譲二 6世 さん プロフィール

  •  
譲二 6世さん: 江戸御府内千社参詣
ハンドル名譲二 6世 さん
ブログタイトル江戸御府内千社参詣
ブログURLhttps://ameblo.jp/benben7887/
サイト紹介文稲荷を中心に23区内の神社仏閣千社余り全てを詣で、写真・由緒・狛犬・狐像・御朱印と周辺グルメを掲載。
自由文江戸を中心に極端なまでに多く祀られた稲荷の信仰の謎や特性を調る事を主眼に置き、ひいては府内1200余りの社を悉く詣で記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/12/25 13:27

譲二 6世 さんのブログ記事

  • 第六三六回 北野神社(中央)
  • 今回の参詣は、中野区中央の北野神社へ。ここは中野区のほぼ真ん中に位置することから中央という地名なんだけど、実際には区の南部にある。また神社の西隣が高円寺南に隣している。 西町天神として旧地名が残るのは、明治中期以前の旧中野村に属していた西町が起源で、文字通り村の西側にあったからだろう。鳥居前にベンチが並んでいるのは、目の前が「中野天神前」バス停だから。じゃあ、中野天神という別称があるのかと言えば [続きを読む]
  • 第六三五回 妙経寺最上稲荷(上池袋)
  • 今回の参詣は豊島区上池袋の妙経寺最上稲荷(さいじょういなり)へ。ここは東武東上線北池袋駅より東へ400mほどのところ。辺り一帯が住宅街で北方には北区滝野川が迫る。 最上稲荷関東別院 妙経寺日蓮宗の寺院で、日本三大稲荷のひとつに挙げられる岡山市の最上稲荷山妙教寺の関東別院。総本山は妙教寺、当山は妙経寺。最上稲荷は天平勝宝四年(752)の創建で、孝謙天皇、桓武天皇が病気になった際、報恩大師が祈祷し全快したこと [続きを読む]
  • 第六三四回 ナンジャタウンの福袋神社(東池袋)
  • 今回の参詣はサンシャインシティのナンジャタウン施設内にある福袋神社へ。東京でさえ、意外とアミューズメント性の高いレジャー施設は少なく、ここも数少ない中のひとつ。 サンシャインシティは、1971年まであった東京拘置所の跡地にできた地上60階建て、地上高240mと完成当時はアジア最大だった建物。歴史としては明治から大正までは、巣鴨監獄、巣鴨拘置所、東京拘置所と名称変更、昭和に入って府中市に移転するも再び設置、GH [続きを読む]
  • 第六三三回 池袋水天宮(東池袋)
  • 今回の参詣は豊島区東池袋の池袋水天宮へ。池袋駅の北側、前回の四面塔稲荷大明神より道なりに北西へ進んだところに鎮座する。 線路沿いのプロムナード的な空間であることもあって、当社でくつろぐ人もいれば、何かを目当てに野良猫も数匹たむろする。 当社は、昭和三年(1928)に池袋繁栄のため、蛎殻町水天宮より勧請された御分霊。 御由緒境内掲示より字体改行などそのまま記載水難除け・安産・子授け・商売繁盛厄払い・延 [続きを読む]
  • 第六三二回 四面塔稲荷大神(東池袋)
  • 今回の参詣は豊島区東池袋の四面塔稲荷大神へ。ここは池袋駅北口、池袋パルコ別館のP'パルコの先。 線路沿いの何気ない道端にあるにしては覆殿はなかなかの大きさで、大層立派な奉られ方をしているのが一目でわかる。右側が四面塔という供養塔、左が稲荷社。 稲荷大明神四面塔と稲荷大明神だから”四面塔稲荷大明神”と一括りに称されているのかと思いきや、玉垣や提灯には池袋四面塔稲荷大明神とある。 彫刻木鼻の獅子は左 [続きを読む]
  • 第六三一回 西武池袋の伏見稲荷(南池袋)
