Kuni. Kawachi さん プロフィール

  •  
Kuni. Kawachiさん: Horary 西洋占星術
ハンドル名Kuni. Kawachi さん
ブログタイトルHorary 西洋占星術
ブログURLhttps://ameblo.jp/horary-school/
サイト紹介文その昔、西洋占星術に誕生時間は要らなかった!
自由文ホラリー占星術は西洋占星術の基礎です。これを学ばなければ、西洋占星術は鵜呑みにするしかありません。ホラリー占星術は、惑星やハウスやサインの働きを実感でいる、体感できる占星術です。その後の星々の解釈をすることができるようになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/12/28 08:48

Kuni. Kawachi さんのブログ記事

  • ボナタス146の考察より #32
  •  ボナタス32の考察は、マレフィックが良いと思われる状態の時に、どう解釈すればよいのかに付いて書かれている。 マレフィックとして働くのか、それとも、ディグニティーを保有する分、良く働くのか? 歴代の占星家の中には、これに付いてあまり語っていない占星家もいる。実占の数が違うのであろう。確信できなかったのかもしれない。 マレフィックが良い状態となるのは、オリエンタルにあって、順行していて、コンバストさ [続きを読む]
  • ボナタス 31 複雑な惑星の動き
  •  ボナタスは、『146の考察』#31で、惑星がサインの端の方でコンジャンクションをする時には、アスペクトでもそうだが、今いるサイン内で結合をするのか、サインを変えてから結合をするのか、よく観察せよと述べる。  どちらも、物事の成就には違いないが、リセプションが違うから、結果は違ってくるのだよと述べる。  最近の惑星の動きで例を述べると、♂が? のサインで、他の惑星とコンジャンクションやアスペクトを取るの [続きを読む]
  • 惑星の動き ボナタスの30
  •  ボナタスの注意事項、30は、現代の天文観測技術と、古い時代の技術の違いがある。  ボナタスの『146の考察』に、それが書かれている。惑星があるサインの29度の後半に立っていたならば、それが本当に今居るサインに留まっているのか、それとも、1分でも次のサインに入っているのかを考察せよとなっている。  これは、古代にはどうしようもなく、歯がゆいことであったに違いない。サインを計算するにしても、惑星の位置を計算 [続きを読む]
  • ボナタス 惑星たちによる 象徴的な表現
  • ボナタスの『146の考察』  ずいぶん、久しぶりになってしまった。約1年前に始めて、ようやく、ここまできた。 29番目の考察には、“minute by minute” という言い回しが出てくる。私はこれを、あえて「角度による角度に従った」と訳している。他の占星家のテクスト類の中からは、“gathered (in degrees and minutes)” などの言い回しでも出てくる。 ここでは、月に対しての観察に採用して、過去に、月と角度による角度に従 [続きを読む]
  • 体感をする 西洋占星術
  •  私はこれまで、誕生日の分からない人が多いことから、西洋占星術はホラリー占星術から始まったに違いないと考えていた。しかし、最近の研究によると、ホラリー占星術が、最も初期の形態を持つ占星術であるとも言えないことが分かってきた。私のこれまでの意見を変えざるを得ない研究結果である。 ネイタルの技術が、ホラリーに持ち込まれたり、ホラリーの技術だったものが、ネイタルやイレクションに持ち込まれたり、どの占星 [続きを読む]
  • アスペクト
  •  アスペクトは、物事を成就させる。  しかし、物事を成就させるのは、アスペクトだけではない。  例えば、圧倒的なアンギュラリティー。ほとんどの惑星がアングルを占めていることで、物事や願いが叶ってしまう。  それに、当該の惑星が、当該の場所にある時。  アンティッション。時々、惑星がアスペクトではない150°で成り立つことがある。  質問に左右されるけれども、月のボイドが見事に物事を成就させる。つまり、何 [続きを読む]
  • アスペクト
  •  アスペクトの一部に付いての、占星術師 アブ・マシャー(787−886年)の言。ベンジャミン・ダイクス氏の訳(ITA 164p)では、こうある。  [Abbr. III.30] 性質の贈り物とは、惑星の中のある物が、別のもののドミサイルを占めていて、それ自身が、それに(サインのディスポジターの1つに)アプライしていることである。ここにおいて、それそのものの性質(アプライしている惑星の性質)が、それ自身からのものとしてホストに贈 [続きを読む]
  • 西洋占星術で使う、ハウス
