臨床心理士ひなママ さん プロフィール

  •  
臨床心理士ひなママさん: グレーな卵、金の卵になあれ
ハンドル名臨床心理士ひなママ さん
ブログタイトルグレーな卵、金の卵になあれ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinamamasoudan/
サイト紹介文発達障害という診断がある子もない子も、今困っていることは困ったままなの?「苦手さ」を考えます。
自由文発達障害という診断がある子もない子も
今困っていることが将来どう変わってゆくか、
困っていることが困ったままなのか(たいていはそうではありません。子どもは伸びるから。)、
これがわかってくると気持ちが軽くなるように思います。
そんな情報提供の場にしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/01/09 00:01

臨床心理士ひなママ さんのブログ記事

  • 不登校に3つある・登校刺激は害ではない
  • ひきこもりについて改めて考えています。ひきこもりにもパターンがあって、不登校からひき続いてひきこもりになる場合と、社会人を経験してからのひきこもりの場合と、両方いますよね。 不登校にも色々なケースがあるので、どの子にも同じように登校刺激を与えてはいけない、という考え方は危険です。不登校のアプローチも、みんな同じにしてはいけません。 これを痛切に感じている私は、3年前にこのようなブログを書きまし [続きを読む]
  • 息子に10年前のことを聞いてみた
  • 県立こども病院のクリスマスツリー。街では当たり前に目にするものも、ここでは特別に暖かく感じます。それは、ここにいる時はいつも子どものキラキラした目や必死に泣く顔が愛おしく思えるからです・・・・・・・・・・・・・ 大学生の息子とのおしゃべり。ゆうべは「小学校の頃の不思議」について。 <どうしても時計が読めなかったよね〜> 「うん。それが、時計を見る時の変な感じを覚えてるんだ。なんでこんなにわからな [続きを読む]
  • できないことが悲しくて
  • 昔懐かしい公園を見つけました@恵比寿 子どもが生まれたら一緒にキャッチボールしたいピアノにバレエ可能性を広げてあげたいきょうだいができたらおそろいの服を着せて 誰でもそういうこと多かれ少なかれ想像しますよね。 でも、そういうことと全然ほど遠い難しい子育てになったとしたら・・・ こんなはずじゃないそんなんじゃだめだまだまだ追いつかない・・・こんなつぶやきばかりが増えていってしまいます。 キャッ [続きを読む]
  • Youtubeが残ってた!!
  • 関東地方の紅葉も、もうピークを過ぎました・・・・・・・・・・・・・ さて、今年の春に私のブログが見られなくなりました。4年書き溜めた大切なブログです。2年分くらいはバックアップしてあったのですが、近年のものは消えてなくなりました。 でも、いただいたコメントで気づいたことがあります。私のユーチューブを見てコメントをくださったのです。 そうだ!私はユーチューブもアップしていたんだ!ユーチューブが残っ [続きを読む]
  • ことばの遅れにあせらないで!!
  • 保健所で遊びを通して発達を促すグループ活動をしています。いわゆる「遊びの会」。ことばがなかなか出てこない子、落ちつきがなくチョロチョロしてみんなと同じ行動ができない子、そんな子が集まります。 お母さんたちの感想はまちまちです。 最初はギャン泣きで中に入れなかったのに中に入って楽しめるようになりました! 順番が待てず、すぐに手を挙げる子ですが、この会をとても楽しみにしているんです。 会でやっ [続きを読む]
  • 就職は「障害者枠」か「一般枠」か・息子のひと言
  • このアイコンは5年前から。我が家の息子たちももう「卵」ではなくなりましたが・・・・・・・・・・・・ うちの次男は大学2年です。「グレーな卵」を最初から読んでくださっている人はご存じかと思いますが、次男は二分脊椎という身体障害があり、発達にも凸凹があります。 高校生の時に郵便局の年賀状のバイトデビューをして、大学1年の時にスーパーの日配売り場のバイトをしました。 親の私も、本人も、継時処理(一度にい [続きを読む]
  • 困るのは発達障害の特性そのものよりも身体症状だったりする
  • 美容院で雑誌をめくっていて感動してしまった・・・・・・・・・・・・・ 発達障害の子育て。ひと言で発達障害といっても、実は発達障害の特性そのものってそんなに直接的な影響はないような気がしています。 たとえば、高齢者がガンになったとしても、ガンで命を落とすことはあまりなくて、肺炎を起こして亡くなったり、転んでしまって入院したら体力・筋力が落ちて全然想像もしていなかった病気になったり衰弱してしまったり [続きを読む]
  • 専門家の言う通りにできない・・・忘れちゃうのよね
  • 道端にこんな実が・・・!ブルーベリーみたいなんですけど、なんでしょうね??・・・・・・・・・・ 療育や教育相談で、先生からいい話を聞いて帰ってくるのだけれど、なんか実生活で活かされない・・・こんな風に思っているお母さんは多いと思います。先生のことは信頼しているし、関係性も良いのだけれど・・・実生活に活かせない理由。3つ理由があるのかな、と日頃感じます。 ひとつは、「先生の言う通りなんだけど、36 [続きを読む]
  • 同じ人間なのに・・・なんでそうなるの?
