RODOLFO さん プロフィール

  •  
RODOLFOさん: rodolfoの決戦=血栓な日々
ハンドル名RODOLFO さん
ブログタイトルrodolfoの決戦=血栓な日々
ブログURLhttps://rodolfo.exblog.jp/
サイト紹介文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと健康管理してたのに?
自由文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと高血圧と高脂血症の薬も飲んでたし、週二回ジム通いもしていて、100歳まで健康でいるつもりだったのに。。。。。突然中断したら、入院したと思ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/01/03 09:58

RODOLFO さんのブログ記事

  • 朝食、湯の川プリンスホテル渚亭。
  • 恒例の仲良しをすませまして、あまり楽しみではない朝食です。でも意外と待たなかった。席にはすんなり着けた。スパークリングワインでかんぺ〜。なんでかここはスパークリングワインが豊富に提供される。相変わらず食欲の無い連れの第一皿。ここはシェフが居るのですが、焼いてくれるのは目玉焼きだけ。わての第一皿。なんだかかつての定宿、新千歳エアターミナルホテルと似てますね。連れの定番。TKG。ここの売りは海鮮丼です。 [続きを読む]
  • 夕食。湯の川プリンスホテル渚亭。
  • ではビールでかんぺ〜。前菜と造り。さすがに函館。イカのレベルが素晴らしかった。イカは生姜醤油で。他、白和え、ツブガーリックバター。アナゴの笹巻き、ローストビーフ、造りはサーモンとマグロとボタンエビ。食前酒の巨峰酒。刺身醤油が二皿。生姜用とわさび用。焼き物。アブラボウズの西京男爵焼き。まあまあうまかった。麦焼酎水割り。盛りが良い。蟹クリームグラタン。まずこのままで食べて、次に粉チーズと生ハムをかけて [続きを読む]
  • 湯の川プリンスホテル渚亭、大浴場からお食事処へ。
  • さて、大浴場にお邪魔。休憩所。飲み物サービス。ドライヤーは少ししかない。大浴場。この奥にまだもうひとつ大浴場があって、露天風呂もある。他にも入浴客がいてそのあたりは撮影できず。函館と言えば海鮮丼。この旅館の夕食は主にバッフェです。以前来た時はなかなか気に行ったのですが、今回は様子が違う。恐ろしいくらい混雑している。座るテーブルを受付で指定しているらしく、長蛇の列が出来ている。しかも受け付けても座れ [続きを読む]
  • 土曜が休みの連休は何をする。函館に九年ぶりにお邪魔。
  • この日は土曜日が休みの連休です。ありがたいようなもったいないような。いろいろ候補を当たりましたが、どこもだだ混みです。なにせ紅葉狩りの最盛期。京都など全く相手にもしてもらえない。有馬温泉も歯牙にもかけてもらえない。広島は先週行ったばかりだし。やむなく函館に向かいます。ゆっくり起きて伊丹空港にお邪魔。チケットはマイルでゲット。ラウンジはがらがら。ビールとハイボールでかんぺ〜。行楽日和。では搭乗。一時 [続きを読む]
  • 握り編。誕生週は千成寿司にお邪魔。
  • では握り。スミイカから。カツヲ。酒粕漬けのサワラ。凝った握りですね。中トロ。車海老。ブリ。サヨリ。良い仕事ですね。赤貝。赤貝ヒモ。煮ハマ。江戸前の仕事です。アナゴ。コハダ。漬け。最近はデフォルトであるのかも。私らが予約をしたからあるのかも。謎。納豆巻きで〆ました。しかしなんですね。ここもあまり楽な商売ではなくなっているのかも。一月と二月と三月の後半二週間はタイに握りに出張するんだとか。まだお子様も [続きを読む]
