とうゆき さん プロフィール

  •  
とうゆきさん: 趣味人の宿部屋
ハンドル名とうゆき さん
ブログタイトル趣味人の宿部屋
ブログURLhttp://yadobeya.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にアニメ感想などを肥やしに面白い検索キーワードを探すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2014/01/04 11:32

とうゆき さんのブログ記事

  • 2018年7月分 ツイートまとめ
  • この後、17時30分〜から総集編「Marie's Memory『未知に通ず軌跡』と初解禁の12話〜17話「To the ring reincarnation」が配信されます!ぜひご覧下さい!https://t.co/vv0jrU9wof#diesirae_A— TVアニメ「Dies irae」公式 (@diesirae_anime) 2018年7月1日ちょくちょく水銀が石川Pに見えてしまった。Dies iraeは水銀によるアイドルマスターマリィプロデュースと言えない事もないかもしれない。— とうゆき (@touyuki) 201 [続きを読む]
  • 忍び寄る異変 オーバーロードⅢ 第2話「カルネ村再び」 感想
  • Carne Village Once Moreかつてスレイン法国の陰謀に巻き込まれたところをアインズに救われたカルネ村。住人は半減したものの、焼き討ちに遭った村の生き残りやンフィーレアら移住者を迎え入れ、なんとか収穫の時期を迎えようとしていた。アインズがエンリに与えた《ゴブリンの角笛》で召喚されたゴブリンたちも、エンリを主と仰いで村の復興に尽力する。そんな中、村の傍に広がる大森林で不穏な動きがあり……。脚本:菅原雪絵  [続きを読む]
  • 2018年6月分 ツイートまとめ
  • 【クレしん しんのすけ声優降板】テレビ朝日は、「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の声優、矢島晶子が29日放送を最後に降板することを発表。本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」。 https://t.co/aJCghTYq7l— Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) 2018年6月1日矢島晶子さん降板か。トラブルとかじゃなくて本人の意向なら仕方ないとはいえ寂しさは拭えない。ポプテピピックの時も無理してのかな [続きを読む]
  • 決着の朝 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.25「それぞれのスタートライン」 感想
  • インターハイ最終日の朝が来た。想いを繋いで全員でここまでたどり着いた総北。“王座奪還”そのためだけに走ってきた箱根学園。無駄なものをすべて削ぎ落とし“勝利”だけを見据える京都伏見。その他各校が、頂を目指して、それぞれのスタートラインに立つ!アブ、ゼッケンのコンプリート失敗したから優勝だけ取りに行くように見えて残念。なんで誰も真波を起こしてやらない。前回の一年は何をやってるんだ?割とシャレになってな [続きを読む]
  • ここが"人間の世界"の終わりさ BEATLESS EP20「Our Error World」 感想
  • 超高度AIによって引き起こされる社会の変化。アラトとレイシアを中心に、その帰結を巡る闘いが激化する中、旧世代の権力者たちは自らの利益を最大化するため、醜い話し合いを重ねる。参加者の中でただひとり、エリカ・バロウズだけは、その愚かさに怒りを覚えるのだった。脚本:?橋龍也 コンテ:宮尾佳和 演出:山本陽介※盗聴はされてないとは言ってない。人類未到産物や超高度AIの技術を掻い潜るのは無理だね。それだけでなく [続きを読む]
  • その終局は円満 Lostorage conflated WIXOSS 12「光」 感想
