ISHITALoveLife さん プロフィール

  •  
ISHITALoveLifeさん: ISHITA Love and Life
ハンドル名ISHITALoveLife さん
ブログタイトルISHITA Love and Life
ブログURLhttp://compawsion.exblog.jp/
サイト紹介文Yoga,Sound Meditation,Healing,Animal C and Vegan
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/12/25 17:15

ISHITALoveLife さんのブログ記事

  • まわりまわって
  • 突然ですが、お引越しすることにしましたよ。いえ、家ではなくてブログ。紆余曲折、まるで己の心を表しているようではなくて?「これを中心にしたいな」ということがやっと腹におさまったわけである。前からそうしてやってきたけれど、どどーんと「これだよっ!」と、怖さとかそういうのを取り払ってやっていこうと思った。そうなると、微妙なずれの調整が気になる。ブログの名前は変えれるし、内容的... [続きを読む]
  • どこにいてもあなたはあなた
  • 黄黄ちゃん、元気?「どこにいてもあなたはあなた」うん、そうだなと思う。初めて香港を訪れたのは94年4月。そして、住みはじめたのが99年の12月。好きで、住んでみたくて来たわけである。好きで来てみても、ここ香港のエナジーというのはなかなかにタフなところで、来た当初はけっこう私もやられた感があるのを思いだす。それを支えてくれた友人たちに感謝。便利だし、それ... [続きを読む]
  • 継続は楽しい、楽しいは楽しい
  • 水っぺりは落ち着く点が線になる。線が大きな丸になる、そして心にすこーんと落ちる瞬間の驚きと、喜び。あああ、日々のSādhanā〔鍛錬、修行)を続けてきてよかったなと心から思う。鍛錬といっても、片足で2時間立ち続けるとか、滝に打たれるとか、いや家に滝はないし、そういうものではなく、瞑想とヨーガのアーサナ、声のワークが主なもの。と、どういう風にここ数日感じたスコーンにな... [続きを読む]
  • 心のままに生きる
  • 写真は6月の台湾リトリートのもの毎月の瞑想会。今のように声のワークもいれるようになったのは今年の一月から。だうちゃんとのさよならを通して受け取ったメッセージ「自分の心のままに生きる」それまでもずっと声のワークをしたかったのだけど、人前で声を出すなんて・・・・とずっと思っていて、それはきっと「うまくできるかな」「失敗したらいやだな」とか恐れの心があったから。「好きなこと... [続きを読む]
  • 9月サウンド瞑想会とワークショップ@日本
  • おー、お知らせブログ化なのか?こまごましたものはFBにあげているとはいえ、ブログアップは久しぶりで、しかももう9月。夏の疲れの出るこの時期は、元気を出すためにまずはプチファスティングや小食で胃腸を整え、慈しんであげるといい。入ったものが出ていく・・・という状態を想像してもらえるとわかると思うけれど、消化にはとてつもないエネルギーがいる。ここに動物性のもの〔消化にものすごく時間がかか... [続きを読む]
  • ワークショップ@日本と8月瞑想会のお知らせ
  • 日本でのアニマルコミュニケーションとヒーリングハンドそしてシンギングボウルのワークショップ、ありがたくも東は山形から、西は広島からも参加してくださった方々もいてなんともありがたかった3日間。自分を大切にすること、そしてさらに誰かのために、何かのためにもっと何かできることはないか、そういう思いで参加してくださっている。何かをシェアするということは、ただテクニックを伝えるだけじゃない。... [続きを読む]
  • 日々これメンテ
  • 最近多いのが、痛み〜特に脚の痛みでのセッションのお申し込み。まだお医者さんに行かれていない方には、まず診ていただくようにお話はする。痛みは確かに緩和させることもできるけれど、やはり大切なのは日々のメンテナンス。身体の不調と心との関係。もちろん、いろいろな理由がある。年齢的なものや、スポーツで痛めたとか、くじいたとか。けれど、やはりその奥には何かしら心理的なことも関係しているわ... [続きを読む]
  • 自己能力使用量
  • 最近発覚したこと、脚の後ろ側の筋肉をほとんど使っていなかったということ。ヨーガアーサナのForward Bend。いえ、手のひらもぴったり脚の横につくし、脚もまっすぐだったわけである。それでも、なんだか違和感はあって、もっと前側にシフトするところが、どうもまだお尻が後ろ側に残ってるというのかしら?「ハムの伸び悩み?」とか勝手に思っていたのだけど、この間のクラスで「脚の後ろぜんぜんつかっ... [続きを読む]
  • 消えた!
