へーぼー さん プロフィール

  •  
へーぼーさん: 神社巡って南船北馬〜神社と御朱印〜
ハンドル名へーぼー さん
ブログタイトル神社巡って南船北馬〜神社と御朱印〜
ブログURLhttp://jinjyameguri.blog.fc2.com/
サイト紹介文参拝した神社と、拝受した御朱印を掲載しています。諸国一の宮巡り、建武中興十五社巡り実施中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/12/24 23:39

へーぼー さんのブログ記事

  • 防府天満宮
  • 防府天満宮山口県防府市松崎町14番1号防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、山口県防府市にある神社。菅原道真を学問の神として祀った天満宮である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。道真が亡くなった翌年である延喜2年(904年)に創建され、「日本最初に創建された天神様」を名乗る。かつては「松崎天満宮」・「宮市天満宮」あるいは単に「天満宮」と称していたが1873年に近代社格制度のもとで県社に列格し、松崎神社 [続きを読む]
  • 玉祖神社
  • 玉祖神社山口県防府市大字大崎1690玉祖神社(たまのおやじんじゃ)は、山口県防府市大崎にある神社。式内社、周防国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。通称たまっさま。同市内にある同名の神社3社、および大阪府八尾市にある玉祖神社は当社から勧請を受けたもので、当社はこれら玉祖神社の総本社である。物証はないが、勾玉や管玉を作る集団である玉造部が祖神玉祖命を祀るために創建したと考えられている。日 [続きを読む]
  • 住吉神社
  • 住吉神社山口県下関市一の宮住吉一丁目11-1住吉神社(すみよしじんじゃ)は、山口県下関市一の宮住吉にある神社。式内社(名神大社)、長門国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。大阪の住吉大社・博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の1つに数えられる。本殿は国宝に指定されている。『日本書紀』神功皇后摂政前紀によれば、三韓征伐の際、新羅に向う神功皇后に住吉三神(住吉大神)が神託してその渡海を守 [続きを読む]
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮山口県下関市阿弥陀寺町4-1赤間神宮(あかまじんぐう)は、山口県下関市にある神社である。旧社格は官幣大社。壇ノ浦の戦いにおいて幼くして亡くなった安徳天皇を祀る。江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていた。平家一門を祀る塚があることでも有名であり、前身の阿弥陀寺は『耳なし芳一』の舞台であったが、廃仏毀釈により神社となり現在に至る。貞観元年(859年)に阿弥陀寺として開闢。文治元年(11 [続きを読む]
  • 阿佐ヶ谷神明宮
  • 阿佐ヶ谷神明宮東京都杉並区阿佐谷北1-25-5天照大神を主祭神に、月読命・須佐之男命を配祀する。建久元年(1190年)頃の創祀と伝える。建久年間(1190〜1198年)には土豪横井兵部(一説には横川兵部とも)が伊勢神宮に参拝した際に、神の霊示を受け、宮川 (三重県)の霊石を持ち帰り神明宮に安置したと伝えられ、この霊石は今も御神体として祀られている。寛政12年(1800年)に著された『江戸名所図絵』によると、日本武尊が東征の [続きを読む]
  • 馬橋稲荷神社
  • 馬橋稲荷神社東京都杉並区阿佐谷南2-4-4当神社は、鎌倉時代の末期の創建と言われる。天保2年(1831年)には拝殿改築に際して氏子53人が拠金し、これをもって京都白川神祇伯家御役所に上申し、翌年に「正一位足穂稲荷大明神」の神号を拝受する。明治40年(1907年)に村内の御嶽神社・白山神社・天神社・水神社を合祀した。昭和2年(1927年)、村社になる。昭和13年(1938年)、拝殿を改築する。昭和40年(1965年)に住居表示改正に [続きを読む]
  • 気象神社
