KOKUGENOU さん プロフィール

  •  
KOKUGENOUさん: 國原則夫の写真で右往左往
ハンドル名KOKUGENOU さん
ブログタイトル國原則夫の写真で右往左往
ブログURLhttp://kuninori-uosao.seesaa.net/
サイト紹介文写真家、國原則夫が主に北関東の撮影スポットを写真で紹介。カメラを持ってウロチョロします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/12/28 12:21

KOKUGENOU さんのブログ記事

  • 紅葉 中間平
  • ようやく里にも紅葉前線が下りてきました。今日は快晴の中、久しぶりに寄居町の中間平に行きました。ここにはモミジがたくさんあり、今が見頃です。山の西側斜面にあるため、早い時間より10時位からの方が太陽の光が入ります。冷たい風が吹いていましたが、逆光で見る紅葉の美しさは何とも言えません。「おーっ、素晴らしい、カシャ」でした。冬に入った木もあります光が入り始めると立体的に高い位置から寂しくなったものも落葉 [続きを読む]
  • 紅葉を求めて
  • 紅葉を求めて14日15日、栃木県の蓬莱山、大芦渓谷、長野県の上田城に行きました。どちらも紅葉のピークを迎えて、色鮮やかでした。14日は天候に恵まれなかったので残念なところもありましたが、上田城は昨年のような喧騒は無く、明るい秋の日を楽しむことが出来ました。蓬莱山より蓬莱山三滝付近より大芦渓谷上流では霧が上田城の紅葉が鮮やかでした落葉もきれいでした上田城撮影日 11月14日、15日にほんブログ村 [続きを読む]
  • 太公望の湖
  • 紅葉を求めて毛呂山町にあります、「鎌北湖」に行ってきました。ここは釣り人には有名な湖で、きょうもたくさんの太公望が釣り糸を垂れていました。周囲は僅か2km程の小さな湖ですが、湖畔にはかなりの紅葉があり赤く色づいていました。しかし今年の紅葉はやや不良といったところです。それでも釣り人、紅葉狩りの人で賑わっていました。水はきれいではありません逆光に映えます部分的にこれは鮮やかでした全体はこんな感じです [続きを読む]
  • フクロウ(不苦労)の神社に
  • 栃木県と茨城県の県境にまたがるフクロウの神社「鷺の子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)」があります。今回は2度目の参拝となりました。天気も良く気軽な気持ちで一般道を行きましたら、なんと4時間もかかってしまいました。福島県に近く一泊コースかなと。帰りは高速道で半分できましたが。この神社はフクロウを祀ってあり、フクロウロードなるものがありあちこちにフクロウがありました。パワースポットであり、宝くじ [続きを読む]
  • 赤城山は素晴らしい!!
  • 日光の紅葉を求めて、夜中の1時に出かけました。日の出前に着き撮影場所探して右往左往(ウロチョロ)。しかし何処も頭に描いていたような風景は見当たらず、紅葉もまばらで湯ノ湖近辺が少しマシなくらいで満足な光景はみつかりませんでした. カメラマンは大勢いましたが皆さん納得いく写真が撮れるのでしょうか。それならと日光は午前中で切り上げ、赤城山に向かいました。やはり勝手知ったるところだけにポイントを探すのは簡単 [続きを読む]
  • 行田観光巡り
  • 今日も朝から雨です。せっかくの休みですが遠くには行けず、お隣の行田市の観光巡りをしてきました。約千年の歴史を持つ八幡神社を始め、忍城、田んぼアート、そして最後は埼玉県内に三基あるうちの一つ成就院の三重の塔でした。まだまだたくさんありますが、今回は未知の施設中心に巡ってみました。お昼には古代蓮の里で美味しいうどんを食べ、充実した一日となりました。立派な神社でしたのぼうの城で有名な忍城です古代蓮会館の [続きを読む]
  • 小雨降る古峰神社
  • 雨の中、古峰神社(栃木県鹿沼市)に詣でました。今までにも何回か詣でましたが、今回は御朱印をいただくのが目的でした。幸いなことに御祈祷を受けられる方がおり、巫女舞を見ることが出来ました。ここは天狗信仰の神社であり、御朱印帳に天狗の絵を手書きで入れていた戴きました。神社の奥には「古峰園」という美しい庭園があります。紅葉には少し早く、色づき始めたところでした。それでも雨に濡れた木々はしっとりと美しいもの [続きを読む]
  • 照葉峡は見頃です!
