グリコ さん プロフィール

  •  
グリコさん: おわりの。はじまり。
ハンドル名グリコ さん
ブログタイトルおわりの。はじまり。
ブログURLhttp://sousou55yahha.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代からのコンパクトな暮らし。「循環」を生活の礎に「暮らし」を整えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/01/08 17:01

グリコ さんのブログ記事

  • 非日常の大きなサプライズではなく 日々の小さな喜びへ
  • 東魔女の画像の確定診断が来週には出るのだがポツポツ園芸部長と”その後の(東魔女の)時間をどうしようかっ、、”とという話題になった。園芸部長は元気なうちに箱根でも旅行に連れて行こうか、などいう。東魔女(義理母)は全国ほとんど義理父と旅行して今更箱根は、、まして温泉好きじゃないし、旅館のご飯は多すぎるし、、。と私。じゃぁ、何がいいのさっ、というので”義理母さんは未だに好奇心が強いから今まで行ったことが [続きを読む]
  • 料理が苦手でも 助かるのが冬の鍋料理や煮込み物。
  • もう、ブログに何十回も書いていると思うが、私は料理が苦手、そして好きではない。主婦としては致命的な欠陥(っていうのか?)を有しながら日々食事を作っている。。。ダメじゃん。でもそんな私を救ってくれるのが冬の『鍋料理』。(??フリー画像お借りしましたV)冬は寒くて苦手ではあるが、『鍋』様は良い。<利点>・具材をカットすれば良い。・つゆで味を変えられる→バリエーションが豊富である。・オールインワンでOK。 [続きを読む]
  • まさかの洗面台蛇口汚れ、、慌ててリセット!
  • ひっさしぶりの晴れで外回りを掃いたり、伸びた枝を刈り込んだり、洗濯のものもがっちり外干し、あちこち動き回って視線をふと落とすとええ?ナニこれ?まさかの洗面台の蛇口汚れにビックリ!!今年で住んで6年目になる我が家だがこんなことは初めてである、、ぬかっていた、私。台所の蛇口はよくひっくり返して目に入る、浴室のシャワーは必ず見える位置、しかし洗面台の蛇口はほぼほぼ下を向いているので気がつかなかった。。。 [続きを読む]
  • 二手に分かれて 今年もイクラの醤油漬けにチャレンジ2
  • 今年も参考にしたのがこちらの動画。↓これを園芸部長と観て、二手に分けれて作業をした。私は同割りを作った。酒150? みりん150?ブワッと煮る。なんとなく鍋の中が赤いのは火がついているから。念のため、竹ぐしに火をつけて着火。煮切ったところで醤油を150?入れた。三河みりんが結構甘いので同量にした。そしてボウルに移して氷水で冷ます。私が「同割り」の作業をしている横で園芸部長がイクラを内側からほぐす。塩をぶっ [続きを読む]
  • 慌てて買いに走る筋子〜今年もいくらの醤油漬けにチャレンジ1
  • 今年は天候不順もあって「秋の旬の食材」の調達があまりうまく行かなかった。栗は一回しか買えなかったし、秋刀魚はひょろひょろして心なしかほそっちいし、しかも季節の食材がお手頃価格で手に入らない。そして数も少ないので毎日買い物に行かない私はうっかりしていると色々旬の食材を逃すことも、ある。今日の旬の食材は『筋子』だ。関東だとこれもいっつも&どこのスーパーにも置いてあるわけではなく、ここにはあるか?とヤマ [続きを読む]
  • 面倒なからだ 冬のインナーを買う
  • 寒がりである。冬は絶対ハイネックが常用であり、もう、ほんと、衣類を重ねまくる。肌に一番近いインナーは薄くて軽く、暖かいが必須である。ユニクロのヒートテックが使えればこれに越したことがないが悲しいかなおばさんには袖丈がいささか長い。(泣)そして私の癖で冬でも家事をする時は腕を捲し上げることが多い。そうすると中の下着がいつも肘あたりでたごたごしてしまう。じゃぁ、半袖を買えば?とお思いになるかもしれない [続きを読む]
  • 初りんごで りんご煮
