Kuni. Kawachi さん プロフィール

  •  
Kuni. Kawachiさん: Horary 西洋占星術
ハンドル名Kuni. Kawachi さん
ブログタイトルHorary 西洋占星術
ブログURLhttps://ameblo.jp/horary-school/
サイト紹介文その昔、西洋占星術に誕生時間は要らなかった!
自由文ホラリー占星術は西洋占星術の基礎です。これを学ばなければ、西洋占星術は鵜呑みにするしかありません。ホラリー占星術は、惑星やハウスやサインの働きを実感でいる、体感できる占星術です。その後の星々の解釈をすることができるようになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/12/28 08:48

Kuni. Kawachi さんのブログ記事

  • 惑星が語る 象徴性
  •  ボナタスは、6番目の考察の 3/10個目で、月のところにも出てきたコンバストの話を蒸し返し始めます。 ご存知のように、コンバストは西洋占星術上最悪の表示です。ところが、最近の生徒さんは「コンバスト」そのものを知らない人が増えてきました。太陽と惑星たちは、1年に1回コンジャンクションするじゃないですか。それが、悪い? 表示。 中には、月と太陽のコンジャンクション[新月]も、良い表示だと宣伝する占星家の方々 [続きを読む]
  • 惑星の語る 象徴性
  •  惑星たちは 象徴的な動きを見せます。 ボナタスは、占星術の判断に役立つ「146の考察」を残していて、6番目の考察で惑星たちが弱くされる幾つかのことを書いています。 6番目の考察の、2/10個目。「惑星が逆行をしている時」と簡潔に書きます。 惑星は逆行をします。地球から見るとそう見えるだけで、プトレマイオスの時代から、どうして逆行に見えてしまうかが考えられてきました。“エピサイクル”という運動法則で惑星た [続きを読む]
  • 象徴性を読み解くための 数々の考察
  •  惑星たちの見せる 象徴的な動きをどう読み解いてきたのか? ボナタスは、占星術の判断に役立つ「146の考察」を残しています。全ての考察を全てのチャートに対して行うわけでは無いのですが、知っていると時々役に立ちます。 5番目の考察は、月に対してのものでした。 6番目の考察は、月以外の惑星に関わるものです。月に対する観察が、そっくりそのまま当てはまるものもあります。月にだけ言われることと、全ての惑星に共通 [続きを読む]
  • 惑星達の 象徴的な天での印
  •  天に兆す、惑星たちの象徴的な印。 月が、天空上のどのようなサインのどの角度にあれば、どのようなことを象徴的に示唆をするのか、あまり良くない事柄を観察してきました。しかし、幸運な角度というものも当然あるわけです。ボナタスの146の考察には、注意点が主に載せられていて、書かれていません。146の考察から、少し離れます。 幸運な角度は、アル・カビスの書くものと、ボナタスの書くものが一致しています。ボナタス [続きを読む]
  • 惑星達の 象徴的な動き
  •  惑星達の象徴的な兆し。ボナタスの146の考察の5番目。 その17個あるうちの、残り、2つ。スモーキー・ディグリーとダーク・ディグリーと呼ばれるものです。 ボナタスは、146の考察を書く随分前に、スモーキー・ディグリー、ダーク・ディグリー、ブライト・ディグリー、ボイド・ディグリーに付いて基礎の部分で書いています。 アセンダントのロードや月が、これらの角度にあるなら、  ブライトなら、晴れやかな顔立ちで美し [続きを読む]
  • 惑星達が天で演じる 象徴性を伴わせた動き
  •  水星が逆行することで、物理的な影響を与えることはありません。それは、時と場合によって象徴的に示唆されるだけです。それが証拠に、水星が順行中の今日も、失敗は繰り返されます。ボナタスは146の考察の中に、水星の逆行への注意を一言も入れ込んでいません。 それは、さておき、考察の5番目の話を続けます。そこには、月に関する考察が書かれています。17個の観察すべき事柄の続きです。 15/17番目。月がwelledディグリー [続きを読む]
  • 惑星が語る 天空の象徴性
  •  ボナタスは、146の考察の5番目で、月の17個の観察すべき考察を書いています。  11/17番目は、惑星本来の速さを失っている時。 12/17番目は、ディクリーズ(decrease)。 13/17番目、ビシージメント。 14/17番目は、アジミン・ディグリーにある時。ラテン語でazemenとか、azemenaとかで綴られる角度のこと。リリーは、deficient、azimeneと綴っています。 アセンダント、アセンダントのロード、月がこれらの角度にあると、肉 [続きを読む]
  • 象徴性の極み ボイド
  •  13世紀のイタリアの占星家ボナタスは、146の考察の5番目で、17個の月の状態に関する事柄をつぶさに観察するように勧めます。大事なことだからです。  その10/17番目は、ボイドです。 ボイドの概念はギリシャで生まれた時から、順番に積み上げられています。 これを、歴史を通じて、そして、実占的に理解していかないと自分のものになりません。 だから、難しいのです。 一部で言われている「月がサインの端に達するまで、 [続きを読む]
  • 天空の象徴的な印を、どのように読み取るのか?