  • ママっこ仔ちゃん。永遠の貴公子と言われた仔ちゃんも、もうええ年のじぃじさまになった。いくつなんだろうか?2004年にうちに来たときには、獣医さんは2歳くらいじゃないかなと言っていた。最近の変化と言えば、ちょっとご飯のおかずを選ぶようになったこと。あと、自分からは食べないものも、親が食事のときにひょいとあげるとおいしそうに食べる。まー、じぃじさまゆえ、そのあたりは自分から動くと... [続きを読む]
  • 自分のペースとスローダウン。
  • 台湾ヨーガリトリートも無事に終了。自然に囲まれた場所、大地のエネルギーたっぷりの地元の野菜にふんだんに流れている山からの水・・・・・・・今回は平日コースと週末コースで二つに分けた。コースのスケジュールはもっとゆったりした時間もとってもらおうと余裕を持ったものにはしていたけれど、前回よりも滞在が長くなる分ハードかなと思ったりもしたけど、なんてことはないこの環境のおかげで元気元気。ワ... [続きを読む]
  • ワークショップ@日本ちゃちゃちゃ
  • まー、早いものでもう6月!インドでのトレーニングからもうすぐ1年が経とうとしている・・・・・あっという間のような気もするし、もっと前のことだったようにも感じるし、けれどこの一年の間で起きた変化はとても大きかった。特にお犬とのお別れは、とてつもない悲しみと同時に、私の中に大きな変化をもたらした。それはまた別に書きたいなと思うのだけど、大きく言うなら、命ってなんなんだろう、呼吸ー気って... [続きを読む]
  • 制限をかけるのは
  • 自分に自分で制限をかけることをやめてみる。「もう年だから」「〜がないから」「それは無理だから」「自分はこうだから」自分に制限をかける。これはさかのぼると、前世からくるものであったりもするし、何よりも生まれてすぐに私たちは制限の中に放り込まれる。子供のころからどれほどの「NO」という言葉をあびたことだろう?その中から、失敗することの恐れ。失敗することで感じる自分はたい... [続きを読む]
  • キミにあいたくて
  • 朝夕のお供えとお祈り。今も一緒にいるような気がする。香りも骨の感触も、重さもこんなにもはっきりと覚えている。まるで今ぽくぽくと頭をなでたり、抱いているように。去年あるワークショップに参加したときにした石を使った瞑想。ただ、やさしい誘導に従ってしていったのだけど、私が見たのは石の真ん中がスクリーンに変わって、そこにキミたちがいた。何気ない日常の中のキミたち。そして、... [続きを読む]
  • 5月 風に乗って
  • 気がついたらあっという間のためごろー的に5月なわけである。今年にはいってから特に時間の感覚に少し変化があって、あまり意識せずに「今」していることに集中しているというのか、区切りがないというのか・・・あのときの時間と今の時間とその先の時間に変わりがないというのかなぁ、まー、うまくいえないのだけど、そんな感じ(どんな感じやねん)ではあるけれど、日常生活ではやはり時間も見なきゃーだ... [続きを読む]
  • 京都浄化の旅とエナジーの流れと瞑想会
  • 思い立ったが吉日とばかりに、急遽決めた桜旅行。出発まで1週間あるかないかだったのに、マイレージを使うことができた。そして、ありがたやなことにお席アップグレードにて、楽ちんの深夜フライト。あああ、ありがたやありがたや。雨模様ではあったけど、それが逆に心落ち着かせてくれた今回の京都。ほぼ満開の桜を人にまみれることもなく楽しむことができた。桜は日本の心・・・とここ数年に特に... [続きを読む]
  • 恋しくて
  • 日本にいたときは、折々の四季はきれいとは思えど、「当たり前」のように思っていたと思う。華麗な加齢もあるのであろうか?ここ数年ほんとうに、特に桜が恋しくてたまらない。今年はどうしても、どうしても!見たくて、予定表を確認するとなんとかやりくりできそうなんではなくて?いや〜ん、AIRもまだ空席があるじゃない!?ということで、急遽弾丸で帰ることにしたのである。東京が行きやすいなとは思... [続きを読む]
  • 諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂
  • 2016年は素敵なことがいっぱいあった。そして悲しい悲しいことも・・・・・・・命あるもの必ずお別れをいうときがくる。魂は常に一緒であるとはわかってはいても、それでもこの愛しいものとの別れというのはもっともつらいレッスンなのではないかと思う。いつかはみんな灰になる。それは風にのってまだこの地に漂うのかもしれない。灰になるということ。命とはなにかということ。そういうこ... [続きを読む]
