芳瑩 さん プロフィール

  •  
芳瑩さん: 神旅 仏旅 むすび旅
ハンドル名芳瑩 さん
ブログタイトル神旅 仏旅 むすび旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/taishi6764/
サイト紹介文幼少から、次元の越える不思議体験をしてきました。導かれるように全国の神社仏閣を訪れています
自由文1000社以上の神社仏閣に参りました。ただ現世利益やパワースポットなどを求めるものではなく、摂社末社に至まで信仰の歴史があります。その忘れつつある信仰の歴史の意味を大切にご紹介して行こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供440回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2013/12/29 13:36

芳瑩 さんのブログ記事

  • 三室戸寺の「新羅神社」「十八神社」
  • 三室戸寺の「新羅神社」「十八神社」ブログ?西国三十三カ所 第10番札所 三室戸寺(みむろとじ)ブログ?新羅を祀る神社を訪れる三井寺の別院で寺門派の寺で当山開創以来、三井寺(園城寺)より新羅社を勧請し、お祀りして『宇治郡神社明細帳』によれば、明治に十八神社の西方の地から小字奥ノ池の現地に移転された。十八神社の鎮座地は奥ノ池であり三室戸寺本堂の上座である。祭神は大物主命、熊野樟日(久須毘)命、手刀男(天 [続きを読む]
  • ★新羅を祀る神社を訪れる
  • 園城寺(三井寺)三井寺の『寺門伝記補録』には新羅大明神の「大」に点を加えて使うとされている。(後三条天皇の宣命による)また「新羅太神は素戔嗚命なり、その子五十猛命を師いて新羅の国に降り至り牛頭山素戸茂利(ごずさんそしもり)の処に居す」と記述し、太神にはいくつかの名があることを述べている。「朱山王、菘獄王、四天夫人、素髪翁、素髪翁は海上に現じた時の名、その他のは神嵩山(唐国)及び韓国にいた時の名」とし [続きを読む]
  • 近江の物部氏
  • ブログ?謎の物部氏の伝承地を訪れる。近江には上古から物部氏の一族諸氏や同族が繁衍した。【饒速日の大和東遷に随行した三十二人の従者】の中に、天御陰命:凡河内直等祖 (御上神社、三上神社)とあり、宝賀寿男氏によると天御陰命とは実態が天目一箇命でその別名であり、三上祝・凡河内国造・山代国造や額田部連の祖であるとともに物部氏にあっても同じく祖神であったと述べている。近江の物部氏を少しまとめてみました。物部 [続きを読む]
  • 長濱八幡宮の高良神社と舎那院
  • ブログ?観音の里めぐり2017「薬師如来」長濱八幡宮所在地 滋賀県長浜市宮前町13-55主祭神 誉田別命(応神天皇)    足仲彦尊(仲哀天皇)    息長足姫命(神功皇后)社格等 県社創建  1069年本殿の様式 神明造例祭  曳山祭(4月12日〜17日)延久元年(1069年)、源義家公が後三条天皇の勅願を受け、京都の石清水八幡宮より御分霊を迎えて鎮座された。兵火により社殿のほとんどを焼失したものの、長浜城主となった [続きを読む]
  • 「上丹生薬師堂」〜息長氏の一族「息長丹生真人」
  • ブログ?観音の里めぐり2017「薬師如来」上丹生薬師堂伊香郡余呉町大字上丹生2247番地源昌寺飛地上丹生薬師堂 お前立・薬師如来坐像薬師堂は、棟札や、奉加帳の版木などから、宝永5年(1708)に建築された重要文化財 木造薬師如来立像 鎌倉時代のもので50年に一度のご開帳です。お前立ちの薬師如来坐像は、平安時代後期という。こちらの方が古いのにね聖観音菩薩坐像 平安末期から鎌倉初期格子戸につけられたものは目耳鼻口の病封 [続きを読む]
  • 日吉神社(珀清寺(瓜生薬師堂) )
