大貫 さん プロフィール

  •  
大貫さん: runテクニック!確実に短期間で速く走れる練習方法
ハンドル名大貫 さん
ブログタイトルrunテクニック!確実に短期間で速く走れる練習方法
ブログURLhttp://arunnerz.blog.fc2.com/
サイト紹介文短距離走からランニングまで幅広く走りについて分析しています。走りの専門知識を共有しましょう。
自由文私は中学に長距離、高校に短期間、大学時代には自分でクラブチームを作り陸上三昧の日々を過ごしてきました。このブログでは過去に顧問から教わったこと、セミナーで知ったこと、自分達で考え結果を出した練習などを書いていきます。また、クラブチームは今も東京•神奈川で活発に動いているので興味のある方は是非一緒に練習しましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/01/11 17:50

大貫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 物理学から見る走りのフォーム
  • 効率の良いフォームを作るには、筋肉と骨の仕組みなど人体の解剖学から説明することが多いです。肩甲骨と股関節の連動を使って走る。太ももの前側の筋肉は疲弊しやすい。猫背になると腰の位置が下がる。など全て人体の解剖学に基づいています。今回は少し視点をずらして物理学から走りのフォームを見てみましょう!慣性の法則「すべての物体は、それに外力が作用しない限り、その状態を続ける」走りに置き換えると、ブレーキが一切 [続きを読む]
  • 走りにリズムをつける大切さ
  • 「リズムよく走れ」走る指導においてよく使われる言葉です。走り慣れている人であれば、走っているときの”リズム”について理解できると思います。この感覚はある程度走りこんだ経験がないとイメージできません。「タン、タン、タン、タン」とリズムを刻んで走ります。リズムを刻むタイミングは、手首が腰のあたりを通過した瞬間であったり、膝を前に出した瞬間であったりと、人それぞれです。こうした連続する動きをカウントする [続きを読む]
  • かけっこ教室in小学校
  • 本日は小学校で「かけっこ教室」の外部講師として指導をしてきました!かけっこを速くなりたいという小学生を集めて開催したので、当然ですが走りについて学ぶのは未経験の子がほとんどです。その為、短距離走の要点を大きく3つに絞って行いました。腕降り腕降りは大きく、前は目の高さまで、後ろは肩が90度になるまで!足の着地踵は地面に着かず、母指球から着地!スタート姿勢スタンティングスタートは利き足を後ろにして、前足 [続きを読む]
  • マラソン向け体幹トレーニング
  • 今回はマラソン向けの体幹トレーニングをご紹介します!短距離選手は大きなパワーを必要とするため、体重以上に負荷をかけるウエイトトレーニングを行うことが効果的です。対して長距離選手は自分の体重を使い、体幹を鍛えることをメインに考えていきます。体幹トレーニング①初めは腹筋トレーニングです。腹筋の筋トレと聞くと、上体起こしをイメージされますが、上体起こしのように腹筋をピンポイントで鍛える筋トレはマラソンに [続きを読む]
  • 100mを速く走る意識と考え方-段階的に考える-
  • 長距離はペース配分を考えなければいけないが、短距離は最初から最後までとにかく全力で走ればいい。そう考えてはいませんか?走っている時間はたった10秒余りですが、アスリートはその間、何を考えて走っているのでしょうか?今回は100mを走る意識と、100mという距離について考えてみましょう!0.01秒を意識する走っているときは、足が地面に接地している時間よりも、空中時間が長くなります。つまり100mを仮に50歩で走り切る [続きを読む]
  • 2時間集中50m走 無料練習会【小中学生対象】
  • 小中学生を対象とした50m講座を無料で引き受けています!これまで10人くらい指導をしてきましたが、1ヶ月後には50mのタイムが必ずアップしています!以下、今までの実績です。小学3年生男子9.0秒→8.5秒小学6年生男子8.8秒→8.2秒小学6年生男子8.0秒→7.7秒リレーの選手に初めて選ばれたとの報告もあり、指導をさせて頂いた身としては大変満足ですね( ̄▽ ̄)指導内容は大まかにこんな感じです。50mをいつものように走ってもらい、 [続きを読む]
  • 体幹ハードトレーニング ちょっと珍しいストレッチと筋トレ
  • 「マラソンの走りを支える!体幹ハードトレーニング」なるものを体験してきたのでレポートします。動的ストレッチ、静的ストレッチについてはこれまで何度も取り上げてきましたが、今回はティシュー、フープ、ポールを使ったちょっと珍しいストレッチと筋トレを紹介します。どれもテレビでは見たことがあっても体験してことがある方はほんの一握りではないでしょうか。かく言う私も初めてだったのですが、これだけ短時間で高い効果 [続きを読む]
  • 短距離選手向けインターバルまとめ
  • 本数やペースはご自分の力に合わせて調整してください。400mトラックを想定した表記になっています。インターバル一覧①100m×10本100mを9〜10割で走り、100mを60秒程度でゆっくりジョギング。ストレートでダッシュ、コーナーでジョギングというように行う。疾走部分は少なくとも50mまでは全力。②200m×8本200mを8〜9割で走り、200mを120秒程度でゆっくりジョギング。力みすぎずストレートに入ってからスーっとペースを上げるのが [続きを読む]
  • -速筋の遅筋可- 長距離選手に勧めるインターバルトレーニング
