akifuyu102 さん プロフィール

  •  
akifuyu102さん: 音楽いろいろ鑑賞日記
ハンドル名akifuyu102 さん
ブログタイトル音楽いろいろ鑑賞日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/akifuyu102/
サイト紹介文クラシック音楽、花木の風景写真、オーディオなど
自由文クラシック音楽、好きやねん!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/12/26 18:26

akifuyu102 さんのブログ記事

  • 上野耕平(サクソフォン)/ J.S.バッハ
  • 大阪も先週の金曜日(7/13)から最高気温35℃以上の猛暑日が続いています。土中から出てきたミミズが干からびた状態で歩道に散乱していました。土中も相当暑かったのでしょうね。この暑さは当分続きそうです。皆様、熱中症にはホント気を付けましょうね。こう暑いと、何か涼し気な音楽が聴きたいですね。そこで爽やかなソロ演奏をチョイスしてみました。Amazon Musicでサクソフォン奏者・上野耕平さんの3rdアルバム「BREATH - J.S. [続きを読む]
  • 藤田真央(ピアノ)/ ハンガリー狂詩曲 第2番
  • 昨年夏、東京音楽大学1年在学中(18歳)にクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝された藤田真央さんの演奏を聴いています。今年の1月に収録されたばかりのサード・アルバム「passage」(パッセージ)です。全体を通して印象的なのが混濁のないクリアな音色であること。強打の和音も美しい響きです。演奏においては、ご自身の弾く姿を上から俯瞰的に眺め、冷静な目でご自身の思い描く演奏をしているように感じました。高ぶる状 [続きを読む]
  • モーツァルト 歌劇「魔笛」夜の女王のアリア
  • モーツァルトの歌劇「魔笛」は「夜の女王のアリア」しか聴いたことがなく、歌劇の内容も全く知らない。ただ、あの有名なアリアがこの上もなく超絶技巧を要するということぐらいでした。今回、このYouTubeの素晴らしい歌唱を視聴して、びっくりしたことは、アリアが歌われる場面がこんなにも気性の荒々しい場面だったと言うこと。ウィキペディアの説明によると「夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを殺害するよ [続きを読む]
  • 吉志部神社の鳥居が無い!
  • 近所のスーパーで「天然水」が安いからと買い物を頼まれた。それではと久しぶりに紫金山公園を寄り道してから帰ることに。今朝は10時頃には既に30℃を超える暑さ、自転車で走っていると地面からの照り返しで顔が火照って来るほど。いつもの撮影スポットであるバス停「紫金山公園前」にある花壇では花の植え替え作業が済んだばかりのような感じでした。余りにも暑いので数枚の撮影を済ませてから帰り始めたところ、何かが変なんです [続きを読む]
  • 佐竹公園でもハスが咲き始めました。
  • ハスの開花状況を見に吹田市佐竹台にある佐竹公園へ行ってきました。ここは千里ニュータウンの閑静な住宅街の中にあり、新緑と紅葉の美しい自然豊かな公園です。こちらのハス池はサークル状の浮島のような造りになっています。(昨年6月の撮影時)ところが、今日行ってみると、それがひどく荒れていました。サークルの中が寂しい状態になっています。昨年の台風で被害を受けたのかも知れませんね。逆に外へと広がって来ているので [続きを読む]
  • ハーデリッヒ&ペトレンコ
  • 余震回数も徐々に減り、漸く音楽を聴きたい気分になって来ました。選んだのは大好きなチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。いつものようにナクソス・ミュージック・ライブラリーから未聴のもの数枚を冒頭から5分程度聴き比べ。その中で気に入ったのが初めて聴く演奏家、アウグスティン・ハーデリッヒの演奏でした。ハーデリッヒの明朗な解釈がとても印象的で、思い切りの良さにも好感が持てました。特に第3楽章は爽快さと心 [続きを読む]
