芳瑩 さん プロフィール

  •  
芳瑩さん: 神旅 仏旅 むすび旅
ハンドル名芳瑩 さん
ブログタイトル神旅 仏旅 むすび旅
ブログURLhttps://ameblo.jp/taishi6764/
サイト紹介文幼少から、次元の越える不思議体験をしてきました。導かれるように全国の神社仏閣を訪れています
自由文1000社以上の神社仏閣に参りました。ただ現世利益やパワースポットなどを求めるものではなく、摂社末社に至まで信仰の歴史があります。その忘れつつある信仰の歴史の意味を大切にご紹介して行こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2013/12/29 13:36

芳瑩 さんのブログ記事

  • 「天空の城」備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)
  • ブログ?日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ小堀遠州の備中高梁の町づくり備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)別名   高梁城城郭構造 連郭式山城天守構造 複合式望楼型2重2階(天和元年(1681年)改)築城主  秋庭三郎重信築城年  1240年主な改修者 三村元親、水谷勝宗主な城主  三村氏、水谷氏、板倉氏廃城年  明治7年(1874年)遺構   現存天守・櫓・塀、石垣、土塁指定文化財 重要文化財(天守、二重櫓、土 [続きを読む]
  • 断捨離(だんしゃり)
  • 断捨離(だんしゃり)とはヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、断:入ってくるいらない物を断つ。捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。離:物への執着から離れる。山下英子さんにより、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想が近年有名になりましたよねさて、ブログを数日お休みしていましたが我が家もこの断捨離をはじめています。昨年亡くなった義父が住んで [続きを読む]
  • 日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ小堀遠州の備中高梁の町づくり
  • 岡山 備中高梁かつて、備中の中心地として栄え、藩政時代の名残をとどめた市内には、日本一高い所に現存する備中松山城をはじめ頼久寺、武家屋敷館、商家資料館など数多くの文化遺産が点在し長い歴史と文化の薫りを漂わせています。現在の町割りは、関ケ原の戦いの後、小堀政次が備中代官として、嗣子の正一(桂離宮の設計者で名高い小堀遠州)と共に赴任し、陣屋町としたのに始まります。日本のレオナルド・ダ・ヴィンチとも称さ [続きを読む]
  • チェンジの年
  • 大阪北部地震今月18(月)に大阪府北部を震源とするM6.1の地震。ちょうど18(月)の地震があった時刻に私は、新大阪に向かう新快速の電車の中で、大阪駅を出発した直後に地震に遭いまして、二時間車中に閉じ込められ、その後線路内を歩いて大阪駅に引っ返した一人です。大阪駅に帰っても、交通機関全てが麻痺し帰宅できず、ホテルで一泊し翌日早朝に無事帰宅しました。主人は岡山の県北に仕事で行っていたのですが、遠く鳥取県からの伯 [続きを読む]
  • 京都 智積院(ちしゃくいん)
  • ブログ?京都の「後白河天皇」と「豊臣秀吉」 智積院(ちしゃくいん)所在地 京都府京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964山号  五百佛山(いおぶさん)宗派  真言宗智山派寺格  総本山本尊  金剛界大日如来創建年 慶長3年(1598年)開基  玄宥正式名 五百佛山 根来寺 智積院別称  総本山智積院札所等 真言宗十八本山7番    近畿三十六不動尊20番    京都十三仏霊場1番文化財 大書院障壁画25面、松に草 [続きを読む]
  • 一日だけの公開「妙法院(みょうほういん)」
  • ブログ?京都の「後白河天皇」と「豊臣秀吉」 妙法院(みょうほういん)所在地京都府京都市東山区妙法院前側町447山号南叡山宗派天台宗本尊普賢菩薩(重要文化財)創建年平安時代初期開基最澄文化財庫裏、ポルトガル国印度副王信書(国宝)大書院、木造普賢菩薩騎象像、絹本著色後白河法皇像ほか(重要文化財) 開基は最澄と伝える。皇族・貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指して「門跡」と称するが、妙法院は青蓮院、三千 [続きを読む]
  • 大覚寺
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる大覚寺所在地 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4山号  嵯峨山宗派  真言宗大覚寺派寺格  大本山本尊  不動明王ほか五大明王(重要文化財)創建年 貞観18年(876年)開基  嵯峨天皇正式名 旧嵯峨御所大覚寺門跡別称  大覚寺門跡、旧嵯峨御所札所等 真言宗十八本山5番    近畿三十六不動尊13番    神仏霊場巡拝の道 第89番文化財 後宇多天皇宸翰御手印遺告、後宇多天皇宸翰弘法大師 [続きを読む]
  • 現世と他界の境 嵯峨の「六道の辻」