  • 今回の参詣は西武池袋本店屋上に祀られている伏見稲荷神社へ。東西に広い豊島区は、まるで両耳を広げたゾウの顔のような形をしていて、そのど真ん中に当たるのが池袋駅。 西武池袋の9階屋上まで出たら、北側に睡蓮の庭に向かう階段がある。 さらにその先に、稲荷神社に向かう通路がある。 伏見稲荷神社御由緒に依れば、関東の稲荷信仰者より伏見稲荷御分霊希望があり、また信仰者の希望に応えたい本宮の計画が合致したこと [続きを読む]
  • 第六三〇回 中井御霊神社(中井)
  • 今回の参詣は、新宿区中井の中井御霊神社へ。ここは新宿の最西端、西は中野区上高田、北には目白大学がある。 御靈神社と書かれた社号標には「陸軍大将吉田豊彦謹書」とある。明治後期から昭和前期にかけて活躍した軍人で、陸軍省兵器局長、陸軍造兵廠長官、陸軍技術本部長等を歴任した人物。 手水舍鉢には「御霊大明神 惣講中 天明二寅年二月」とあり、この年は西暦1782年で十代将軍徳川家治の御代、天明の大飢饉が始まった [続きを読む]
  • 第六二九回 厳島神社(中落合)
  • 今回の参詣は、新宿区中落合の厳島神社へ。ここは大江戸線落合南長崎駅の南東側の住宅街。当社は新目白通り、目白通り、山手通りの三つに囲まれた三角地帯のちょうど真ん中に鎮座する。 手水鉢は自然石をくり貫いたもの。この隣には氏子からの花崗岩奉納碑がある。 もともと小さな境内なのだけど、ちゃんと神池も設けられている。 境内の真ん中にご神木が伸びていて、その先にプレハブの覆殿がある。 社殿の神前幕には三 [続きを読む]
  • 第六二八回 自性院豊川稲荷(西落合)
  • 今回の参詣は、新宿区西落合の自性院の豊川稲荷へ。ここは都営大江戸線落合南長崎駅の南側、新目白通りの「西落合一丁目」交差点を西に入ったところ。 西光山自性院無量寺真言宗豊山派の寺院。平安時代に空海が観音像を建立したのが始まりとされる。当寺は太田道灌が奉納したと伝わる猫地蔵で有名。 猫塚山門くぐって右側。由来書きはないけれど、他ブログでは三味線になる猫たちを供養するために建立されたのだとか。 寺紋 [続きを読む]
  • 第六二七回 葛谷御霊神社(西落合)
  • 今回の参詣は、新宿区西落合の葛谷御霊神社(くずやごりょうじんじゃ)へ。ここは新宿区と中野区の境にあたり、西に妙正寺川、西や南に公園が複数あり、自然豊かな住宅街。葛谷(くずや)はこの辺りの旧地名で、由来は葛が茂る地であったとよくありふれた理由が起源とされている。一方で江戸中期以前は葛をカツラと読んでいたそうで、葛大納言(桂大納言)源経信の住地がこの辺りにあったからという説もある。 そもそも、源経信 [続きを読む]
  • 第六二六回 鼓稲荷神社(西落合)
  • 今回の参詣は、新宿区西落合の鼓稲荷神社へ。ここは新宿区の最西端に当たり、北西に和田義盛の居城があったと伝わる哲学同公園や、太田道灌と豊島泰経との合戦があった江古田古戦場、さらにこの界隈には源経信居住といった伝承が残る。今やとことん普通の住宅街も、かつては原野が広がり、歴史上の偉人が好んだ地理的条件があったのだろうか。 鼓稲荷神社地域性だけでなく、この名前からしていかにも鼓に関する風雅な由来があり [続きを読む]
  • 第六二五回 愛宕神社(高野台)
  • 今回の参詣は、練馬区高野台の愛宕神社へ。ここは目白通りと笹目通りがぶつかる「谷原交差点」南西側の住宅街。 僅かばかり残された丘の上に鎮座する。 狛犬「昭和三年四月立」とある。 手水鉢設置された位置的に奉納年の確認はできず。中央に配された御神紋は、貝や卓球のラケットにも見えるけど、変則型の羽団扇紋だろうか。防火鎮護・火伏せの象徴であり山岳信仰の中でも天狗信仰との関わりある御紋。 社殿に見える部 [続きを読む]