  • 東魔女が毎年購入して居る栃木のりんごが届く。第一弾は”赤城”。酸味は少なく、本来はコンポートなどには向かないのだとは思う。けど、ヨーグルトのトッピングにもちょっと欲しいし5キロ来たから使ってみよう。シャッキシャキのりんご3つをいちょう切りにして酸味が足らないのでレモン汁を足して煮る。最後にシナモンを入れてパイ生地のストックがないので早速バターを塗ったトーストパンに乗せてパクパク?バターとりんごとシ [続きを読む]
  • だんだんと秋 庭のコキア色づく
  • 朝、2Fベランダから撮ってみた。コキア色づく。この季節に合わせて朝顔を植える園芸部長、なぜこの時期に合わせるかっていうと、花が暑さに負けず 長く持つから。だそうだ。へぇ。下の方はまだまだ。明日から気温が下がり、コキアの紅葉も進むはず。紅葉が終わったら、コキアは『手作りほうき』に変身予定。なんつっても『箒草』ですから。グリコ家、別名アダムスファミリー。魔女にほうきは必要だものねぇ。。。 [続きを読む]
  • 粗忽者 再び金継ぎに出す
  • 粗忽者である。再び湯呑みの縁を欠いてしまった。この湯呑みを金継ぎに出すのはこれで2度目である。小皿などパーンと割れてしまうと、あばえっ、とおさらばすることが多いのだが、なんだかこれはしぶとくお直しする。金継ぎをすると景色がまた味わい深くなるので味をしめて、直せるうちは直す。お正月に使うリバーシブルの塗り物の縁も欠いてしまったのでそれも直して頂いた。丸で囲んだ角のところである。深い茶色の漆でうまく誤 [続きを読む]
  • 農園カフェとラストブドウ
  • この秋最後のぶどうを買いに山梨へ出向く。フルーツピザを食べよう♪と園芸部長がいう。予約を入れてグリーンテーブルカフェ( すると飛びます。)に行く。桃畑と家が混在した場所で、ちとわかりにくい。桃畑の一部を拓いてログハウスを建てたという。割と簡素な作り。今年は10月15日でおしまいだそうだ。ここのファームを象徴したステンドグラス。夏は桃がカフェの中心になるようだ。ランチセットにしてまずはサラダ。 [続きを読む]
  • 自分のこころにヒットする言葉23
  • 50’〜のコンパクトな暮らし読み物5、こころ 自分のこころにヒットする言葉23九月のASAHI新聞”折々のことば”から2つ。◯わたしには「生きがいを求める」というのがどうもうさんくさい気がします。生命を軽んずる心が隠されているからです。戸井田道三(能芸評論家)”生きることに◯??はない”より「単なる生存」ではなくて、人として「意味ある生活」をしたいと考えるのは、命というものへの傲慢ではないか(9/20の折々の [続きを読む]
  • 五年に一度のキッチン蛇口定期メンテナンス
  • 旧実家でキッチンの蛇口のパッキンが壊れたことが2度ほどあったように思う。なんともなく20年以上使っているお宅もあるかと思うが、五年に一度はメンテナンスを推奨、とあったので漏水が起こる前にその流れに乗ってパッキン、伸びる蛇腹を交換。やれるうち(自分が判断できる気力、財力があるうち)はマメにおうちのメンテナンスをしておこう、というのが私の考えである。業者さんが来る前に下の引き出しを抜いておいた。新しいパ [続きを読む]
  • 昨日の お月見
  • なんか嘘っぽいけど これ、昨日の月である。雲が多かったけれど雲が流れる隙を見て パチリ。月に叢雲。こっそり裏に出て”お月さん、どうか東魔女を苦しませないでくださいな”と拝んだ。園芸部長もチーズケーキを買って来た。職場の友人と夢の国の海(ディズニーシー)に行って来た西魔女もお菓子のお土産を買って来た。おやつ三昧。。。(汗)東魔女は甘いものは別腹でお団子もチーズケーキも西魔女のお菓子も食べた。女子のお [続きを読む]
  • お月見の 準備
  • 四季の季節を感じる事。我が家がそれとなく大切にしていることである。本日は中秋の名月ということで本来ならお団子を作るところなのだが昨日の今日で私のモチベーションがググッと下がり、ご近所の和菓子屋さんに月見だんごを買いに行った。うさちゃんが乗っている月見だんご。上生菓子。関東の上生菓子はどちらかというとわかりやすい『具象系』。私は関西の情報をそぎ落とした『抽象化』された上生菓子の方が好き。追加で東魔女 [続きを読む]
  • 東魔女のおわりが はじまる