  • 市場池公園では蓮の花が咲き始めています。
  • 余震も減り、少し落ち着いて来たので近所の市場池公園へ散歩に行ってきました。もう、蓮の花が咲き始めているんですよ。帰宅途中、公園近くのイズミヤへ寄ると震災の影響で「本日は臨時休業」ということでした。そして、自宅マンションの大型ゴミと資源ごみ置き場は震災ゴミで満杯になっていました。外観からは分かりにくいですが、家庭でもお店でも、皆、何らかの損傷を受けたようです。大きな余震が無いことを願うばかりです。  [続きを読む]
  • 梅雨間のサイクリング日和
  • 大阪は朝から絶好のサイクリング日和でした。午前中の気温は22℃ほど、体に当たる風がとても爽やかで、自宅から千里南公園までの長い坂道も全く苦になりませんでした。千里南公園へと向かう途中、歩道橋から見た新緑のイチョウ並木です。(千里ぎんなん通り_高野台歩道橋より)牛ケ首池の周辺は紅葉の時期も素敵ですが、新緑もまた素晴らしいですね。(千里南公園_牛ケ首池)季節ごとに趣向を凝らした花壇(千里南公園内)来年3月 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間 - 花壇のある風景(167)
  • ボランティア活動として環境美化活動を推進されている方々のお蔭で、木々や草花など、緑多い街が維持されているのだと思います。本当に有り難いことです。梅雨に入っても纏まった雨は降らず、曇り空が続いていましたが、午前中は初夏のような爽やかさでした。写真は吹田市五月ヶ丘東と五月ヶ丘北の境界道路付近にて撮影クラシック音楽、好きやねん!にほんブログ村 [続きを読む]
  • Easy Camel Trio / 楽ジャズ
  • 今日もAmazonMusicからチョイスした一枚です。クラシックの名曲をジャズ・カヴァーしたアルバム「楽ジャズ 〜クラシック」を聴いています。JAZZに疎い私でも、肩肘はらずに楽しめました。クラシックの名曲がお洒落で軽快で爽やかなJAZZに生まれ変わっています。編曲・演奏はEasy Camel Trio、演奏がとても上手いですね!--------------------【ディスクデータ】--------------------【曲名】 (01) ジムノペディ 第1番 (02) ノク [続きを読む]
  • 上野星矢(フルート)/ 万華響
  • 今日はAmazonMusicで素晴らしい演奏に出会えました。フルート奏者上野星矢さんのデビューアルバム「万華響」です。フルートの名曲に加え、坂本龍一の「東風」やユーミンの「春よ来い」も収録されています。豊かな表現力と美しい音色が奏でる絶妙の歌心が心に染み入ります。こんなにも清々しい爽やかなフルートの演奏は聴いたことがありません。上野さんは2008年、第8回ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールでグランプリ [続きを読む]
  • 大阪の梅雨入り宣言 - 花壇のある風景(166)
  • 大阪では明日にでも「梅雨入りしたとみられる」と気象庁から発表がありそうな雰囲気です。梅雨と言えば「紫陽花」ですね!市場池公園でも梅雨を待ちわびたかのように紫陽花の花が咲き誇っていました。色鮮やかな紫陽花が見頃を迎えています。市場池公園ではブルー系の花が多いです。↑↑↑ がくあじさい (額紫陽花)と言うのもこの公園で知りました。色の変わり目の時も優しい感じがして好きですね。写真はすべて摂津市の市場池公園 [続きを読む]
  • ガブリエル・シュヴァーベ / チェロコンサート
  • ドイツのチェリスト、ガブリエル・シュヴァーベの演奏でシューマンのチェロのための作品集をナクソス・ミュージック・ライブラリー聴いています。シュヴァーベのチェロの音色がとても綺麗ですね。そして、軽やかで何とも爽やかな演奏。チェロ協奏曲以外は初めて聴く曲でしたが、瑞々しさに満ち溢れた素晴らしい演奏です。ピアノの音色もチェロに良くとけあい、気持ち良さを倍増させているように感じます。録音も非常にクリアです。 [続きを読む]
  • 明日の健康のためのやすらぎの音楽
