譲二 6世 さん プロフィール

  •  
譲二 6世さん: 江戸御府内千社参詣
ハンドル名譲二 6世 さん
ブログタイトル江戸御府内千社参詣
ブログURLhttps://ameblo.jp/benben7887/
サイト紹介文稲荷を中心に23区内の神社仏閣千社余り全てを詣で、写真・由緒・狛犬・狐像・御朱印と周辺グルメを掲載。
自由文江戸を中心に極端なまでに多く祀られた稲荷の信仰の謎や特性を調る事を主眼に置き、ひいては府内1200余りの社を悉く詣で記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/12/25 13:27

譲二 6世 さんのブログ記事

  • 浅草名所七福神
  • 浅草名所七福神 あさくさ などころ しちふくじん”下町=浅草”とイメージさせるほど、神社仏閣からレジャー・グルメ・スイーツ・おみやげと、なんでもある、東京下町を代表する一大繁華街。お寺町の西浅草、吉原などの歴史的観光名所に、プロ・アマ問わず専門調理器具が揃うかっぱ橋商店街、グルメからお土産まで何でもある仲見世通り商店街と、見どころは尽きることがない。 巡拝のポイント浅草七福神めぐりは、9つの寺社を [続きを読む]
  • 千寿七福神めぐり
  • 千寿七福神めぐり都内にいくつかある七福神巡りイベントのひとつ。七福神を祀る7つの寺社をめぐり、専用色紙にスタンプもしくは朱印を授与してもらい、集めるというものです。当七福神めぐりの特色は、コンプリートすれば幸先良い一年を得られそうな、彩り豊かな七福神の挿絵入り色紙。また他の七福神めぐりと比較してみても、7ヶ所すべて神社というのはココだけ。しかも氷川神社系が4社、八幡神社系が2社、稲荷神社が1社と [続きを読む]
  • 港七福神めぐり
  • 港七福神めぐり都内にいくつかある七福神巡りイベントのひとつ。七福神を祀る7つの寺社をめぐり、専用色紙にスタンプもしくは朱印を授与してもらい、集めるというものです。当七福神のおすすめポイントは、なんといっても都心港区を満喫できるコースであること。発展めまぐるしい大都会の中であっても、神社仏閣が煙たがられるどころか、しっかりと地元の人々と共にあり、大切にし合っていることが窺える。麻布十番商店街を中心 [続きを読む]
  • 銀座八丁神社めぐり2017
  • 銀座八丁神社めぐり※2014年に掲載したものを基に加筆訂正しています。 毎年秋に開催される、『AUTUMN GINZA (オータムギンザ)』のイベントのひとつ。お正月に各地で開催される七福神巡りやスタンプラリーと同じ要領で、イベントに加盟している11社を参拝し、各社にてスタンプ(朱印)を押してもらってコンプリートするというもの。期間中は誰でも参加することができ、達成した人には先着2000名限定でちょっとした景品がもら [続きを読む]
  • 江戸二十五天神考察3(江戸拾葉)
  • 江戸拾葉 えどしゅうよう(作者・年代不詳) この江戸拾葉に限って原本だけでなく、写しや転用した本も入手しようにも見つからないため、東京都神社史料第二輯を参照した。江戸拾葉は根津権現社(現・根津神社)の神領・立札・境内社・祭礼番附、愛宕山大権現(愛宕神社)の、将軍地蔵・境内奉納品、富士の祠(駒込富士神社)や水天宮(日本橋蛎殻町へ移転する前の芝三田にあった当時)の由来を事細かに記していながら、天神の [続きを読む]
  • 第五六五回 鎧神社(北新宿)
