臨床心理士ひなママ さん プロフィール

  •  
臨床心理士ひなママさん: グレーな卵、金の卵になあれ
ハンドル名臨床心理士ひなママ さん
ブログタイトルグレーな卵、金の卵になあれ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinamamasoudan/
サイト紹介文発達障害という診断がある子もない子も、今困っていることは困ったままなの?「苦手さ」を考えます。
自由文発達障害という診断がある子もない子も
今困っていることが将来どう変わってゆくか、
困っていることが困ったままなのか(たいていはそうではありません。子どもは伸びるから。)、
これがわかってくると気持ちが軽くなるように思います。
そんな情報提供の場にしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/01/09 00:01

臨床心理士ひなママ さんのブログ記事

  • 人から「大変だ」と言われないと大変と思えない
  • 時間がない!間に合わない!早く!早く!という嫌な夢から覚めて眺めた今朝の朝焼けです。あー、夢から覚めてよかった・・・・・・・・・・・・・ 親の介護施設(デイサービス)の契約に立ち会いました。話が脱線したり繰り返しになるのを親切に聞いてくださるスタッフさん。いつも、どなたにも、頭がさがります。 お帰りの時に玄関先までお送りすると、「お父様、あれではご家族が大変だと思います」と言われました。 あ、 [続きを読む]
  • 学校が始まると行事が多くなるけれど
  • 夏休みが明けると学校行事のシーズンです。運動会や文化祭。このブログのカテゴリーが「発達障害」なので、運動会にまつわる記事やコメントがたくさんありました。「運動」は凸凹っ子には大きな課題ですから。 過去いただいたコメントをいくつか集めてみました。 ●(運動会の)10日ほど前になると、急にお腹を下す様になり、夜中も毎日3回は目が覚めてトイレに行ってました。当日は登校最中もいきたくなり、学校について始 [続きを読む]
  • 「アスぺ」という言葉が悪口になっている件
  • こういうのを見かけるだけで気持ちがほっこりしますよね。・・・・・・・・・・ ところで、最近若者の間で「あいつアスぺじゃん」という風に「アスぺ」という言葉が悪口として使われているようです。 たぶん、融通が利かないとことんこだわる探究心や関心ごとが止まらないケリをつけたがる相手がそれに興味を持っていないことに気づけない言う事を素直に聞かない遠慮がない こういうことのどれかを見つけてしまうと、「アス [続きを読む]
  • 難しい子育てと介護は異常気象と同じ
  • 今日見つけて、速攻買いました。スマイルが好きなんです。明日から着けます。50過ぎてますが、何か?(笑)・・・・・・・・・・ いただいたコメントに、「子どもが大きくなったのに子育てが終わらないそのうえ親の介護が始まって頑張り過ぎ以外の何者でもない!!」とありました。。。 そうなんですよねー。 子育てが終わらぬまま親の介護。最近、異常気象が続いていますがそれと似てません? 夏が長くて秋を飛ばして急に [続きを読む]
  • 地味なタイプも困っている
  • 衝動性が強くすぐ乱暴なことをする。多動性がありじっとしていられない。こういうタイプはトラブルが起こりやすいのでなにかと目立ち、親の目にもとまります。 でも、親の目にとまらない、地味なタイプも困っているんです。いわゆる「埋もれてしまう」タイプ。衝動性があるわけでもない。けんかを起こすわけでもない。人間関係のトラブルが見えない。(これ、見えないだけで実際はトラブルは起きているんです)ただ、先生や親の [続きを読む]
  • 成績よりも手拍子が上手くなってくれた方が・・・
