pico さん プロフィール

  •  
picoさん: 白川街道 荘川ログハウス暮らし
ハンドル名pico さん
ブログタイトル白川街道 荘川ログハウス暮らし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pico0077
サイト紹介文自然大好き人間です。
自由文春から秋にかけて出かけています、山登りをはじめ寺社仏閣を巡り、サイクリングと外で遊ぶのが大好きな団塊世代最後の世代です。

同じ趣味の方、是非お友達になってください。

宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/12/30 23:18

pico さんのブログ記事

  • 映画 ドリーム(hidden figure)
  • ハリウッド映画 ドリームを観て来た。パソコンの無い時代のこと、1960年代のアメリカ宇宙開発物語で国家の威信をかけてソ連との競争に翻弄していたが先に友人宇宙飛行をソ連に先にいかれアメリカの国をあげての開発の中、三人の黒人女性がその抜群の能力をかわててNASAに入るが、その頃はまだまだ人種差別が横行し、職場には有色人種のトイレもない、800mも離れ別のビルまで行かなくてはならない、そして珈琲一つ差別 [続きを読む]
  • ふたたび厨房へ
  • 今日は4ヶ月ぶりの歯の定期検診、いやだなぁ〜でも結果特に悪いところなし、良かった!畑がいっぱいあって、今日はロールキャベツでも作ろうと厨房へ。合いひき肉にみじん切りした人参、玉ねぎを入れ、ナツメグ、薄力粉、塩を入れて捏ねる。そのあいだにキャベツを一皮づつ剥いて茹でておく、この作業難しいですね。すぐ敗れてしまう。別の鍋にコンソメスープを作る。オリーブ油をいれ、人参、玉ねぎのみじん切り、にんにく、 [続きを読む]
  • 久しぶりに厨房へ
  • なんて大げさなほどのものではないのですが今日は久しぶりにマカロニサラダを作ってみた。まずはマカロニを記載とおりに茹でておき、きゅうりを塩もみ(水抜き)して、きゅうりも手でぎゅっとしぼってマカロニに混ぜる。そこへゆで卵をいれ、適当な大きさにくだいていき、そこへマヨネーズを入れ、塩で味付けして完成。簡単ですね。では金木犀の匂うが食卓で頂きますか!雨は相変わらず降っている、まさに晴耕雨読、こ [続きを読む]
  • ART TAKESHI アートたけし展
  • またまた名古屋へ。今日は名古屋松坂屋美術館で開催されている北野武(ビートたけし)のアート展に行ってきた。彼は多才ですね〜漫才をはじめ、映画監督、絵画、彫刻、ダンスなどなど、その才能は際限がありませんね。ついでに本も買ってきてしまった。午後は今通っている写真教室の先生の個展を名古屋伏見のCANONギャラリーに行ってきた。「儚」をテーマに「生」から始まるテーマ写真を観させてもらった。プロですね〜 [続きを読む]
  • ボリビアの画家ママニ・ママニさん作品展@豊川ミュージアム
  • 友人から情報を得て、ママニ・ママニさんの作品展に行ってきた。彼はボリビアのクリエーターで古来民族をモチーフにした作品を多く発表しており、今回、日本ボリビア人協会と東栄町国際交流協会主催、東三河8市町村など後援で開催されることになった。作品を観てて感じたのは、現役のころ南アフリカに行ったときに手に入れた、ティンガ・ティンガ画の作風にどこか似ているように思った。作品は馬の彫刻などを含めた全37点。ほ [続きを読む]
  • metropolitan Tokyo
  • 運慶展を堪能して上野から東京駅まで京浜急行で東京へ。さすが東京、どこへ行っても人、人、人です。そして我が県の名古屋駅前とはスケールがちがうほど高層ビル群が林立、世界の東京ですね。駅周辺でぶらり撮り。駅構内の天井がきれいです。さて帰りますか・・・・・・・東京駅、JPのKITTEビルなど・・・ [続きを読む]
  • 運慶展その2
