RODOLFO さん プロフィール

  •  
RODOLFOさん: rodolfoの決戦=血栓な日々
ハンドル名RODOLFO さん
ブログタイトルrodolfoの決戦=血栓な日々
ブログURLhttps://rodolfo.exblog.jp/
サイト紹介文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと健康管理してたのに?
自由文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと高血圧と高脂血症の薬も飲んでたし、週二回ジム通いもしていて、100歳まで健康でいるつもりだったのに。。。。。突然中断したら、入院したと思ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/01/03 09:58

RODOLFO さんのブログ記事

  • 握り編。やっと行ったすし宮川。
  • では握り編。イサキ。切っつけが美しい。大将の腕は只者ではない。次に漬け。良い漬かり具合。赤むつ。のどぐろですね。一般的なネタになりましたね。うまい魚なので最もではありますね。シマアジ。安定のうまさ。中トロ。サク漬け。味わい深い。コハダ。江戸前のネタですね。この店はほんとに切っつけが美しい。アジ。青身の魚は大好きです。イカ印ろう詰め。変わったネタですね。うまかった。車エビ。甘い。バフンウニ丼。北海道 [続きを読む]
  • やっとの事で。すし宮川にお邪魔。
  • ミシュラン三つ星を持つこの店、すし宮川は、札幌の住宅街にある。そのためか割と予約が取りやすい。正直、私が予約を取れるミシュラン三つ星店はここだけです。2017年に愛用していた一幸などは全く予約が取れない。やはりススキノと言う良いロケーションのせいでしょう。しかし私らは二次会に行かないので、店主の愛想がとても良いこの店を大変気に入っているのです。店外観。店はこまめに補修しています。以前の画像を見てもらう [続きを読む]
  • 三連休は札幌にGO!
  • さて、三連休は札幌に避暑。関西は38℃越えらしい。私んところは土曜の午前営業しているので午後から向かう。従って伊丹はがらがら。ラウンジにGO!ビールとハイボールでかんぺ〜。伊丹ではあるけれどもおかきだけは東京風。でっかいのがうまい。ラウンジもがらがら。パンいろいろ。かぼちゃパイだとか。フレンチトーストだったらしい。なかなか凝ってますね。うまそう。思わず一つ食べた。高菜ロールだったり。ベーコンチーズロー [続きを読む]
  • 新規開店、大阪王将高槻市役所前店にお邪魔。
  • 続かない店タグを追っかけてくださるとわかりますが、このロケーションでもう6軒目です。当ブログで取り上げるだけでもこれで3軒目。今度こそは長続きしてもらいたいものですね。大阪王将にお邪魔。さすがに大手。外装に金がかかっています。しかしいかにも怪しい商業ビルですよね。。。。瓶ビールだけだという。ビールでかんぺ〜。辣油メンマ。レバニラ炒め。水ギョウザ。焼きギョウザ。チャーハン大盛りで〆ました。かなりメニ [続きを読む]
  • 下巻。「ミレニアム5。復讐の炎を吐く女」を読みました。
  • 下巻の冒頭に、ダン・ブロディという男性が現れます。彼もまた聴覚過敏に悩んでおり、ギターに天分を持っていました。彼はレオとは異なり、幼いころから養父によって農場で厳しい労働をさせられていました。それを嫌って家出したダンの前にヒルダが現れます。彼女に助けを求めるダンでしたが、ヒルダは「私たちは研究するだけで介入はしない」と言って断ります。ダンはなんとかアメリカに渡り、ヒルダの勧めに従ってバークリー音楽 [続きを読む]
  • 朝食。神戸ベイシェラトン。
  • ここには大浴場があって、クラブフロアから浴衣で入れるのですが、すんごく混んでいて到底写真は撮れなかった。朝食バッフェにお邪魔。会場。トルティーヤがあるんだとか。さすがは神戸。まだ関西ではトルティーヤは一般的ではないが、あるのは素晴らしい。トルティーヤのネタ。トマトのカプレーゼとか豆とか。コールドカットとか。ポテサラ。めでたい。ししゃもとか。とうもろこしとか。ちまきとか点心とか。豆腐とか。オムレツス [続きを読む]