  • 一昨日、昨日と、地元の盆踊りがありました。一年中で一番盆踊りが多かった日ではないでしょうか。あっちでも、こっちでも、ドドン、ドドンと聞こえていました。写真のビールは、私が利用している美容院が出店して売っているので、そこで皆さんの笑顔にあやかって一杯。ビールのアップで奥の提灯とやぐらが見えない!!・・・・・・・・・・ おまつりがあると野外ライブも増えますね。素人も玄人も賑やかに演奏しています。ライ [続きを読む]
  • 9月1日問題。「生きる」ということを今から考えてみる。
  • いよいよブドウみたいになりました、ヤマゴボウ。ヤマゴボウの応援してくれてる人、他にもいるようです。大学生さん、ありがとう!・・・・・・・・・・ 9月1日問題。自殺者が多くなる日と言われています。もちろん、新学期というのが引き金になるのですが、学校のせいで自殺するわけではありません。根本的な問題は常日頃から存在しています。 9月になってからこの問題を取り上げても仕方ない。今、家族の、友だちの、自分の [続きを読む]
  • 「読み」が苦手な子もワーキングメモリが関係しているらしい
  • ヤマゴボウがブドウみたいににょきにょきぶら下がっています。一緒にヤマゴボウの成長を楽しみにしてくれる北海道のHさん、北海道にもヤマゴボウはありますか?(笑)こちらはあまりの暑さにヤマゴボウも干からびそうです。・・・・・・・・・・ 昨日引用した文献に、「読み」についても書いてありましたので、今日はそれを引用して「読み」に焦点を当ててみます。行を飛ばして読んでしまう、指でなぞりながら読んでもずれてしまう [続きを読む]
  • 字が汚い人の文字学習は「想起練習」
  • ADHDや学習障害がある人は、文字を書く時に素早く手を動かしてしまいます。(もちろんそうでない人もいます)急ごうと思っていなくても自然とそうなってしまう、そんな表現がぴったりだと思います。 シャシャシャっとペンを走らせるので当然雑な印象になります。はっきり言ってしまうと汚い。読めない。そんな字になります。私もそういう傾向があります(笑)。 これは自分の経験からくる持論ですが、この「シャシャっと癖」 [続きを読む]
  • 凸凹学習指導のコツ、親の「思い込み」を捨ててクイズ感覚で
  • 先週末は恵比寿駅前の盆踊りでした。ものすごく賑やかです。これが終わると次はお盆。恵比寿はひっそりとします。毎年ひっそりした恵比寿の駅前を眺めるといつも通り夏が過ぎていくなあと思います。そして今日もまた一日が終わります。・・・・・・・・・・ 今日は私の過去記事を少しご紹介させてください。以前、私は学習障害がある子どもに個別の学習指導をしていたことがあります。その時の体験談です。 今やポピュラーになっ [続きを読む]
  • 意外とわかっていないひきこもりの理由
  • 昨日の夕焼けです。夕焼けの翌日は晴れると思っていましたが?各地の雨がひどくなりませんように・・・ 不登校のまま、きっかけをつかめずに、そのまま家で過ごすことになる人は多い。卒業の節目ごとに外に出られるようになってほしい・・・こう親は思ってしまいますが、そんな簡単なことではありません。 どうしたらいいかわからないから家にいるのに、勝手にやってくる節目(卒業とか成人式とか)に対応できるはずありません [続きを読む]
  • フラッシュバック、あきらめないで
  • ヤマゴボウ。もうこれ以上は増えないかな。キモキレイな色です。・・・・・・・・・・ 発達障害がある若者の社会参加の邪魔をするのは、強迫観念とフラッシュバックが多いと感じています。 外出のための準備に膨大な時間がかかったり、外出時に人目とか雑菌とかが気になり過ぎたり、乗り物の閉鎖感に堪えられないのが強迫観念です。 外出ができても、いつでもどこでも、過去の辛い思い出と似たような場面や、同じような騒が [続きを読む]
  • 「解離」という症状、ご存じですか?