  • 誕生週に千成寿司にお邪魔。
  • さて、誕生週ですのでシャンパンを飲みにこちらにお邪魔。阪急淡路、千成寿司です。ここはいつも安くてうまいシャンパンを用意している。本日のはこれ。クリュグが買い付けに来るという逸品。かんぺ〜。さて、一皿目はいつも野菜の皿。金時草ごまあえ。まずは鯛とシマアジ。鮑。つぶ貝と万願寺唐辛子。香り高い。かますの押し寿司。良い趣向。小丼。イクラと北海道のバフン雲丹。愛媛の赤雲丹。山山葵と炙り〆鯖。茨城のウナギ炙り [続きを読む]
  • お誕生日のディナーは。
  • 今年の私の誕生日は平日でした。尾道でもシャンパン飲みましたし、3日後には淡路の寿司屋でも飲みました。本日もちょこっと頂きます。白アスパラガスのサラダ。オードブル盛り合わせ。恒例、古樹軒のフカヒレでいただきました。連れの愛を感じましたねえ。デザートはピオーネ。ご馳走様でした。つぶやきランキング [続きを読む]
  • 映えるシーンを。プールとマリーナ。ベラビスタ尾道。
  • お腹もいっぱいになりまして、この宿の最たる特徴を取材します。晴天のピロティ。かの有名なインフィニティプール。プール正面。アングルを変えて。浸かったらこんな感じ。プールまでの道からの景色。ソファに座ってみる。ここはウェディングがとても多いらしい。お幸せに〜。では帰宅します。マリーナを通る。船を持つ気持ちはどんなもんなんですかね?私の義理の叔父はヨットを持っていました。望めば相続できましたが、なにせ内 [続きを読む]
  • 朝食その2。ベラビスタ尾道。
  • さて、焼き魚来る。連れは鰆の西京焼き。当地広島は鰆が名物。わてもこれにしておけば良かった。。。。わてのアナゴ。これはいまひとつ。。。寿司屋で出てくるような焼きアナゴを期待したのですが、初めに見せてもらった時からわかっていたはずなのに見落とした。干物ですがなこれ。干物のアナゴなど食べたことがなかった。アナゴは干物には向かない。。。。身が固かった。口コミによれば以前はこれの倍の大きさだったと言うが、正 [続きを読む]
  • 朝食その1。ベラビスタ尾道。
  • 口コミとは時にありがたいものです。口コミによればこのホテルの和食は夕食としてははなはだ頼りないものらしいが朝食としては大したものだとのこと。口コミに従って訪問しました。お花がきれい。なかなか感じが良い。恒例の仲良しを済ませてビールでかんぺ〜。と思ったら、ちゃんとしたシャンパンも無料でした。シャンパンでかんぺ〜。珍しいですね。今どきシャンパンを無料で出すとはなんという高級ホテル。リッツでもインターコ [続きを読む]
  • ベラビスタ尾道。夕食はエレテギアで。
  • 夕食は三カ所で供されます。洋食はエレテギア。和食は双忘。双忘の一部に寿司カウンターがある。今回は洋食。洋食で正解らしい。でっかい釜が焚かれている。キッチン内部に席がしつらえられている。暖かい。青い服の人が大将の藤井智哉シェフ。ポンテベッキオ北浜で修行されたそうです。白い服の人はスペイン人シェフだそう。大忙しです。積まれた薪。以前北海道で地震が起きて、大規模ブラックアウトが生じた際に、勝手な人達は北 [続きを読む]
  • ベラビスタ尾道。大浴場の模様。
  • では大浴場。岩盤浴もある。岩盤浴用の衣類。これなら清潔かも。。。。しかし係員がだれもいないので、誰か先に使った人の汗がそのまま残っている可能性は高い。あえて参加はせず。バリアハード。趣きは良い。浴場への階段。大浴場。海側が深くなっていて立って入れるのは良い設計。緑の匂いがぷんとしてくる。気持ちが良い。内風呂と洗い場。お休み所。牛乳完備。給水所。アイス完備。なんでも以前はビールもあったらしいですね。 [続きを読む]