  • 今回の参詣は、新宿区北新宿の鎧神社(よろいじんじゃ)へ。ここはJR大久保駅の北西にあたる地域で、北に中央本線の陸橋、東に小滝橋通り、南に大久保通り、西に神田川が流れる。ちなみに全長25kmもある神田川だが、この地域からの神田川を望んで、フォークグループのかぐや姫のヒット曲「神田川」が生まれている。 鎧神社旧称鎧大明神といい、ヤマトタケルの鎧を埋めて祀ったのが興りであると伝わり、また平安時代に平将門の鎧 [続きを読む]
  • 第五六四回 櫻木神社(本郷)
  • 今回の参詣は、文京区本郷の櫻木神社(さくらぎじんじゃ)へ。ここは「本郷三丁目」交差点から本郷通りを西に進んで50mほどのところ。北東に東京大学があり、また本郷は殊に文人が多く住んでいた地域でもある。 太田道灌によって江戸城内に祀られたと伝わり、平河天満宮が川越の天神社を勧請して江戸城梅林坂にあったのに対し、こちらは道灌が北野天満宮から勧請した。道灌時代にしろ、徳川時代にしろ、江戸城に祀られていたこ [続きを読む]
  • 第五六三回 浄念寺の化用天神(蔵前)
  • 今回の参詣は、台東区蔵前にある浄念寺の化用天神(けゆうてんじん)へ。ここは蔵前から西浅草に延びる国際通りから「蔵前小学校」交差点を西に入って100m弱のところ。 化用山 常照院 浄念寺御府内備考続編によれば、芝増上寺末の浄土宗の寺院で、慶長元年(1596)に駿河台に創建、慶長十年(1606)に浅草小揚町(現在地)に移転した。開山は善蓮社性誉上人と専阿浄念露休大和尚で、上人は百三十歳まで生きたそうだが、由緒など [続きを読む]
  • 第五六二回 梅林寺の綱敷天満宮(三ノ輪)
  • 今回の参詣は、台東区三ノ輪にある梅林寺の綱敷天満宮へ。ここは地下鉄日比谷線三ノ輪駅のある「大関横丁」交差点の南側、東泉小学校の北側にあたり、小さなビル、マンション、寺院が多いエリア。 華獄山梅林寺曹洞宗の寺院。創建不詳ではあるものの、初代住職の死去が文禄二年ということもあり、天正・文禄年間(1573-1593)だろうとしている。創建当初は小塚原(現・南千住)にあって龍源寺と号した。万治年中(1658-1661)に [続きを読む]
  • 第五六一回 仲町氷川神社(千住仲町)
  • 今回の参詣は、足立区千住仲町の氷川神社(ひかわじんじゃ)へ。当社は北千住駅の南側800mほどのところに鎮座する神社。 ここ北千住エリアは、北の荒川と南の隅田川に挟まれた地域で、北千住が足立区なのに対して、隅田川を挟んだ対岸の南千住は荒川区となっている。 また千住の地名由来は、勝專寺(しょうせんじ/千住二丁目)の千手観音に因んでいるとされている。そう、北千住といえば第34回俳優祭(2007)の演目『白雪姫』 [続きを読む]
  • 第五六〇回 小野照崎神社(下谷)
  • 今回の参詣は、台東区下谷の小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)へ。ここは上野からは北東、入谷駅のやや北側にあって、都内では当社と町田市の町田神社しかない程珍しい小野篁(おののたかむら)を祀る神社。 狛犬右が吽形で、左が阿形。持ち物は無し。 祭神小野篁は、平安時代前期の公卿。野宰相の異名を持ち、昼は官吏、夜は冥府にて閻魔大王を補佐し、勧修寺内大臣を称した藤原高藤や西三条大臣藤原良相(よしみ)が篁の [続きを読む]
  • 第五五九回 平河天満宮(平河町)
  • 今回の参詣は、千代田区平河町の平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)へ。当社は太田道灌によって江戸城梅林坂に祀られた天神社で、江戸時代後期には、江戸の名だたる天神社を二十五社纏めた”江戸二十五天神”の一つとして選出された。このほか、都内の天神社としては、牛天神北野神社(創建1184年)、西向天神社(創建1282年)、湯島天満宮(創建1355年)についで古い天神社である。(古さで言えば、上野の五條天神社は創建西暦1 [続きを読む]