  • ブログ?観音の里めぐり2017「薬師如来」珀清寺(瓜生薬師堂) 薬師如来坐像【宗派名】浄土真宗大谷派 准由緒【住所】滋賀県東浅井郡浅井町瓜生241【本尊】阿弥陀如来 【開山】親鸞聖人【開基】海北慈顕【寺宝】本尊阿弥陀如来、薬師如来(国重文)--平安後期作/日光・月光菩薩--室町期作頭体幹部は一材から彫成し、像底と背面より内刳りする。膝部などは後補となる。大粒の螺髪やがっしりした耳、目鼻や胸腹部のくびれなども明 [続きを読む]
  • 大田寺(木尾薬師堂) 薬師如来坐像
  • ブログ?観音の里めぐり2017「薬師如来」大田寺滋賀県長浜市木尾町要予約大田寺は真言宗豊山派。「淡海小間攫」(おうみこまざらえ)には長浜総持寺末寺として薬師如来と共に名が残っています。薬師如来坐像は平安時代後期の作と伝わり、重要文化財に指定されています。近隣の瓜生薬師堂に安置される薬師如来像(重文)とは同じ時期に同じ木から作成されたという伝承が残っています。10分ぐらい歩いて行く本堂薬師如来坐像寄木で [続きを読む]
  • 豊臣秀吉を祀る「豊国神社 (長浜市)」
  • ブログ?観音の里めぐり2017「薬師如来」「豊国神社 (長浜市)」所在地滋賀県長浜市南呉服町6-37位置北緯35度22分49.8秒東経136度15分53秒座標: 北緯35度22分49.8秒 東経136度15分53秒主祭神事代主大神、豊国大明神(豊臣秀吉)、加藤清正、木村重成社格等県社創建慶長5年(1600年)本殿の様式神明造主な神事豊公まつり「豊国大明神」こと豊臣秀吉のほか、事代主大神、加藤清正、木村重成を祭神とする。【長浜城】築城主羽柴秀吉別 [続きを読む]
  • 小槻山君 小槻大社(滋賀県栗東市)
  • 小槻大社(おつきたいしゃ)所在地 滋賀県栗東市下戸山1200主祭神 於知別命 大己貴命社格等 式内社(小)    旧郷社創建  不詳本殿の様式 一間社流造別名  小杖社例祭  5月5日(小杖祭り)主な神事 花傘踊り(5月5日)【祭神】?於知別命(おちわけのみこと)「落別命」や「祖別命」とも表記される。第11代垂仁天皇皇子で、小槻山君(小槻氏)の祖。文献によっては「息速別命」の表記も見られるが、息速別命は於知 [続きを読む]
  • 大笹原神社(おおささはらじんじゃ)
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる息長帯日売(神功皇后)ブログ?神功皇后伝承地をおとずれる6世紀 応神・仁徳朝以来、漢・韓人の渡来が増す。湖東の愛智・神崎・蒲生郡に編貫された韓人たちは愛智(依知)秦氏を中心に独自の墓制を展開する。?秦人系の依知秦氏 伽耶系氏族近江国と秦氏は切り離すことができない程に緊密な関係であった。特に湖東においては、濃密であった。蒲生郡安土町石寺に所在する竜王山(常楽寺山)古 [続きを読む]
  • 苗村神社(長寸神社)(なむらじんじゃ)
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる息長帯日売(神功皇后)ブログ?神功皇后伝承地をおとずれる6世紀 応神・仁徳朝以来、漢・韓人の渡来が増す。湖東の愛智・神崎・蒲生郡に編貫された韓人たちは愛智(依知)秦氏を中心に独自の墓制を展開する。?秦人系の依知秦氏 伽耶系氏族近江国と秦氏は切り離すことができない程に緊密な関係であった。特に湖東においては、濃密であった。蒲生郡安土町石寺に所在する竜王山(常楽寺山)古 [続きを読む]
  • 息長宿禰王(神功皇后の父王)を祀る「日撫神社」
  • 息長宿禰王(神功皇后の父王)【彦坐王(日子坐王)から神功皇后系】?息長氏は、『記紀』によると応神天皇の皇子若野毛二俣王の子、継体天皇の祖父である意富富杼王(おほほと)を祖とするとされている。意富富等王は近江国坂田郡にいた。長浜古墳群で四世紀中葉から後半に山ヶ鼻古墳が作り出された。この時代には珍しく、同一氏族が三世代に渡って築かれた。ブログ?近江国〜意富富等王〜謎の継体天皇?息長氏が近江国坂田郡に移 [続きを読む]
  • 息長宿禰王(神功皇后の父王)の墓「山津照神社」