  • ベラビスタ尾道。お部屋の様子。
  • 眺めは良い。ちと小さいがお値段は結構する。ベッド。ターンダウンは無し。ラーメンは有料。アメニティはブルガリ。プレゼントのデニム熊。デニムが土地の名物らしく、部屋着もデニムなのは良いが、ちと重い。不通の作務衣が良かった。風呂はわりとに良い。良い眺め。では大浴場にGO!つぶやきランキング [続きを読む]
  • リベンジ再び。ベラビスタ尾道にお邪魔。
  • 実はかつて広島レスキューと題して豪雨被害に遭った広島を助けようと訪問したわけなのですが、あれの第二弾はほんとはここでした。しかし台風のせいでJRや新幹線が不通になり、断念したわけです。今回は満を持してお邪魔。新幹線登場。車内は満員。ビールとハイボールでかんぺ〜。おつまみは枝豆と。シュウマイ。1時間で到着。福山駅。福山城。送迎バスに乗る。到着。ベラビスタ スパアンドマリーナ尾道です。オレンジジュースが [続きを読む]
  • 映画「シン・ゴジラ」よりWho will know。高橋洋子ver。
  • うちの連れはファンタジー映画は観ないとか言いながら、この映画の大ファンです。録画したこのものをほぼ毎日のように見て楽しんでいます。庵野監督が私が思うところの宮崎駿の後継者一位であるのは、迫力ある映像とともに、大変映画音楽を大切にするところです。庵野監督が企画したというコンサートの動画を発見しましたので是非どうぞ。下に歌詞と訳詩をつけますが、多少異なっています。ではどうぞ。私がこの世界で死んだら、誰 [続きを読む]
  • 新店開発。高槻、ターブルタカイにお邪魔。
  • 高槻にフレンチが10月1日に新規開店したというのでお邪魔してみました。ターブルタカイです。もともとはイル・キアーロというイタリアンがあった所です。かつて一回だけ行きましてわりと気に入ったのですが、その後再訪しなかった所ここに変わっておりました。なんでももとは高槻市野田というところでル・テアトルという名前でやっておられたとのことです。メニュー。3500円と5000円と8000円の三つのコースのみでやっておられると [続きを読む]
  • ご近所。魚くみにお邪魔。
  • さて、しばらく寿司を食べていないので、ご近所のイートイン寿司屋。魚くみにお邪魔しました。夜はがらがら。お蔭で待たなくてよろしい。ここは瓶ビールと日本酒しかない。ビールでかんぺ〜。夏の終わりに鱧の焼き霜を食べる。その場でさばいて炙ってくれる。なかなかうまかった。実はこの時期は鱧がなかなかうまいそう。魚屋さんの言う事なので本当なのでしょう。これもその場でさばいてくれる。てっさ。大変うまかった。土瓶蒸し [続きを読む]
  • 2018年10月、大阪王将高槻市役所前店にお邪魔。
  • さて、連れに仕事が入ったため、こちらにお邪魔しました。大阪王将高槻市役所前店です。続かない店シリーズの最新店ですが、発展しておられる模様で、出前の原チャリが停めてあったり、新しいPOPが現れたりしています。店外観。飲み物メニューも更新されています。ハイボールが現れたのは大変ありがたい。チューハイは甘いので苦手でした。生ビールも登場。かんぺ〜。以前は瓶ビールだけでしたから。以前の店と違ってそこそこ客が [続きを読む]
  • 2018年10月、高槻カントリークラブでゴルフ。
