18ゴルフ さん プロフィール

  •  
18ゴルフさん: ゴルきち奮闘記
ハンドル名18ゴルフ さん
ブログタイトルゴルきち奮闘記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/endou18374/
サイト紹介文ゴルフをはじめて30年。一向に進歩せずもんもんとしたゴルフライフを送ってます・・・・・!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/01/09 09:13

18ゴルフ さんのブログ記事

  • 北海道と言うと
  • 北の大地、北海道。サッポロ、函館以外はまともに行ったことない。九州の倍の面積があり、移動距離も長いのが特徴だ。富良野、旭川、釧路、根室、知床など行きたいとこをあげたらきりが無い。北海道と言うと、農産物、酪農製品、魚介類、もちろん豚肉なんかが思い浮かぶ。ビ... [続きを読む]
  • 天とは
  • 孫子が、天とは陰陽、寒暑、時制なり、と言われた。孫子の兵法は、戦争をする際の注意や心得みたいなものだ。ナポレオンはロシアの冬将軍に敗れ、八甲田山死の彷徨は、旧日本陸軍が寒さ対策を尽くさずに訓練したことから悲劇が生まれた。陰陽は、森羅万象、宇宙のありとあら... [続きを読む]
  • 不正入試
  • やはり私立医学部は金や!何点たりないから、おいくら寄付頂けますか?だから、医学部は卒業までに1億かかると言われる。実は博多に居た頃、かれこれ15年前に医者の奥さんから聞いた。そうまでしても医者になると裕福な生活ができると言うことだ。テレビでは勤務医がたくさん... [続きを読む]
  • やはり歳には勝てない
  • 今までは、近眼だけで、近くの文字はどの弱いメガネでよく見えた。前回も書いたが、右目が見えない、両目が痛いのは表層角膜炎だった。原因は分からないが、今回初めてではないとのことだ。抗炎症目薬で治りはしたが、メガネが合ってないとの指摘をうけた。弱いと思ったが、... [続きを読む]
  • 労災
  • 労働時間、通勤時間に怪我などをしたら労災になる。従業員の過失があろうと怪我は怪我だ。かつては、転んだとか、滑った場合は自分の責任という中で、労災にはしなかった。今は何でもかんでも労災だ。パワハラ、セクハラによる鬱も労災だ。長年PCをしてたら、目を悪くした。... [続きを読む]
  • 日本人の陰湿さ
  • 日本人くらい嫉妬深く、陰湿にイジメる民族はいないという人がいる。宝クジが当たった場合も、公表するとゆすり、タカリがあると言う。アメリカだとみんなで祝福し、成功を喜ぶらしい。日本人は出る杭を打つ傾向にある。みんな同じという同調性が尊ばれ、違うことを異質とみ... [続きを読む]
  • ハリネズミ
  • 以前も書いたが、最初は身体に針を刺すことにかなり抵抗があった。しかし、整形外科のリハビリでは痛みは引かず、通うだけ時間、金の無駄が明らかになって行った。最後の策として、昨年7月から始めた。最初は毎週行き、6回目からはひと月に一度のペースで行っている。おかげ... [続きを読む]
  • 最低賃金
  • この秋にまたまた最低賃金があがり、東京は985円になる見込みだ。首都圏で事業展開してる会社は最低賃金を下回る給料ならば、労基法違反ということになり、従わなければ逮捕もあり得ることになる。お隣の韓国は全国一律に2年連続で最低賃金を合計3割上げた。韓国特有の制度... [続きを読む]
  • 目がみえない
  • 最近かすみ目が最近ひどい。さらに目の表面が痛い。目薬を差したらひどくしみる。そんなこんなしていたら、ついに右目の視力が落ち、ピントが合わない。文庫本も読めない。仕事の文書も読むのな苦労する。これは大変だとばかりに、眼科に行くことにした。たまたま会社近くに... [続きを読む]
  • 綺麗は作る
  • 今でこそ、男性も化粧をしてる奴がいるが、化粧は基本的には女性のたしなみだ。まずファンデなるベースを塗りたくり、目を書き、頬を染め、紅をぬる。化粧を落とす化粧品を使い、あーサッパリしたという感じか?その上、洗顔、美容液とケアをする。女性の肌のケアはそれで終... [続きを読む]
  • 中国の法治
  • 恐らく人類で一番最初に法治主義を徹底したのが、始皇帝で有名な秦だろう。法により罰し、法により国を治めた。まさに近代国家の先駆けだ。孟嘗君が、そのちょい前の時代に、配下の者でニワトリの鳴き声が上手い奴を使い、早朝に門を開けさせ、窮地を脱した。鶏鳴狗盗の故事... [続きを読む]
  • おかしい
  • 生まれてこの方、東から西に行く台風は見た事ない。天気は西からと日本では言う。偏西風が上空でふいてるからだ。東から西の風は、熱帯地方に吹く貿易風だ。日本が温帯では無くなったということか?様々な現象をみれば、亜熱帯になったとも言える。今や北海道の米は美味いと... [続きを読む]
