ユータロ さん プロフィール

  •  
ユータロさん: セキララバイ
ハンドル名ユータロ さん
ブログタイトルセキララバイ
ブログURLhttp://yutaro.hatenadiary.com/
サイト紹介文ゲイがセキララに綴るブログ。日頃考えていることとか感じたこと等を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/01/08 02:12

ユータロ さんのブログ記事

  • もう顔も覚えてない、とな
  • 今日はお休みだったので、資格試験勉強をしにマックへ。勉強していると、ヴヴッとスマホがなる。ふっくん以外の人からLine がくるのは珍しい。誰?2年位前にアプリ経由で出会い、何回か会った人だった。年齢は今、26くらい?今は東京に引っ越して彼氏もできそうとのこと。しばらく近況を報告し合っていたんですが「元気かなーと思ってLineしました」「ぶっちゃけ、もう顔も思い出せませんけどねw」と。プッチーんそもそも顔も [続きを読む]
  • 年上の恋人をどう呼ぶか問題とクリスマスの話
  • 恋人が年上だとどう呼ぶといいのかわからない。同い年くらいなら呼び捨てでいいんだけど、6つも違うとなかなかそうもいかず。今までは名前にさん付けで呼んでいたけど、それも他人行儀だから最近ではくん付けにしている。(ブログでは福さんと呼んでいたので ふっくんにしようかな。)ふっくんと初めて過ごすクリスマス(イヴ)が近づいている。彼は恋人と過ごすクリスマス自体が初めてらしく妙にテンションが上っていてかわい [続きを読む]
  • 欲が出てきたりもするお年頃
  • 何かを手に入れる、何かがあることに慣れる。すると人は、次第に不満が出たり、欲が出たりするもんだ。今日はそんなことを考えることがあった。職場で「今の給料では生きていけない…」という嘆きを耳にしたのだ。ボクの一存で何とかなるものでもないけど。福祉業界は正直、給与は安い。そんでもって鹿児島は全国でも所得水準が低い。だから待遇に不満が出てくるのは当然の成り行きとも言える。しかし自分が選んだ道でもある。そこ [続きを読む]
  • 喫茶店やカフェに行く価値とは
  • 今日、近所にオープンした喫茶店に行ってきた。チーズケーキセット(¥900)を注文。コーヒーは自家焙煎のようでおいしかった。でも、最近思う。喫茶店やカフェに何しに行くのか。コーヒーのことで言うなら自分で買って挽いて入れて飲んでも、それなりにおいしいものが飲める。お菓子のことで言うなら数ある洋菓子店、コンビニやスーパーでも立派なものがある。と、なると、喫茶店やカフェというのはその場所に行くこと自体が目 [続きを読む]
  • 悲しみを前にした時、人は
  • 同年代の同僚の母親が急逝した。大きな悲しみを前にした時に人はどう立ち直るのだろう。なかなか笑えなくなってしまったとき、どうするのだろう。何でもない日常、仕事、世間話、笑い、おいしいごはん。そういうものの積み重ねが救いになるのかもしれない。だんだんと時間が経っていくと心の中の悲しい密度は薄れていく。思い出して悲しくなることはあるかもしれないけど、その回数は少しずつ減っていく。結局、時間をかけて少しず [続きを読む]
  • 同棲してる共働きカップルの家計事情を知りたい
  • 一緒に暮らす共働きカップルは家計費をどうしているんだろう…?片方が一括して管理してるのか、はたまたお互い財布があって必要分だけ出し合っているのか。ゲイカップルの場合、財布はそれぞれ別で相手の収入も知らないケースがほとんどなのではないか、と思う。ある論文を見つけた(データとしてはなんだか頼りない)がそこでもゲイカップルは家計は独立が多いようだと結論づけている。https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo [続きを読む]
  • モヤモヤ期の到来
  • 付き合いが長くなってくると心を許してしまう。それはいいんだけど同時に甘えも出てきてしまう。今まで飲み込めていたことも飲み込めなくなってきて次第に指摘せずにはいられなくなる。結局は自分の思い通りにしたいだけで、それって自己中心的な行動だよなと思う。頭では分かっていても実際はなかなかやめられない。全てを好きでいるなんてのは無理だけどなんとか「まいっか」と思えるようになりたい。今はそんなモヤモヤ期に突入 [続きを読む]
  • 正直しんどい飲み会2連チャン
  • 鹿児島市内に友だちがいないボクは、飲みに行くと言ったらほぼ職場の人との飲み会になる。結論、やっぱり職場の人との飲み会って良くない。職場の不満や愚痴や誰かの悪口になっちゃうもんね。ごはんは美味しいからいいんだけど、正直しんどい。ボクだって聖人君主ではないから不平不満がないわけではない。でも愚痴ってどうにかなることでもないから、愚痴らない。聞いてる方もね、そんな楽しいもんじゃないと思うし。せっかく飲む [続きを読む]
