ねこさん さん プロフィール

  •  
ねこさんさん: - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで
ハンドル名ねこさん さん
ブログタイトル- Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで
ブログURLhttp://bike-tourist.air-nifty.com/
サイト紹介文夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で
自由文銀マド─自画像篇─ / (銀のマドラー)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/01/05 09:05

ねこさん さんのブログ記事

  • 音がしてノスタルジック遠花火
  • 週末は近隣で花火大会がありまして 出かけませんでしたけど インスタなどに たくさんの写真があふれていました 夏の風物詩です 花火大会 一方で 庭で花火を楽しんでいる家族は あまり見かけないかも スーパーやホームセンターの売り場の一角には 花火がたくさん積まれています 家族のみなさんとお庭で楽しむ人も あるのだろうと思います それ以上に もっと面白いものや夢中になるものが増えてきて 家族団欒で汗をかきながら時間を [続きを読む]
  • 又吉直樹 劇場
  • 40年も時代が過ぎれば文芸作品を読む状況も変わってくる 作品との出会いがもしも昔のようなものであったとしたらもっと違う感想を書くのかもしれない 作家の顔も生い立ちもプロフィールもそれほど知らずに、たまたま手に取った本の裏表紙にある出版社の作品群のなかから二、三行の概要を参考に面白そうなものを選んだり、新聞の片隅にあった出版案内でタイトルが気に入って買ったりするような出会いだったとしたら、わたしはもっと [続きを読む]
  • 贅沢 サーロイン (ひさびさ)
  • なかなかお店で見つからず 売れすぎ? 少量生産? 人気薄? と心配したけど ちゃんとした店にはありました 泡が美味しいです 国内産黒毛和牛ももを食べることが多かったのですが 今度はサーロインが食べたいなって密かに思っていたの そしたらお店にサーロインがありました なかなかボリュームがあるステーキです 800円あまりしました 170グラムを2枚買うて お札が三昧ひら〜と 旨かった 贅沢はそこまでです 写真日記から [続きを読む]
  • いずみ鯛食うたあと焼き鳥で口直し
  • あかん 昨日のことなんですが いずみ鯛というのをイオンで買ったのです これはあかんのですわ 鯛とは全く違うのです ニセモノ さすがにこれはもう買わん 地場産、県内産の鯛しか買うてなかったけど 半額くらいなので試しに買うみたのが残念な結果に ええ経験でした 鯛と呼んでええのかなあ 現代人の食感覚 騙せる地域はそれでええけど ウチらは欺けんやろ 写真日記から [続きを読む]
  • 父の日雑感
  • 父の日というお祭りが終わった ひと昔ふた昔と遡って考えれば賑やかなメディアイベントになったものだ 父が生きていた頃 今ほどにおくりものだとか記念品などのチラシやプレゼンのニュースも見かけなかった まさに父の日というものを意識したのは死んでしまってからである したがってこれといった贈り物をした覚えもない 電気剃刀を買って贈ったことがあったかもしれない 父の日というものは派手やかに贈り物をするイベント色の強 [続きを読む]
  • ちょっとジメッとしていたかな
  • さて今週を思い出してみよう といっても何もとくに変わったことなどありません 仕事が一向に進まなくて 担当している設計が去年の同時期よりも1ヶ月ほど遅れているので そのことが夢に出て来て・・・ 仕事のプレッシャーがあるなんて35年ぶりくらいですなあ(笑・笑) BOOKsから 写真日記から [続きを読む]
  • 雨ふりのうた 思い出してみたり
  • 雨がふっているようで やんでいるようで 台風5号が接近して南の海上を東へと移動してゆくらしい 今夜から雨が増え始め 10ミリを超えそうな予報です 3月までは雨がふるとホッとして喜ぶ部署にいたのだけど この4月からは雨が降ると嬉しくないし 場合によっては待機のため出勤になることもあるそうだ 私のおとやんも雨が降るとカッパを着て田んぼに行くか 警報が出ると仕事で職場に出かけていった 弟も大雨や台風なると当番で出かけ [続きを読む]
  • 商品はただの物じゃない、生き物だと思ってるんです
  • ジャパネットたかた社長・高田明 ...したものがあったのでここに残しておく。-ジャパネットたかた社長・高田明 「私は、商品はただの物じゃない、生き物だと思ってるんです」と高田はいう。例えば「ビデオカメラを買ったら、... 芒種がすぎてもなおじっくりと机の前に座ろうとしない いいえ 座っても考えをまとめようとせず まとめたい考えも漠然と焦点が定まらないままだ ジャパネットたかたの前社長の高田明さんの語録がポロリ [続きを読む]
  • 津村記久子 君は永遠にそいつらより若い
  • あまりマイナスの感想は残さないようにしているので ほとんど書かないことにしよう もしかして気が変わって 再びこのような作品を手にすることがあったならば まったく違った感想を抱くこともあるかもしれない いまは 残念だが 書棚に並んでも後回しにしようという気持ちが出てしまうだろう ちょうど国木田独歩の朗読をラジオでやってたので耳を傾けた そのあとに青空文庫でさらさらと独歩を読んでゆくと この作品には再び戻ってき [続きを読む]
  • 休日には日記を書こう 小満篇
  • 六月一日から重松清の「ひこばえ」の連載が始まる ちょこっとだけ期待をしている 五月二十日の新聞記事にインタビュー記事があった  少し離れて、重松さんは一家を見つめていた。「遺骨が真っ白できれいだなあと感じました。まいたそばから葉が落ち、虫が歩く。この瞬間から森の中に溶け込んでいる。風が吹けば飛び散り、雨が降れば地面に染みて溶けてなくなる。自然に溶けていく、というイメージを抱きました」  重松さん自身 [続きを読む]
  • 愈愈夏へと動き出す
  • ブログの表示がおかしいですけど 細かいことは気にかけない そんな大らかな性格になろうと 人生の第四コーナーからは考えています ケータイで歩数を測っています 電話機としては使ったことがありませんが この日はカメラとして使ってみました (初撮影) アクアイグニスというところに行ってみた 30年くらい前に「片岡温泉」っていう時代に 温泉に入りに行っている 時代にニーズに応えることと その一方で新しい時代にこれからを提 [続きを読む]