とうゆき さん プロフィール

  •  
とうゆきさん: 趣味人の宿部屋
ハンドル名とうゆき さん
ブログタイトル趣味人の宿部屋
ブログURLhttp://yadobeya.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にアニメ感想などを肥やしに面白い検索キーワードを探すブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/01/04 11:32

とうゆき さんのブログ記事

  • 過去の楔を引き抜く時 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.15「歓喜のスプリントライン」 感想
  • 泉田と岸神の全力スプリント勝負も大詰め。そんな中、コースに観客のペットボトルが転がり落ちてきた。スピードを緩めて障害物を避けるべき、とシグナルを出すアンディとフランク。しかし泉田は、昨年のインターハイの田所と鳴子とのレースを思い出し、構わずに直進する!そして勝ったのは…泉田!箱根学園の主将として、エーススプリンターとしての重責を果たした。岸神は筋肉(にく)への欲を満たせなかったものの、その敗北を受 [続きを読む]
  • 両雄相打つ ハイスクールD×D HERO Life.1「そうさ、京都に行こう」 感想
  • 早朝から一誠の体を奪い合うリアス、朱乃、小猫、アーシア。一誠がまもなく修学旅行に行ってしまうため、学年の違う朱乃と小猫が急接近してきたのが原因だった。旅立ちの前に、一誠たちはリアスの眷属が揃ったことを記念して冥界のグレモリー領を訪れる。到着すると、そこには次回のレーティングゲームで対戦予定のサイラオーグも来ていた。挨拶代わりとばかりに、一誠はサイラオーグと手合わせすることになるのだが……脚本:古怒 [続きを読む]
  • 虎穴 東京喰種:re 第3話「前夜祭 fresh」 感想
  • [CCG]内での出世に執着する瓜江は、さらなる力を得るため、上官である琲世の許可を偽って自らの赫子の稼動レベルを引き上げる施術を受ける。一方クインクス班は、エース捜査官である鈴屋什造(すずや じゅうぞう)率いる鈴屋班と、“ナッツクラッカー”と呼ばれる喰種の合同捜査を行うことに。ナッツクラッカーがSSレート喰種“ビッグマダム”の関与するオークションに出品するため、若い女性を中心にヒト攫いを行っていること [続きを読む]
  • その追憶は悔恨 Lostorage conflated WIXOSS 02「理由/迷いと覚悟」 感想
  • “繭”のセレクターバトルを終わらせた少女・小湊るう子と接触した清衣。新たなセレクターバトルのはじまりが近づいていることを告げるが、るう子は「力を貸すことができない」と清衣を拒絶する。一方、かつて繭という少女が存在した廃墟の部屋に、ひとりのルリグが立っていた。彼女に「鍵を集めて。絶望の扉を開ける鍵を」と部屋の意思が声をかける。最凶のルリグ・カーニバルはその言葉を受け、顔を邪悪に歪ませた。STAFF脚本土 [続きを読む]
  • 社会通念との決別 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.14「心のつつみ、心の函」 感想
  • 白熱するスプリント争い!岸神は己の“欲”を全て解放させて走る。彼は幼い頃から筋肉(にく)に興味を抱いていたが、由緒ある家の教えからその欲求を包み隠していた。しかし、中学生の時に御堂筋と出会い、「真実が欲しいなら己の全てを差し出すべき」という言葉を受け、欲望を覚醒させたのだ。リザルトラインが迫り、泉田と岸神の戦いはさらに激化。箱根学園の主将として走る泉田。「もう包み隠さない!」と解き放たれた岸神。勝 [続きを読む]
  • おっぱいドラゴン覚醒 ハイスクールD×D HERO 第0話「体育館裏のホーリー」 感想