  •  4ハウスは、チャートの構造からしても、ルート(根)、ルーツ(家系)である。マニリウス(1世紀の人。教訓詩『アストロノミコン』を著した)は、天球を下から支える点として描いた。4ハウスは上昇部分をも含み、「全ての星々が下降を終え、上昇に転ずる点だ」と述べる。  「4ハウスは両親のハウス(ルーツだから)」として、最近は、ほとんど違和感が無くなってきた。ルーツであるから、祖父母のハウス、曾祖父母のハウス、 [続きを読む]
  • 緊急 災害対策
  •  これは、 【「新」経世済民新聞】 からの引用であることを断っておきたい。------------------------------------------------・・・ 事実、今回の災害で「最悪」の堤防決壊が起きた岡山県の小田川でも防災対策が予定されていました。 もしもそれが間に合っていれば、ほとんど誰も死なずに死んだことは間違いありません。 しかもこの工事は、最近になって新しく構想されたものではなく、何十年も前から議論されていたもので [続きを読む]
  • 星の階梯 (ほしのかいてい)
  •  『星の階梯』は、“ほしのかいてい” と読む。ちょっと難しい漢字かもしれない。段階上になったメソッドを、階段を踏んで昇る意味である。 お気づきかもしれないが、“改定”と掛けている。 様々な意味で、日本の西洋占星術は、変革していかなければならない。その時期に差し掛かっているのだ。サインとハウスの意味は違う。ハウスの無い占星術も、無い。エンターテイメント性に裏打ちされるような、媚を売るようなものでもな [続きを読む]
  • 占いの世界観
  •  人は、ゴールの見えないものに挑戦することが苦手です。多くのランナーが挑戦するマラソンなどのデータは、3時間、3時間半、4時間という、区切りの前にゴールする人が増える傾向があります。これは、ゴールが見えると頑張れる効果です。 ところが、いつ結果が出るのか定かではない事柄には、哲学とでも呼べるようなモチベーションが必要になります。つまり、考え方です。その考え方が定まっていなくてもいいのですが、何となく [続きを読む]
  • 思考を司る 表示体(星)
  •  一般に、ホラリー占星術は、物事の行く末を判断するために用いられると思われがちである。 しかし、幾つかの質問では、「モチベーションを上げるには、この事柄にトライした方が良いのか、あるいは、これには手を出さない方がいいのか?」とか、「私が、この道を進むことで、精神的なメリットはあるのか?」などの、コンサルテーション(相談)のような質問が舞い込む。 この場合に使われるのは、チャート全体のアルムーテン [続きを読む]
  • 私は、妊娠していますか?
  •  ウマー・アルタバリ(かなり難解)による、妊娠についての項目をベースにすると。 これも、又、これから妊娠をするのかとの質問ではなく、行為の後に妊娠したのかしなかったのかを確かめるための質問に答えるためである。 5ハウス、そのロード、月、そして、月のロードが考慮される。月のロードというのは、月の入っているサインのロード(月のディスポジター)のことである。月のディスポジターが検討されることは、これから [続きを読む]
  • 私は、妊娠をしていますか?
  •  ASCのロード、又は、月が、アングルにある惑星とリセプションのある形でアスペクトしていれば、そして、マレフィックからそれらが離れ去っていれば、妊娠は完璧になされる。 マレフィックから自由となっていることは、こと妊娠に関してはとても大切な要件である。 では、既に妊娠が疑われていながら質問が為される場合とは、どのような時なのか?  ほぼ、嫡出子なのか、非嫡出子なのかの質問に限られる。つまり、夫の子供な [続きを読む]
  • 私は、妊娠しましたか?
  •  テクストは、ASCのロードと5ハウスのロードがアスペクトしていれば、妊娠をしていると読める。しかし、下記のチャートは、妊娠をしていない。日時:2018年7月28日 20:25 ASC、5ハウス、ASCのロードが入っている場所が多産のサインである。吉星同士といってもいいアスペクトである。西洋占星術では、サインよりも、絶えずハウスの力の方が強いのである。月は、ケーダントにある。そして、この月は、月蝕のあった場所で太陽のオ [続きを読む]
  • 私は、妊娠しましたか?
  •  私は、妊娠をしていますか? 表示体の選択をしなくてはならない。ASC、ASCのロード、5ハウス、5ハウスのロード、そして、月である。月の入っているサインのロードが頼られることもある。 妊娠の場合に、幾つかの否定される要素がある。その要素を見てみたい。 マレフィックとのアスペクトやコンジャンクション、ASCやMCにマレフィックな惑星が入っている、テイルとのコンジャンクション、ケーダントにある惑星とのアスペクト [続きを読む]
  • 私は、妊娠しましたか?
