映画好きパパ さん プロフィール

  •  
映画好きパパさん: 映画好きパパの鑑賞日記
ハンドル名映画好きパパ さん
ブログタイトル映画好きパパの鑑賞日記
ブログURLhttp://eigazukipapa.seesaa.net/
サイト紹介文映画好きのパパが過去に見た作品と最近みた映画の感想を書いていきます。テレビドラマも頑張って書くぞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2014/01/04 13:17

映画好きパパ さんのブログ記事

  • マチルド、翼を広げ
  •  予告編から孤独な少女をめぐるハートウォーミングストーリーかと思いきや、監督、主演のノエミ・ルボフスキーの自伝的作品で、頭のおかしな母親に振り回される幼い娘の何とも言えない暗くシリアスなお話でした。  作品情報 2017年フランス映画 監督:ノエミ・ルボフスキー 出演:リュス・ロドリゲス、ノエミ・ルボフスキー、マチュー・アマルリック 上映時間:95分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ  [続きを読む]
  • ゴールデンスランバー
  •  伊坂幸太郎原作で2009年に堺雅人主演で映画化されたものの、韓国版です。原作未読ですが邦画と比べると、国家の陰謀がリアルだし、結末も僕好みなので、こちらに軍配が上がりました。 作品情報 2018年韓国映画 監督:ノ・ドンソク 出演:カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、ユン・ゲサン 上映時間:108分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:シネマート新宿 2018年劇場鑑賞10本目ブログ村のランキングです。よかったらポ [続きを読む]
  • キックス
  •  銃撃、麻薬などが蔓延するアメリカの黒人高校生のリアルな日常を描いているそうなのですが、日本ではかんがえられないことばかり。スラムではなく、住宅街でもこうなのかというのも驚きます。 作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ジャスティン・ティッピング 出演:ジャーキング・ギロリー、クリストファー・マイヤー、クリストファー・ジョーダン・ウォーレ ス 上映時間:87分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ムービル [続きを読む]
  • アンダー・ザ・シャドウ 
  •  ホラー映画はいろいろみましたが、イランを舞台にしたというのは初めて。怖いというよりも、心理的にじわじわと嫌な感じがくる上質の作品でした。 作品情報 2016年イギリス、ヨルダン、カタール、イラン映画 監督:ババク・アンヴァリ 出演:ナルゲス・ラシディ、アヴィ・マンシャディ、ボビー・ナデリ 上映時間:84分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ渋谷 2018年劇場鑑賞8本目 ブログ村の [続きを読む]
  • 迫り来る嵐
  •  中国のハードボイルド映画。1990年後半から2000年代前半の社会情勢をしらないと、完全に理解するのは難しいかもしれません。僕も、このへんの知識がもう少しあればもっと違う見方ができたのにと思いました。 作品情報 2017年中国映画 監督:ドン・ユエ 出演:ドアン・イーホン、ジャン・イーイェン、トゥ・ユアン 上映時間:119分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2018年劇場鑑賞7本 [続きを読む]
  • アストラル・アブノーマル鈴木さん
  •  何かだらだらしていて、いわゆる映画という概念のものとは一線を画した感じだと思ったら、ウェブドラマを再構築した総集編でした。オフビートなセンスは僕との波長はいまいちでしたが、劇場で大声で笑う中年男性がそばにいて、かえってひいてしまいました。 作品情報 2018年日本映画 監督:大野大輔 出演:松本穂香、西山繭子、田中偉登 上映時間:87分 評価★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ 2018年劇場鑑賞 [続きを読む]
  • ワイルド・ストーム
  •  史上最悪のハリケーンのなか、大金を狙う強盗団と守る主人公達の攻防を描くという、頭空っぽで楽しめるアクション映画。ベテランのロブ・コーエン監督らしく、ソツなく最後まで堪能できます。  作品情報 2018年アメリカ映画 監督:ロブ・コーエン 出演:トビー・ケベル、マギー・グレイス、ライアン・クワンテン 上映時間:96分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:川崎チネチッタ 2018年劇場鑑賞5本目ブログ村のランキ [続きを読む]
  • ダーク・スクール
  •  なんと美しく荘厳なホラーなんでしょう。それもそのはず、監督はスペインの名手、ロドリゴ・コルテス。スパニッシュホラーってそれほど見ていないのだけど「永遠のこどもたち」とか「REC」とか、美術とかやばい雰囲気がたまらないのですよね。もう雰囲気にひたるだけでワクワクしました。  作品情報 2018年スペイン、アメリカ映画 監督:ロドリゴ・コルテス 出演:アナソフィア・ロブ、ユマ・サーマン、ノア・シルバー  [続きを読む]
  • 家へ帰ろう
  •  ナチスのユダヤ人虐殺を生き延びたアルゼンチンの老人が、二度といきたくなかったポーランドに再び向かうロードムービー。ユーモアや人間の温かさを交えつつ、人の尊厳を考えさせられる良作です。 作品情報 2017年スペイン、アルゼンチン映画 監督:パブロ・ソラルス 出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズ 上映時間:93分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:シネスイッチ銀座 2019年劇場鑑 [続きを読む]
  • こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
  •  筋ジストロフィー患者でありながら、人生を楽しむことをあきらめなかった鹿野靖明さんと彼を支えたボランティアの人たちを描いたヒューマンストーリー。うざいけど愛しくなる鹿野役はまさに大泉洋にしかできなかったでしょう。 作品情報 2018年日本映画 監督:前田哲 出演:大泉洋、高畑充希、三浦春馬 上映時間:120分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ渋谷 2019年劇場鑑賞2本目ブログ村の [続きを読む]
  • アイ・フィール・プリティ!