  • 翠亨園・神戸ベイシェラトンにお邪魔。
  • さて、せっかくの神戸訪問でありますから、中華料理を試す。翠亨園・神戸ベイシェラトンにお邪魔。由緒正しい。ピぺ・エドシックのハーフを頼む。かんぺ〜。オードブル盛り合わせ。くらげ、甘海老揚げ、鱚の揚げ物、ツブ貝、蒸し鶏。なかなかうまかった。ピュアホワイト入りコーンスープ。まあまあ。北京ダックの玄米クレープ包み、特製味噌とともに。これもまあまあ。なにも無理に北京ダックを出さんでもといつも思います。ダック [続きを読む]
  • 小池真理子作「異形のものたち」を読みました。
  • 小池真理子作「異形のものたち」を読みました。小池先生はもはや大作家さんの一人と呼んでよいでしょう。現代の作家さんが次第に失って行きつつある美しい風景描写を巧みに配したホラー短編小説集です。第1章、面。邦彦は母の遺品整理の為に実家に戻ります。母と父は不倫騒動から険悪な仲となっており、邦彦もまた不倫問題で妻とやや険悪な関係になっています。その邦彦が、母から行くことを戒められていた農道で出会ったものとは [続きを読む]
  • またまた。高槻市、魚くみにお邪魔。
  • 無事北海道から帰還し、水曜日の夕食はこちらにお邪魔してみました。なんでも高槻の小料理酒場じょうさんも、今回の地震でご亭さんが骨折して営業を制限されてるみたいですね。大変ですががんばってくださいまし。さて、前回はあまり良い経験をしなかったイートイン魚くみさんです。しかし我々はかつて大阪で過ごしていた時代、何度もあたりながらも上本町近鉄のまる寿司さんに通いつめた経験がある。あれくらいではひるまない。ビ [続きを読む]
  • 握り編。すし善札幌大丸店にお邪魔。
  • では握り編。まずはひらめから。ときしらず。ホッキ貝。いわし。本日のおすすめのネタ。中トロ。脂が甘い。薄く切って二枚重ねてあります。こうすると筋を切らずにすむんですかね。工夫ですね。雲丹軍艦。北海道はやはり雲丹でしょう。ボタンエビ。やはり昨日のまるだい亭とは雲泥の差ですね。編みコハダ。職人仕事です。アナゴ。ほくほく。トロタクを巻いてもらいました。じゅんさいの赤だしで〆ました。ごちそうさまでした。つぶ [続きを読む]
  • すし善札幌大丸店ですしリベンジ。つまみ編。
  • さて、見事に宮川にふられた私たちでしたが、どうにも腹の虫がおさまらない。ということでこちらにお邪魔。朝の11時から並べば入れるのはわかっている。すし善札幌大丸店にお邪魔。ビールでかんぺ〜。ここは一人だけ変な板前がいて、若くて下手なくせに値段だけはぼったくるとい困った人なのです。幸い居なかった。幸い店長さんの前に座る。この人は上手くて仕事が丁寧でしかも値段が安い、というこれまた実に変わった板前さんです [続きを読む]
  • ホテルセンチュリーロイヤルで日本3位の朝食を再び。
  • かつての定宿、ホテル日航札幌の朝食がものすごく劣化したので最近はこのホテルを定宿にしています。日本のホテル朝食第三位の宿、ホテルセンチュリーロイヤルです。良い席。バッフェではありませんが、きまった朝食の他にこれだけのおかずを別に頼み放題頼めます。ビールでかんぺ〜。朝食全貌。個別に。焼きホッケと大根おろし。野菜サラダ。刺身。朝食に刺身がつく、と言うところが凄いですね。滅多にないことです。ここからおか [続きを読む]
  • 海鮮まるだい亭にお邪魔。
  • さて、宮川にふられてあちこち心当たりに電話しましたが、当然どこも満席でした。すし善大丸店で並ぼうかと考えていたのですが、こちらに電話をしてみたら、たまたまカウンター席なら空いていると言われてお邪魔しました。私らの酒のつまみを常々注文している北海道の海鮮問屋、佐藤水産が出している和食店です。海鮮まるだい亭にお邪魔。ビールでかんぺ〜。初めての店では定食を頼むことにしているが、正直大失敗。刺身を食べる醤 [続きを読む]
  • 6月最後の災厄。札幌ツアー。