  • 奈良興福寺中金堂復興記念展覧会「運慶」なんせ大迫力でした!総出品数80体躯ほど展示されており、運慶の系図から、第一章「運慶を生んだ系譜〜康慶から運慶へ〜では興福寺所蔵の仏頭をはじめ四天王立像、奈良円成寺の大日如来坐像など18体が展示されています。第二章は「運慶の彫刻〜その独創性〜と題して静岡の願成就院の毘沙門天立像をはじめ和歌山金剛峯寺の八大童子立像はそのひとつひとつに表情が変化し見ていて飽きな [続きを読む]
  • 運慶展
  • 孫の運動会を見て、今日は運慶展を上野で観る。奈良興福寺中金堂復興記念展で開催されているこの展覧会、運慶作の迫力ある仏像がわかりやすく展示されている。見応え十分な展覧会です。 [続きを読む]
  • 二科展を観に行く(東海展)
  • 友人から二科展のチケットをいただいたので今日行ってきた。この展覧会は、絵画、彫刻、デザインと写真が展示されており、友人の友達は写真の部で入選されていて、サーフィンを豪快にされている写真でさすが、入選されるだけある迫力の写真でした。愛知県美術館ギャラリーこれも観てせっかく名古屋まで来たので、前から見たかった向野橋を見てきた。昭和5年(1930年)、この場所に国鉄名古屋機関区が設置されることが決まっ [続きを読む]
  • 伊良湖岬の辺り・・・
  • 隣町、田原市に用があったついでに渥美半島の先端伊良湖岬まで行ってみた。夏にはここの氷を食べに来たところ、なんでも日本一美味しい氷という謳い文句で食した。そんな岬の周辺にはいろいろ見るところが多々ある。恋路ヶ浜と伊良湖岬の先端伊良湖水道を通りタンカー遠州灘遠州灘石門あたり恋路ヶ浜、遠州灘、岬の灯台などなど・・・今日は日の出石門を撮って来た。朝陽があたるころがベストショットだとか・・穏やかな [続きを読む]
  • コスモス畑&友人手作りログハウス訪問
  • 愛知県は山奥の奥三河、設楽に小さなギャラリー&喫茶店がある。今週からここで奥三河の風景を撮り続けている写真かの展示会があるので出かけてみた。さすが山奥です、静かです。写真を見させてもらい、ランチをいただく、手づくりパンのサンドウィッチでおいしくいただきました。眼の前は谷を挟んで山また山で閑静なところで癒されます。帰りに新城市のコスモス畑に寄り、さらに走って手作りログハウスを観させてもらってき [続きを読む]
  • 湖東三山〜西明寺へ〜
  • 奈良薬師寺直道の壁画を観て、京都によって東寺を拝観し、滋賀県へ。湖東三山の一つ、西明寺へ。平日でもあり、拝観者も少なくゆっくりと境内、本堂を拝観できた。まずは苔のきれいさにびっくり、隠れた苔の名所?です。それにもうすぐ始まる紅葉の季節には多くの方が訪れるであろう古刹・名刹です。西明寺は天台宗の古刹で平安時代(834)に創建されたお寺で、国宝第一号指定の本堂、三重塔、二天門とかえでもコラボ最高 [続きを読む]
  • 秋の仏教美術の旅の下見〜滋賀〜
  • 奈良、京都から滋賀に入って、まずは芭蕉のお墓のある義仲寺に寄ってみる。今5年がかりの、奥の細道巡りの関連で芭蕉終の棲家でもある義仲寺には多くの句碑がある。義仲公墓建物は 無名庵などもあり芭蕉はこの地に10回ほど立ち寄った場所でもある。またこの寺の名前からしても木曽義仲関連の碑もあり、側室の巴御前の碑もひっそりと義仲の傍に立っている。芭蕉翁墓翁堂辞世の句「旅に病み 夢は枯野を かけ廻る」や桃青で [続きを読む]
  • 秋の仏教美術の旅の下見〜京都〜
  • 奈良の薬師寺から京都へ。定番中の定番ですが、京都のシンボル的な寺院東寺に。誰もが知ってる東寺ですが、意外や意外中をご存じない方が多いです。空海が嵯峨天皇から下賜された真言密教の根本道場で、教王護国寺というのが正式な名前です。南大門右手の五重塔や立体曼荼羅で有名な講堂の横奥にひっそりと佇む東寺塔頭の観智院は空海がここから高野山へ行く時に、不動明王がお見送りをしたところで空海が出ていく時にくぐった門は [続きを読む]
  • 奈良 京都 滋賀古刹名刹巡り〜