  •  新年最初に見た作品は、自分に自信のない人たちを励ましてくれる明るいコメディー。現実は映画の通りでないけれど、こういう人生を肯定してくれる作品はいいですよね。 作品情報 2018年アメリカ映画 監督:アビー・コーン 出演:エイミー・シューマー、ミシェル・ウィリアムズ、ローリー・スコーヴェル 上映時間:110分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラストシネマ有楽町 2018年劇場鑑賞1本目ブログ村 [続きを読む]
  • 2018年のベスト10 邦画編
  •  昨日に引き続き邦画編です。上位作品は女優が印象的。特に「鈴木家の?」の木竜麻生、「ミスミソウ」の山田杏奈、「飢えたライオン」の松林うらら、はまだマイナーなだけに、今後が楽しみです。1,鈴木家の? 長男が自殺したことを隠そうとする家族の物語。2,勝手にふるえてろ こじらせすぎたいけてない女子の大爆発恋愛。3,ちはやふる・結び 百人一首をテーマにした青春三部作の完結編。4,ミスミソウ 田舎の町でいじ [続きを読む]
  • 2018年のベスト10 洋画編
  •  2018年は洋画、邦画とも大ヒットはないものの粒ぞろい。豊作の年でした。僕自身のベスト10です。韓国映画2本、インド映画2本とアジア勢が強かったのが印象的。また、ボヘミアン・ラプソディー、グレイテスト・ショーマンと音楽映画も良かったです。ドキュメンタリーでは唯一ラッカは静かに虐殺されているがランクインしました。1,フロリダ・プロジェクト アメリカの貧困問題を少女の視点から。2,1987、ある闘いの真実 19 [続きを読む]
  •  2018年の締めの一本。塚本晋也監督ということで、期待が上がり過ぎちゃった。独特の映像や効果音、そして俳優陣の演技は楽しめたのですが、ストーリーが自分の好みでなかったかも。  作品情報 2018年日本映画 監督:塚本晋也 出演:池松壮亮、蒼井優、塚本晋也 上映時間:80分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:渋谷ユーロスペース 2018年劇場鑑賞325本目ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください [続きを読む]
  • 死体が消えた夜
  •  これまで見たミステリー映画のなかでも、トップクラスのおもしろさ。ホラーかサイコかミステリーかとさんざんこちらをじらせたあげく、終盤の着地は本当にお見事でした。 作品情報 2018年韓国映画 監督:イ・チャンヒ 出演:キム・サンギョン、キム・ガンウ、キム・ヒエ 上映時間:101分 評価★★★★★(五段階) 観賞場所:シネマート新宿 2018年劇場鑑賞324本目ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してく [続きを読む]
  • いつか家族に
  •  外国映画をみると、その国の文化や国民性を垣間見られることが楽しみなんだけど、この作品にでてくる韓国人のモラルが日本人からは信じられないほど荒い。舞台設定が50年前ということを差し引いても、こんな荒っぽく自己中心的なことにびっくり。 作品情報 2015年韓国映画 監督:ハ・ジョンウ 出演:ハ・ジョンウ、ハ・ジウォン、ナム・ダルム 上映時間:124分 評価★★(五段階) 観賞場所:シネマート新宿 2018年劇場 [続きを読む]
  • ニセコイ
  •   ギャグは振り切れずにありきたり、ラブコメとみても主要キャラクターに魅力がなく、うーん、ここまでのれない作品は久々かなあ。 作品情報 2018年日本映画 監督:河合勇人 出演:中島健人、中条あやみ、池間夏海 上映時間:117分 評価★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ川崎 2018年劇場鑑賞322本目ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してくださいにほんブログ村 【ストーリー】 高校生の一条楽( [続きを読む]
  • シュガーラッシュ・オンライン
  •  2012年のアニメ、シュガーラッシュの続編で、ゲームの世界だけだった前作から今回はインターネットの世界に飛び出します。テーマも広がり、前作より好き。 作品情報 2018年アメリカ映画(アニメ) 監督:リッチ・ムーア、フィル・ジョンストン 声の出演(日本語版):山寺宏一、諸星すみれ、菜々緒 上映時間:113分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:横浜シネムービル 2018年劇場鑑賞321本目ブログ村のランキングです。 [続きを読む]
