kyudenkun2013 さん プロフィール

  •  
kyudenkun2013さん: 給電くん de 二人旅 ☆ 旅と車中泊グッズのモノ語り
ハンドル名kyudenkun2013 さん
ブログタイトル給電くん de 二人旅 ☆ 旅と車中泊グッズのモノ語り
ブログURLhttp://kyudenkun.jp/
サイト紹介文夫婦の夢の旅アイテム、給電くんを買いました。車中泊の「あーでもない、こうでもない」を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/12/26 23:06

kyudenkun2013 さんのブログ記事

  • 連日、温泉銭湯に通う
  • 日乃出温泉に再び!久しぶりに、駅前にある温泉の銭湯に2日連続で行く機会がありました。こちら「日乃出温泉」">「日乃出温泉」は、加温していますが、100パーセント天然温泉ということです。かみさんが飲み会の時の送り迎えの時間つぶしに、こちらの銭湯を訪れたのきっかけで時々利用しています。回数券だと、1回につき20円割引になるので、それを購入してたことも利用する理由ですね。比較的夕方の早い時間でしたが、結構込み合 [続きを読む]
  • メニューが進化していた。
  • 「すき家」で秋の味覚を味わう!先日、かみさんに付き合って市内の名所めぐりをしたのですが、その日の昼食に久しぶりに「すき家」">「すき家」を訪れました。夏に鰻を食べて以来のような気がします。  メニューには期間限定の秋刀魚蒲焼丼">さんま蒲焼丼があり、私は迷わずそれを選びました。贅沢にも牛丼とのコラボした上にねぎ玉をトッピングしたねぎ玉さんま牛">ねぎ玉さんま牛を注文。しました。同行していた二男は、山かけ [続きを読む]
  • インド人のシェフによる本格的カレー
  • インド料理店ナンダン 新下関店にて長男が、「この連休中、カレーを食べに行きたい」というので、先日紹介したナマステ">先日紹介したナマステも良いのですが、別の店をと、ナンダン">ナンダンに行きました。市内に3店舗あり、我が家からはどれもまあまあ近い距離にあります。北九州にもお店">北九州にもお店があるのは知りませんでした。  我々がお店に入ったときには1グループのみのお客さんでしたが、その後2−3グループのお [続きを読む]
  • 健康に大きなメリット…アカモクという食材
  • 山口県でも生産されているのだけれど最近食に関する情報番組">食に関する情報番組にて取り上げることが多くなったアカモク">アカモクという海藻の食材に注目しました。もともと邪魔な海藻として捨てていたアカモク。山口県の山陰地方でその食材としての価値を見いだして商品化した">山口県の山陰地方でその食材としての価値を見いだして商品化したというニュースも見ていましたし、自分も幼少期、父母のふるさとである島根県益田市 [続きを読む]
  • 10月1日はお得な外食の日
  • 「丸亀製麺」をとるか「天下一品」をとるか…毎月1日、丸亀製麺の「釜揚げうどん半額」">丸亀製麺の「釜揚げうどん半額」を狙って外食することが多いのですが、先月9月は都合により出かけることができていませんでした。「今月こそは」と考えて、息子を誘って、夕食に出かける予定にしていたのですが、本日は10月1日。なんと1年に1度限りの天一の日(てんいちのひ)">天一の日(てんいちのひ)ではないですか…。「天下一品で拉麺を注 [続きを読む]
  • 「ナマステー!」
  • 本格的なインド料理店息子二人とランチに出かけたのは、下関の長府駅前にあるインド料理店「ナマステ」">インド料理店「ナマステ」  ナマステ">ナマステというのは、インドやネパールで使われるサンスクリット語">サンスクリット語のあいさつの言葉。「こんにちは」だけでなく「おはよう」「こんばんは」「さようなら」と何にでも使える便利な言葉">何にでも使える便利な言葉らしい。山口県の宇部市にも系列店">宇部市にも系列店 [続きを読む]
  • 泉質が評判の秘湯に再び!