  • 好きとはなんぞや。愛とはなんぞや。
  • likeとloveは違うのさ。つーて。ある人の顔が脳裏に浮かぶ。フワッと。だんだんフワッとがフワフワッとくらいになって、気がついたらわざわざ思い出すようになっている。そのときには行動が伴うこともあるかもしれない。これが好きという状態なのではないか。んじゃ、愛とはなんなのよ?愛とは好きであることが前提となる。でも好きであるだけでなく好きじゃないも加わって好きと好きじゃないが縦糸と横糸みたいにどんどん編まれて [続きを読む]
  • 昭和の人生すごろくはロールモデルのひとつに過ぎない
  • 昭和の人生すごろくって言葉、しっくりくる。大学進学、就職、結婚、こども、マイホーム、定年、老後は悠々自適人生のロールモデルが示されていることは生きやすい一面もあるがその縛りによって苦しくなる人が多いのも事実。世間や家族から強要されたときは特に苦しくなっちゃう。最近では大都市でそういう傾向はかなり崩れて、競争が厳しい面もあるけど選択肢はかなり増えた印象。女性が暮らしやすい都市はゲイ(独身男性)も暮ら [続きを読む]
  • ネクストステージのさびしさを知る
  • 誰かと出会いだんだんと打ち解けていく、その過程はとても楽しく、嬉しいものだ。お互い好きになって付き合うようになると、定期的に会うことが普通になるから、今度は会えない時間を意識することになる。その会えない時間を寂しく感じるのが第一段階。お互いの家に泊まったり旅行したりすると相手の細かい習慣や癖が次第に見えるようになる。物事の考え方やテンションの違いを知るようになる。好きでずっと一緒にいたいと思って [続きを読む]
  • ボクの結婚観と今までの経緯
  • 共感度100%の記事があったのでそれを軸に自分の考えを整理してみた結婚観についてボクは結婚願望が強い方だと思う。でもゲイだから(日本では)同性同士で結婚はできない。それならせめて人生を一緒に歩いていけるパートナーは欲しい。去年の8月、浮気をされた元カレと別れたのをきっかけに割りと真剣に自分のこれからについて考えた。自分の特徴を挙げると・大勢で騒いだりゲイバーで遊ぶのは居心地が悪い・セックスは性処理と [続きを読む]
  • 夜の散歩で考えていたこと
  • 3年前の今頃はちょうど地元から鹿児島にやってきた頃だ。フリーターからの就職活動の末、今のところに採用になってあと少しで3年という月日が経とうとしているけど、ボクは成長できたのかな?前に進めたのかな?と思う。仕事は真面目に取り組んで、生活も安定してきた。いろいろあったけど今は好きな人もいて、気持ちも安定している。それでも次はどこへ向かったらいいのか分からなくなっている。日々何のために働いているのか分か [続きを読む]
  • 差別ってのはどこにでもあるよね、だけど
  • 今日はコレ。邦題「最強のふたり」フランス映画だったんだね。フランス人はユーモアを大切にすると聞いたことがある。この世にはあらゆる差別が存在していて、差別される本人たちにはどうしようもないことが多い。誰かを見下さないと生きてけない人たちがいるってこと。(まあそれはたいてい小さい頃からの、大人たちによる 刷り込みであることが多いんだけれど…)人を差別せず多様性を認め、みんなが生きやすい世の中を作るの [続きを読む]
  • ボクの知らない世界
  • 今日は休みだったので映画を一本見ました。それはもちろんMidnight in Paris(2011)今のボクは兎にも角にも目につくフランスものに飛びつくフランスかぶれ状態なもんで…。この映画では主人公が1920年代のパリにタイムトリップし、ピカソやダリ、モディリアーニなんかがカフェやパブにいてヘミングウェイと女性(ピカソの愛人)を取り合う場面も。この映画を見てパリの美しさを感じたのはもちろんだけど、次々に出てくる昔の芸 [続きを読む]
  • フランスでは手を繋いで歩くのだ
  • ヨーロッパ旅行まであと4ヶ月。チケットをとったりパスポートを申請したりいよいよ近づいてきた!という感じ。この頃はNHKの「旅するフランス語」を見たり本(下記)を買って読んだりしてフランス語を少し勉強しているのですが…。フランス語のしくみ《新版》 (言葉のしくみ)作者: 佐藤康出版社/メーカー: 白水社発売日: 2015/01/15メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見るまー難しい!英語がとてもシ [続きを読む]
  • 遠距離恋愛の難しさを感じている
