松原園芸 さん プロフィール

  •  
松原園芸さん: 松原園芸ブログ
ハンドル名松原園芸 さん
ブログタイトル松原園芸ブログ
ブログURLhttp://matsubaraengei.blog.fc2.com/
サイト紹介文群馬県伊勢崎市国定町で色々な花壇苗を生産している松原園芸です。生産植物の最新情報や特徴を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/01/05 23:02

松原園芸 さんのブログ記事

  • 特注の大鉢仕立て
  • 昨日に引き続き、こちらの写真もマーガレットです!ですが、、、こちらは特注の大鉢仕立てです!おそらくこんな大鉢で作るマーガレットは、市場には出回らないのでは、と思うような特大サイズなんです。その鉢の大きさ、8号サイズ!来年の企画商品として、数量限定で生産をしています。少し余剰分も作っているので、どこかのお花屋さんに見本鉢として並べてもらったら、このマーガレットの良さがより伝わるかな〜なんて思っていた [続きを読む]
  • びっしりあるのは、マーガレットをスペーシング!
  • この温室の中にびっしりあるのは、マーガレットの苗です。このマーガレットさんは、だいぶ大きくなってきたので、スペーシングという作業をしました。スペーシングというのは、鉢広げのことで、株と株の間をあけてあげることです。植物同士が大きく育ってきて、くっついてしまうと、そのくっついた場所は、光がうまく当たらなくなったり、風通しが悪くなったりして、徒長をしてしまったり、病気になりやすくなったりします。なので [続きを読む]
  • 来春の新作予定の品種
  • こちらは、ペチュニア『ヴァルゴ』シリーズの来春の新作予定の品種です。ヴァルゴシリーズは、コンパクトな株張りで、なおかつ分枝性もよく、自然と形がまとまってくれるペチュニアです。そして、花の大きさが約2cmほどの極小輪タイプ!色合いもシックな色目を中心にラインナップしています。今回、この新作も、なんとも言えないシックな色合いです。クリーム色のグラデーションに、中心がブラックカラー、とってもおしゃれさんな [続きを読む]
  • 挿し芽に重要な・・・・
  • 昨日、カリブラコアの挿し芽をご紹介しましたが、この挿し芽をするためには、事前の準備がとても重要になります。それが、今日の写真のようなカリブラコアの株です。これは、繁殖用母株と呼ばれるもので、この株から穂木を採取して挿し芽に使われていきます。つまり、この母株がないと、挿し芽ができないというわけです。来年に生産をする数量をある程度計画して、それに合わせて、この母株から生産できる挿し芽の数を割り出して、 [続きを読む]
  • カリブラコアの挿し芽が始まりました
  • 来年に向けた苗の準備が着々と進められています。これはカリブラコアの挿し芽です。まだ、挿したばかりの、出来立てホヤホヤです。カリブラコアは、春夏の植物なので、さすがに今の気温では、ちょっと寒すぎてしまうので、ハウスの中に、さらに別室を作って上げて、できる限り暖かくして上げています。挿したばかりの穂木は、まだ根がないので、ある程度の湿度を保ちながら、乾かしすぎないように管理をしていきます。まだまだ、取 [続きを読む]
  • ものすごい分枝性
  • この植物は、ディアスシア(ゴマノハグサ科 Diascia属)という植物です。今年は、このディアスシアを色々と交配をしてみて、種子を取って、撒いてみました。数十種類の交配組み合わせを行なってみて、今、生産性の試験まできていますが、出てきた系統によって、生育の良し悪しも出てきています。この写真の株は、生育がとても良い系統です。ほとんど、摘芯無しでも、この株ばりになりました!ものすごい分枝性です!来年には、試 [続きを読む]
  • ポットでいっぱいになりました
  • 昨日、ご紹介したすっかり綺麗に片付けられたベンチの上には、すぐに土詰めされたポットでいっぱいになりました!ここには、早速、マーガレットが植えられていっています。まだまだ、小さい苗ですが、寒い冬を乗り越えて、ここから少しづつ成長していってもらいます。季節は、冬ですが、春を告げる花たちが着々と準備されていっています。お問い合わせはこちら→(お問い合わせフォーム)までお願いします。 〜・〜・〜・〜・〜・ [続きを読む]
  • 施設回転率を上げながら、、、
  • すっかり綺麗に片付けられた栽培ベンチです。ここには、数週間前には、一面中プリムラが置いてあったのですが、すっかり出荷されていって、ベンチの上を綺麗に整理しました。そして、ここにはすぐに次の植物が植えられていきます。栽培スペースは、限られた面積しかないので、その面積をいかに有効に使うかは、小さな農家にとってはとても重要なポイントになります。品質を維持しながら、施設回転率をいかにあげられるか、経営を考 [続きを読む]
  • 花首がス〜っと?!