  • 気象神社東京都杉並区高円寺南4丁目44−19祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)。元は、馬橋4丁目(現在の高円寺北4丁目)にあった大日本帝国陸軍の陸軍気象部の構内に、1944年(昭和19年)4月10日に造営されたものである。この神社前で勤務前に気象観測員が気象予報の的中を祈願したという。戦後の神道指令で撤去されるはずであったが、連合軍宗教調査局の調査漏れで残存した。そこで当局に申請して払い下げを受 [続きを読む]
  • 高円寺氷川神社
  • 高円寺氷川神社東京都杉並区高円寺南4-44-19社伝に、源頼朝が奥州征伐(文治5年(1189年)の際に当地に立ち寄り、安達藤九郎盛長に命じて社殿を建立させた。またあるいは、随伴していた村田兵部某が当地で帰農し、大宮高鼻より勧請して社殿を建てたともいわれる。また口伝によれば、天文年間(1531年〜1544年)に、宿鳳山高円寺と同時期に開かれ、高円寺が当社別当寺となったとされる。しかし、資料がのちに火災により焼失し詳らかで [続きを読む]
  • 津嶋神社
  • 津嶋神社香川県三豊市三野町大見甲6816番地2津嶋神社(つしまじんじゃ)は、香川県三豊市の北部に浮かぶ津島にある子供の守り神として信仰を集める神社。津嶋神社の本殿は津島(かつては鼠島とも呼ばれた)に建てられており、橋で結ばれた海岸沿いには本殿以外の祈祷殿や参集殿、社務所などが松林の中に建てられている。島と対岸を結ぶ津島橋(長さ250メートル)は夏季大祭の期間中(毎年8月4・5日の2日間)の前後以外は通行禁止と [続きを読む]
  • 御田八幡神社
  • 御田八幡神社東京都港区三田3-7-16御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)は、日本の東京都港区三田にある神社である。誉田別尊命(ほんだわけのみこと、八幡神)を主祭神とし、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、武内宿禰命 (たけのうちすくねのみこと)を配祀とする。海側斜面に位置する。江戸時代には直ぐ正面に東海道が走り、その向こうは江戸湾の海浜が開け、さぞかし風光明媚であったと考えられる。明治40年代芝浦の埋め [続きを読む]
  • 朝倉神社
  • 朝倉神社 高知県高知市朝倉丙2100朝倉神社(あさくらじんじゃ)は、高知県高知市朝倉にある神社。式内社で、土佐国二宮と称される。旧社格は県社。俗称として「木の丸様」とも。創建は不詳。朝倉神社に関しては、古くから『日本書紀』の斉明天皇西征伝説に比定する説が知られる。すなわち同書斉明天皇7年(661年)条によると、天皇は百済救援のため難波宮を出て西征し、伊予熟田津、娜大津を経て朝倉橘広庭宮に移ったといい、朝倉 [続きを読む]
  • 和霊神社
  • 和霊神社愛媛県宇和島市和霊町1451宇和島市街地の北端、鎌江城跡に鎮座する。宇和島藩家老・山家公頼(通称 清兵衛)を主祭神とする。公頼は伊達政宗の家臣であったが、元和元年(1615年)政宗の長男・秀宗が宇和島に移封されるのに従い、その家老として藩政を支えた。宇和島はそれまでの領主の悪政により疲弊していたが、公頼は租税軽減や産業振興を行い、効果を上げた。しかし、元和6年、藩主秀宗は公頼を嫉妬する藩士による讒言 [続きを読む]
  • 多賀神社・性文化財 凸凹神堂
  • 多賀神社愛媛県宇和島市藤江1340凸凹神堂の文字もありますね。あと、変な図形も・・・川沿いに走ると到着。なんだか入り口から妙な雰囲気。謎の石造がお出迎え。神社ですので、鳥居はあります。謎の文言。手水舎妙な形のものがあります。これは・・・きのこの山かな最高の性資料館?石造が並んでます。神社っぽくはないですね。カンボジアの寺院みたい。本殿は普通の神社ですね。と思いましたが、何か見えますね。!?社務所の向こう [続きを読む]
  • 宇和津彦神社
  • 宇和津彦神社愛媛県宇和島市野川新13丸之内和霊神社の交差点か東に進み、途中を右折してひた進むと到着。社会科で習った人や!手水舎なんか水湧き出してました。南豫一の宮だけあって、立派な神社でした。 [続きを読む]
  • 南豫護國神社
  • 南豫護國神社愛媛県宇和島市丸之内三丁目1−149御朱印は丸之内和霊神社でいただけます。丸之内和霊神社から西に進むと発見。石段。手水舎南方の戦線は苛烈だったでしょうに。狛犬の基礎に渋沢栄一の名前が!護国神社にくると、気持ちが引き締まりますね。 [続きを読む]