  • 里芋はすぐダメにしてしまう。義理母が生活クラブで里芋を買ってくれるのだが、すぐカビが生えたりで うまく使い切らない。なので今日は届いたその日に里芋を煮ることにした。煮ていると東魔女が寄ってきて”里芋を家で煮ていると、ばぁが串に刺してこっそりお味見させてくれたの”と鍋を覗きながら言う。昼間はさつまいもを”美味しいのね”、とモクモク食べていた。なんともなさそうなその姿を眺めながらこの形がなくなる時がく [続きを読む]
  • 雑なベランダ清掃で気づく それぞれの基準
  • 蝶の飼育仕舞いとなり、今まで汚していたベランダを園芸部長が突然清掃を始める。私は前もって予定がわかっていないとダメなたちで、この突然始める園芸部長の行為に内心ちょっとイラつく。ジョウロに水を入れて流しながらブラシでゴシゴシしているのだが、なんせ雑なもんで水がポタポタなんて御構い無しである。これもイラつく。”このさ、タイルっぽいのを剥がして、下も清掃して初めてベランダ清掃が終了というんだぜ””やった [続きを読む]
  • 心温まるお届け物
  • 過日荷物が届いた。中身は”野菜”と書かれておりなんと白石マダムからサプライズ贈り物である。島で採れたサツマイモ、落花生、白石の桑茶、マダム手作りのイチジクジャム。落花生は自分で茹でたことがなく調べたら 早めに処理をした方がいいと書いてあったのでその日のうちに圧力鍋に塩20g?を入れて茹でた。殻付きで量ったら400g?。出したら早速東魔女と西魔女がムツムツと食べる。”あ、茹で落花生って好きかも。ムカゴ [続きを読む]
  • とんだ散財やらかし祭り1 娘の車を又こする、、
  • もしかしたら私は『ディユーク東郷』(ゴルゴ13)か?と思う時がある。歩いていても後ろから足音が近づいてくるとわざと歩調を緩めて端に寄り 意図的に追い越してもらったりする。エレベーターもしかり。絶対背後は取られないように角の壁に張り付く。そんなタチなので、車の運転になるとすごく後ろが気になる。必要以上に後方の車が詰めてくると心はスピルバーグの『激突!』になる。執拗に追いかけてくるコンボイ。逃げまくる [続きを読む]
  • 初秋の 庭
  • 日陰のコキアが少しずつ色づく。夏の庭。初秋の庭。一本だけ育ったモリンガはこんな感じ。寒さに弱いので葉っぱだけ刈り取ろうかな。我が家の猫の額庭は風の通り道で、ちょうどコキアのあたりで風が渦巻く。いつも強い風の後はコキアが斜めになってしまうのだ。赤く色づくまで耐えて居てほしいぜ。今年はこの庭からアゲハちゃんが100頭以上旅だった。2年でお終いになる明日葉を刈り取り、蝶終いをする園芸部長である。庭も秋モー [続きを読む]
  • 東魔女 認知症を心配する
  • ”ただいまぁ〜”と玄関から声がする。”クリエイトまでいけたわ、あっつい〜”と言いながら家の中に入って来た東魔女(義理母)。”今日は目標達成、二千歩歩いた””大学芋出来てますよ””嬉しい〜いただきま〜す”さっそく美味しそう〜♪とパクパク。そんな東魔女の心配事は 認知症。この間も入浴時に”若年性、、ってあるでしょ?”という。”若年性アルツハイマー?のこと?お義理母さんは『若年』ではないのでならないよ〜 [続きを読む]
  • 育てる 暮らしの手仕事道具
  • 我が家にある竹のざる。左上 実家にあったもの左下 新婚時に頂いたもの右上下 梅干しを干すのにザルが足りなくなって急遽友人から貰い受けたもの。私は左下のザルが大好きで、一番のお気に入りである。これ、専業農家の方の手作りなのである。作者は『ハジメちゃん』という。当時の園芸部長の仕事繋がりの人で手先が器用なのでなんだって作っちゃう。で、信州に行った時、戸隠でハジメちゃんのザルと同じ編み方をして居たザルを [続きを読む]
  • 3ヶ月に一度の 2F24時間換気清掃
  • 2F天井についている24時間換気を昨日背の高い人に開けてもらう。ここだけは 私一人では無理。おげっ。羽虫が入って居たり、煤みたいなので汚れて居たり。リセット!空気汚れているなぁ、、まだまだご近所では取り壊し、建て替えが続いている。当分、そういった粉塵の影響を受けるのか。フィルターで空気の汚れを教えてもらっている、そんな感じである。。。 [続きを読む]