  • 紅葉の季節になりました。ということで、昨日は「写游鴻巣、おいねずか」の皆さんと照葉峡(水上)まで撮影に行きました。紅葉は高いところから少しづつ下りてきます。照葉峡から坤六峠に向かう途中の、水上水源森付近が見頃を迎えていました。あいにく曇り空でしたが、ヤマウルシ、ナナカマド、ブナときれいな紅葉と滝を撮ることが出来ました。平日にも関わらず、紅葉を求めてやって来る人達が多く見られました。撮影日 10月1 [続きを読む]
  • 遥かなる東北、素晴らしき哉
  • 9月25日から東北旅行に出かけていました。そのためブログ更新ができませんでした。無事に帰ってきましたのでまた再開です。福島、宮城、岩手、秋田、山形の5県を、東北の有名な観光地を1度は見たいとの思いで、駆け足的ですが巡りました。温泉付きの道の駅が充実しており、美味しい食べ物を味わい車中泊しながら気の向くままに移動して、東北の良さを堪能できました。総移動距離1、850キロ、写真的には平凡になりましたが、 [続きを読む]
  • パワースポット鹿島神宮
  • 近年パワースポットとして人気のある茨城県の「鹿島神宮」に参詣してきました。大きな神社ですが、神秘的な雰囲気の漂う神社です。長い参道を歩いた先にある「奥宮」は、厳かで独特な気が感じられる、いかにも神宿る処でした。鹿島古流という武術の聖地であり、BS時代劇の「塚原卜伝」(主演、堺雅人)の舞台にもなった神社です。そういうこともあり、参詣するひとが多いようです。当日は雨でしたが、「奥宮」から禊をする池「御 [続きを読む]
  • 霧巻く、渡良瀬遊水地
  • 昨日の雨のおかげで、気温の上昇とともに水蒸気が上がり霧が発生、幻想的な風景を見せてくくれたのは渡良瀬遊水地。夜明け前からスタンバイし、日頃は見たことが無い様な風景に出会うことが出来ました。刻々と変わる夜明けの色、霧の強弱で変わる木や草の表情、暫し酔いしれました。空の色が次第に鮮やかに間もなく太陽が湿原が霞んで何気ない草も違って見えますきれいに見えます撮影日 9月13日にほんブログ村 [続きを読む]
  • 天空の湖、野反湖
  • 私の大好きな湖の一つ、「天空の湖、野反湖」に行ってきました。野反湖は群馬、長野、新潟3県の県境に位置し、湖面標高が 1,513m、水深25m、周囲10kmのダム湖です。夏でも涼しく(19℃でした)、雲に手が届きそうな感じで、霧ならぬ雲に包まれることが度々あります。中学生の時初めてキャンプをして以来、何度も訪れましたが飽きることがありません。しかし、半周は舗装道路があり車で走れますが、もう半周は山道を [続きを読む]
  • 日光けっこう、憾満ガ淵
  • お盆が過ぎ世間の喧騒も収まりつつあり、ようやく遠出することができました。1泊2日の車中泊で日光方面に出かけました。今回の1番の目的は「憾満ガ淵の石仏撮影」でした。ここは渓谷沿いにあり、無数の石仏が並んでいる珍しい場所です。1日目と2日目、2回お邪魔しました。最初の日は曇り空のため、思った表現には撮影できませんでしたが、2日目には晴れて少しだけ狙いの表現に近づくことが出来ました。しかしここは陽の当た [続きを読む]
  • 本当は凄い、岩室観音!
  • 埼玉県吉見町に岩室観音というお堂があります。吉見百穴のすぐそばです。弘法大師が観音像を彫刻して納めたと伝えられ、松山城跡の麓の岩窟にあります。ここには現在88体の石仏があり、「比企西国三十三所観音札所」の第三番とのこと。前にも来ましたが、たくさん並んだ石仏を撮影しようと訪れました。誰もいないだろうと思っていましたが、日曜日で子供は夏休みということもあり家族連れが来ていました。道路より少し高い位置に [続きを読む]
  • 木枯し紋次郎の三日月村、知っていますか?
  • 「あっしには関わりのねえことでござんす」、かなり前に流行語にもなりました、木枯し紋次郎のテーマパーク群馬県太田市藪塚町にある三日月村に行ってきました。紋次郎は作家の笹沢佐保が作った架空の人物です。しかし三日月村では生家まであり、実在したかのような錯覚を覚えます。山の中に点在する旅篭など、当時はこんな感じなんだろうと、テレビの時代劇で見た場面を思い出しました。夏休みということもあり、家族連れが多く来 [続きを読む]
  • 群馬の珍スポット、成田山赤城寺 知っていますか?
  • 群馬県桐生市に、珍スポットとして知られるお寺があるというので訪ねてみました。成田山赤城寺と言うお寺で、千葉の成田山新勝寺の末寺とのこと。初めに驚いたのは、赤城山に撮影に行く度に入口の前の道路をいつも通っていたことでした。派手で目立つ門と思っていました。中に入り何が珍スポットなのかとみると、まず石仏の多さ、ご本尊の不動明王の石仏がいっぱい。そして変わった石仏が・・・少し山の中に入ると、駐車場のそばに [続きを読む]
  • 神仏習合の竹寺、知っていますか?
