こうか迷 [続きを読む]
  • 11月15日
  • 初心に戻って(?)、ブログをブログらしく、日記を書いていこうと思った。がしかし、そう思って初期化をして、結局また変なことを書くようになってしまって恥ずかしくなって初期化をして…といったことの繰り返しが続いて早何年だろう?ブログ自体を始めたのは記憶の限りでは中学2年生の時。当時、美容にハマっていた。女の子だった。さあ、12月にもなる、最近の自分はよく頑張っている。そう思って自分に何かご褒美を買ってやろ [続きを読む]
  • 社会について意見を持つこととは
  • インターネット、snsが盛んになってから人々の考えていることがすべて文字になってうつしだされるようになった。そうしていくなかで残念だなぁと思うものが増えたと、この頃は思う。特に政治・社会問題関連については、冷静に考えればそんなのテレビが煽って視聴率稼ぎたいだけでしょというものが大半なのに、意外と「許せない」という声を見かけることが最近は特に増えた。(最近ならトランプの発言とかね。)また、政治参加する [続きを読む]
  • 自分には才能がないイラストレーターと名乗ってるのが恥ずかしくて安定剤を仕方なく飲んでなんとかおかしくならないように済ませているネガティブなことを呟くと仕事はこないのはわかっていてもつらくて仕方なくて死にたいと書かずにいられなくなるお金に困ってなかったらよかったのに でも生きていくために仕事というのはするものなんじゃないか?私にはもう腕を切る元気もなければODをする勇気もない歳をとったのだ慰めの言葉を [続きを読む]
  • Tシャツの件
  • 前に「うちで一緒にTシャツ作りませんか」って声かけられて、ちゃんと会社だしええ話やんって引き受けたんだけど。ストリート系好きだし。第一に頼まれたのが、若い子が食いつきそうな漫画やアニメのキャラを描くことだった。私は「ラムちゃんとかセーラームーンとかですか」と言って、描くんだけど、イラストレーターとして頼まれたのになんで他の人が描いたキャラクターを私が描いてるんだ?と思って、途中で「私が描く必要がな [続きを読む]
  • きじゅん
  • 一人暮らしなんて絶対生物的に不向きだよ。やっぱり、すこしうっとおしくても人と住むって大事。ご飯を食べる時間、寝る時間、起きる時間、いやでもおんなじになる。(1階2階別々だと話が違うかもだけど)夜更かししがちなわたしにはちょうどいい。何より会話があるっていうのが良いのだ。会話、会話は大事。だから帰るのが辛くなる。私が弱いのか、みんなが強いのか、普通は一体誰なのかわからなくなる。基準というものは、あるほ [続きを読む]
  • アスペ
  • 誰々に紹介するとかしないとか、仕事もしかしたら頼みたいんだけど〜〜とか、アスペなのでいちいち間に受けて、受けなくても媚びるても別に何も起きないしそもそもそんな話実現されないからてきとうなこと言わんといてほしい。アスペには社交辞令は通用せんのだ。 [続きを読む]
  • 男とか女とか、その性別に「らしさ」を求めることの押し付けがましさを鬱陶しく思って否定的な声をあげる人が、インターネットをやってると目立っているなあと思う。たしかに、一定の異性が「お前らはこうあるべきだ、こうしろ、俺たち私たちのために」と押し付けているとしたらそれはなんのための授かった性なのか。とは考えさせられるものがある。私自身、男にはこうあって欲しい・女にはこうあって欲しいという感情は正直ある。 [続きを読む]
  • 部屋の狭さは心の狭さ
  • 自分の家のことがいまいち好きになれなくて、帰りたくないなあという気持ちだったり、この部屋で朝まで眠りにつきたくないと思って終電でどこか夜でも息をしてるまちに出掛けようとしたりする。やっぱり1人はさみしいのである。「1人になりたい時もあるよ」なんて言われるとふざけんなって思うよォ、なりたくてなってるとでも思ってんのかよ〜〜って。今月いくら金が入るんだったかなあ、と支払いできてないもののことについて考え [続きを読む]
  • 銀座銀座銀座
  • 23歳の時は「まだまだ余裕!ギリギリ若い!もう若くないからなんて言ってくる女なんてただの嫉妬、おばさん〜〜」とか思ってたのに24歳になると途端に黙り初めて、25歳になるととうとう全てを認めて「ハイドロキノンって本当にシミに効くのかな」とか心の中で呟きながら至近距離で目元頬の薄くて小さいでも確実に色が濃くなってるシミとにらめっこするのだ。結婚なんかよりもより現実的でかつヒトが歩み行く宿命!!それこそが「老 [続きを読む]
  • か弱く見えなきゃ女の子じゃない(そうなのか?)
  • はー、過去に書いた自分の記事を見るとやばいね、ヤベーってなるね、まぁ実際私は世間的に見たら良くない意味でやばいんでしょうそんな私、家に帰宅して替え?の下着が無いため&お気に入りのシャツが汚れてたのですぐ洗濯。その間換気と、使える皿が無いので皿洗い(純粋に食べ物の残骸があるのを見ると萎える)。軽くワイパー。洗濯が終わるまでらくがき一個。洗濯終わったので干す。一息ついて横になる。そんで今日やること考え [続きを読む]
  • ぷるぷる
  • 暇だし何にも予定がない。でもあんまり暇暇アピールしてると、会いたくない人から連絡来たりするかもしれない。それはやだし、いっそのこと眠って、それで誰かからのLINEの通知で目をさましたい!と思って私は3粒だけレキソタンを水で流して、二口だけワインを飲んだ。そうすれば6粒飲んだのと同じくらいの効果が出るでしょ。薬だって大事に飲まなきゃいけないんだからさ……。意外とあっけなく眠って、夢を見た。なんか、そこそこ [続きを読む]
  • 私ってなに?
  • 何を書こうとしたか一瞬で忘れた。ああ急に自信が無くなって、それも本当一瞬に失うもので、一瞬で無くなったものをまた取り戻すのはなぜか何倍もの時間と精神力が必要になる。もちろんただの気まぐれで、朝になったら忘れてることもあるし、でも1ヶ月はずっと沈んだままだったりするしで、不安の強さによる。もしかしたらずっとこの不安でこわくて嫌な感じが続いて、それが自分を不幸にするんじゃないかって思うと、もう、たまっ [続きを読む]