RODOLFO さん プロフィール

  •  
RODOLFOさん: rodolfoの決戦=血栓な日々
ハンドル名RODOLFO さん
ブログタイトルrodolfoの決戦=血栓な日々
ブログURLhttps://rodolfo.exblog.jp/
サイト紹介文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと健康管理してたのに?
自由文突然起こった肺梗塞、下腿深部静脈血栓症の話。なんで?ちゃんと高血圧と高脂血症の薬も飲んでたし、週二回ジム通いもしていて、100歳まで健康でいるつもりだったのに。。。。。突然中断したら、入院したと思ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/01/03 09:58

RODOLFO さんのブログ記事

  • 夕食。北乃路にお邪魔。
  • では朝食会場と同じ。センチュリーロイヤルホテルの北乃路にお邪魔。夕食メニューの一部。ビールでかんぺ〜。瓶ビールをもらう。突き出しを頼む。今日はたこわさび。朝食と同じくなかなかうまい。朝食とは異なり、全部パーティションで仕切られている。そんなに腹が減っていないのでコースではなく単品で頼む。炊き合わせ。北海道の料理は常に砂糖甘いのですが、この店はそういうことがない。大変うまい。先に食べてしまう。連れの [続きを読む]
  • 札幌をぶらぶら。
  • この日は、朝食を取った北乃路に4時から夕食の予約が入っています。1時までセンチュリーロイヤルを延長してもらって後3時間。札幌の街をぶらぶらしていると、バックトゥーザフューチャーに出てきたデロリアンが展示されている。みなさん記念写真を撮っている。変わった企画でしたが、この後通り掛かってみれば長蛇の列が出来ていた。驚いた。ワンドリンクサービス券をもらっていたので、センチュリーロイヤルのワインバーにお邪 [続きを読む]
  • 北乃路で朝食。センチュリーロイヤルホテル札幌。
  • さて、日本3位の朝食を楽しみに伺います。センチュリーロイヤルホテル北乃路。ビールでかんぺ〜。札幌は快晴。和定食到来。豪勢ですね。ここは和定食の他に和サンドイッチと海鮮丼が選べます。焼き鮭とか卵焼きとかしらすとか大根おろしとか塩辛とか焚き合わせとか。どれも大変うまい。わてはお粥をチョイス。おかずをつい全部食べてしまって最後は何もお粥につけて食べるものが無い、と思っていたらちゃんともろみ味噌がテーブル [続きを読む]
  • 握り編。すし宮川にまたまたお邪魔。
  • では握り編。まずは赤ムツ。まあのどぐろですね。大変うまい。普通の店はまずヒラメとかカレイでしょうが、まずのどぐろというところがこの店の面目躍如ですね。漬け。これはその場で漬けたもの。後でサク漬けしたものも出る。静岡の金目鯛。これもまたうまい。次に中トロのサク漬けが出る。よく浸かっていて先の漬けとは全く別物。うまい。コハダ。青物大好き。爽やか。アジ。良いアジ。でっかい。うまい。車エビ。甘い。ホッキ貝 [続きを読む]
  • やっとの事で。すし宮川にお邪魔。
  • 前回は台風のため前日キャンセルしてしまったすし宮川。なんでも地震のあと4日間休まれたとか。キャンセルのお詫びと地震見舞いをかねて森伊蔵を持って伺う。大変喜ばれる。相変わらず美しいカウンター。震災の当日は、どうせ器は割れているし冷蔵庫は全滅しているし、店に駆けつけても仕方がない、と自宅におられたそうです。でも冷凍庫は大丈夫で、食材は冷凍庫に移して事なきを得たそうです。良かった良かった。この日も満席。 [続きを読む]
  • 札幌レスキュー。決意の訪問。
  • 関西人としては人の事を気遣っている場合ではないのです。今日は今日とて当地高槻では余震がありました。関西では外人観光客が激減したと新聞は煽ります。しかしもともとこの時期は札幌に遊びに行く予定なのです。まだ地震から一週間、余震もあるでしょう。JALは余震があればそのまま伊丹に引き返すという条件便で飛行機を飛ばしています。今回は今までとは違う。しかし前回すし屋の宮川を台風でキャンセルしている。行かないわけ [続きを読む]
  • 中澤日菜子作「ニュータウンクロニクル」を読みました。
  • 中澤日菜子作「ニュータウンクロニクル」を読みました。とあるニュータウン(多摩ニュータウンがモデルなんだそうです。)の1971年から2021年までのお話です。そのニュータウンが始まってから、次第に高齢化、老朽化していく様を入れ子式に描いた作品です。物語は10年ごとに起こる6つの話で出来ています。第一話は、ニュータウンで働く地方公務員、小島健児の話です。ニュータウンで暮らす主婦、袴田春子とその娘の理恵子と知り会 [続きを読む]