  • 最近、「発達障害」の攻略本が増えすぎて、写真のようなより具体的な症状改善の本の方が意義が大きいと思うのです。「発達障害」という概念はもう曖昧な概念だと思う今日この頃。 問題の全体像に焦点を当てるのではなく、具体的な問題点にだけ焦点をあてる。つまり、「発達障害だからどうしよう」ではなくて、「人が怖くて震える問題をどうしよう」ということに焦点をあてる。 これ以上分解できないくらい具体的なことに焦点を [続きを読む]
  • 何が功を奏するかわからないので
  • 難しい子育ては芋づる方式で!!芋づる方式って? 例えば、受験期。とにかく受験勉強に集中してもらいたいですよね。勉強に集中するためには・・・どうしたら勉強始めてくれるかしら・・・得意な科目ばかりやってもう!!苦手科目はどうしたらいいの〜?なんて、親ばかりが焦ってしまってます・・・よね? たとえば、学校の先生に何か注意された時。忘れ物とか宿題とか友達に乱暴とか。親は持ち物検査を強化したり、玄関で待ち [続きを読む]
  • 障害告知は子どもの自立心を育てるため
  • 子どもに発達障害がある場合、「今だけのことかもしれない」と思って子どもに子どもの障害を隠すのはよくありません。 だからといって、診断をされたらすぐにでも子どもに告知しなければならない、ということでもありません。 子どもが自分の苦手さに気づいて、「なんで自分は他の子みたいにできないんだろう」「自分はダメな人間だ」こう思ってしまう前に、親子で障害と向きあうことは大切です。でも、状況によっては、急い [続きを読む]
  • 無料メール講座をお申込みいただいて初めて知ったこと
  • 最近日が暮れるのが急に早くなりました。ウォーキングしている最中にとっぷりと日が暮れることも。夕焼けがない日は突然、白黒写真を見ているように日が暮れてしまいます。・・・・・・・・・・ 10月に初めて無料メール講座を募集しました。ブログを書き始めて5年目、昔からブログを読んでくださっていた人の存在を初めて知ることとなりました。 今まではブログを書きっぱなしで、電話相談を申し込んでくれた人としかおつきあ [続きを読む]
  • 思春期のためのペアレントトレーニング開催しました
  • 開催地・東急田園都市線たまプラーザのショッピングモールの飾りです。・・・・・・・・・・ 今日は思春期のためのペアレントレーニングの第1回でした。(全5回のプログラムです。)  講習会風景です 第1回は「行動に注目する」というテーマ。ここでいう「行動」とはどういうことを指すのか?この説明をして、ペアトレが基本とする「行動の原理」についてお話をします。 例えば、「仲良くする」という行動があります。こ [続きを読む]
  • Skype&電話相談、初回無料です
  • ガチャガチャのシリーズ「合掌」。カエルが欲しくて粘りましたが、大物ばかり連発・・・お願いパンダちゃんもう来なくていいです(合掌)・・・結局、カエルをゲットできなかったのでこの2匹がアイコンに。 関東地方は朝からしっとりした雨模様です。みなさんの地域の朝はいかがですか?こんな日は、7割の自分探し、してますか?自分のための7割の週末をお過ごしください。 過去記事「思いやりは3割。残りの7割は自分のことを考 [続きを読む]
  • ブログ開設記念に「メール講座」始めます
  • いつも通りでかけたつもりでも、すぐにとっぷりと日が暮れてしまう今日この頃・・・・・・・・・・・・・寒くなりました北海道はもっともっと寒いのだろうな・・・ 先日開設したブログ「青年・大人の発達障害相談室」。おかげさまでにほんブログ村に登録して一日でこの「グレーな」のすぐ下の3位にこぎつけました すごいですよね!「大人の発達障害」という言葉が生まれてもうずいぶん経ちますが、まだまだ人の関心は深く、こ [続きを読む]
