ユータロ さん プロフィール

  •  
ユータロさん: セキララバイ
ハンドル名ユータロ さん
ブログタイトルセキララバイ
ブログURLhttp://yutaro.hatenadiary.com/
サイト紹介文日頃考えていることとか感じたこと等を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/01/08 02:12

ユータロ さんのブログ記事

  • 第2回 転職会議
  • 前回、第1回転職会議を開きました(独り言だけど)そこから立ち上がってきた宿題に答えを出してみた。まずは使う転職サイト・エージェントを見直すこちらはしばらく保留。業界や規模を絞りつつ利用してみますです。応募する企業の業界や規模を絞る今回の転職は職種は変えず業界を変えましょという話なんですが、一企業の経理職というよりは横断的に知識・経験をつけたいそしてもっとマクロな視点を持ちたい、ということに気づ [続きを読む]
  • 第1回 転職会議
  • 唐突ですがここで転職の作戦会議をしたいと思います。(会議というより独り言だけど)書類選考になかなか通らない原因を整理してみた転職サイト・転職エージェントには学歴・職歴などを登録し、こちらが応募して企業が見てokとなったら書類選考は通過するけど、こちらの職歴が満たない・経験が物足りないと通過できない。って当たり前のことを言ってますね。それに加えて応募するのは僕だけではないので、ライバルが多ければ多い [続きを読む]
  • ちょっくら東京まで
  • 面接を受けに、東京まで行って参りました。転職活動は始まったばかりなのでひとつの面接に一喜一憂している場合ではないのですが、久々に品定めされてる感じにうーむとなりました。もちろん選ばれる立場ではあるわけですが、こちらだって選ぶ立場にありますとも!転職歴は今回で3回目だけど後悔はしていないので、あまり後ろ向きにならずに堂々と話さねばと思った。きっとそういう態度も伝わるのだろうと思うし。それにしても東 [続きを読む]
  • 付き合って1年の旅行へ行ってきました
  • ふっくんと付き合い始めて先月で1年が経ちました。ということで、記念旅行へ連れてってもらいました。前々から行きたかった長崎県波佐見町からスタート。お昼ごはんに入ったお店のトイレの洗面台もこんな感じで。お気に入りのお皿も2人で選んで買いましたとさ。オシャレスポットもありました(西の原地区)鬼木の棚田にも寄ってみましたが、田植えはまだだったみたい。写真は僕です…夜は佐賀県の嬉野温泉で、宿泊。 [続きを読む]
  • 物語性の持つ魔力
  • 誰の人生であっても、あたかも今の状況が必然であるかのように物語を作ってしまえばそれは立派なものに見える。「情熱大陸」や「プロフェッショナル仕事の流儀」など物語調ドキュメント番組でピックアップされずとも誰の人生もかっこよく美しく仕上げることができちゃうのだ。それはある意味で一般人の希望にもなり得るし、宣伝広告としても一定の効果が期待できるんだと思う。ただ最近思うのは、「それ美化しすぎてない?」という [続きを読む]
  • カミングアウト遍歴
  • 同性愛者なら一度は脳裏をかすめるカミングアウト問題。自分自身の経験や考えを整理しておきたいのと、もし誰かの何かの参考になるのだったら幸いです。僕が初めてカミングアウトしたのは大学2年生の時でサークル仲間にカミングアウトされ、その1年後に、よくよく考えてみたら僕もそうなのかもしれない…とカミングアウト返ししたところから始まりました。以後カミングアウトしたのは、計8名。内訳は兄、友人(女性4名、男性1名 [続きを読む]
  • 隣の家族を青く見ている
  • ドラマ「隣の家族は青く見える」最終回でしたね。ドラマを通して家族のあり方や人生について色々と考えました。この国ではこうあるべきという理想が決まりすぎていてとりあえずみんなそこを目指すし子どもにはそこを目指してほしい。自分が目指している道や歩いている道を他の人が歩いていないとその人をこっちの道に引っ張ろうとするし、こっちにこない場合は意地悪したり悪く言ったりする。みんな違ってみんないい、十人十色、 [続きを読む]
  • パートナーが違うだけで世界はこんなにも違う
  • ふっくんとお付き合いしてから1年が経過。こんなに精神的に安定してるのはいつぶりだろう?以前の恋愛に関する過去の記事を読むと、精神的な不安定さと言ったら酷いものです…いつまでも合わない服を着ていたらアザになっていた、みたいな。客観的にはさっさと別れてしまえばいいのにと思っちゃうけど、当事者になるとなかなか決心がつかないもんです。でも勇気を振り絞って決断してよかった。今は誠実なパートナーと出会えた [続きを読む]