  • 第六二四回 市杵島神社(高野台)
  • 今回の参詣は、練馬区高野台の市杵島神社へ。ここは目白通りと笹目通りがぶつかる「谷原交差点」の南西、高野台ひがし公園の北側の住宅街。 当社は江戸時代の創建と伝わり、かつてこの地にあった弁天池に祀られていた。住宅街の中に弁天社があるのも珍しいと思っていたら、どうやら都市化とともに池や水田は埋め立てられてしまい、しばらくの間荒廃したお社のみが残されていたのだそう。 御由緒境内掲示より字体改行などそのま [続きを読む]
  • 第六二三回 谷原氷川神社(高野台)
  • 今回の参詣は、練馬区高野台の氷川神社へ。ここは西武池袋線「練馬高野台駅」の西側、笹目通りを600mほど北上したあたり。「高野山」「高野聖」「高野豆腐」いずれも”こうや”と読むのに、当地域は”たかのだい”。近所の東高野山長命寺に因んだものではあるのだけど、住居表示で足立区扇の旧町名「高野町(こうやまち)」が既にあり、同一や類似する場合は避け無ければならないため訓読みになったのだそう。 手水鉢参道左側。 [続きを読む]
  • 第六二二回 稲荷神社(富士見台)
  • 今回の参詣は、練馬区の富士見台稲荷神社へ。ここは西武池袋線「練馬高野台駅」から東に400mほどのところの住宅街。 当社は稲荷神社に、須賀神社と御嶽神社を合祀している。本社殿向かって右側が石碑群、左側が境内社の一山社。 狛犬右が阿形で左が吽形。持ち物は無し。台座部には山岳信仰の神社でよく見かける丸に三つ引き紋。その紋の横に「登山 同行」、側面に「明治九年子七月吉日」とある。 御由緒境内掲示より字体改 [続きを読む]
  • 第六二一回 富士見台三丁目の稲荷社(富士見台)
  • 今回の参詣は、練馬区富士見台3丁目の稲荷社へ。ここは西武池袋線「練馬高野台駅」の東側、環八通りから一本入った住宅街。 広い駐車場の脇、南へ下る坂を入ってすぐ。 駐車場中央の東側に柵で囲って境内を設け、坂側に参道がある。 半開きの扉からは「稲荷神社神璽」の護符が見えたけど、どこの御分霊かまではわからず。 台座の側壁に「建設記念 宇田川家稲荷神社 昭和五十一年六月建立」とあった。ただ駐車場の両隣 [続きを読む]
  • 東京のお祭り&ご縁日〈9月〉
  • 東京のお祭り&ご縁日23区内にある大小2,000の神社。旧制府社、郷社、村社のような大きな神社から街の中にひっそりとある小さな神社まで、さらには浅草観音のように、寺院であっても東京を代表するような縁日・法要も集めてみました。できるかぎりお祭り情報を月別で掲載していきたいと思います。 9月のお祭りまずここでは基本的に、神社で通年斎行される例祭・月次祭(つきなみのまつり)・神事というよりは、神輿渡御(みこ [続きを読む]
  • 第六二〇回 兜神社(日本橋兜町)
  • 今回の参詣は、中央区日本橋兜町の兜神社(かぶとじんじゃ)へ。ここは東京23区のど真ん中の中央区、お江戸日本橋から東へ400m程のところ。日本を代表する金融街であり、ニューヨーク取引所・ロンドン取引所と並び世界三大市場と称される東京証券取引所がある。 東京証券取引所向かって右側の通りから、入って100mほど先、江戸橋ジャンクションの真下に鎮座します。当社には過去に何度か参拝しているのだけど、撮影をしたのは [続きを読む]
  • 第六一九回 日本橋三越三囲神社(日本橋室町)