  • 偽中華
  • 中国人からみたら、日本での中華料理はニセだということになる。天津飯など中国にはない日本オリジナルだし、焼き餃子も中国では一般的ではない。麻婆豆腐も違うものらしい。日本人の口に合うように中華料理は改良されたから、街のいたる所にある。我々が美味いと言うラーメ... [続きを読む]
  • 自国の利益
  • 究極的には、政治家は自国の利益を守ることが仕事だ。侵略に対しての防衛しかり、経済的な防衛しかりだ。しかし、2次大戦以降、他国との協力、協調なかりせば、結局は自国の利益を守ることが出来ない事が分かり、国連はじめ軍事同盟、経済連携協定、国際会議が存在する。し... [続きを読む]
  • 当てずっぽう
  • 余りにも毎日暑いし不快だ。多分みんな同じ思いだと思う。暑さで働かない頭がますます働かない。天気予報は暑い暑いの連呼だ。7月まともに雨が降ってない。雨乞いしないと、農産物に被害が出て大変だ。台風が来るので、多少台地は潤うか。あるいは土砂降りかもしれない。自然... [続きを読む]
  • あと2年後
  • 7月の異常な高温はみんなを疲れさせている。私は25度で冷房付けっぱなしで寝るが、なんとなく怠さが残る。暑いと寝られないし、また扇風機の風が直接当たると寝られない。身体が冷えないと寝られないので、保冷剤に足をつけて寝る。正直、冬の方がよく寝れるし、汗かかないか... [続きを読む]
  • ふるさと納税は使えないの?
  • 西日本の大雨災害で多数のボランティアが活躍している。ボランティアは、労働力を提供するばかりか、交通費、飲食代、長靴、手袋、場合によりスコップも持参しないといけない。広島や四国などに東京からはなかなかいけないが、災害はどこに来るか分からない。首都圏ならば、... [続きを読む]
  • 日照り
  • 毎日毎日僕等は鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ??泳げたい焼きくんではないが、梅雨が6月に明けてから、毎日暑いし、雨が降らない日が続いてる。38度40度なんか連日聞くが、あり得ない温度だ。ジジイになると昔の事を言って恐縮だが、夏の最高気温が30度を超える日はあま... [続きを読む]
  • 土用の丑の日
  • 実は1年の中で何回もあるが、夏のこの時期の土用の丑の日は、江戸時代のキャンペーンにより、ウナギを食べる日になった。バレンタインにチョコをあげるみたいなものだ。ウナギは冬場が旬で脂の乗り、身の太り具合もいい。夏は夏バテに効くビタミンが豊富なウナギは、甘辛いタ... [続きを読む]
  • 常楽我浄
  • 観音さまの4つの徳を言う。常徳、楽徳、我徳、浄徳。延命十句観音経にある言葉だ。簡単に言うと観音さまの4つの徳をいただけるようにお経を毎日あげますと言うものだ。さて、延命十句観音経は、坐禅会で必ずよむし、写経でも利用される。その4つの徳とは、常徳 : 無常の世... [続きを読む]
  • 般若心経に見る空
  • 空、そらでは無く、くうだ。般若心経は坐禅会でも毎回読むお経だが、読んでも意味は分からない。かなり哲学的内容であり、漢字の意味を考えてもまるで意味をなさない。単に漢字を表音文字として、利用してるだけで、さらに仏教の知識がないと理解出来ない。それでも言わんと... [続きを読む]
  • 世の中にはいる!
  • 先日とある人と話した。かつて、電車内でトラブルを起こし、警察沙汰にになった。その後別の職場では彼の部下にパンを投げつけた。会社もさらに別の職場に異動させたが、そこでもパワハラとの訴えが部下からあった。確かに理不尽な事やマナーに反する奴はいる。電車内でも、... [続きを読む]
  • 沢山の人が幸せになるよう願います
  • 四弘誓願、しくせいがん、は菩薩が修行に入る前にする四つの基本的な誓いだ。その一番に言われるのが、衆生無辺誓願度、だ。お経で度々出てくるのが衆生だ。しゅじょう。すなわち我々俗世界の人間やあらゆる生き物をさす。無辺は広大なこと。人間に限らず動物、植物など生き... [続きを読む]
  • ユーゴスラビア
  • 私が小学校、中学、高校くらいまでは、ソビエト連邦の一員としてユーゴスラビアがあり、首都はベオグラードと習った。時のチトー大統領がカリスマ性を示し、まとめあげていた。しかし当時からバルカン半島はヨーロッパの火薬庫と言われ、大統領死亡以降、分裂し今にいたる。... [続きを読む]
  • 自己満足
  • いわゆるコレクションは、たとえ換金性があろうとも、自己満足にすぎない。何でも鑑定団、お宝発見の番組は、そういうコレクターにさらに満足感や優越感、はたまた疑問を投げかける番組だ。絵画、陶磁器、オモチャ、その他骨董品。たまたま持っているものから、あるいは意識... [続きを読む]