  • STORYるう子が戦いを放棄し、清衣は白窓の部屋の新たな主として“記憶の倉庫”へと降り立った。戦いを渇望する『夢限』の声に対し、清衣は確かな声で宣言する。「セレクターバトルを終わらせるために私は来た」と。だが、そんな清衣の前にカーニバルをはじめとした漆黒のルリグたちが敵として立ちふさがる。勝利をつかむは戦いを望む漆黒の闇か、平穏を取り戻す白き光か──。選ばれ、失い、交差したいくつもの戦いが、終結の時を [続きを読む]
  • 私たち超高度AIも人間の道具です BEATLESS EP19「Paper Tiger」 感想
  • 三鷹の惨劇からおよそ二ヶ月。表面上は平穏を取り戻した世界で、アラトとレイシアは身を潜め、次の事態に備えつつ、蜜月を過ごしていた。しかし、そんなささやかな幸せを破るかのように、IAIAの誇る超高度AI「アストライア」からのコンタクトが……。脚本:?橋龍也 コンテ:久慈悟郎、水島精二 演出:久慈悟郎原作と違って一人でエロとグルメを語り始めたアニメオーリガちゃんはエロとグルメだなー。アストライアの代理人は高垣 [続きを読む]
  • 望外の再会 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.24「小さな峠」 感想
  • インターハイ2日目の夜。坂道は山道で箱根学園の卒業生・東堂尽八と遭遇する。東堂はある男からの連絡を受けて走っているという。その男とは…巻島裕介だった!驚きと嬉しさが入り混じる坂道の目の前で、巻島と東堂の本気の勝負が始まった!同着が続き、2人は2回戦、3回戦…と勝負を続け、坂道はその姿に気持ちを昂ぶらせる。勝負が終わった後、巻島からの「自分を貫け」という言葉を受け、決意を新たにする。一方、真波も東堂か [続きを読む]
  • 大きすぎる喪失 東京喰種:re 第12話 「夜明け Beautiful Dream」 感想
  • ノロを相手に次々と仲間が倒されてゆく中、踏みとどまって戦う不知。その姿を目にし、必死で立ち上がる瓜江。ふたりの渾身の攻撃がノロを捉える。一方、月山の窮地に駆けつけ、怒涛の攻撃を仕掛けるカナエだったが、“カネキ”の記憶を取り戻し始めた琲世の反撃に瀕死の重傷を負う。そこに“隻眼の梟(せきがんのフクロウ)”と呼ばれる半喰種、エトが現れ悪意を振りまく。最後の力を振り絞るカナエだが……。そして、琲世がついに [続きを読む]
  • その決着は寂寥 Lostorage conflated WIXOSS 11「選択/バトルとバトル」 感想
  • STORYメルをアンロックし、2体のルリグとともにカーニバルへと立ち向かうすず子。しかし、カーニバルが持つ能力“ジョーカー”によってすず子たちは翻弄されてしまう。そのころ、レイラと対峙するるう子のもとにはタマが戻り、最強のコンビが復活していた。しかしレイラは、劣勢に陥りながらも不気味な笑みを絶やすことはなかった……。すず子とカーニバル、るう子とレイラ──運命の歯車は終局に向かって回り始める!STAFF [続きを読む]
  • 対抗しようがないとでも? BEATLESS EP18「Protocol of Love」 感想
  • 紫織とユカに背中を押され、レイシアとふたたび向き合うことを決意したアラト。自分の命令がまだ有効ならば、レイシアはスノウドロップを止めようとしているはず……そう考えた彼は、スノウドロップの力で変貌し、もはや「異界」と化した三鷹を目指す。脚本:雑破業 コンテ:吉田徹 演出:胡蝶蘭あげは、井畑翔太市民も残ってるのにミサイル攻撃はね。政府もなかなか決断出来ないよね。後々やるけど。ギャング団の行動がかなりマ [続きを読む]
  • 執念がもぎ取る勝利 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.23「勝利者」 感想
  • インターハイ2日目のゴールが迫る!今泉、悠人、御堂筋、三つ巴のゴールスプリントは、残り20mを切った!今泉は、信じて背中を押してくれた仲間の想いのために。悠人は偉大な兄を持ったことから生まれたコンプレックスを振り払り、“王者”箱根学園勝利のために。御堂筋はただ、己の勝利を掴むために。三者三様の想いをペダルに乗せ、突入するゴールライン!トップでゴールしたのは…!?そしてその夜、3日目への不安を振り払うよ [続きを読む]