  • 江戸時代まで神様と仏様が1か所で祀られる、神仏習合という形がありました。明治政府により神仏分離が進められましたが、いまも神仏習合が守られている「東日本唯一のお寺、竹寺」へ参拝してきました。飯能市の山奥の竹林に囲まれひっそりと鎮座し、本尊は牛頭天王が祀られ、本地仏は薬師如来となっています。まさに古刹と呼ぶのに相応しいお寺です。本殿入口は竹の山門です茅の輪の奥が本殿ですこんなオブジェもあります牛頭明王 [続きを読む]
  • ハス模様
  • 暑中お見舞い申し上げます。暑いです! とても暑い中、平成の森公園(川島町)までハスを撮りに行きました。今年は咲くのが早かったのか、ピークは過ぎていました。昨年より花が少なかったのですが、ここは比較的近くで撮れるので、作画し易い点はお薦めです。暑さで頭がボーッとしながら、1時間ほど撮影しました。結果は暑さに負けたかなーと。全体を撮れる花が見当たりませんでしたまだ蕾も少しあります落花も画になります葉の [続きを読む]
  • 霧舞う赤城山
  • ツツジも終り今の赤城山は華やかさがありません。気温も低めで半袖シャッツでは肌寒いそんな中、覚満渕や鳥居峠は霧が舞い、幻想的な姿を見せてくれます。時折陽が射し梅雨の時期らしい赤城山を堪能してきました。鳥居峠より霧が下へ覚満渕湖畔にて木に絡まって咲く白い花、あちこちにありました時折陽が射し、湖畔を歩く人も撮影日 7月6課にほんブログ村 [続きを読む]
  • 諏訪大社 四社まいり
  • 諏訪大社という名前は、有名な御柱祭りで聞いたことがあるかと思います。一口に諏訪大社と言っても、四社もあるんです。諏訪湖を挟んで南に上社の本宮、前宮、北に下社春宮、秋宮とあり、全国に六千五百社ある諏訪神社の本宮でもあります。20日から21日にかけ四社を巡りました。どの社も素晴らしく荘厳な趣でしたが、特に上社本宮の圧倒的な大きさには驚きました。四社で御朱印を受け、参拝の記念品をいただき、至福な時を過ご [続きを読む]
  • レンゲツツジ咲く赤城山
  • 見頃を迎えたレンゲツツジを撮影に、早朝赤城山に向かいました。天候が悪いと霧が出るだろうとの予測で、雨の中向かいました。予測通り白樺牧場はもの凄い霧で、ぼんやりとツツジが見える程度でした。朝5時20分というのにすでに数名のカメラマンが。話をすると同じ予測とのこと。考えることは皆さん同じでした。白樺牧場は花の付き方が悪く、見晴山の方がきれいでした。覚満渕も少なく地蔵岳の登山道を入った辺りがきれいでした。 [続きを読む]
  • 花いろいろ
  • この時期になるとなぜか花をモノクロで撮りたくなります。というわけで川島町の「平成の森公園」、「ふかや緑の王国」に出かけました。しかし今は春の花が終わり、夏の花が咲く直前のようで、どちらもあまり種類は無く少し消化不良気味でした。モノクロはいずれまとめて発表したいので、ここではカラーのみを載せます。あまり凝らずにできる限り普通に撮影しましたが、一応光だけは意識しました。花いろいろです。バラですがピーク [続きを読む]
  • 麗しの、北陸、能登半島、撮影旅 最終写
  • 北陸、能登半島の旅も終りを迎えました。北陸の最後は金沢の兼六園です。庭園がきれいに整備されていて日本人の美意識に触れることが出来ました。その後向かったのは、五箇山と白川村の合掌造りの里です。五箇山の相倉集落はまだ昔の風情を感じられましたが、白川郷は都市化しつつあり、規模は大きいですが観光客も凄く、特にアジアから多いようで日本語より中国語を始めとした外国語が飛び交い、風景とマッチせず違和感を覚えまし [続きを読む]
  • 麗しの、北陸、能登半島、撮影旅 3
  • 能登半島の旅も3日目となり、羽咋市に入って行きます。能登国一宮の気多大社に詣で、光の文字のお守りと御朱印をお願いすると、「気」と書かれた御朱印を戴くことが出来、とても幸せな気分になりました。4日目には半島とさよならをして金沢市内に入り、金沢城を訪れました。天守閣こそありませんが外壁や城門が素晴らしく江戸時代にタイムスリップしたような錯覚になりました。こんな断崖絶壁が多く見られます(関野自然歩道より [続きを読む]
  • 麗しの、北陸、能登半島、撮影旅 2
  • 能登半島は日本海に突き出た半島です。当然回りを海に囲まれていますが、その海岸線は岩の多いのが目立ちます。様々な形をした岩は、季節や時間によって違った表情を見せてくれます。また半島の内部にも岩が多く、断崖があちこちに見られました。そんな地形の中に棚田があり、見る者を魅了します。今回の中で、最も見たかったのが「キリコ」でした。本番は7月8月ということで時期が合いませんが、キリコ会館に展示された各地の「 [続きを読む]