  • この6月は人生有数の災難な6月でした。月初の二週間、連れの胃ガン騒ぎで気が気でなかったのに続き、骨折、地震と、未だに悪影響は継続しています。厄を払うべく札幌に向かいましたが、さらなる災厄が待ち受けているとはこの時夢にも思いませんでした。かつて毎週のように乗っていたはるかで関空に向かう。この日は札幌のミシュラン三つ星寿司屋、宮川に5時の予約が入っていたのです。なのでいつもの伊丹便では到底間に合わない [続きを読む]
  • 黒川博行作「勁草」を読みました。
  • 黒川博行作「勁草」を読みました。橋岡は名簿屋の高城に雇われています。彼の仕事はオレ詐欺です。彼は受け子を手配して、高城の名簿に基づいて掛け子が電話で釣った被害者から金を巻き上げて高城のところに持って行きます。最近は銀行などもそれなりに対策し、警戒されてもいるのですが、やはり引っかかる高齢者がたくさんいるのです。結果、高城の金庫には金が唸っています。一方大阪府警の佐竹と湯川は、詐欺である事に気がつい [続きを読む]
  • いつものシェ・トムテにお邪魔。
  • 当分は外食が続く我が家であります。日曜の夜はこちらにたいていお邪魔。閉店中の看板はあるが、もう慣れた。勝手に入る。本日のメニュー。同じですが仕方がない。今日は小羊でも鴨でもなく牛肉をチョイス。たこシャンでかんぺ〜。クスクスと海老のビスクソース。季節の野菜添え。イサキと鯛と海老の盛り合わせ。相変わらず良い焼き加減。牛フィレ肉のひとくちステーキ。きのこクリームソースとポルト酒ソース。連れはカットしても [続きを読む]
  • 朝食。霧島ホテル。
  • さて、本日は快晴。霧島温泉は硫黄の匂いが漂っています。動画。あちこちから蒸気が上がっています。いかにも温泉郷です。まず連れの第一皿を取る。介護介護。連れは朝は全く食欲が無い。わての第一皿。さかんに取ってくる。しらすおろし。朝の大根おろしは金。ところてん。お味的にはどうでも良かったレベルですが、あるのがうれしい。朝から当然ビール。かんぺ〜。さっさと帰ります。空港の大空食堂にお邪魔。なにせ鹿児島空港の [続きを読む]
  • 鹿児島、霧島ホテル。夕食。
  • さて、このホテルは古くから続く鹿児島県民週末宴会の御用達ホテルです。宴会には良くも悪くも慣れ切っています。夕食が何時であっても、大半の食材は、夕方5時前にはスタンバイしていて、7時過ぎに行こうものなら刺身などは乾ききっているのが通例です。メインレストランとは別のお食事処もあるのですが、絶賛まず飯でした。何も期待しないで向かったのですが。。。前菜。そうまずくはなかった。野菜をかたどった前菜。とうもろこ [続きを読む]
  • 温泉治療、霧島ホテルにお邪魔。
  • 骨折してるんだから、家でおとなしくしていろよと言われるのはわかっているのですが、地震以来ろくろく風呂に入れない。こういう時には霧島ホテルのあの巨大な風呂に入りたいと思ったのでお邪魔してみました。空路向かう。ハイボールとビールでかんぺ〜。カレーパン。おにぎりと味噌汁はなし。おかきとコーンスープ。梅雨の最中。雨。鹿児島空港の視界が悪ければ引き返すという条件便です。大雨。だいぶ遅れて無事到着。霧島ホテル [続きを読む]
  • 吉田修一作「ウォーターゲーム」を読みました。
  • 吉田修一作「ウォーターゲーム」を読みました。読んで驚きましたが、今回の作品は従来の純文学形式ではなく、サスペンス&ミステリ仕立てとなっています。冒頭の舞台は、なんということのない日本の山奥の飯場です。若宮真司はダム工事の現場で働いていたのですが、社長に連れ出され、金を持って二人で逃げようと誘われます。その証拠に面白い物を見せる、と言われ、ついていくと、なんと工事中のダムが爆破されてしまいます。この [続きを読む]
  • 仙台、秋保温泉、佐勘にお邪魔。朝食。
  • 今後の事を思うとさすがに安眠は出来ない。転々とした挙句6時には起きていた。連れは食べられないと言うので、7時前に朝食に向かうと、ものすごい混雑。みなさん観光に出かけるのですね。ゴルフがなければ大概8時まで寝ているのでびっくりしました。第一皿。さすがに東北は漬物がうまいです。小なすの漬物など京都の漬物屋がはだしで逃げるレベル。二皿目。ラーメンサラダとか。生ハムサラダとか。とにかく早く部屋に戻りたいので [続きを読む]