  • ディオドラ・アスタロトを打ち破り、アーシアを救い出した一誠。しかし、喜ぶのも束の間、アーシアは突如出現した光の柱に飲み込まれ、その場から消失してしまう。呆然とする一誠とリアスの前に現れたのは、シャルバ・ベルゼブブ。ディオドラを利用し、アーシアを次元の狭間へ消し去った張本人だった。怒りと悲しみと喪失感に包まれた一誠は、体の奥底から沸き上がる狂気に身を委ね、『覇』の力を顕現する――!!脚本:古怒田健志  [続きを読む]
  • 再会 東京喰種:re 第2話「欠片 member」 感想
  • クインクスのメンバー、六月透(むつき とおる)の捨て身の追跡により、駆けつけた瓜江、不知に追い詰められたトルソー。だがそこに“オロチ”と呼ばれる喰種が現れ形勢は逆転する。遅れて援護に入った琲世が単独でオロチに立ち向かうが、非常に危険度の高い「S〜(S以上)レート」に指定されるオロチの強さに苦戦。部下たちを守るため、琲世は全力で戦う決意をするが、それは、あまりに強大すぎるがゆえに、彼自身にも制御が難 [続きを読む]
  • 罪を背負って前に進む 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.13「罪を背負いし者」 感想
  • スプリントリザルトを懸けた闘いが始まった。箱根学園キャプテンのスプリンター泉田に対し、京都伏見は泉田の「最上級筋肉(よきにく)」に執着する岸神小鞠が飛び出す!泉田は、前年のインターハイでの敗北、自分がキャプテンにふさわしいのか葛藤していたこと、そんな自分の背中を押してくれた葦木場や黒田の言葉を思い出していた。すべての罪と覚悟を背負った泉田が疾走する!しかし岸神も「最上級筋肉(よきにく)」への異常な [続きを読む]
  • その出会いは前兆 Lostorage conflated WIXOSS 01「予兆/夜明けと未明」 感想
  • 元セレクターの少女・水嶋清衣は、記憶を巡るセレクターバトルを勝ち抜いた少女・穂村すず子とその友人であるセレクター・御影はんなに会いに行く。新たな戦いの予感を感じ取った清衣は、ふたりとともにかつてバトルを仕組んだ"ブックメーカー"の幻影を追うことに。3人で街をさまようなか、清衣は自分がルリグだった過去を話し始める……。STAFF脚本土屋理敬コンテ吉田りさこ演出吉田りさこ作監佐藤嵩光、岩崎亮、手島勇人、櫻井 [続きを読む]
  • レイシアが欲しいのか BEATLESS EP11「Dystopia game」 感想
  • レイシアの目の前で、メトーデにユカがさらわれた。救出に向かうアラトとリョウ。その前に、渡来銀河の策略によってまるでゾンビのような状態と化した実験都市のhIEが、大量に立ちふさがる。hIEの制御を取り戻すため、管理中枢棟へ突撃するアラトたちだったが……。脚本:村井さだゆき コンテ:井畑翔太 演出:井畑翔太完全にゾンビパニック物。窓割れてね?車のエンジンがちゃんとかかってよかった。こんな状況でもhIEを気にか [続きを読む]
  • 悲劇再演 東京喰種:re 第1話「狩る者たち START」 感想
  • “ヒト”と変わらぬ姿をしながら“ヒト”の肉を喰らうことでしか生きながらえることができない存在“喰種(グール)”――。 彼らの脅威から人々を守るために設立された[CCG](喰種対策局)で、“クインクス”と呼ばれるチームが結成された。彼らは特殊な施術により喰種の能力を持つようになったヒトで構成されており、メンターとしてチームを率いる佐々木琲世(ささき はいせ)には、なぜか2年前までの記憶がない。そして [続きを読む]
  • 亀裂 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.12「こぼれ落ちた想い」 感想
  • 全員が揃った箱根学園が加速し、鳴子は今泉の命令を振り切り一人で箱根学園を追いかける!その後、手嶋が今泉と坂道に合流するがなかなかペースが上がらない。するとそこに岸神小鞠が引く京都伏見が現れ、抜き去っていく!自身の判断ミスと苛立ちから手嶋に厳しい声を浴びせる今泉の心で、何かが折れた音が―。そして対峙する箱根学園と京都伏見はスプリント勝負へ。泉田と御堂筋が対決…と思いきや、意外な男が忍び寄り…!脚本: [続きを読む]