  • こちらの植物は、プリムラです!今の時期にお花屋さんやホームセンターに行くと、必ず売り場にある植物かと思います。でも、このプリムラは、ちょっとだけ普通のプリムラと違います。どこが違うかというと、花首が伸びるというポイントです!このプリムラ、あえて花首がス〜っと伸びるように、改良を加えています。もともと、プリムラの野生種には、花首が伸びるものがあるので、色々と交配をして、花首が伸びるように少しづつ改良 [続きを読む]
  • 雑誌にデビュー
  • こちらの雑誌は、タキイ種苗株式会社さんが毎月発行している『はなとやさい』という園芸雑誌です。ただこの雑誌は会員にならないと手に入れることができない雑誌なので、本屋さんにいっても手に入れることはできませんが、毎月、いろいろな園芸情報が掲載していて、なかなかためになる雑誌です。そんな専門情報誌に、なんと私が執筆をしたものを掲載していただきました!12月号は、オステオスペルマム『パティエ』シリーズについて [続きを読む]
  • ビオラ『ファルファリア』シリーズの『No.22』
  • ビオラ『ファルファリア』シリーズの『No.22』の12月生産分の出荷が始まりました!この『No.22』は、花弁がすこし波打つフリル咲きのビオラです。特に花弁の縁が、少しだけギザギザしていて、さらに縁取りが白くなる糸ピコティの模様が入ります。そして花弁の色合いは、パープルカラーのバックグラウンドにブルーのグラデーションがすこし入る、なんとも言えない艶っぽさのある上品な色合いです。鉢植えにすれば、翌春にはこんなに [続きを読む]
  • マーガレットのプラグ苗が出来てきました
  • この苗は、マーガレットを挿し芽して作ったプラグ苗です。まだ、とっても小さな苗ですが、しっかり発根してきてくれて、少しづつ育ってきてくれています。この苗を次にポットへ植え付けて、大きく育てていって、さらに摘芯をして、大きく育てていって、来年の春に花を咲かせてくれます。このマーガレットも、すべて松原園芸で交配して、創り出してきたオリジナル品種です。メインとなるマーガレットは、『ぽぽたん』シリーズで、セ [続きを読む]
  • 試作試験中のプリムラ
  • こちらは、今年、試作試験中のプリムラです!バラ咲きタイプで、ほんのり優しい色合いの花色ですよね〜。来年、以降に量産ができるように、これから親株の選抜と交配を始めていきます。まだまだ、今年は、交配をしている試作試験のプリムラが盛りだくさんです。名前もつけていないプリムラたちがたくさんあります。少しずつ咲き始めてきたので、試験販売もしていこうかと思っております。もう12月に突入しましたが、まだまだ、楽し [続きを読む]
  • 時々思いも寄らない花色のものが
  • 毎年、ビオラを交配しているのですが、時々思いも寄らない花色のものが出てきたりしますこのビオラもそんな中の一つです。他の色合いを目的に交配をしていたビオラの中に、一つだけ顔付きがちょっと違う株が出てきました。なんとも言えないシックなグラデーションカラーに、花弁のフリフリ感、落ち着きの中に艶っぽさを感じる色合いです!来年に向けてさらに交配をしていって、新しい商品ラインナップとして加えていけたらいいな〜 [続きを読む]
  • 行動を明確にしておく
  • これは昨日の朝のことです。ただし、朝といっても、まだ5時なので、真っ暗です。その前日の夜のこと、、、5歳の息子が、『明日の朝は、お父さんのお仕事について行くから起こしてね!』といっていたので、『お父さんは朝早いけど大丈夫??』と聞くと、『起きるから、起こしてね!』と息子が言ったので、翌朝5時前に起こすと、、、ムクッと起きあがって、すぐに支度を始めました。(普段はなかなか起きてくれないのですが。。。) [続きを読む]
  • とある企画商品のための、、、
  • こちらの苗は、マーガレットの苗です。挿し芽をして、小さなプラグ苗を作って、それを植えつけてから、約1ヶ月でだいぶ大きくなってきました。このマーガレットは、とある企画商品のための苗で、これだけの特別仕様で作っていきます。今日は、この特別仕様マーガレットの摘芯をしています。この特別仕様のマーガレットが、どんな仕上がりになっていくのか、楽しみですね〜!もうすでにご注文の頂いている商品なので、しっかりと作 [続きを読む]
  • こんなハボタンが出てきました!