  • 柚木慈生温泉で疲れを癒やす徳地に行くならば、少し足を伸ばして以前訪れた">以前訪れたことのある柚木慈生温泉">柚木慈生温泉に寄って帰ろうと考えていました。かみさんは、外観を見ても以前に一緒に行ったことが思い出せないようでしたが、中に入って見て記憶がよみがえったようです。地元の方が多かったと思いますが、結構たくさんの方がお湯につかっていらっしゃいました。女湯も同様だったようです。じっくりつかって、評判の [続きを読む]
  • おくびょうものなので・・・
  • 昼間に心霊スポットを訪れてみた徳地について調べていると、佐波川ダムのそばにあるトンネルが心霊スポットの名所">佐波川ダムのそばにあるトンネルが心霊スポットの名所として紹介してありました。 (地元下関市にも源平合戦の舞台となった関係でいろいろな噂があるらしいです・・・)  なんでもこのトンネルの工事の際の落盤事故の被害に遭った方の霊が、時折現れるというのです。  ダム施設の駐車場に車を止めて、問題のトンネ [続きを読む]
  • ふれあいパーク大原湖
  • 湖のそばの高規格オートキャンプ場こちらも視察ですが、ふれあいパーク大原湖">ふれあいパーク大原湖というオートキャンプ場を訪れました。昨日紹介した無料のキャンプ場に比べれば、区画ごとに水道と電源がきちんと整備されたいわゆる高規格オートキャンプ場">高規格オートキャンプ場です。  訪れた時刻が、ちょうどチェックアウトからチェックインの合間でしたので、利用のグループは少なかったのですが、それほど盛況という感 [続きを読む]
  • 無料で利用できるオートキャンプ場
  • 新平ヶ原キャンプ場を視察徳地のたまごかけご飯の店に行く">徳地のたまごかけご飯の店に行く前に立ち寄ったのは、周南市の北部にある自然豊かなキャンプ場">周南市の北部にある自然豊かなキャンプ場です。かみさんが、「日帰りならば」という条件で同行することにならなければ、こちらのキャンプ場を利用して1泊しようと考えていたのですが、今回はキャンプせず、視察のみということで妥協しました。下関から目指す時、中国自動車 [続きを読む]
  • 「たまごかけご飯」食べ放題の店
  • 「とりたまの里」にて新鮮な卵を味わう先週、山口県の中央部にある、徳地">徳地という場所に行ってきました。 目的はいろいろありましたが、その中の一つが「卵かけごはん」">「卵かけごはん」を味わうということ。そのお店は「とりたまの里」">「とりたまの里」。卵かけご飯食べ放題の店ができたという話題を地元局のTVで見て、ぜひ一度訪れたいと思っていたのでした。  「味噌汁以外はおかわりが自由」ということなので、朝食 [続きを読む]
  • 地元のうどん店めぐりにはまる 3
  • 「一途うどん」は・・・こちらのお店「一途うどん」">「一途うどん」は、一度目は1人で訪れ、「五目うどん」540円をいただいた後、テイクアウトで家で留守番の息子に「鶏かつ玉子丼」を買って帰ってやったのですが、先日息子二人とかみさんの4人で訪れる機会がありました。  長男は、「牛スジ肉うどん」(880円)を、二男は、「大海老天うどん」(たしか980円)を注文しました。かみさんには、「五目うどん」を薦めて、私は息子に好評だ [続きを読む]
  • 地元のうどん店めぐりにはまる 2
  • アットホームな店「大ちゃんうどん」。こちらは、職場から近いので、昼食時一人で訪れました。  「大ちゃんうどん」">「大ちゃんうどん」は、正真正銘の肉うどんのお店でした。。近所の常連さんが子連れで訪れており、とてもアットホームな感じで好感がもてました。ちょい肉飯とか、ぶっかけうどんのメニューもあるみたいでしたが、休日なので平日サービスもないし、初回なので定番の肉うどんのみを注文しました。 肉の量を考え [続きを読む]
  • 地元のうどん店めぐりにはまる 1
  • 肉うどんの店 行きつけの喫茶店">行きつけの喫茶店で、地元の麺の店を特集したグルメ雑誌を見る機会がありました。その中の肉うどんを紹介した記事は、下関市のお店が多く、とにかく一度行ってみたいと思えるお店でした。 おりしも四国旅行から帰宅した直後でしたので、あの讃岐うどんの味">あの讃岐うどんの味の記憶がまだ新鮮な時期でした。小倉発の独特のうどん">小倉発の独特のうどんの食感を楽しむべく、地元のうどん店めぐ [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 41
  • ひたすら疲れと闘いながらの帰宅モードホテルから高速道路のインターチェンジまでに渋滞がありましたが、帰省ラッシュの渋滞に巻き込まれることもなく、順調に車は流れました。とはいっても、300kmあまりのドライブ。睡魔と闘うために買い置きしてあった「眠気スッキリシート」">「眠気スッキリシート」がとても活躍しました。これはおすすめです。ただ、2回目3回目と使っていく内に1回目ほどの画期的な効果が薄れていったのは少々 [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 40
  • 福山城に立ち寄る帰路、「帰りを急ぐ旅ではないので、せっかくだから福山城">福山城に寄ってみよう!」ということになりました。昨年末の人間ドッグの受診で訪れた福山">昨年末の人間ドッグの受診で訪れた福山でしたが、その時は別のプランのことで頭がいっぱいでそんなことは思いもよりませんでした。  福山城">福山城は、JR福山駅のそばにありました。約50年前にコンクリートで復興した天守閣は博物館として活用され、市街地 [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 39