  • 消せない過去の傷 ハイスクールD×D HERO life.09「若手最強決定戦、開始です!」 感想
  • 部屋を飛び出したリアスを追いかけようとする一誠だが、朱乃たちに制止されてしまう。ここ最近のリアスの態度、自分に向けられる周囲からの期待を思い返し、一誠はある結論に達する。「部長は俺のことが好き…なのか…?」。否定しようにも、否定しきれない思い出が浮かんでは消えていく。一誠もまたリアスへの気持ちを再確認するが……しかし、あと一歩を踏み出せずにいた。事情を察した朱乃たちは悩める少年を体で癒そうとする。 [続きを読む]
  • 散命 東京喰種:re 第11話「欠落者 writE」 感想
  • [CCG]に屋敷に踏み込まれ、父・観母(みるも)や使用人たちが投降する中、側近の松前(まつまえ)とともに逃げのびた月山は、彼を生かすために命を賭した者たちのことを想い、“当主”となる責任を噛み締める。その月山の前に喰種捜査官として立ちふさがる琲世。一方、“月山家駆逐作戦”で伊東倉元(いとう くらもと)率いる伊東班と合流したクインクスは、“ノロ”と呼ばれる喰種と遭遇。脅威の再生力を持つノロを相手に迷いを [続きを読む]
  • その邂逅は手向け Lostorage conflated WIXOSS 10「前夜/信頼と裏切り」 感想
  • カーニバルの策略により、るう子とすず子の戦いが始まった。すず子はリルの“オーネスト”やメルの“ベルセルク”といった能力を駆使してるう子の猛攻撃をかわしていく。だが、るう子も負けじと能力を発動させてすず子を追い詰めていく。だが、清衣の機転によってバトルは中断。お互いの誤解が解け、和解するすず子とるう子だったが、そこへレイラとカーニバルがそれぞれ姿を現わした。STAFF脚本土屋理敬コンテ広尾 進演出清 [続きを読む]
  • 衝撃の事実だよ! BEATLESS EP17「A Reason of Our Own」 感想
  • ※ハザードについては原作でもなかなか説明されません。海内剛は三木眞一郎か。リョウは石川プロだし美声親子だ。人間を盾に使ったスノウドロップだけど原作では更に軍の位置を把握する為のセンサーにも使ってるんだよな。海内兄妹の人間を舐めるな発言カットとは思わなかった。普段だとラノベや漫画原作アニメで台詞やシーンのカットがあっても「まあ、尺の問題もあるしね」と諦めがつくけど、このアニメの場合何回総集編やってる [続きを読む]
  • 背中を押す過去 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.22「3人の強者」 感想
  • インターハイ2日目のゴールまで残りわずか。今泉、悠人、御堂筋の3人のゴールスプリントが激しさを増す!リミッターを外し先頭を走る今泉。一方御堂筋は、かつて入院する母の病院へと通っていた頃の記憶を辿り、勝利を掴むイメージを鮮明化させる。そして、悠人も兄・隼人と純粋に自転車を楽しんでいた頃の自分を思い出す。「箱根の直線に出る鬼に、弟がいたってウワサ知ってるかい?」兄と同じくスプリントの鬼と化した悠人!ゴー [続きを読む]
  • すれ違う心 ハイスクールD×D HERO life.08「乙女心は複雑です」 感想
  • レーティングゲームを目前に控え、トレーニングに励む一誠たち。連携に課題を抱えながらも、レイヴェルのアドバイスもあって少しずつ道筋が見えてくる。その翌日、レーティングゲームに向けた両陣営の記者会見が行われる。リアスは必ず勝つと宣言するが、このところ何か悲しげな瞳を見せるようになっていた。一誠もまた緊張の面持ちで会見に臨むが、しかし飛んでくる質問はリアスのおっぱいに関することばかりだった!脚本:高橋洋 [続きを読む]
  • 別れの日 東京喰種:re 第10話「ゆれる think」 感想
  • いまだ全容がつかめないロゼの捜査に、クインクスの特性を生かした琲世考案の“マスク作戦”が導入された。だが捜査を進める中で琲世は、喰種にすら畏れられる“眼帯の喰種”の存在を知り、“彼”の調査を始める。そして[CCG]の資料室で、殉職した捜査官、亜門鋼太朗(あもん こうたろう)が遺したレポートを見つけ……!? そんな中、キジマが仕掛けた新たな策から、ロゼの捜査が大きく進展する。脚本:御笠ノ忠次/絵コンテ:渡 [続きを読む]