  • ちょっと変わったハボタンが出てきました!このハボタン、なんと斑入りになっているんです!中心部分は純白のハボタンで、グリーンの葉の部分に白の縁取りができます。ちょっと変わった雰囲気のハボタンさんですよね〜!ただ、これを商品化しようかどうかは、まだまだ検討中です。こんな白の縁取りができるハボタンなんていかがでしょうか??お問い合わせはこちら→(お問い合わせフォーム)までお願いします。 〜・〜・〜・〜・ [続きを読む]
  • 肥後系のプリムラ ポリアンサ出荷中〜
  • 松原園芸では、肥後系のプリムラ ポリアンサの出荷が始まります。プリムラ ポリアンサは、サクラソウ科Primula属の植物で、主にヨーロッパ原産のPrimula veris、Primula elatior、Primula vulgarisなどが、長い間に交配されてできた交雑種だといわれています。ジュリアンと呼ばれているプリムラ品種がありますが、ジュリアンの方はこのポリアンサにさらにPrimula julieという種を交配して生まれた品種で、ポリアンサに比べて小型 [続きを読む]
  • プリムラの商品開発中〜
  • こんなプリムラ ポリアンサを、ただいま商品開発中です!バラ咲きタイプで花が大きくて、株張りがしっかりしているプリムラです。今年、数色を試験生産し始めました。この色合いは、ちょっとシックな色目ですが、ほかには優しい可愛らしい色合いのものもあります。松原園芸では、暑い夏も温室の中で、育てているので、この厳しい環境でも生育する株を選抜していきます。そして、開花性、花付き、株張り、耐病性などを比較しながら [続きを読む]
  • 和の雰囲気が生み出せる素材
  • 今日はお客様から頂いたお写真をご紹介していきます。まず、写真1枚目の植物ですが、これはセントオーガスチングラスの斑入りです。この植物は芝の仲間なのですが、丈夫で斑入りなので、カラーリーフとしても活躍できると思って、今年初めて小さなポット苗に仕立ててみました。試作をしてみると、なかなか可愛らしい植物になりました!ただし、ほとんど市場に流通していない植物なので、どうやって使ったらいいのかわからないとい [続きを読む]
  • 来春に向けた作業
  • 温室の中では、来春の商品に向けた作業が行われています。こちらの植物のはオステオスペルマムです。このオステオスペルマムの摘芯作業が行われています。挿し芽からはじまった苗作り、その苗をポットへ植えこんで、ある程度、根を張らせて、大きく育てていって、そこから、この摘芯作業を行っていきます。この摘芯作業をすることによって、枝の数が増えて、ボリュームのある株張りに仕立てることができます。ここから気温もぐっと [続きを読む]
  • 商品ラベルは自分でデザインする!
  • ラベルの新デザインを作って見ました!このラベルは12月から販売予定のプリムラ『アンティークマリアージュ』のラベルです。昨年まで交配と選抜、試験生産を繰り返し、今年にようやくある程度の数を生産できるようになったので、ラベルも新しく作って見ました。このラベルをデザインするということも、すべて自分でパソコンに向かって、イラストレーターを使ってデザインを作成しています。デザイン会社さんに外注してしまえばすむ [続きを読む]
  • 出荷の始まったハボタンのご紹介!
  • 今日は、出荷の始まったハボタンのご紹介!この品種は、『フレアホワイト』という品種です。とってもきれいな純白の葉色になります。気温が低くなっても、葉色がピンクなどに着色することがなく、純白のまま維持することができる品種なんです。寄せ植えに使うときは、緑色の葉の部分を少し多めに落として使うと、きれいなホワイトカラーのリーフとして寄せ植えで周りのお花をグッと引き立たせてくれます。3号ロングポットで、小さ [続きを読む]
  • 暖かい春が来るまで、じっくりと
  • 昨日、マーガレットの生産の裏側のお話をしましたが、温室の中では、マーガレットの小さな苗がすくすくと育っています。大本となった繁殖用の母株から、挿し芽をして、それを発根させて、小さな苗木を作って、それをポットへ鉢上げして、こんな感じに育っています。ここにあるマーガレットは、1回目の作付け分です。ここから寒い冬を乗り越えて、暖かい春が来るまで、じっくりと育てていきます。ここで育てているマーガレットは、 [続きを読む]
  • 母株も穂木が採り終わると、
  • 先日、マーガレットの挿し芽を行いましたが、挿し芽をするには、その穂木を採るために必要な増殖用母株が必要になります。でも、その増殖用母株も穂木が採り終わると、すべて廃棄してしまいます。1年近くかけて育ててきた母株ですが、頂芽(ちょうが)の穂木を採り終わったものは、すべて廃棄してしまいます。普通にそだてていれば、まだまだ、花をたくさん咲かせて、楽しむことができる株ですが、生産のためには、病気の発症の防 [続きを読む]