  • 読売日本交響楽団ソロ・コントラバス奏者の石川滋さんの「ヒーリング・コントラバス」というCDを聴いております。間もなくやって来る梅雨の季節、落ち込みそうな気分を吹き払って、爽やかな気持ちにさせてくれます。コントラバスの深く、重厚な響き、柔らかい音色が気分をすっきり落ち着かせてくれます。いや、それ以上に石川さんの歌心が胸を打つ。石川さんの師でもあるゲリー・カーのCDも所有していますが、それを遥かに上回る音 [続きを読む]
  • 名曲アルバム+(プラス)5月〜6月の再放送
  • 凄い映像表現で話題になっているNHKの名曲アルバム+(プラス)視聴者の要望に応えて再放送が続いています。現時点で決まっているものをご紹介致します。?5/31(木)BSプレミアム AM11:40-11:45「ペニー・レーン」レノン/マッカートニー作曲?6/7(木)BSプレミアム AM11:40-11:45「運命交響曲」ベートーベン作曲写真は「ペニー・レーン」の映像制作を担当した「デコボーカル」公式ホームページより転記させて頂きました。「ペニー・レ [続きを読む]
  • ラーフ・ヘッケマ / サクソフォンでバッハを
  • サクソフォンで演奏するJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータをナクソスミュージックライブラリーで聴いています。これはかなりイケてます。サクソフォンの音色が思いの外、この曲にピタッと嵌っています。そしてなぜか原曲のヴァイオリンで聴くよりリラックスして聴けるのです。安心して身を委ねられる温かな響きが何とも堪りません。オランダのサクソフォン奏者、ラフ・ヘッケマ今後どの様な新盤が出てくるのか期 [続きを読む]
  • サラ・オレイン /「f(エフ)」
  • サラ・オレインさんの3rdアルバム「f(エフ)」をAmazonMusicで聴いています。どう表現したら良いのやら、何かもう次元を超えた超絶の美しさですね。抜群の絶対音感、音域の広さ、ロングトーンの安定性、豊かな声量発声の美しさ、おまけにヴァイオリンも超一流!「Pie Jesu」における高音域への跳躍なんて軽々とやってのけてます。見事です。非の打ち所がないですね。--------------------【ディスクデータ】-------------------- [続きを読む]
  • アルゲリッチ&アバド
  • マルタ・アルゲリッチとクラウディオ・アバド指揮、ロンドン交響楽団の演奏でショパンとリストのピアノ協奏曲を聴いております。50年前の1968年の録音、マルタ・アルゲリッチが26歳、クラウディオ・アバド35歳、ジャケットに映る二人はどこかしら初々しさも残っていたり。アルゲリッチのピアノ、実に良いですね。リアルタイムでころ頃のアルゲリッチの演奏は全く聴いた記憶がないのですが、宝石のような眩い輝きで、豊かで繊細な表 [続きを読む]
  • ヤン・リシエツキ / シューマンのピアノ協奏曲
  • ヤン・リシエツキのCDを初めて聴いた時、その瑞々しいタッチから生まれる清々しいピアノの響きに驚いたものです。あれから4年、なんと!未だ20歳の若者。今回、シューマンを聴いてその成長ぶりに再び驚くことに。YouTube映像はProms 2013(BBCプロムナードコンサート)で行われた本CDと同じコンビによる演奏。CD録音時のちょうど2年前の演奏になる。18歳のリシエツキの堂々とした演奏が眩しい。曲目:シューマン_ピアノ協奏曲 イ短 [続きを読む]
  • ジェイミー・ウォルトン / シューマン チェロ協奏曲
  • 英国のチェリスト、ジェイミー・ウォルトンが演奏するシューマンとドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴いております。どちらかと言えば、シューマンの方が演奏も音質も良い出来だと感じました。独奏チェロもさる事ながら、オケの響きが凄く良いですね。シューマンの曲はドヴォコンに比べて、オケの編成が小さいので、透明感や明瞭度も有利に働くのでしょうか。いや、どうもそれだけでは無いような、録音の質も演奏の質もシューマンの [続きを読む]