  • 息長宿禰王(神功皇后の父王)【彦坐王(日子坐王)から神功皇后系】?息長氏は、『記紀』によると応神天皇の皇子若野毛二俣王の子、継体天皇の祖父である意富富杼王(おほほと)を祖とするとされている。意富富等王は近江国坂田郡にいた。長浜古墳群で四世紀中葉から後半に山ヶ鼻古墳が作り出された。この時代には珍しく、同一氏族が三世代に渡って築かれた。ブログ?近江国〜意富富等王〜謎の継体天皇?息長氏が近江国坂田郡に移 [続きを読む]
  • 淡海国造(治田連)「萱野神社(かやのじんじゃ)」
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる彦坐王(日子坐王)『日本書紀』開化天皇紀によれば、第9代開化天皇と、和珥臣(和珥氏)遠祖の姥津命の妹の姥津媛命(ははつひめのみこと)との間に生まれた皇子。『古事記』では、開化天皇と丸邇臣(和珥臣に同じ)祖の日子国意祁都命の妹の意祁都比売命(おけつひめのみこと)との間に生まれた第三皇子とする。『古事記』では、伊勢之品遅部君・伊勢之佐那造・比売陀君・当麻勾君・佐佐君・ [続きを読む]
  • 淡海国造(治田連)「治田神社」
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる彦坐王(日子坐王)『日本書紀』開化天皇紀によれば、第9代開化天皇と、和珥臣(和珥氏)遠祖の姥津命の妹の姥津媛命(ははつひめのみこと)との間に生まれた皇子。『古事記』では、開化天皇と丸邇臣(和珥臣に同じ)祖の日子国意祁都命の妹の意祁都比売命(おけつひめのみこと)との間に生まれた第三皇子とする。『古事記』では、伊勢之品遅部君・伊勢之佐那造・比売陀君・当麻勾君・佐佐君・ [続きを読む]
  • 甲山古墳近くに鎮座する「三上神社(みかみじんじゃ)」
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる?天之御影命は天津彦根命の御子であり、鍛冶の神である天目一箇神と同一神とされ、日本第二の忌火の神とされる。?「息長」の語が史料に最初に見えるのは息長水依比売で、第9代開化天皇の第三皇子彦坐王の妃であり、四道将軍の1人の丹波道主命の母。?息長水依比売は、天御影命(天目一箇命)の後裔の近江国野洲郡の三上(御上)祝一族から出ている。三上祝は、滋賀県野洲市の近江富士とも呼ば [続きを読む]
  • 三上山を御神体とする「御上神社(みかみじんじゃ)」
  • ブログ?謎の息長氏の伝承地を訪れる?天之御影命は天津彦根命の御子であり、鍛冶の神である天目一箇神と同一神とされ、日本第二の忌火の神とされる。?「息長」の語が史料に最初に見えるのは息長水依比売で、第9代開化天皇の第三皇子彦坐王の妃であり、四道将軍の1人の丹波道主命の母。?息長水依比売は、天御影命(天目一箇命)の後裔の近江国野洲郡の三上(御上)祝一族から出ている。三上祝は、滋賀県野洲市の近江富士とも呼ば [続きを読む]
  • 近江の銅鐸祭祀
  • 伊勢遺跡から東に8km離れた三上山近くの大岩山山麓から,明治14年と昭和37年に計24基もの銅鐸が発見されました。そのうちの1つは国内最大(高さ134.7cm)です。銅鐸が埋められた時期は弥生時代の終わり頃と推定され,種類の異なる2種類の銅鐸(西日本に分布する近畿式銅鐸と東海地方に分布する三遠式銅鐸)が一緒に埋められていました。このことから,伊勢遺跡が東西を結ぶ重要地点であったと考えられています。青銅祭 [続きを読む]
  • ★謎の息長氏の伝承地を訪れる
  • 息長氏(おきながうじ)?近江水系を支配した「息長氏は、応神天皇の皇子若野毛二俣王の子、継体天皇の祖父である意富富杼王を祖とす。」息長という地名は、近江湖東のかなり北の坂田郡の地名で、息長氏は近江の坂田を中心とする南と北に勢威をもち美濃・尾張とも密接な関係をつねづね持つ雄族である。?684年(天武天皇13)の八色の姓では、同族の三国公、坂田公、酒人公らとともに筆頭の真人(まひと)の姓を賜った。継体天皇の即 [続きを読む]