  •  女性が妊娠したのかどうかを尋ねて、西洋占星術でこれに答えることは、極めて難しい。 女性がこの質問をする場合が2つある。 1つは、早く子供が欲しくて、「妊娠をしていますか?」と尋ねる場合。 もう1つは、望まない妊娠をしてしまったかもしれない場合である。 妊娠したら、安心して産める世の中はきっとやってくる。父親が知れないことで、とやかくいう風潮は、国賊である。放送することだって、いけない。そんなメディ [続きを読む]
  • 『星の階梯 I』 の レヴュー・ページを作成
  •  『星の階梯 I』が全国の書店で買えるようになったのを期して、レヴューを受け付けることにしました。簡単な印刷だけを想定していて、葉書が入っていないからです。  質問、賛同、至らない点、何でも書き込んでください。そう考えると、どうしても、★印は要るように思います。何故なら、★1つに対応していきたいからです。  https://www.9kado.com/school/school-10/review-01/ にあります。  良いものも、悪いものも、両方 [続きを読む]
  • 『星の階梯 I』 一般書店でも 買えるようになりました
  •  『星の階梯 I』、これまでは Amazon だけのオン・デマンド方式でご注文いただく必要がありました。これからは、一般書店でのご注文が可能になります。常に本屋さんの書棚にあるというわけではありませんが、書店検索システムに乗ったことにより、数日以内にお手元に届くことになります。  オン・デマンド(一冊でも注文後、印刷)方式で対応していたのですが、システムの内容は詳しく存じませんが、市中の本屋さんに『星の階梯 [続きを読む]
  • これ 完成するの?
  •  惑星の動きは、とっても複雑。  このような動きも、歴代のテクストに載っていない。金星はやがて、水星に追い付きセクスタイルを完成する。リセプションがあるので、妨害にはならない。で、その時、金星が水星に光を押し付けるのか、水星が金星に光を押し付けるのか?   理論上は、アスペクトをしたときに、軽い惑星が、重い惑星に光を押し付ける。とすると、水星が金星に押し付けるわけだ。でも、水星は逆行をしている。水 [続きを読む]
  • 本当に 水星逆行で 書類の間違いが増えるのか?
  •  今日では計算機がほぼ計算や出入を行っていて、手書きの書類の間違いを統計的に取る手法はなかなか取れないと思います。  では、水星が順行中なら、全てが順調に行っているのかどうか?  水星の順行中のエピソードが語られていないので、本当かどうか分かりません。 「水星逆行」 おそらく、言われているだけなのだろうと、思います。  言われているだけの事柄は、結構多いものです。  だいたいが、分かり易く、聞いて楽し [続きを読む]
  • トランスファー・オブ・ライト なのか?
  •  惑星達は、最近複雑な動きをしている。  下記のものも、いったい成り立つのか、成り立たないのか、これまでの経験に無いもの。    アセンダントのロードの木星(14.33)と、愛しい人とすれば、7ハウスのロードの水星(16.57R)となるけれども、間に太陽(15.51)が入っていて、太陽は木星の光を運んでいるはず。しかし、軽い惑星の水星が、太陽が背負ってきた重い惑星である木星の光を受け取るのかどうかは、不明。  月 → [続きを読む]
  • カッティング・オブ・ライト
  •  下記のチャート。月と太陽は、アスペクトを完成させるのでしょうか?  月は太陽とアスペクトするように映ります。月(2.35)、太陽(13.44)、木星(14.22)月はスピードの速いことから、月 → 太陽 の方が早いと思うじゃないですか。でも、太陽 → 木星の方が早くアスペクトするのです。この場合、月 → 太陽 は、どうなるのかというと、太陽は、全てを木星に委ねてしまった後なので、月 → 太陽 のアスペクトは、何も起こ [続きを読む]
  • 気付きの モメント
  •  私は、ブログで、あるいは、本の中で、惑星の中でお金を表すのは木星であると、順序立てて、歴史的な推移と、西洋占星術の論理を交えながら説明している。 それでも、それなのに、というべきか、お金は金星であると、戻ってしまう。そうは言うけれど、そんなことを書いてある本って、Kuni. Kawachi の本だけだと。更には、もっと良い本があるから、そちらの方がいいに決まっていると !  人は、衝撃的な事実を目にすると、に [続きを読む]