  • インターバルは疾走と休息を繰り返して、効率的に心肺機能をタフな状態に鍛えるトレーニングです。今回は長距離選手向けのインターバルについてお話します。速筋の遅筋化インターバルのペースは基本的にレースペースより速いペースで行います。速いペースで走ることによって速筋にも刺激がかかります。遅筋:持久力には優れるが、瞬発力はいまひとつ。速筋:瞬間的に大きな力を出すことに優れる。持久力を必要とする長距離は遅筋が [続きを読む]
  • マラソン練習 【調整期-レース2週間前〜前日-】
  • 本番まで最後の2週間にあたる調整期では、レース当日に体調のピークを持ってくるよう調整することが目的となります。これまで練習期、試合期と十分に走りこんできました。「まだ鍛えたりないかも…」と不安になって無理に長い距離を走ったり、ペースを上げて走るのはやめましょう。少なくとも今回のレースに関しては、既に最大限の練習をしてきています。調整期に入った今できることは本番当日のために体調を整えることだけです。 [続きを読む]
  • マラソン練習 【試合期-レース6週間前〜2週間前-】
  • 試合期が最も練習がハードになり、最も力をつける期間となります。この試合期を乗り切るために今までの練習をしてきたと言っても過言ではありません。前日までの疲労が抜けていないと足が重く感じ、練習メニューをこなしていくことが難しくなってきます。そうなると負の連鎖でトレーニング計画が崩れます。試合期では今まで以上にウォーミングアップ、クールダウンを入念に行うことが大切です。練習期の説明で少し触れましたが、坂 [続きを読む]
  • マラソン練習 【練習期-レース10週間〜7週間前-】
  • 練習期での目的は、長時間走り続けられる身体を作ること、1kmのラップペースを身体に覚えさせることです。当然準備期の頃から比べると走る距離も長くなり、ペースを意識する練習では頭で考えながら走る必要が出てきます。練習期からは筋肉痛を感じることが多くなると思います。積極的休養と完全休養をしっかりと使い分け、アイシングやマッサージなどで身体を労わるようにしてください。また、練習期からは、サブ4(4時間を切るタ [続きを読む]
  • マラソン練習 【準備期】
  • この時期はフルマラソンを走りきるための”練習”に耐えられる身体を作ることが目的です。それなので「50分程度ならゆっくりでも走ることが出来る」という方は、この準備期は飛ばして練習期から初めて頂いて問題ありません。普段運動をしていない人は数十分でも走り続けることは苦しいと思います。例え走り切れたとしても翌日、酷い筋肉痛になってしまっては練習へのモチベーションも下がってしまいます。準備期では練習を無理なく [続きを読む]
  • マラソン練習は期分けして計画を立てる
  • マラソンのトレーニングはレース当日から逆算をして計画を立てていきます。トレーニング計画にはコーチによって意見は様々ですが、私が最も理に適っていると感じたトレーニング計画をお伝えします。トレーニングの期分けトレーニング計画を立てる目的は、ケガをせず、限られた期間で最大限鍛え、レース当日に体調のピークを持ってくることです。ただやみくもに長い距離を走るだけではありません。その期間に合わせて距離やペースを [続きを読む]
  • なぜ人は苦しい思いをしてまでマラソンを走るのだろうか?
  • 最近はランニングブームで都内のそこかしこで走っている人を見かけるようになりました。もちろん彼らは誰かに強制されて走っているわけではなく、自ら走ることを望んでいます。走る理由は十人十色です。ダイエット目的のため。自己記録更新のため。走った後のビールを美味しく飲むため。しかし、フルマラソンを走る理由となると大きく次の2通りになるのではないでしょうか。・走りきる達成感を味わいたい・自己記録を更新したい42. [続きを読む]
  • 2016年5月5日 練習会
  • 2016年5月5日に短距離走練習会を行います!参加費は無料ですので気軽にご参加ください!日時2016年5月5日10時〜12時10時〜合同でアップを行います。場所世田谷区立大蔵運動公園陸上競技場東京都世田谷区大蔵4-6-1費用参加費は無料ですが、競技場利用料は受付でお支払いください。 メニュー100m×3200m×6程度で考えています。参加者に合わせて当日変更になる場合がございます。一緒に走るのはちょっとキツイ…という方はできる部 [続きを読む]
  • 走り仲間募集
  • αランナーズ東京都内、神奈川で楽しく一緒に走れる仲間を募集しています!皇居ランニングなどの長距離走、競技場で200mインターバル等の短距離走。走る距離はその時々のメンバーで変えていきます!ガンガン走り込む!というよりは仲間と楽しく走るというのが目的ですので、陸上未経験者も歓迎です!私も大したレベルではありませんので安心してください(?)メンバーの希望があれば、走るだけでなく山登り等の企画もしようと思 [続きを読む]
  • スロージョギング 高齢者向けトレーニング
  • 「高齢者のジョギングは身体に良くない」このような言葉を聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは全くの誤りで、要はやり方次第です。過去に運動経験のある高齢者の方は、気持ちが先走りすぎて身体がついてこられないようなハイペースでジョギングをされる場合があります。そうすると膝や腰を痛めたり、心臓に負担がかかったり、もしくは転んでケガをされるかもしれません。そのような観点から「高齢者のジョギング身体 [続きを読む]
  • トレーニングの3原理5原則
  • トレーニングにも原理原則というものあります。この原理原則を知っておくことで長期的なトレーニング計画を組むうえで大変役立っていきます。トレーニングの3原理5原則今回のテーマにもなりますが、トレーニングには3つの原理と5つの原則があります。説明に入る前に原理と原則の違いを明確にしておきます。辞書の言葉を借りると次のような意味です。原理とは事物・事象が依拠する根本法則のこと。原則とは多くの場合に適用される [続きを読む]
  • 過去の記事 …