  •  ボナタスの146の考察の5番目には、月に付いて17個の月に関する事柄があります。9/17番目です。  月が、?のサインの15度から、?のサインの15度までの間に在る時、その30度をバイア・コンバスタと呼び、良くないとされます。 バイア・コンバスタ。 何故、この部分がバイア・コンバスタと呼ばれ悪いのか? 人間の肉体の各部位がサインに割り当てられています。  ?のサインを頭として、  ? 首、  ? 腕、  ? 胸 [続きを読む]
  • 象徴性で造り上げられる 西洋占星術
  •  ボナタスの5番目の考察には、17個の月に関する事柄が書かれています。 7/17番目。「月が、サインの終わりの方にあることは良くない」と書かれています。  その理由は、サインの終わりの部分のタームは全て、火星や土星によって占められているからです。しかし、?のサインや?のサインの終わりの方では、月がサインのロードやイグザルテーションになっているので、そうはならないとも書かれています。 モダンな占星術には「 [続きを読む]
  • 惑星たちの 象徴的な動き
  •  リリーの述べる変なこととは、次のような事です。C.A p.223 です。  See also if that Planet from whom the ? is separated be the Lord of the 5th Signe from the Signe wherein the Planet is to whom the ? applies, and both these Planets have any aspect to each other; that also doth testify the party shall have Children or a Childe. "また、見よ。もし、月がセパレートしてきた惑星が、(月の)入っているサ [続きを読む]
  • 象徴的な動きをする 惑星たち
  •  ボナタスは、4番目の考察の16の象徴的な動きに関して、その終わり(16番目)に月の虚弱な状態になるものを掲げ、5番目の考察で、月が虚弱な状況に至る17個を語っていきます。  6/17でボナタスは、一見、つまらなそうなことを述べます。曰く「月は、?のサインが嫌いだよ」です。そこは、?のサインから数えて12番目のサインだからというわけです。  時々、リリーにしても、訳の分からないことを言います。でも、私たちが理解 [続きを読む]
  • 天空で起きる 美しい形
  •  惑星たちは微妙に、何故、ここに置かれる必要性があるのか? と、思わせるような場所に置かれていることがあります。それは、尋ねられた事柄や、ネイタルにピッタリと当てはまるわけです。中には、数時間しか天空でそれが表現されないこともあります。誕生時間が分からないと、正確なネイタルが読めない原因にもなります。  下記のチャートは、そんな珍しい現象が起きています。  月と太陽による物事の完成が示されています [続きを読む]
  • 惑星たちの示す 象徴性
  •  ボナタスは、4番目の考察の16の象徴的な動きに関して、その終わり(16番目)に月の虚弱な状態になるものを掲げ、5番目の考察で、月が虚弱な状況に至る17個を語っていきます。  その 5/17 番目です。 テイルと共にある、すなわち、テイル(?)とのコンジャンクションです。  何故、月の道と太陽の道の交点[ノード]が問題になるのでしょう。他の惑星との交点は問題にならず、月と太陽との通り道は問題になる。これは、この交 [続きを読む]
  • 惑星たちの示す 象徴性
  •  ボナタスは、4番目の考察の16の象徴的な動きに関して、その終わり(16番目)に月の虚弱な状態になるものを掲げていて、月が虚弱な状況に至る17個を語っていきます。  その 3/17 番目です。 月が、コンバスト・ディグリーにある時となっています。これに付いては、何度も話していますから割愛します。  その 4/17 番目。 月がマレフィックな惑星と、リセプション無しで、コンジャンクション、スクエア、あるいは、オポジショ [続きを読む]
  • 惑星たちの示す 象徴性
  •  ボナタスは、4番目の考察の16の象徴的な動きに関して、その終わり(16番目)に月の虚弱な状態になるものを掲げていて、月が虚弱な状況に至る17個を語っていきます。  2/17 番目の、月が虚弱になる状態は、?のサインに入っている時。それも、2.00〜2.59度が最も弱くなると言います。(ボナタスは、own descension と書いている)  ボナタスは、デトリメントとフォールの差を、あまり検討していない人物だと言われたりしていま [続きを読む]
  • 惑星たちが 象徴するもの