  • ホテルの朝食はボリュームたっぷり近くに食事をする店があまり見あたらない感じだったので、ホテルでの朝食を頼んだのですが、430円の料金での朝食はボリュームたっぷりでした。焼き魚に納豆と生玉子と味付け海苔に加えさらにおかず皿という、これでもかというおかずの並べ方が豪快でした。ごはんのおかわりもできたようですが、これだけでおなかいっぱいになりました。欲を言えば食後のコーヒーがほしかったですけど、それは贅沢 [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 38
  • 料理のクォリティーに満足ホテルで紹介していただいたお店「えん」">「えん」は、歩いて数分の場所にありました。こんな時も天気が良いのはありがたいです。  訪れると、「予約が入っているので忙しく、開店は7時過ぎ」と言い渡されました。近くの書店やホームセンターで時間をつぶして時間通りに訪れた時には、もう数名のお客さんが入っていて、「料理を出すのに時間がかかるかもしれないけど」と念を押されました。しかも、そ [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 37
  • 今夜の宿は「鴨方グリーンホテル」倉敷をあとにして、車でしばらく西に移動したところにある鴨方にあるホテル">鴨方にあるホテルを予約していました。 翌日の朝食込みで1泊1部屋5,400円という料金です。昨日の宿がとても良かったので、ホテルの場所から考えればもう少しレベルの高い部屋を期待したのですが、他に競合するホテルもないので仕方ないのかもしれません。 二男は、部屋のトイレが温水洗浄便座">温水洗浄便座付きで無 [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 36
  • 倉敷を散策 2  倉敷の街並み">倉敷の街並みも満喫しました。男3人の旅ですので、特にお店に立ち寄って何か見て歩くというのはなかったのですが、唯一お店に入ったのは、ソフトクリームを出してくれるお店でした。あいにく機械のメンテナンス中ということで、桃のジュースを進められたのですが、手作り感いっぱいの果汁100パーセントジュースはとてもおいしかったです。  この場面、かみさんがいればまた違った感じだったかも [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 35
  • 倉敷を散策 1さすが観光地という感じで、倉敷ではまず、車の駐車場探しに苦労しました。いろいろ迷いながら、美観地区近くの商店街の駐車場を探し当てて駐めることができ、これはラッキーでした。 まずは、アイビースクェア">アイビースクェア。少々冷房が効いているのが良い。  そしてその足で大原美術館">大原美術館へ。大原美術館は本館だけでなく別館として分館に工芸・東洋館、児嶋虎次郎記念館となかなか見応えがありま [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 34
  • 倉敷名物の「えびめし」をいただく本日の午後は倉敷">倉敷を観光しようと考えていました。「昼食は倉敷の名物を食べよう」と二男の検索により、えびめし">えびめしの「えびめしや」">「えびめしや」というお店に入りました。  多少の順番待ちの後、席に案内されました。  結構ボリュームのあるえびめしは一時期流行った「そばめし」">「そばめし」の味付けを思わせるものでした。(錯覚かも?…自信ない)ワンプレートに添えられ [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 33
  • 予定外の「こんぴらさん」参拝で年齢を痛感した「金刀比羅八幡宮」">「金刀比羅八幡宮」へは丸亀から約30分で行くことができます。「1368段の石段を登った先にある神社である」">「1368段の石段を登った先にある神社である」ということを二男はよく知らなかったらしく、現地で歩き始めてからその事実に驚いていました。  もちろん水分補給のための飲み物や、汗ふきのタオルを用意して挑んだのですが、かつてかみさんと訪れた時に [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 32
  • 丸亀城を満喫ホテルに戻り荷物を整えて本日最初の目的地は「丸亀城」">「丸亀城」。そばにある「丸亀市立資料館」">「丸亀市立資料館」の駐車場に駐めることで無料でアプローチすることができます。    こちらの丸亀城は石垣に特徴があるようです。少し登った先に見事な石垣を見ることができました。  現存天守ですので、例によって、エアコンなどの設備は無いのですが、以外と涼しいのです。大きな城ではないですが、天守の [続きを読む]
  • 四国・高知ー丸亀ツアー 男3人旅 31
  • モーニングは讃岐うどんホテルのフロントで「朝、食べるのにおすすめのうどん店」を紹介してもらっていました。ホテルの駐車場はやや混雑していましたが、追加料金もないし、ホテルの下にとめた車に乗り込めるのはありがたい。なんとか車を出し、予定通りおすすめの店「麺や」">「麺や」へ。もちろん、iPadナビによる案内です。  朝早いというのに、店の駐車場はほぼ満車で、お店は結構な人でにぎわっていました。行きつけの「丸 [続きを読む]