  • 薪能金春芝跡
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地?隼人族の移り住んだ地?竹取物語?古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社?能楽発祥??物部氏薪神社 (たきぎじんじゃ)には「能楽発祥の地」と言う碑がありました。酬恩庵 一休寺(京都府京田辺市薪里ノ内102)の総門前には、金春禅竹による屋敷跡があったと伝えられており今現在は「薪能金春の芝跡」と [続きを読む]
  • 酬恩庵一休寺 (しゅうおんあんいっきゅうじ)
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地?隼人族の移り住んだ地?竹取物語?古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社?能楽発祥??物部氏酬恩庵一休寺 (しゅうおんあんいっきゅうじ)所在地 京都府京田辺市薪字里ノ内102山号  霊瑞山宗派  臨済宗大徳寺派本尊  釈迦如来坐像創建年 正応年間(1288〜1293年)開基  南浦紹明中興年 康正2年( [続きを読む]
  • 月読神が降臨した磐座・影向石「薪神社 (たきぎじんじゃ)」
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地?隼人族の移り住んだ地??竹取物語??古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社?能楽発祥??物部氏薪神社 (たきぎじんじゃ)京都府京田辺市薪里ノ内1本殿に残された棟札によると、薪神社の星野天神・住吉・武内氏の三社は、天正年間(1573?92年)に再興された。寛永6(1629)年には、薪村と大住村の山論を板文に [続きを読む]
  • 甘南備神社の神宮寺「甘南備寺 (かんなびでら)」
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地?隼人族の移り住んだ地??竹取物語??古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社?能楽発祥?物部氏甘南備神社の神宮寺「甘南備寺 (かんなびでら)」京都府京田辺市薪山垣外61奈良時代に僧行基(ぎょうき)によって開創されたといわれている。甘南備山にあった甘南備寺は、交通不便で保護も困難であったため元禄 [続きを読む]
  • 棚倉孫神社 (たなくらひこじんじゃ)
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地??隼人族の移り住んだ地?竹取物語?古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社?能楽発祥?物部氏棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)住所  京都府京田辺市田辺棚倉49祭神高倉下命(たかくらじのみこと) 別名、天香古山命(あめのかごやまのみこと) 別名、手栗彦彦命(たぐりひこのみこと)・天照大御神(あまて [続きを読む]
  • 酒水の守護神「佐牙神社(さかじんじゃ)」
  • ブログ?京田辺を訪れる?継体天皇の伝承地をおとずれる?京田辺は古代息長氏一族に関連深い地?渡来人 養蚕の伝承地?隼人族の移り住んだ地?竹取物語??古代から酒造りの「さか」 (酒)にちなむ神社??能楽発祥?物部氏佐牙神社(さかじんじゃ)[住所]京都府京田辺市宮津佐牙垣内164『延喜式神名帳』にある「佐牙乃神社(山城国・綴喜郡)」に比定される式内社(小社)。第30代敏達天皇2年(573年)、佐賀弥豆男神・佐賀弥豆女 [続きを読む]