  • 久しぶりの記事アップ。再来月におこなわれる自社巡りの事前確認の旅毎年、春明二回おこなわれる古刹名刹めぐりの候補地探しです。毎回多くの方が楽しみにされているこの旅行ですが裏方は大変です。事前確認や寺側との交渉などいろいろやることがあります。今回は奈良方面にしようかと、ほとんどの方が行ったことのある名刹、薬師寺、唐招提寺あたりかまたは京都の有名な東寺辺りか、迷うところですが滋賀の湖東三山(西明寺、金剛 [続きを読む]
  • 白山・白川郷ウルトラマラソン応援!
  • 地元渥美半島では伊良湖トライアスロンが開催されている同時間に、石川県と岐阜県をまたぐウルトラマラソンが開催されている。今年は霊峰白山の開山1300年記念として開催され、今年で5回目となるそうです。当日は真夏のような暑さで気温も30度に近いほどあがったようで選手は大変です。速報ですが完走率は50%ぐらいだったようです。朝5時に100km、70kmとも同時にスタート、わが娘も元気に走っていきました [続きを読む]
  • 拓本体験@喫茶田園にて
  • 芭蕉追憶の奥の細道がらみで今回は石碑の拓本の体験に参加。喫茶田園のギャラリーで開催されている拓本展示と験会に参加、三河芭蕉会の協力もあって面白く体験できた。中には良寛禅師の書もあり興味深深であった。「一、二、三、い ろ は」や「心 月 輪」など私の拓本作品 「心・月・輪」 良寛書 [続きを読む]
  • 奥の細道〜鳴子温泉から平泉へ〜
  • 疲れを癒した鳴子温泉から上街道、岩出山を通って義経伝説のクライマックスの地、平泉に着いた。大黒崎、みずの小島の歌枕の地はすでにすたれていて標識を探すのも一苦労、あっちに行き、こっちに戻り、右往左往してようやく見つければ、雑草の中にぽつんと立っている。無常ですね。みずの小島は雑草の中大黒崎は廃れたドライブインの中にあった。上街道の追分やっとたどり着いた平泉 明日は義経ゆかりに高館へ柳の御所記念館、 [続きを読む]
  • 大曲の花火を見て、再び奥の細道へ〜
  • 花火を堪能して再び奥の細道行脚に戻る。大雨で最上川舟くだりもできず、義経伝説の道を辿った。水かさが多い最上川清風記念館前の芭蕉像芭蕉が泊まったお寺出羽街道、大石田から尾花沢では鈴木清風宅、芭蕉が泊まったお寺をめぐり、ナタギリ峠を通って封人の家を経て尿前の関に来た。今宵はすぐ近くの鳴子の湯に泊まった。今でも暗いなたぎり峠封人の館山道を歩く尿前の関疲れました、鳴子の湯につかって疲れを癒そう・・・・ [続きを読む]
  • 我が街百人百景 写真展
  • 数ヶ月まえに街中を写真撮りしたイベントに参加した。そのときに撮った写真の展示が豊橋芸術劇場PLATで開催されている。街中の発展、再生のイベントの一環でおこなわれたものでユニークな企画で多くの人が申し込んだ、撮影会。トークショーもあって楽しい時間であった。 [続きを読む]
  • 奥の細道〜月山遥拝から最上川くだり〜
  • の予定でしたが、風雨は強くなるばかり、丸一日空いてしまう、月山八合目で知り合った地元庄内の方から秋田大曲の花火に行かれたらと言われ、さっそく調べたら、どうも昨日の大雨で雄物川が三ヶ所で氾濫し花火大会をするかどうか当日の朝6時にならないと決まらないとのこと、6時までまって開催決定を確認し飽きたへ向う。さすが日本一とうたうだけあって規模が桁違いに大きい、大曲の町も全体がお祭り気分、あちこちでライブもあ [続きを読む]
  • 奥のほそ道〜象潟から酒田へそして出羽三山へ〜
  • 象潟から再び酒田へ戻り、出羽三山登頂へと足を進む。しかし雲行きが怪しくなってきた、それでもまずは羽黒山に登る、手向という集落から大きな鳥居をくぐり霊地へと入った。米どころ省内平野を通り大きな鳥居だ。修験僧の宿坊が建ち並ぶ手向の集落。山門から一たん石段を下り、川を渡り、少し行けば国宝五重塔がどんと建っている、その姿は圧巻である。山岳修行の聖地だけあって、山伏もちらほら見える。先日大きな修験道の行 [続きを読む]