  • 第五五八回 子安天満宮(北大塚)
  • 今回の参詣は、豊島区北大塚の子安天満宮(こやすてんまんぐう)へ。ここは西に山手線大塚駅と東に巣鴨駅があって、ほぼその中間に位置する住宅街の中。 当社は、江戸時代から子安天満宮の名称で親しまれ、江戸二十五天神にも”天神山子安天神”の名が確認できる。宗教法人として登録されている正式名称は菅原神社。 手水鉢なかなか読みづらいが、「寶永」「月二十五日」「加刕」といった刻印がある。加刕は加州=加賀国(現 [続きを読む]
  • 第五五七回 西向天神社(新宿)
  • 今回の参詣は、新宿区新宿の西向天神社(にしむきてんじんしゃ)へ。ここは東新宿駅の東側。新宿区の中央であり、新宿(町名)の北側にあって、なぜ東新宿駅なのか気になるところ。東新宿も都会らしい都会といった雰囲気で、大通りに囲まれバイパスも通っているのに、神社周辺は住宅街で意外と静か。 狛犬社殿前の階段中腹にある狛犬。右が阿行で子抱き、左が吽行で藤の花柄が入った鞠を抱える。「弘化三牛年 六月吉日 納之」 [続きを読む]
  • 第五五六回 北野神社(天神町)
  • 今回の参詣は、新宿区天神町の北野神社へ。ここは神楽坂より、早稲田通りを西に進んだ「牛込天神町」交差点の北側、神楽坂エリアの中でもとりわけイタリア料理のお店が多い地域。 写真左側が稲荷神社の鳥居、右側が北野神社の鳥居。まずは、北野神社の方へ。 手水舎龍の吐水。水がとてもきれい。 狛犬右が子抱きで、左が鞠を抱える。両方とも阿形で、めずらしいのは舌を出し、口髭(ちょびヒゲ)がある。 当社には御由緒 [続きを読む]
  • 江戸二十五天神考察2(卯花園漫録)
  • 江戸二十五天神とは、江戸府内における著名な天神社を二十五社選出したものいい、幾つかの書籍にて紹介されています。それぞれが独自にまとめているため、二十五社撰が何種か存在しており、特に番付という体ではないと思われますが、菅原道真の生誕と命日に因んで天満宮の祭礼や神事が25日に斉行されるように、25をひとつの聖数として纏められたものではないでしょうか。 前回掲載した明治35年(1902)刊行菅原大神千年大祭 [続きを読む]
  • 第五五五回 六郷神社(東六郷)
  • 今回の参詣は、大田区東六郷の六郷神社 ろくごうじんじゃ へ。ここは東京の(島嶼部を除いて)最南端に位置し、当社は第一京浜「東六郷三丁目」交差点の東側に鎮座する六郷総鎮守の八幡神社。天喜五年(1057)、源頼義・義家親子が当地で白旗を掲げて軍勢を募り、石清水八幡宮に武運長久を祈ると、前九年の役に勝利を収めることができたので、凱旋後その分霊を勧請したのがはじまり。 神橋梶原景時が奉納したと伝わる太鼓橋。文 [続きを読む]
  • 第五五四回 高畑神社(西六郷)
  • 今回の参詣は、大田区西六郷の高畑神社へ。ここは、京急本線六郷土手駅から北西に450mほどの住宅街の中。当社が鎮座するこの辺りは旧高畑村といい、全域が平地であるのに高畑と少々変わった地名。雑色村の人々が開墾し、江戸時代からあった地名なのに地名由来ははっきりしない。 高畑神社境内には御由緒は無く、創建年もわからない。関東大震災で倒壊するまで当社にあった鳥居には寛政十戌年六月吉日とあることから、少なくとも [続きを読む]
  • 第五五三回 熊野神社(西六郷)