  • ランチ。リッツカールトン大阪。
  • ここは11時チェックアウトですが、11時半まではクラブラウンジに居て良いのです。食べたい人はランチが食べれます。入口。野菜。スープ。というより肉のソースですね。ローストラム。きっとおいしいのでしょう。押し寿司。デザート類。叉焼饅。蒸し野菜。夜と内容を変えてあるところが良い。焼き魚。鯛、と言いたいところですが、何かの深海魚でしょう。食べて無いのでわからない。色目は美しい。連れはうどんを貰ってくる。この出 [続きを読む]
  • 朝食。リッツカールトン大阪。
  • さて、恒例の仲良しを済ませまして、ゆっくり朝食です。一階のスプレンディードの方が品数が多くて良いのだというスタッフの告知はありますが、あっちではシャンパンは有料なのであります。コールドカット。ソーセージとベーコンと芋。蒸し野菜。ここの野菜のレベルは相変わらず大したものです。焼きサバ。和食でまとめることもまあまあ出来るのであります。振り掛けとか海苔とか。納豆も用意されている。わての一皿目。まあまあう [続きを読む]
  • クラブラウンジで夕食。リッツカールトン大阪。
  • さて夕食。このホテルに入ったら外にあまり行きたくない。それほどここが心地よい。もともと外出があまり好きでありません。目的地からあまり動かないのであります。バッフェで供される夕食をいただく。用意するシェフ。叉焼饅。ローストポーク。サラダとかオリーブとか。炒飯。魚のロースト。ピンチョス。蕎麦のサラダとかカプレーゼとか。連れは寝起きで食欲が無い。わてはいつでも食欲max。まずはビールでかんぺ〜。担々麺があ [続きを読む]
  • 大阪レスキュー。リッツカールトン大阪にお邪魔。
  • 普段私らは、災害の被災地へ遊びに行って、何々レスキューとか言っておるわけですが、今年の場合、被災地の一つは明らかに当地大阪であります。と言う訳で本来は自宅で過ごすはずだったのですが、この日100室あまりの空室を抱えてしまっていたこのリッツカールトン大阪を訪問する事にした訳です。懐かしいリッツ。最近でこそ足が遠のきましたが、かつてはこのホテルに住んでいたと言ってもいい程通いました。最近は全く知名度が無 [続きを読む]
  • 鞆の浦観光。
  • さて、わざわざここまで来たのだから鞆の浦は是非見たいと思って行きました。タクシーで向かう。まあバスとかもあるんでしょうが。この暑い中バスを待つと言うのもちと出来る相談ではない。ものすごい狭い道を向かう。バイパスを作って観光客を誘致しようという計画があったらしいですが、景観を壊す、という市民の意見が通って狭いままらしいです。数々の映画のロケ地として有名です。ウルヴァリンsamuraiもそうですし、崖の上の [続きを読む]
  • 朝食。西山別館。
  • 夜中は珍しく虫の大合唱でした。近年珍しいですね。つか、私らがあまり田舎へ旅行しないせいかもしれません。恒例の仲良しをすませてビールでかんぺ〜。仲良しも連れの骨折で自粛しておりまして、最近再開したばかりです。昨日は雨模様だったが天気回復しました。ここの旅館はこのような離れから成り立っているのです。さて朝食。何の変哲もない料理ばかりですが、一口食べて驚いた。大変に旨い。プロのベテラン料理人の作品です。 [続きを読む]
  • 夕食その2。西山別館。
  • さて肉料理。広島和牛。さすがにちゃんとした肉ですね。当節は和牛と銘打って和牛のハラミとかツラミとかばかり出るのでがっくりします。ここはそういう店ではない。ソースのお味も良い。天ぷら。海老、鱚、カマス、野菜。酢のもの。鱧とホタテ。冬瓜の煮物。こっくりした良いお味。土鍋ご飯。味噌汁来る。湯葉の味噌汁。割と平凡ですね。さて、いただきます。ゴーヤの漬物はこれまたうまかった。最近ゴーヤの漬物が進化したのでし [続きを読む]
  • 夕食。西山別館。その1。
  • この旅館の以前の口コミを見るとお食事は部屋食だったそうですが、今回はレストラン食だということでした。向かう。宴会場の一部を仕切ってあって会場にしてある。とってつけ感がやや痛ましい。。。先付。いちぢく、海老、むかごと枝豆、タコ、茄子の田楽焼き。生麩。それなりに良いお味。魚は有名なままかり。なかなかうまかった。まぐろ卵豆腐。ほ〜、と感心するほどでもないが、味付けはちゃんとしてある。アスパラの火通しもな [続きを読む]
  • 尾道、西山別館。大浴場とか。