  • 分水嶺 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.11「山王」 感想
  • 坂道と悠人の戦いが始まった。“山王”とまで呼ばれるほどになった坂道と戦うことに悠人は興奮し、先頭を行くそれぞれのチームメイトとの合流をゴールとする勝負を持ちかける。「ただチームのために」走る坂道の姿勢に違和感を覚えながら一気に勝負に出る悠人。しかし今泉と鳴子が坂道が来ることを察知し、勝負は引き分けとなった。しかし、そこに黒田ら箱根学園が追いつくと、勢いは一気に箱根学園へ。追うか、手嶋を待つか…。今 [続きを読む]
  • 背中を押す仲間の想い 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.10「16番、新開悠人」 感想
  • 京都伏見が先行していることに気付いた青八木は、集団から抜け出そうと鏑木に神様のメモを渡す。そこに書いてあったのは、先輩・田所がインハイで救われたというアニソン「恋のヒメヒメぺったんこ」の歌詞だった!2人は一緒に歌いながら一気に加速する。そして前方では箱根学園が手嶋と坂道に追いつき、1年生クライマー新開悠人が牙を剥く!手嶋を抜き去った悠人は坂道に宣戦布告。対する坂道も、先頭の今泉と鳴子を守るために闘志 [続きを読む]
  • 死者達の残響 Fate/EXTRA Last Encore 08「无二打―デッド・エンド―」 感想
  • 第三階層での戦いを経て、希望をもって上層を目指すことを決めたハクノは、“ザザ鳴りの街”第五階層に到着。上層に続くラダーは遠くに見えているが、この階層には殺人鬼と呼ばれるユリウスが徘徊しており、ラダーに辿り着くまでに出会ってしまえば戦闘を余儀なくされるという。そして道中でハクノたちはユリウスとバーサーカーに遭遇してしまう。バーサーカーの攻撃からハクノを守ったことで、セイバーは大きな傷を負い苦戦を強い [続きを読む]
  • 私たちは生き残りたいのよ BEATLESS EP09「My whereabouts」 感想
  • 「"道具"って用途や性能に差がある不公平なものよ。だから、私たちは不公平を拡大する能力で振り分けられ、厳しく優劣をつけられる」「おかしなものね。人の"かたち"をしているものだけは、優劣だけで判断されない」紫織の計画が動き出した。このままではアラトは、レイシアの所有権を失ってしまう。「アラトさん……わたしを、あなたと一緒にいさせてください」レイシアのそんな思いもよらぬ言葉に“こころ”を動かされ、アラトは [続きを読む]
  • 仲間の為に 弱虫ペダル GLORY LINE RIDE.9「願いのタスキ」」 感想
  • 手嶋の制止を振り切り、後方に沈んだ鏑木の救出に向かった青八木。一方、鏑木は古賀の激励もあり少しずつ調子を取り戻すものの、まだ全力を出す事ができない。そこに現れたのは...青八木!ところが鏑木は青八木がバテて落ちてきたと勘違いし、逆に自分が前になって激走!先行する集団に追いつく。青八木はその集団からさらに飛び出すため、ペースを上げる秘策として神様からのメモを鏑木に渡す。そこに書かれていたのは、ある歌の [続きを読む]
  • 崩壊の足音 オーバーロードⅡ 第10話「王都動乱序章」 感想
  • Disturbance begins in the royal capitalソリュシャンの報告を受け、アインズと守護者たちがセバスの屋敷に姿を現す。守護者たちが警戒して見守る中、セバスはツアレに関する報告を上げなかった責を問われる。さらに、ツアレがアインズの前に引き出された。アインズはセバスに対して寛容な態度を見せるが、失態を行動で償うよう告げる。死を悟ったツアレは覚悟を決めて目を閉じる。そしてセバスは――。脚本:横山いつき 絵コン [続きを読む]