  • 悲しき習慣
  • 昔は玄関前に着く前からドア前で待ち構えていたお犬さまも、*お耳が遠くなってきたので寝ているときにはしばらく帰ってきたことに気づかないことがままある。安心して眠れているということに愛しさとありがたさを感じながらも、最近のワタクシはぐっすり寝ている彼らのおなかの上下をじーーーと見てしまうという習慣ができてしまった。ご飯も相変わらず多めに作ってしまってて、苦笑もの。無理はしていない... [続きを読む]
  • Goodbye Dear
  • 最初の息吹から最後の息吹。魂がゆっくりゆっくりと身体から離れていく。側にいれてよかったと思う。生まれたときに、そして肉体から離れていくときも。安心して旅たてるように側で話しかけ、なでてあげることができてよかった・・・というよりも、それはやはり私自身の慰めにもなっているんだとは思う。以前見送った子たちと同じように、旅立ってから数時間立っても身体はまだほのかに温かく、そして身体... [続きを読む]
  • そろそろ始める?
  • そろそろ?気がついたら11月で、カレンダーの薄さにびっくりした今日この頃。みなさまお元気ですか?インドから戻ったら、あれやこれやとわらわらな(日本語としてどうかと思う表現でもあるが)日々だったのであるけれど、香港も若干涼しくなってきて、なんだかちょっぴり今年の終わりを感じる。去年の今頃はデトックスの真っ最中で、でもどうしたらいいか、そろそろ抜けるということもわかっていたけどしん... [続きを読む]
  • トライアルとおーでりしゃす♪
  • 平日トライアルだった21日が台風で日程変更になって、思わぬ休日に、雨音を聞きながらショパンじゃないけどゆったりできたシグナル8の一日。けれど、その分日程やら、いろいろと調整しないといけないことになったので、ミーティングかねてランチをすることになった。最初に行ったベジのお店の席があまりにも落ち着かない場所だったので、移動することにしたのだけど、いつもは満席のお店がオープンしたばかり... [続きを読む]
  • あなただけが、すべてだから
  • いろいろと、悲しいお知らせが届く。実は我が家も、この一月にむいちゃんが虹の橋に行った。後ろ足が悪くはなっていたけど、他は悪いところもなく最後までご飯をしっかり食べて、そして旅立った。動きにくくなったら、どうしたら心地よくしてあげれるか、それを考える。夜中であろうと、それはまったく苦にはならない。でも、自分の思い通りに動けないことは、やはり彼らにとってストレスや落ち込みになったりす... [続きを読む]
  • 自己を慈しむ
  • YOGA āsana のもたらしてくれる効果というのはそれこそたくさんあるけれど、その中でも「自分をありのままに受け入れる」というのは最大の贈り物かもしれないと思う。自己をありのままに受け入れるということは、自分をそのままに認めることであり、そして自分を愛するということ。そういうことを、自分の練習を通して感じてきたわけだけど、Sensesのクラスをするようになって、さらにその思いが... [続きを読む]
  • Senses,Sounds and Serenity
  • Senses,Sound and Serenityのトライアルクラス。予想以上に参加申し込みを頂戴して、急遽クラスを追加。両日とも満席というなんともありがたいスタートだった。「いつもより集中できた」「苦手だったアーサナが今日は身体が自然に反応して、すごく深くできた」「不思議な空間を漂っているようで、ものすごくリラックスできた」クラスのあと、素敵な笑顔でこうした感想を... [続きを読む]
  • サウンド&ヨーガ トライアルクラス Senses、Sounds and serenity
  • ヨーガというとどうしても、身体的なエクササイズというイメージのほうが多くて、身体が柔くないとだめとか昔先生にぐいっとされて腰を痛めたとかそういうお話を聞くけれど、ヨーガのAsana(ポスチャー)練習というのはヨーガの中のほんの一部をしめるもの。もちろん大切な部分ではあるけれど、いわゆるジャンプしたりひっくりかえったりを「競う」ものではない。自分の深いところにつながる至福感というのかしら... [続きを読む]