  • 親には親の切なさがあることよ
  • 法事で実家に帰って来ました。おじおば、いとことその子ども(生後5ヶ月)も来ていてなんとも賑やかな食卓になったわけです。子どもがいるだけでその場がパァッと明るくなりますね。しかし、あ、こりゃ言われるよなと思ったら、案の定言われました。次はユータロの番だねとか、早く結婚しなさいだとか。まあそれはいいんですよ。もう聴き慣れているし、それで傷ついてる時期はとっくのとうに終わりましたんで。でも田舎にいると極 [続きを読む]
  • 群ようこさん「かるい生活」について一言
  • 前回の記事でもちょろっと言ったんですが、今、群ようこさんの「かるい生活」読んでるんですけど、群さんのライフスタイルに感銘受けちゃいます。還暦過ぎてる群さんは元々体もデリケートなので日々の冷えやむくみなんかと闘ってらっしゃる。そのために漢方やリンパマッサージを取り入れ食生活や服装はこまめに調整して調子が悪いと原因を細かく考え実行している。これがPDCAってやつやね。いかに自分の体と向き合うことが大事か。 [続きを読む]
  • 無理せずかといって甘やかしすぎず
  • ヨーロッパ旅行へ行った辺りから腰に違和感があって床に座っていて立つとアイタタタとなる。それが次第に何をするにも腰が痛むようになってついに寝返りするにも痛むようになってしまった。するともう、何をするにも手がつかなくなったので病院へ行く羽目になりました。よく耳にする、椎間板ヘルニアでした。重度ではないので薬で様子を見ましょと言われました。あーあこれで健康体とは言えなくなったな。何が原因だったんだろうか [続きを読む]
  • ゲイだから不幸ってわけじゃない
  • 今更だけど、「嫌われる勇気」を読んだ。(哲学者と悩める青年のやりとりを通して アドラー心理学が丁寧に説明されている)※アルフレッド・アドラー - Wikipediaこれを読んで自分がゲイとして悩んできたことを思い返した。ゲイは結婚できないし、子ども作れないから親にも世間にも本当のことを言えずに生きていかなければならず辛い。みんなが謳歌している甘酸っぱい青春も当たり前のように語る未来予想図も僕に [続きを読む]
  • 答えは自分の中にしかないはず
  • 多様性って何なんでしょうか。nos.hatenadiary.jp多様性は必要かと言われれば必要だと思う。というか僕らが必要かとか大切かとか考えるよりずっと前からこの世には当たり前にあったものなんだと思う。イメージとしてはアマゾンの密林て感じでしょうか。もしくはアフリカのサファリのような。さまざまな生命が多様に存在していて自然を形成している。すべての生命が干渉し合っているわけではないし、天敵だっていれば仲間もいる [続きを読む]
  • ここにきて東京という選択肢
  • 東京に一緒に来て欲しいと言われた。ふっくんの東京への長期出張が決まったのだ。半年〜1年以上は東京での勤務になるようだ。そのあとの希望はできる限り聞いてもらえるけど未定とのこと。九州内での異動ならば鹿児島にいてもお茶は濁せるけど東京となるともう僕の許容できる距離を超えている。海外転勤をきっかけにフラれた過去がある僕としては、今回もフラれちゃうのかな、て思いつつ聞いていたけど、東京に来て欲しい、一緒 [続きを読む]
  • セックスもだけど食事もね
  • 指宿にある古民家カフェ「梅里」のランチふっくんとの週末カフェランチほど幸せな休日の過ごし方はない。食体験の共有はカップルにとって必要不可欠とさえ思っている。しかもできるだけ多くさまざまなバリエーションで、だ。外食、中食、内食、カフェ、レストラン、朝、昼、夜…相手の食の好みを学ぶ絶好の機会でもあるし、自分が家で料理する時の参考にもなるからだ。セックスの相性も大切だが、食生活の相性も大切だ。隣でぐっす [続きを読む]
  • 女子フィギュアについてのアレコレ
  • 女子フィギュアスケートの戦い、すごかった!主役は完全にアジアから欧米に移っているけど、ロシア勢の演技は圧巻としか言いようがないし、金銀銅すべてに文句はありませんって感じ。後半に難度の高いジャンプを飛び、GOEをとる、もちろんノーミスが絶対条件、という厳しい環境。そんな中ノーミスで自己ベストを出した宮原さんも立派だったね!しかし表彰台に登るにはレベルが追いついていないのが日本の現状。ロシアなんかは次々 [続きを読む]