  • 強く叱っているのに子どもがボーっとしている・・・目も合わせず、顔をそらしたり 聞いてなかったり。まったく反省の色が見えないこと、ありませんか?そしてこちらがあきらめてずいぶんたってから「ねぇ おかあさん 〇〇してごめんなさい、もうしないようにするから、」一時間経ってたので、「え?? なに?」とこちらが何のことかわからなかったりして。 いくら説教しても、いくら指示しても、ぼーっとうわの空になってし [続きを読む]
  • 課題の取りかかり方・当事者の話から
  • 課題、宿題、レポート。いつやろう?明日やろう・・・ 発達凸凹な学生にとって、夏休みの宿題(レポート)は悩みの種です。 夏休みに入ってすぐとりかかるのは少数派。ほとんどの人が「直前タイプ」ではないでしょうか。あるいは夏休みに入って早々から「明日からやらなきゃ!」と気持ちだけあせるタイプ。「いつやるの?」「今でしょ」これを実行できる人はそういません。大抵の人は「明日がんばる!」と思うのです。でも、この [続きを読む]
  • 深夜に子どもがまだ起きていた時のイライラ
  • 人間には「気分の崩れ」というものがあります。小さい子どもが思い通りにいかなくてかんしゃくを起こしたその時、どうなだめすかしても泣き止まない。なにをやっても子どもの気持ちを変えることはできません。 納得させるもの無理。怒りを忘れさせるのも無理。 これは小さい子どもに限ったことではありません。私たち母親にもあることです。 例えば、夜更けにトイレに起きた時。もう3時、4時だというのに子どもの部屋から灯 [続きを読む]
  • さあ来週から夏休み!ゆううつになっているお母さんへ
  • さあ夏休み!楽しみですか?苦しみですか?(笑)宿題はまだ置いておくとして、夏休みのうちに学習の遅れを取り戻してほしい・・・そんなことを始まる前からあれこれ考えていませんか?子どもはこれから始まる夏休みをゆううつに感じているはずがありません。ホッとしていたり、とりあえず遊ぶぞ!!と思っていたり、まあ、その程度ですから、親が今からゆううつに思うのとはあまりにも温度差がありますよね。 そこで、温度差があ [続きを読む]
  • 特性は自分のものか?「症状」なのか?特性の「症状化」について
  • 昨日は海の日でしたね。葉山にて(行ってません(笑))・・・・・・・・・・ 自分の意思で診断してもらおうと思う。自分は障害者なのか否か知りたい。自分が今困っている原因は何なのか、それを知りたい。 自分でこう考えるようになるのは青年期以降です。(青年期とはだいたい12歳から22歳くらいを指します)考えたのちに、手帳は取っておけば何かの時に役に立つ。(精神デイの利用や、保護者が定年してからの経済的援助)い [続きを読む]
  • 小学校。高学年。三者面談。夏休み。
  • なんでガリガリ君なのか?答えは文末へ・・・ さて、三者面談のシーズンですね。新しい学年になったと思っていたらはや4か月。もう1学期が終わろうとしています。 先生に何を言われるかしら?ダメ出しされたらいやだなあ。 それとも何も言われなかったりして。言われないのも困っちゃう。子どものこと気にとめてくれていないってことよね。 最初に気をつけてほしいことを言ったのに、全然考慮してくれなかった・・・うちの [続きを読む]
  • 発達障害があろうとなかろうとハローワークに行っていいです
  • 大学生のお母さんたち、子どもの就職、どうなっちゃうの?と心配していらっしゃる人は多いと思います。 大学4年だけれど、本人が早々にあきらめてしまった・・・大学3年だけれど、就活どころか単位足りなくなるんじゃないかな・・・人の話を聞くと、間違いなくうちの子は出遅れている!!発達障害があると大卒後はどうなっちゃうの?? 情報があるのはありがたいけれど、どの情報も途中で途切れていたり一般的すぎたりするん [続きを読む]
  • 夏になると思い出す
  • 私が成長を楽しみに見ているヤマゴボウ。実(花?)がたわわになってきました。 ・・・・・・・・・・ 私は横浜市に住んでいますが、日帰りでも、まだまだ、浅瀬なのに魚が泳いでいる海があります。幼稚園の頃からおさかな博士だった次男は日が暮れるまで魚を追いかけていましたっけ。 そこにいくといつも次男は顔を水につけて魚網を持って魚を追いかけます。網に魚が触れることはあっても、一度も網の中に取り込むことはできま [続きを読む]
  • 親とどうしてもうまくいかなかったみなさんへ
  • 正直なことを言うと、「二次障害」というのは多くの場合親が原因です。反省していらっしゃる親御さんは今から自分改革をぜひ頑張ってください。今日は親から理解されなかった、そして、自分も親を理解することができなかった人への言葉です。 親にわかってもらいたかったけれどどうしても分かってもらえなかった人へ。たった一人の母(あるいは父)なのだから愛したり愛されたい、と思ってもそれがかなわなかった人へ。親との会 [続きを読む]
  • 明日身につくかもしれない力で戦おうとしてはいけない・今持てる力がすべて
  • お子さんの悩みを相談される親御さんにいつも伝えたいことがあります。でも、それはカウンセリングの時間の中では時間がないのでお伝え出来ません。 時間がない。やらなければいけないことがありすぎて、できていないことがありすぎて、いつも親は焦っている・・・こういう人に伝えたいことがあります。 これは5年ほど前の記事なのですが、前に読んだことがある人にも初めて読む人にも、あらためて伝えたいので投稿します。 [続きを読む]