  • なかなかバリアハード。この階段の上に大浴場がある。入る。だれもいない。内湯。外湯。すごくぬるい。男湯。珍しいことに女湯と全く変わりがない。たいてい男湯のほうが広いですのに。露天風呂。あまり眺めは良くない。こんな感じ。祝発尾道。ビールでかんぺ〜。部屋付きの露天風呂。シェードを開けると気持ちが良いが、右手のシェードを開けると隣の部屋が丸見えになるので開けられない。後ほどとなりのお客が風呂近くまで散歩に [続きを読む]
  • 尾道、西山別館にお邪魔。
  • 私らは台風被害は大してありませんでした。ご心配をおかけしました。最も行きたかった宿は既に予約で満杯でした。いろいろネットで探してここを見つけたわけです。毀誉褒貶しておりますので良いのか悪いのかわかりませんが、部屋に露天風呂がついているというので予約してみました。いかがでしたか。タクシーで向かう。部屋にWIFIは無い。それを問い合わせると電話に出たのが愛想というものの全くないお爺さん。ご主人だと思われま [続きを読む]
  • 台風21号襲来。
  • 昨日は台風でえらい目に会いました。一番関西の風雨がひどい時に、ジムに行っておりまして、終わって風呂へ行くとものすごい風雨を見ました。風呂は雨漏りしてるし。。。。外へ出るとしゃれにならん風でした。傘ごと飛ばされるかと思った。。。。あれお年寄りなら必ず転倒してますよね。しかもマンションのエレベーターに乗っている最中停電してエレベーターが階の途中で停止しました。閉じ込められるかと思ったら、すぐに復旧して [続きを読む]
  • 広島レスキュー。尾道にお邪魔。
  • 私らは、ドネーションもしますが、一番大事な被災地への支援は、その土地に遊びに行くことだと思っています。過去、九州には何度もお邪魔しました。熊本にはやっとの思いで入りました。福島にはとうとうまだお邪魔できていません。足が無いのです。まあ仙台まではこの6月お邪魔しました。そして今回は、初広島であります。新幹線で向かう。新大阪でいっぱいやる。かんぺ〜。大混雑。えだまみ〜。ソーセージ。なにせ連れは朝から何 [続きを読む]
  • 中脇初枝作「魚のように」を読みました。
  • 中脇初枝作「魚のように」を読みました。作者が17歳のときにこの作品を書いて第二回坊ちゃん文学賞を取り、小説家デビューしたということです。ふたつの短編より成り、どちらも親に愛される片方と愛されない片方を描いた兄弟姉妹の話です。第1作では可愛がられている姉が出奔し、それを知った可愛がられていない弟は家出し、放浪します。第2作では可愛がられている姉は鬱病と摂食障害に悩んでおり、しばしば家族に忘れ去られる妹は [続きを読む]
  • 朝食。俵屋旅館、泉の間。2018年8月。
  • さて、おはようございます。ヨーグルトでかんぺ〜。朝食。連れはアジ。わてはグジ。これくらい通うとグジも食べなれまして、なんということもなく食べてしまいます。定番。湯豆腐。ビールでかんぺ〜。しじみの味噌汁。食べ終わって風呂に入る。この部屋は、風呂から庭が見える珍しい部屋なのです。大変気持ちが良い。そういえば先日、俵屋さんからお中元をいただきました。かつて札幌のすし善すすきの店に通っていた頃はすし善から [続きを読む]
  • 夕食その2。俵屋旅館、泉の間。2018年8月。
  • 煮物碗。この赤は現代の技術ではもう出せないらしいです。鳴門穴子薄葛仕立て。あられ豆腐、結び麸、オクラ。オクラひとつで夏をゆくりなく表現してしまう黒川料理長の手腕にはほとほと頭が下がります。蓋の内側。波花。ものすごくしぶいですねえ。時代がついたものなのでしょう。焼き物。鮎笹焼き。名物ですね。お友達に間瀬の天然鮎を送って貰うことになる前は、ここの鮎が日本一の鮎でした。しかし所詮は琵琶湖の養殖鮎。天然も [続きを読む]
  • 夕食その1。俵屋旅館。泉の間。2018年8月。
  • では楽しみな夕食です。食前酒から。あんず酒。ここの料理にはこれしか合わせられません。ピンドン。かんぺ〜。まずは南瓜の冷製すり流し。グラスが美しい。先付。器に入っているのが鮑素麺、芋掛け。即死するうまさ。ホノルルのヤマダチカラはこの一品ですべての料理が負けました。海老艶煮、花丸胡瓜。胡瓜の中身がくり抜いてあります。ここはそこまで胡瓜に手をかけるところなのです。鱧柳川笹巻き。香りが素晴しい。鱚風干し。 [続きを読む]
  • 俵屋旅館、泉の間にまたお邪魔。2018年8月。
  • ハワイから帰国しましてからは、ジャパネスクしようと中の坊瑞苑かここを訪問することにしています。今回は俵屋です。向かいます。到着。朝顔の屏風。坪庭は桔梗。泉の間。この部屋は庭が美しい。お軸は橋本関雪。夕顔図。置物も由緒あるものなのでしょう。お花。この部屋は次の間がある。これも何か由緒ある品物なのでしょうね。欄間には阿吽が。庭見の座。二階には種田山頭火の短冊。分け入っても分け入っても青い山。庭座には棟 [続きを読む]