  • 埋葬地平安時代、京には鳥部野、化野、蓮台野といった埋葬地があって、冥土の入口のような様相を呈していたと言う。平安時代の貴族たちは、人の死を穢れ、不浄とし京中に墓地を営むことは禁じられ、埋葬場所は限定されるようになりました。また、こちらの地では墳墓があったが埋葬の儀式が終わると墓の場所すら忘れる事が多かったと言います。墓参りの習慣が生まれたのは12世紀に入ってからだという。化野では当初遺体は野ざらしに [続きを読む]
  • 嵯峨釈迦堂清凉寺
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる嵯峨釈迦堂清凉寺所在地京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46山号五台山(ごだいさん)宗派浄土宗本尊釈迦如来(国宝)創建年寛和3年(987年)開基奝然別称嵯峨釈迦堂札所等京都十三仏霊場2番文化財木造釈迦如来立像及像内納入品、木造阿弥陀三尊坐像ほか(国宝)紙本著色融通念仏縁起2巻、木造文殊菩薩騎獅像ほか(重要文化財)この寺の歴史には、阿弥陀三尊を本尊とする棲霞寺(せいかじ)と、釈迦 [続きを読む]
  • 藤原定家の持念仏を祀る「慈眼堂」
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる所在地 京都市右京区嵯峨二尊院門前北中院町13-1本尊  木造千手観音立像【中院山荘跡(ちゅういんさんそうあと)】この地から東に鎌倉時代のはじめの和歌の名手僧蓮生の中院山荘があった。蓮生の俗名は宇都宮頼綱といい、下野国(栃木県)の豪族で鎌倉幕府の有力な御家人の一人であった。しかし、政争にまきこまれるのをさけて出家し実信房蓮生と名のった。後に上洛して法然上人、ついで善恵上人証空 [続きを読む]
  • 法然上人霊跡17番札所「二尊院(にそんいん)」
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる二尊院(にそんいん)所在地 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27山号  小倉山院号  二尊教院   (寺号)華台寺宗派  天台宗本尊  釈迦如来・阿弥陀如来(重要文化財)創建年 承和年中(834年 - 847年)開基  円仁、嵯峨天皇(勅願)正式名 小倉山 二尊教院 華台寺札所等 法然上人二十五霊跡17番文化財 木造釈迦如来立像・阿弥陀如来立像、    絹本著色法然上人像ほか(重 [続きを読む]
  • 嵯峨天皇第8皇女墓と落柿舎(らくししゃ)
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる落柿舎(らくししゃ)所在地 京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20入園料 250円(団体200円)入園時間 9時〜17時(1月、2月は10時〜16時)休日 12/31、1/1お問い合わせTEL:075-881-1953嵯峨野にある草庵で、松尾芭蕉の弟子・向井去来の別荘として使用されていた場所であり、その名の由来は、庵の周囲の柿が一夜にしてすべて落ちたことによる。芭蕉も3度訪れ滞在をし、『嵯峨日記』を著した場所としても [続きを読む]
  • 小倉山 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる常寂光寺(じょうじゃっこうじ)所在地 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3山号  小倉山宗派  日蓮宗本尊  十界大曼荼羅創建年 慶長元年(1596年)開基  日禎文化財 多宝塔(重要文化財)常寂光寺は、百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、境内の庭園には200余本のカエデが植えられており、秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号 [続きを読む]
  • 臨済宗天龍寺派「弘源寺(こうげんじ)」
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる弘源寺(こうげんじ)所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町65山号  宗派  臨済宗天龍寺派本尊  聖観世音菩薩創建年 1429年開基  玉岫禅師弘源寺(こうげんじ)は臨済宗天龍寺派大本山天龍寺の塔頭寺院。永享元年(1429)室町幕府の管領であった細川持之公が、天龍寺の開山である夢窓国師の法孫にあたる玉岫禅師を開山に迎え創建し、持之公の院号をもって弘源寺の寺号としました。 [続きを読む]
  • 臨済宗天龍寺派「慈済院(じさいいん)」
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる慈済院(じさいいん)所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町66山号  宗派  臨済宗天龍寺派本尊  創建年 1363年開基  無極志玄(むごくしげん)別称  札所等 文化財 絹本着色「足利義持像」慈済院は天龍寺の境内、弘源寺の西隣に位置する塔頭寺院です。1363年、無極志玄(むごくしげん)を開基とする。当時の朱印高は97石5斗あり、塔頭の中で最高の石高だった。当初の境内地は現在地の南東、 [続きを読む]