  • このブログについて
  • 神社好きが高じて、御朱印を拝受するようになりました。神社巡りをする中で、さまざまな場所を訪問したので、旅の思い出を記録するためにこのブログを作りました。御朱印をいただいた神社を、都道府県別に記事にしております。神社以外で御朱印をいただいた記事も一部あります。訪問した場所は、下記のマップに登録しております。御朱印マップ [続きを読む]
  • 山王稲穂神社
  • 山王稲穂神社東京都小金井市本町5−41−36次の目的地の前に、松乃屋を見つけてしまい、立ち寄ってしまう。だってカツ丼食べたいんですもの。山王稲穂神社到着。駅から少し歩きますね。こちらの神社、ハンカチ王子がお守りを持ってたとかで有名になったそうです。神社自体は、住宅地の中で静かに鎮座しておりました。いい雰囲気ですね。 [続きを読む]
  • 杵築大社
  • 杵築大社東京都武蔵野市境南町2-10-11杵築大社(きづきたいしゃ)は、東京都武蔵野市にある神社である。旧社格は村社。大國主大神(だいこく)と事代主大神(えびす)を祀る。また三多摩に現存するものでは2番目に規模の大きい富士塚を擁している。慶安年間(1648 - 1651年)、結城秀康の三男で徳川家光の従兄弟に当たる松江藩初代藩主松平直政が当所12町四方を将軍家より賜り、御用屋敷を設けて鷹狩場とした。直政がその御用屋敷 [続きを読む]
  • 滕 神 社
  • 滕 神 社香川県高松市仏生山町甲2566滕神社の祭神稚日女命は、天照大神の妹で、大神の御衣織女(衣服を織る女)と伝えられている。 この神社は、むかしは今の香川町浅野の。唐土に祀られていたが、万寿年間(一〇二四〜一〇二七)に今は平池となっているところに松原があり、そこに遷された。久安年間(一一四五〜一一五〇)に社殿の周りにため池が築かれたので、大洪水があったときは社殿がたびたび水に浸かることがあった。 [続きを読む]
  • 石清尾八幡宮
  • 石清尾八幡宮香川県高松市宮脇町一丁目30番3号石清尾八幡宮(いわせおはちまんぐう)は香川県高松市宮脇町一丁目にある神社。高松の氏神である。境内には香川県神社庁が所在している。祭神は足仲彦命(仲哀天皇)、誉田別命(応神天皇)、息長帯姫命(神功皇后)。高松市中心市街地の南西部、石清尾山の東側の裾野に鎮座している。高松の氏神だけあり、初詣などには多くの参拝客が訪れるほか、市立祭や例大祭では参道から御旅所ま [続きを読む]
  • 御霊神社
  • 御霊神社 大阪府大阪市中央区淡路町4-4-3御霊神社(ごりょうじんじゃ)は、大阪府大阪市中央区淡路町4−4−3にある神社。なお、正面鳥居の扁額は御霊宮と表記。古来、瀬織津比売神、津布良彦神、津布良媛神を祭り圓神祠(つぶらしんし)と称していた。文禄3年(1594年)、因幡鹿野藩主の亀井茲矩から船場の自邸敷地の一部を寄進され、境内の小祠乾八幡宮と源正霊神を本殿に合祀した上で、 圓江(つぶらえ=現在の靱)から船場の現 [続きを読む]
  • 少彦名神社
  • 少彦名神社大阪府大阪市中央区道修町二丁目1番8号少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)は、大阪市中央区道修町二丁目にある神社。旧社格は無格社。別称として、道修町の神農(しんのう)さん、神農さん。祭神は薬・医療・温泉・国土開発・醸造・交易の神であるが、少彦名神社では、薬の神として健康増進、交易の神として商売繁盛の神徳があるとされている。医薬にゆかりのある祭神を祀っていることから、医薬業に携わる会社・関係者 [続きを読む]
  • 大阪天満宮
  • 大阪天満宮大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、 [続きを読む]
  • 福島天満宮
  • 福島天満宮大阪市福島区福島2丁目8-1福島天満宮(ふくしまてんまんぐう)は、大阪市福島区福島2丁目にある神社である。また、俗に福島 上の天神といわれることもある。“菅公聖蹟二十五拝”の1社(第十二番目)。社伝によれば、901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、当地の里人徳次郎が旅情を慰めたことをいたく喜ばれ、この辺りを餓飢島と呼ばれていたのを福島と名づけられた。後年、菅原道真が大宰府で [続きを読む]