  • シシリアン・ゴースト・ストーリー
  •  幻想と残酷な現実が入り交じったヨーロッパらしい作品。結構、映像が騙すので、頭で考えるより、心で受け止めるタイプの作品です。 作品情報 2017年イタリア、フランス、スイス映画 監督:ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ 出演:ユリア・イェドリコフスカ、ガエターノ・フェルナンデス、コリーヌ・ムサラリ 上映時間:123分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:新宿シネマカリテ 2018年劇場鑑賞320本目 [続きを読む]
  • アリー/スター誕生
  •  レディ・ガガが素顔をみせて、アメリカで人気の作品のリメイクに挑むということで、米国では評判のようですが、うーん「ボヘミアン・ラプソディ」と比べると、今イチがなあ。音楽シーンはさすがでしたけど。 作品情報 2018年アメリカ映画 監督:ブラッドリー・クーパー 出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー、サム・エリオット〓上映時間:136分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ムービル横浜 2018年劇場鑑賞319 [続きを読む]
  • マイ・サンシャイン
  •  1991年のロス暴動をハル・ベリー、ダニエル・クレイグという2大スター共演で描いた作品。黒人差別とか韓国系との対立とか、現地の空気がわからないと、ちょっととっちらかっている印象を受けてしまいました。 作品情報 2017年フランス、ベルギー映画 監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 出演:ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ、ラマー・ジョンソン〓上映時間:87分 評価★★★(五段階) 観賞場所:ヒューマントラス [続きを読む]
  • 真っ赤な星
  •  ストーリーでなくて心で感じる作品って、自分にとっての当たり外れが激しいのだけど、本作はヌードもないのに、とにかくすごくエロチシズムを感じてしまいました。なんか筋はたいしたことないのに、空虚な心の穴にすぽんと入ってきます。  作品情報 2018年日本映画 監督:井樫彩 出演:小松未来、桜井ユキ、毎熊克哉〓上映時間:101分 評価★★★★(五段階) 観賞場所:テアトル新宿 2018年劇場鑑賞317本目ブログ村のラ [続きを読む]
  • メアリーの総て
  •  「フランケンシュタイン」の作者で19世紀の女流作家、メアリー・シェリー夫人の、夫との出会いから、仲違い、執筆までを描いた伝記映画。こんな裏事情があったとは知らなかったけど、不倫女性が平然としているのは生理的に好みが無いし、平板な作りなのでイマイチはいりきれませんですた。 作品情報 2017年イギリス、ルクセンブルグ、アメリカ映画 監督:ハイファ・アル=マンスール 出演:エル・ファニング、ダグラス・ブー [続きを読む]
  • パッドマン 5億人の女性を救った男
  •  アメリカにはスーパーマンやスパイダーマンがいる。でもインドにはパッドマンがいる、という予告はあおりだろうと思っていましたが、いやはや凄い作品。アクションは皆無なのに、スーパーヒーロー映画で、純愛、音楽、社会問題、企業の成長ストーリーとすべてを効果的に詰め込んだ大傑作です。 作品情報 2018年インド映画 監督:R・バールキ 出演:アクシャイ・クマール、ソーナム・カプール、ラーディカー・アープテー〓上 [続きを読む]
  • 春待つ僕ら
  •  バスケと友情、恋愛をテーマにした少女漫画原作の作品なんですが、あまりにもご都合主義というか、未だに邦画はこういう作品かと実感させられました。土屋太鳳は累が良かっただけに、また少女漫画ラブコメかとちょっとがっかり。 作品情報 2018年日本映画 監督:平川雄一朗 出演:土屋太鳳、北村匠海、小関裕太〓上映時間:109分 評価★★(五段階) 観賞場所:109シネマズ川崎 2018年劇場鑑賞314本目ブログ村のランキ [続きを読む]