  • 今回の参詣は、日本橋三越屋上にある三囲神社(みめぐりじんじゃ)へ。ここは日本橋の北側、江戸時代から続く”超”が付くほどの数々の老舗の他に、日銀から各地の地方銀行が密集する一大金融街であり、また近頃は全国のアンテナショップが集まる。「日本橋北詰」交差点の三越新館が三越の正門っぽく見えるけど、そこから中央通りを北上して150mほどのところに本館入口(通称ライオン口)がある。 本館西側の室町口かライオン口 [続きを読む]
  • 第六一八回 両社稲荷神社(日本橋本町)
  • 今回の参詣は、中央区日本橋本町の両社稲荷神社へ。ここは地下鉄銀座線神田駅と三越前駅の中間、中央通りから東に入ったところ。ビルとビルが背中合わせになったような裏通り的な感じで、平日の昼間からでも人通りは少ない通り。 8年ぶりに当社に訪れてみると、御社殿もそうだけど、場所も何処だったかわからないほど、見違える綺麗さ。当時も縦長の覆殿で、やや傾いていて、年季が入っていた。 御由緒境内掲示より字体改行 [続きを読む]
  • 第六一七回 家内喜稲荷神社(日本橋室町)
  • 今回の参詣は、中央区日本橋室町の家内喜稲荷神社(やなぎいなりじんじゃ)へ。ここは地下鉄銀座線の神田駅と三越前駅の中間、中央通りから少し西に入ったところ。 当社は地方銀行が密集する中央区の日本橋室町と、中小規模のオフィスビルが密集する千代田区との境目に鎮座する。 家内喜稲荷三方をビルに囲まれ、二坪程度の境内。東京のお稲荷さんの典型的な姿。 家内喜何分御由緒が無いので勝手な想像にはなるのだけど、随 [続きを読む]
  • 第六一六回 白旗稲荷神社(日本橋本石町)
  • 今回の参詣は、中央区日本橋本石町の白旗稲荷神社へ。ここは日本橋と大手町を繋ぐ新常盤橋の北側。 訪れたのは2008年ですが、どうも今でも、常時門を閉ざされている様で、参拝された人がまず居なさそうな神社。 当社は、源義家が境内に白旗を立てて奥州討伐へ出陣したと伝わる。とはいえ、それが理由で社号が白旗稲荷だとは触れてない。また、頼義・義家、頼朝が白旗を立てて戦勝祈願、募兵、ないし奉納した由来による神社が東 [続きを読む]
  • 第六一五回 富賀岡八幡神社(南砂)
  • 今回の参詣は、江東区南砂の富賀岡八幡宮(とみがおかはちまんぐう)へ。ここは地下鉄東西線「南砂町駅」から600mほど東側、江東区と江戸川区の間を流れる荒川の河口に架かる清砂大橋の西詰、砂町地域最大級のショッピングモール「SUNAMO」の北側。 社号標「江東区長小松崎軍次謹書」とある。小松崎区長と言えば、最近新社会人が「青梅(おうめ/多摩地域)」と勘違いしてたどり着いてしまうと話題になった「青海(あおみ/臨海部 [続きを読む]
  • 第六一四回 笠間稲荷神社(南砂)
  • 今回の参詣は、江東区南砂の笠間稲荷神社へ。ここは地下鉄東西線南砂町駅から東へ600mほど、アシザワ株式会社の敷地内北側。 とくに開放はされていないようで、ごく一般的な屋敷神といったところか。 最接近できるのは富賀岡八幡宮前から城東保育園方面へ抜ける狭い道から。残念ながら社号は確認できない。 玉垣も鳥居もすごくきれい。フェンスを修理しているおじさんがいなければ、もう少しじっくり撮りたかった。 唯一 [続きを読む]
  • 第六一三回 砂町天祖神社(東砂)
  • 今回の参詣は、江東区東砂の砂町天祖神社へ。ここは荒川河口に架かる葛西橋の西詰。このあたりは深川の名主深川八郎右衛門が開拓し、葛西橋通りの南北一体は八郎右衛門新田と名づけられていた地域。 御社殿はそれほど大き方ではないのだけど、それにしても社殿を一周囲む木々の真っ直ぐさがすごい。鳥居に右脇には社号標があり、ここには「陸軍大将畑俊六謹書」とあった。 手水舎 狛犬1右が阿形で子抱き、左が吽形でこち [続きを読む]