  • 思いやりは3割。残りの7割は自分のことを考える。
  • これ、一本の銀杏の木です。右半分は青々と葉が茂り、左半分は落葉しています。これって、塩害ですよね・・・最近よく目にする光景です。・・・・・・・・・・ 大切な我が子が嘘をつく時。これほど悲しい瞬間はありません。 いつくしんで育てた子。愛をたくさん受け取って育ってほしい、そんな願いをこめて育てた子。その子が自分の意に反してケロッと嘘をついた時・・・がっかりしますよね。 または、大切な我が子が「生き [続きを読む]
  • 新しいブログのお披露目にご協力ください!
  • 今日から始まったもうひとつのブログのアイコンです。・・・・・・・・・・ 今日、「青年・大人の発達障害相談室」というブログを開設しました。 「青年・大人の発達障害相談室」 初回の今日のタイトルは「ひきこもりの弟・発達障害という言葉が生まれる前と生まれてからのこと」 ブログの紹介文です:青年・大人の発達障害の悩み相談を始めました。大人になってから発達障害に気づいた人たちに立ち寄ってほしい・・・そんな [続きを読む]
  • お母さんたちはこういうことで悩んでいる・体験談と感想
  • 秋のうろこ雲と月のコラボレーション。とてもきれいです・・・・・・・・・・・・・ Skype相談の方から、貴重な体験談をお寄せいただきました。丁寧に書かれ、心のこもった文です。そして、たくさんの人と共有できる内容なのでぜひ紹介させてください。     ************植田様のブログを拝見した際に、息子さん(次男さん)が成長されショッピングモールのアコギライブに観客席最前列で手拍子をして参加できるようにいつの間 [続きを読む]
  • 予告:青年・大人の発達障害のブログ始めます
  • 「金のたまご」がパワーアップします! ブログを書き初めて5年目。ブログ開設当初子どもだった人たちも多くの人がもう青年期に入っています。カウンセリングの場面でも思春期からお会いしている人たちが外へ飛び出し、デイケアに行ってみたり就労支援にたどりついたりみんな新しいステップを歩んでいます。 思春期向けのペアレントトレーニングも、10歳以上対象は他ではやっていなくて、好評いただいています。年齢が上がるに [続きを読む]
  • お医者さん・専門家と上手につきあう法・発達障害の場合
  • この緑をくぐると気持ちが洗われます。この小道があるからウオーキングを続けられるのです。・・・・・・・・・・ 相談するたびに薬が増える・・・薬を処方するだけで診察が終わる・・・こういう昔ながらのお医者さんは今も存在します。 お医者さんは薬で病気を治す所なので、それが間違っているかといえばそうではないのかもしれません。でも、子どもへの投薬は万全を期したいものです。副作用が出たら親としてはいたたまれま [続きを読む]
  • 親が医療を頼る時・今の時代頼っていいと思う
  • 私の大事にしているものを絵にしてみました。絵を描いているとき、頭が空っぽになってスッキリします。・・・・・・・・・・ 病院という所はできれば行きたくない所。少し様子を見ていれば直るかもしれないし、病院は薬を出す所だから、薬に頼りたくなければ行かない方がいい。 なんだか薬って、最後の手段のような気がするし、薬が必要となるのはいよいよ「病気」だということを認めざるを得ない・・・ 内科、婦人科、消化 [続きを読む]