  • オリンピックを見て月並みな自己啓発
  • 当たり前だけど頑張ってる人の真剣な顔はめちゃめちゃかっこいい。オリンピックはその様子を見られるだけでも得した気分。普通の会社員生活ではなかなかお目にかかれないからね。世界の選ばれし選手たちがしのぎを削ってる姿を見ていると、遠い世界の出来事ながら心拍数が速くなってくる。選ばれた天才でも努力しているのに自分みたいな凡人がたいした努力もしてないなと思うと悔しくなってきた。目の前に頑張りたいことがあるうち [続きを読む]
  • 当たり前が幸せな週末
  • だいたい2週間に1回、会っている。別に会ったからといって特別なことをするわけではなくて。散歩して、コーヒーを飲んで、一緒にゴロゴロする。買い物に行って晩御飯を作って食べて食後のお茶を飲む。たまには旅行に行ったり外食をしたりもするけれど、当たり前の普通の週末がやってきては終わっていく。そしてそれってのは幸せなことなんだな、て、いつも彼を見送った後にしみじみと思い出す。「友だちたくさん、予定がみっちり、 [続きを読む]
  • なにゆえ人を信じられるのか
  • 例えば恋人から「ずっと一緒にいようね」と言われてそれはそれでくすぐったくも嬉しいわけですけど、ほんまかいなと思ってしまうことってあると思うんです。なぜ言う人によってこんなに響き方が違うんでしょ、とずーっと考えていたんですけどその答えがわかりました。言う人の言葉と行動が一致しているかというのが大事なんです。「ずっと一緒にいようね」って言ってくれてるけど、僕のことは優先してくれないしなんだか後回しにさ [続きを読む]
  • より豊かになるために勉強しようか
  • 今クールのドラマでお気に入りで見ているものは「アンナチュラル」と「隣の家族は青く見える」でいろいろと示唆に富んでいるドラマが好きです。もう終わっちゃったけど「女子的生活」もよかった。最近ではニューハーフ的な女装だけでなく、トランスジェンダーの男性がそのアイデンティティとして女性の格好をしているところがメディアに出てきてこれはいい傾向だな!と思って見てます。まだまだメディアは有害な情報を垂れ流す傾向 [続きを読む]
  • そしてまた、別々のお家へ帰る
  • ふっくんとヨーロッパ旅行へ行ってました。? 1/26-29 ケルン? 1/29-30 ブリュッセル? 1/30-2/2 パリこの世には色々な人種の人がいて、その中のボクらはとてもちっぽけ。男同士で腕を組んで歩いていても気にも留めやしない。無愛想だったり大雑把だったりするところもあるけど、人に無関心で放って置かれる空気は心地よかった。生きていく自信のようなものも少しは身についたかな。それにしても芋とパンと肉をよく食べ [続きを読む]
  • カレーは好みが分かれます
  • 行きたかったお店へ行ってきたんだけれど、カレーがね、好みではなかった。スパイシーな感じ。おいしかった。けど、好みではなかった。僕はやや甘めのが好きで、自分が作るカレーがちょうどいい。そのカレーを作って彼にも食べてもらった。そのカレーをおいしいって言ってくれた。カレー好きな人は多いけれど、僕も好きだけれど、結局家で作って、好きな人と食べるカレーにはかなわないのだ。 [続きを読む]
  • ようやく自分を自分として考えるようになったよ
  • 最近、世界のニュースに目がいくようになったんだけど、つくづく思う。人って不平等だなーって。日本人として日本で生まれ育ち生きてきた僕は、不平等や差別というところからは遠いところにいたけれど、セクシャリティで自分自身をマイノリティの檻の中に閉じ込めてマイノリティだから辛いんだ、みんなと違うから悲しいんだってメソメソしながら生きてきた気がする。でも世の中にはもっとエグい差別や争いがあることを知って自分は [続きを読む]
  • 32
  • はい。なりました。32歳。食事にプレゼントにケーキに。こんなフルコースで誕生日祝ってもらったの、いつぶりだろうね。心身ともにいい男になりたいな。可愛げのあるおっさん目指して。 [続きを読む]
  • ブログを始めて4年経ったそうな
  • はてなブログさんからメールが届きました。ブログを始めてから4年が経ったそうです。この4年間はあっという間だったけれど、振り返ってみると色々な事が起きてるんよな…。ただ、4年前に比べると未来は明るく見えている。よかったね、大丈夫だよって昔の自分に言いたい。あのとき未来は空白だったから。自分と向き合って一歩ずつ歩いてみるとどこかしらには着くもので。自分の原点とも言える分野への好奇心も復活してきて今は知 [続きを読む]