  • 今回の参詣は、大田区西六郷四丁目の熊野神社へ。ここは京急本線六郷土手駅から北西に400mほどのところにある住宅街の中。 境内には御由緒は無い。この辺りで一番大きな六郷神社も、当社を管轄しているわけではなさそうで、由来は調べられなかった。 写真はすべて、2017.8.11 撮影 備考社号 熊野神社祭神創建祭日末社社務所所在地 東京都大田区西六郷4-10-14その他  [続きを読む]
  • 第五五二回 稲荷神社(仲六郷)
  • 今回の参詣は、大田区仲六郷四丁目の稲荷神社へ。ここは京急本線六郷土手駅と六郷橋との間の六郷土手商店街。 ベルウッド多摩川というマンションの敷地内にある稲荷神社。社号標や御由緒は無い。鳥居の裏側には「平成十五年 初午」とだけ刻まれていた。 石祠と石製の狐像。狐像は右が阿形で宝珠と子供を抱き、左が吽形で宝珠を抱える。 写真はすべて、2017.8.11 撮影 備考社号祭神創建祭日末社社務所所在地 東京都大田区 [続きを読む]
  • 第五五一回 北野天神(仲六郷)
  • 今回の参詣は、大田区仲六郷の北野天神(きたのてんじん)へ。ここは島嶼部を除く東京都の最南端、だだっ広い多摩川を挟んで川崎市の対岸に当たり、古くから六郷の渡しでしられる地域。江戸の玄関口ではあるけれど御府内ではない。また当社は、江戸幕府八代将軍徳川吉宗の落馬を防いだことによる”止め天神”の異名を持つ神社。 手水舎鉢には幾つか文字が刻まれていて、「御水鉢」、「八幡塚南町」、「貞享元甲子年十一月」など [続きを読む]
  • 第五五〇回 平塚神社(上中里)
  • 今回の参詣は、北区上中里の平塚神社(ひらつかじんじゃ)へ。ここはJR京浜東北線上中里駅南側に鎮座する源義家・義綱・義光の三兄弟を祀る神社。また当所から北西1kmのところにある飛鳥山までの一帯が、豊島氏の居城のひとつ平塚城だったと比定される。 100m程続く森のトンネルを抜けると御社殿が見えてくる。 平塚神社秩父平氏豊島氏の館があった地。後三年の役の帰路、源義家・義綱・義光の三兄弟が立ち寄り饗応を受けた。 [続きを読む]
  • 第五四九回 東伏見稲荷神社(西ケ原)
  • 今回の参詣は、北区西ケ原の東伏見稲荷神社へ。ここは都電荒川線「滝野川一丁目駅」より東南へ700mほどのところ。福田歯科医院の左隣に鎮座している。 竹製の扉によって閉ざされている。ただ、福田歯科医院の敷地とはブロック塀によって隔てられ、当院の屋敷神のようにも見えない。 鳥居の扁額には、稲荷紋の下に東伏見稲荷神社の文字と、蔦らしき絵が描かれている。 写真はすべて、2017.7.22 撮影 備考社号 東伏見稲荷 [続きを読む]
  • 第五四八回 妙見寺の稲荷(西ケ原)
  • 今回の参詣は、北区西ケ原の妙見寺の稲荷へ。ここは飛鳥山の南側、前回の七社神社の西側にある日蓮宗の寺院。現?山妙見寺といい、昭和9年(1934)に妙見同教会として尾久に草創、昭和19年(1944)に現在地へ移転し寺号を改めている。 境内入って右側、「八大龍王神」と「黒長竜神」と刻まれた石碑、赤い屋根の小祠は、手前に池があり、石橋が架かっているので弁天社だろう。 弁天社と思われる小祠の隣には稲荷社。左隣に [続きを読む]
  • 第五四七回 七社神社(西ケ原)
  • 今回の参詣は、北区西ケ原の七社神社へ。ここは飛鳥山の南側、本郷通り沿い滝野川警察署の並びにある西ケ原一里塚の旧跡。塚の脇にある鳥居の先に七社神社が鎮座する。 七社神社紀伊国高野山四社明神を勧請し、伊勢・春日・八幡を合祀していることから七社神社と呼ばれている。四所明神は即ち、和歌山県伊都郡の丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)の祭神「丹生都比売大神・高野御子大神・大食津比売大神・市杵島比売大神」の [続きを読む]