  • 京都五山一位「天龍寺(てんりゅうじ)」
  • ブログ?京都の禅寺(臨済宗)を訪れる 【京都五山】京都五山はあくまで足利氏の政治、政略的な格付けです。南禅寺 - 別格本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。天龍寺 - 第一位本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。相国寺 - 第二位本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石である。建仁寺 - 第三位 本尊 [続きを読む]
  • 足利義満の開基「鹿王院(ろくおういん)」
  • ブログ?京都嵯峨野を訪れる鹿王院(ろくおういん)所在地 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24山号  覚雄山宗派  臨済宗系単立本尊  釈迦如来創建年 康暦2年(1380年)開基  足利義満、春屋妙葩(開山)中興年 寛文年間(1661年 - 1673年)中興  酒井忠知、虎岑玄竹(開山)正式名 覚雄山 大福田宝幢禅寺 鹿王院文化財 絹本著色夢窓国師像    紙本墨画蘭石図 梵芳筆ほか(国の重要文化財)足利義満は夢の中で、今 [続きを読む]
  • 京都嵯峨野を訪れる
  • 嵯峨野嵯峨野(さがの)または、嵯峨(さが)ともいうが、嵐山から小倉山に沿った社寺の立ち並ぶ地域(概ね車折神社より西側)を指します。太秦から嵐山にかけては渡来人の古墳が多数出土し、紀元五世紀には、秦氏がこの辺を支配していました。「嵯峨」の地名があらわれるのは、延暦二十一年(802)で、嵯峨山から得たもので、平安遷都後の嵯峨野は歴代天皇の狩猟地となり、一般の立ち入りを禁止しました。そのため、往時の嵯峨 [続きを読む]
  • シーボルトが訪れた「賀茂神社 (たつの市)」
  • 賀茂神社 (たつの市)所在地 兵庫県たつの市御津町室津74主祭神 賀茂別雷神    彦火火出見尊創建  平安時代本殿の様式 流造例祭  小五月祭り(4月)    棹の歌の奉納◆例祭(小五月祭・こさつきまつり) 奉納される「棹の歌」は、その昔室の長者の息女の室君が神慮を慰める為、男装をして神前に奏したことに由来し、猿楽の下り端の拍子で、語り物から唄いものに転ずる過渡期の節調を伝え県重要無形民俗文化財の指定を [続きを読む]
  • 法然上人霊跡「清涼山浄運寺(じょううんじ)」
  • 清涼山浄運寺(じょううんじ)所在地 兵庫県たつの市御津町室津168山号  清涼山宗派  浄土宗本尊  阿弥陀如来立像創建年 1185年(文治元年)開基  信寂正式名 清涼山浄運寺知恩院の末寺。法然上人霊跡の一つ。遊女の元祖とされる友君、また『お夏清十郎』ゆかりの寺としても知られている。1185年(文治元年)、法然の弟子・信寂が開基。播磨国の教化の道すがら、室津の長者十川氏の帰依を受け建立したと伝えられている [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭「真珠庵」
  • 真珠庵ブログ?悟りの旅「禅寺」大徳寺塔頭を訪れる所在地 北区紫野大徳寺町52番地宗派  臨済宗大徳寺派寺格  大徳寺塔頭  創建年 1491年開基  一休宗純文化財 南北朝時代、1334年「大燈国師墨蹟(看読真詮榜)」(国宝)」    「一休宗純の木像」(重文)、蛇足筆の「四季花鳥図」16面(重文)室町後期の堺の豪商であった尾和宗臨 は、海外貿易で巨利を得るかたわら,大徳寺の一休宗純に参禅する。一休のために寺を建て [続きを読む]
  • 大徳寺の塔頭「高桐院(こうとういん)」
  • 高桐院(こうとういん)ブログ?悟りの旅「禅寺」大徳寺塔頭を訪れる所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1宗派  臨済宗大徳寺派寺格  大徳寺塔頭創建年 慶長7年(1602年)開基  細川忠興文化財 絹本墨画山水図2幅(国宝)    絹本着色牡丹図2幅、絹本着色稲葉良籌像(重要文化財)戦国時代に智将として名を馳せ、茶人としては利休七哲の1人として知られる細川忠興(三斎)が父・細川藤孝(幽斎)のために慶長7年 [続きを読む]
  • 大徳寺の塔頭「総見院(そうけんいん)」
  • 大徳寺が堺に繋がりを有するようになったのは、一休宗純や養叟宗頤からで、堺の豪商などの帰依を受けてそれが、茶の湯と結びつくことになります。室町時代には、侘び茶を創始した村田珠光や武野紹鴎・千利休・小堀遠州をはじめ多くの茶人が大徳寺と関係をもっている。また、猿楽の金春禅竹などの東山文化を担う者たちが一休に参禅しました。応仁の乱(1467?77年)で当初の伽藍を焼失しましたが、一休宗純が堺の豪商らの協力を得て [続きを読む]
  • 大徳寺の塔頭「大仙院(だいせんいん)」
  • 大仙院(だいせんいん)ブログ?悟りの旅「禅寺」大徳寺塔頭を訪れる所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町54-1宗派  臨済宗大徳寺派北派寺格  大徳寺塔頭、北派本庵本尊  釈迦牟尼仏創建年 永正6年(1509年)開基  七十六世 古嶽宗亘文化財 方丈、大燈国師墨蹟(国宝)    方丈障壁画ほか(重要文化財)    書院庭園(史跡、特別名勝)、庭園(名勝)戦国大名たちは、禅僧から禅思想に基づく考え方や高度な文 [続きを読む]