  • 遠距離で始まった今の恋愛だけど、どこかのタイミングで一緒に暮らせるようにしたいね、とは話していて、その形を模索している。でもお互い会社員として働く身。しかも福さんには転勤がある。10月からは福岡→宮崎だけれど、また福岡に戻ることは決まっていて、それから先また転勤になる可能性もある。ボクはと言えば、福さんと一緒に住むために転職することは考えているけど、転勤の度についていけるほどの特別なスキルは持ち合わ [続きを読む]
  • 何回この質問を受け流さなきゃいけないんだろう
  • 懲りずに言いますよ。何度だって言いますよ。結婚しなくて彼女がいなくて、一体何の迷惑になるってんですかね。結婚しないの?彼女はできた?って何回質問するんだよって。ボクのそういう恋愛事情が一体あなたのどこに関係してるんだよって。深いこと考えずにその場の話のタネくらいにしか思っていないだろうけどその質問では何も生まれないし、それくらいしか話すことないならわざわざ話さなくてよくないですか?同じ職場ってだけ [続きを読む]
  • 台風で仕事に行けなくなったことを喜ぶアニバーサリーな週末
  • この3連休は福さんが来る予定になってて、ボクの休みは月曜のみ。せっかく来てくれるけど、仕事ばかりはどうしようもないよな…というタイミングで土曜日に台風18号がやってきた!日曜午前がヤマということで、日曜の出勤がどうかというところ。上司からは通勤のバスが運行していなかったら休みでいい、と。うーん、さすがにどうかなと思ったけど、朝になり確認してみるとバスは運行見合わせ!棚ぼた的に休みになり、2日間ゆっくり [続きを読む]
  • 久々にコーヒー豆を買ってきた話
  • 普段はコーヒー豆を買ってきて、ミルでゴリゴリして豆から粉になったコーヒーをドリッパーにセットし、沸々と湧いたヤカンから細めに注いだお湯でコポコポジュワジュワ粉を踊らせてコーヒーを淹れる。面倒くさいなと思ったときはコンビニコーヒーやインスタントのドリップコーヒーを買ってくるけど、やっぱり豆から買ってきて淹れるほうが数段おいしい。大学時代に喫茶店で働いていたときにコーヒーもコーヒーを淹れることも好き [続きを読む]
  • すっかりはしゃぎ過ぎた自分を戒める
  • 休みの日だというのに近所一帯が午後の2時間ぐらい断水で、家にいると色々不便だなーと思い、片道徒歩40分のところにある喫茶店まで散歩に出かけてきました。そこへ向かう道すがら、何度も思っていることではあるんだけど、今日はけっこう長めに考えたこと。福さんと付き合いだしてからの自分はちょっとはしゃぎ過ぎていたな、と。未来の生活に夢を見すぎていて、今自分のすべきことや考えるべきことをないがしろにしてたかも。そ [続きを読む]
  • Mr.Childrenのライブへ行ってきたよ
  • そういえば、先週末は福さんと熊本へ行ってました。というのも、Mr.Childrenの25周年ツアーファイナルがあったからで。ボクのミスチル歴は通称「骨」と「肉」と呼ばれるベストアルバム辺りから聞き始めて、IT'S A WONDERFUL WORLD、シフクノオト、HOMEまではよく聞いてました。その後しばらくはボクにはハマらなかったので聞いてなかったのですが、今回のライブに誘われてからまた聞くようになってました。福さんは根っからのミス [続きを読む]
  • タイトルとデザインを変えてみた
  • 自分の中でちょっと区切りがついてきたので、ブログのタイトルとデザインを変えてみました。そして、きちんとしたことがなかったので、自己紹介をしてみたいと思います。今更ですが。そもそもユータロという名前はペンネームです。男らしくて朗らかな響きが好きで、この名前にしました。早生まれの31歳。鹿児島在住。事務職。彼氏は福さん(仮名←福岡に住んでいるから)38歳。今は鹿児島と福岡の遠距離恋愛だけれど、来月からは [続きを読む]
  • 所詮はただの、とある個人の話
  • ブログを書き始めて、記事は500を超えました。これまでのブログ記事を読み返すと、ゲイといえば◯◯だ、といった、まるでゲイ代表であるかのようなスタンスであったことを反省…。最初は誰にも言えない話を思いっきりしたかっただけだったから、特に誰かに読んでもらうことを想定はしていなかったのだけれど。でも、色々な人に出会ったり、色々なブログを拝読するうちに、当たり前の事実に気づいた。ボクはただのとあるひとりの人 [続きを読む]
  • 自分はどうしたいのかを整理してみた
  • 昨夜突然、福さんの転勤の話を聞いて動揺してしまったけど、一夜明けて自分がどうしたいのかを整理してみた。そもそも県外移住計画を企てたのは、都会でしっかりと一生涯付き合っていける人を見つけようと思ったからだった。地方都市ではまず同性愛者自体が少ないし、コミュニティも狭く探すのが困難だから。お互い真剣にパートナーを探しているという前提で都会でいろいろな人に会ってみたいと思っていた。それが幸運にも鹿児 [続きを読む]