  • さて、久しぶりのゴルフです。連れも今日からアプローチ中心に参加します。朝からビール。ゴルフ日和です。雲ひとつない快晴。暖かい。大した混雑。上着を着込む。スイング。動画。まあまあさまになって来ました。フィニッシュでぐらぐらすることが無くなり、ドライバーが右に曲がらなくなりました。この日はほとんどドライバーでミスショットがなく、47−48の95とまあまあ。池越えショートでワンオンに成功したのですが、3パット [続きを読む]
  • 佐勘、川湯温泉に浸かる。その後帰宅。
  • 終わって温泉リベンジ。ものすごいバリアハードな廊下を下る。川湯温泉に浸かる。相客が居て写真を撮れない。前回のが写真はきれい。そういえば朝食でビールとワインが無料であった写真を撮り忘れている。川の眺め。地下三階にある名取の湯。二つ浴槽がある。うむ。今回は無事秋保温泉を堪能しました。仙台空港のラウンジでかんぺ〜。リベンジ成功。では帰宅します。つぶやきランキング [続きを読む]
  • 朝食その2。仙台秋保温泉佐勘にお邪魔。
  • 洋食系。生ハムサラダはあっという間に無くなる。ここは肉系はソーセージとこの生ハムだけでサラミとかハムは無いのです。和食中心。それはそれで大変結構。カレーも標準装備。オムレツも焼いてもらえる。暖かい料理系。ゆで野菜とコロッケ。このゆで野菜が素晴らしかった。さすがは東北。魚を炙ってもらえる。カレイがうまかった。挽き割り納豆があるところが仙台風。私の愛好するねばねば集団としらす。これもねばねば。タラコも [続きを読む]
  • 朝食その1。仙台秋保温泉佐勘にお邪魔。
  • 前回は私一人で大慌てですませた朝食でしたが、それでもここの朝食は素晴しかった。今回は恒例の仲良しをすませてゆっくり来ましたらば、15分ほど待たされました。大入り満員。連れは相変わらず食欲が無い。連れの一皿目。わての一皿目。ここは夕食もそうでしたが、野菜が素晴しい。このゆで野菜などかつての大阪リッツに比肩する品質です。ちとタンパク質に欠けるラインナップであるが、札幌のセンチュリーロイヤルに勝るとも決し [続きを読む]
  • 夕食。仙台、秋保温泉佐勘にお邪魔。
  • さて、前回は食べた気がしませんでした。なにせ宴会場の片隅でおやじのどら声に囲まれながら怪我人の連れと考えられない遅い時間に夕食したのですから。今回は本来の部屋食。時間も余裕。ずらっと並ぶ。食前酒は絞りたてレモン、宇和島ピール。アワビの踊り焼き。当然活きが良い。逃亡を企てていました。前菜、子持鮎甘露煮、酢取り花茗荷、栗しぼり、みずこぶの土佐和え、春菊と焼きしめじ浸し、サンマの胡麻焼き。このサンマが絶 [続きを読む]
  • リベンジ訪問。仙台秋保温泉佐勘にお邪魔。
  • さて、厄災続きの平成最後の年に私らを襲った最大の厄災がここで起きました。しかしその節は大変良くしてもらった。救急車を呼んでくれて返りのタクシーも出してもらって、お見舞金として一万円もらいました。当時は茫然としていて何のご挨拶も出来なかった為、ご恩を返すべく再訪します。仙台秋保温泉佐勘にお邪魔。まずは伊丹空港から。ハロウィンの季節の飾り。なんとかこの行列からは逃れたい。ハイボールとビールでかんぺ〜。 [続きを読む]
  • アンソロジー集「恋愛仮免中」を読みました。
  • 奥田英朗、窪美澄、萩原浩、原田マハ、中江有里の恋愛を巡るアンソロジー集です。題名のとおり、どれも発展途上の恋愛を扱った話です。第一作、奥田先生作、「あなたが大好き」は、アラサーの女性が主人公です。もう3年も付き合っている彼氏は、さっぱり結婚を口に出さず、仕事を勝手に辞めてしまい、インド旅行に旅立ってしまいます。すべてが事後報告です。彼のあまりの勝手さに新しい出会いを求めようとする彼女でしたが、好条 [続きを読む]