  •  ボナタスは、16の象徴的な動きに関して、その終わりに月の虚弱な状態になるものを掲げています。 象徴から離れて、月が虚弱な状況に至るのはどのような場合なのか、ボナタスは書き始めます。それは、17個も在ると言うのです。 まず、西洋占星術を学ぶ誰もが知る、1「コンバスト」太陽とのコンジャンクションです。よく、太陽とのコンジャンクション、つまり、新月にお願い事をすると叶うとか噂されるあれです。「コンバスト」 [続きを読む]
  • 惑星たちが 象徴するもの
  •  ボナタスの言う16の象徴的なものは、惑星たちの動作、機会、品質、作用、状況などを含んでいます。 15番目の考察は、惑星が幾つかの弱い状態に置かれること、そうなっているのかどうかを確かめることです。16番目の考察は、月が幾つかの弱い状態に置かれること、そうなっているのかを確かめることです。 な〜んだ、アスペクト以外は、知っていることばっかりだ、並べただけじゃないか。と思われた方は、相当、勉強をしている [続きを読む]
  • 惑星たちの 象徴するもの
  •  ボナタスの言う16の象徴的なものは、惑星たちの動作、機会、品質、作用、状況などを含んでいます。 7番目は、惑星同士のアスペクトやコンジャンクションの妨害となるもので、プロヒビション(禁止)や、行く手を差し止める感覚のバーニングです。 8番目は、リセプション。 9番目は、おそらく、月のボイド・オブ・コース。(テクストには、ボイドとだけあります)。 10番目は、再びリセプションのことを書いているように思います [続きを読む]
  • 惑星たちの 象徴するもの
  •  ボナタスの言う16の象徴的なものは、惑星たちの動作、機会、品質、作用、状況などを含んでいます。 1番目は、場所の優位性とも言うべきもので、アドバンスメント[advancement、進捗・促進]です。これがあることで、物事に対する優位性を得、成就するものもあります。それが、場所の優位性です。東京ではアングルを得ていても、沖縄では得ていないかもしれません。  2番目は、この優位性の逆、不利な立場です。一般的には、ケ [続きを読む]
  • 惑星たちの 象徴的な動き
  •  惑星たちは、下界に影響力を及ぼすかのごとく、象徴性によってそれを示しています。惑星に力があるわけではなく、あくまでも、その動きは象徴的であるだけです。 金星と火星にコンジャンクションが伺えるからといって、地球上のすべての人々に恋愛が降り注がれるわけではありません。同様に、水星が逆行しているからといって、全ての人々に影響を与えることもありません。 ある人にとって、金星と火星のコンジャンクションは [続きを読む]
  • 興味ある 惑星の動き
  •  先月の末から、今月にかけて、滅多に見られない惑星の動きがありました。  それは、水星 → 太陽 → 土星 の動きです。チャートを見てもらうと、ASCのロード(土星)と、DESCのロード(太陽)の間に、アスペクトがあるように思えます。  太陽の前方には、邪魔が無く、土星とアスペクトするまでにどの惑星ともコンタクトが見えません。でも、太陽と土星はアスペクトしないのです。水星 → 太陽 → 木星 のトランスファ [続きを読む]
  • チャートの整合性
  •  私たちは、西洋占星術を学び始め、ホラリーに取り組み始めると、アセンダントのロードとアワー・ルーラーの整合性を学びます。常に、この作業をしなくてはいけないのかというと、そうでもありません。幾つかのホラリーでは、この段階をすっ飛ばしても構わないことになっています。 もともと、整合性を観察するベースになっているものは、クライアントが正確に質問したい事柄を、ちゃんと質問しているのかどうかです。緊急時、 [続きを読む]
  • お客様に そんなことを求めてもいいの 不要 ⇔ 当然
  •  ボナタスの格言は、かなり宗教性(キリスト教的な)を含んでいます。 聖書の中に『求め続けなさい。さすれば、与えられます。探し続けなさい。さすれば、見出せます』といったような事がマタイ伝7-7に書かれています。 質問を為す質問者に、ボナタスはこのことを求め、質問をする為に占い師を尋ねることがあるなら、祈ってからにしてくださいと書きます。しかし、占星術師はボナタスの本を読みますが、多くのクライアントは、そ [続きを読む]
  • 質問が為された時間で建てられるチャートに、意味はあるのか
  •  西洋占星術は、英語で勉強するととても面白い。 グイード・ボナッティ(ボナタス)は、13世紀の占星家で、ウィリアム・リリーに強い影響を与えた人です。「146の考察(146 Considerations)」という本も書いていて、とても示唆に富んでいます。 その1番目には、考えなくてもいいようなことも書いていますが、時には、このことが質問者と占星家にとって重要になることもあります。 細かな分析ができるわけではありませんが、質問 [続きを読む]