chiropiro さん プロフィール

  •  
chiropiroさん: Barrier free〜子供達の未来へ 
ハンドル名chiropiro さん
ブログタイトルBarrier free〜子供達の未来へ 
ブログURLhttps://ameblo.jp/chiropiro-n/
サイト紹介文2人の子供がPVLです。日本とハワイ、子供達にとってどちらが住みやすいのかを考えています。
自由文ハワイには、日本の社会では考えられない優しさや温かさがあります。
子連れだから、子供の身体が不自由だから…と、旅行を諦めてはいませんか?
そんな方々にぜひ読んで頂きたいブログです。
実体験を通して、少しでもハワイの良さをお伝え出来たら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/01/09 17:54

chiropiro さんのブログ記事

  • ワークショップ、大成功!
  • 11/18かるがもワークショップの日。今回はムーブメントという療育がメイン。神奈川県内だけでなく都内や埼玉や千葉など遠くからも来て下さり10組の親子が集まった。?初めに決めた7組の定員は40分で満席になり先生に少し枠を増やして頂いた大人気企画です。私自身も本格的なムーブメントは初だったのだが、いつもながらにK教授のユーモアたっぷりのお人柄とあまりにも充実した内容で本当に本当に素敵な会になった。ムーブメントで [続きを読む]
  • PVLのはじめ
  • 11/15創立記念日の為、休校の日。周りはディズニーランドに行く人が多い中我が家はリハビリ(笑)この数か月、身体が急に縦にも横にも伸びて今まで以上にケアが必要になったのだが、反抗期という大きな壁が出来てしまいどうやら私に身体を触られるのが嫌らしい。 PTさんには抵抗なくされるままなのにね(笑)学校の下校時間も遅くなり、今は学業優先と決めているので平日の休みはとても貴重だ。これから冬休みに向けて寒くなるし、期 [続きを読む]
  • 音楽会
  • いよいよ音楽会当日。前回まではpipiのクラスの歌の事を書いていたものの、実は一番の気掛かりはこの日に履く予定のKokiの革靴だった。…が、この通り装具でなくても足は真っ直ぐ!!もしかしたらオペの効果を一番感じられるのは靴かもしれないなぁ。尖足で変形していたつま先も足裏が着く様になった事で踵が成長し、妙に先が幅広で踵が小さいといういびつな形が目立たなくなったのだ。?不思議な事に踵が着いたらつま先部分が細 [続きを読む]
  • ゆうき②
  • 前回の続き。持って行った封筒は予定通り、金曜日の音楽の授業で一斉に開封した様だ。そして子供達が自分宛のメッセージを読んでいる間に先生が教室内をまわり、pipiを含め数名の子をピックアップしてみんなの前で代読して下さったらしい。pipiは先生に「こんなに小さな赤ちゃんをみんなは見た事がないと思うから読んでも良い?」と聞かれたそうだ。そして先生が読み始めるとクラス全員が静かに聴いてくれ、終わったとたんに拍手 [続きを読む]
  • ゆうき
  • pipiが来週の音楽会で歌う曲の歌詞と封筒に入った手紙を持ち帰って来た。「すずかぜ組 (pipiが在籍するクラス名) はゆうきっていう歌を歌うんだけど、10日までにpipiが生まれた時の写真を持って行くんだって。おうちの人からの手紙を読んで(ピアノの) 間奏の間だけでも良いから自分が生まれた時の事を思って欲しいって先生が言ってたよ。良かったね、こういうのママの得意分野じゃん(笑)」なんじゃそりゃ…(^_^;)でも、さすが娘だ [続きを読む]
  • Happy Birthday
  • 11/6ゆうくん48歳のお誕生日。ゆうくんの誕生日は私達が入籍した記念日でもある。?翌年5月に結婚式の予約をしていたのだが、真剣にゆうくんの心変わりを心配して笑私が焦って先に籍を入れてしまったというのは結構有名な話(^_^;) 入籍して13年…か。付き合い始めた時はゆうくんがまだ31歳だったので17年目。よくもったわ〜私達(笑)一緒に過ごす時間があまりにも無さすぎて昔は寂しく思う事もあったが、今でも私達が仲良くいられ [続きを読む]
  • 学祭と初ムーブメント
  • お世話になっているK教授の大学の学祭の日。教授のゼミでは障害のある子ども達の支援ニーズというパネル発表があり、かるがもキッズ43名分の写真を可愛く飾って頂いた為伺うのがとても楽しみだった。→詳しくはこちら すると当日の朝、教授からメール。「良いお天気だからYuちゃんも一緒に(ムーブメント)いかがですか?」9月に名古屋の学会でお会いした別の教授が体験型ムーブメント療育をされるとの事で、Yuを誘って下さったのだ [続きを読む]
  • インフルエンザ接種
  • 毎日が本当に慌ただしく過ぎていき、11月なのにまだまだ夏休み明け位の気分(笑)実際にカレンダーのひとつが8月で止まっていたのを見付けて驚きつつも 、きっとこの数か月がそれだけ充実していたという事なのだろうな。いつの間にか冬になっていた(笑)我が家は例年だと10月初めに1回目のインフルエンザの予防接種を打つのだが、今年は気付く事も無いまま11月に入ってしまいうさぎちゃん(小児科医の友人)に言われて思い出す…(笑) [続きを読む]
  • 話すこと
  • 月曜日。お世話になっているK教授を初め、先生に繋げて頂いた方々とランチ。皆さんそれぞれ肢体不自由に限らず患者会の代表をされている方で、この会のキーワードはインクルーシブ教育。 大先輩ママや通常学級に子供が通うママなのだ。幼稚園探しの苦労から通常学級あるあるから政治の話までとにかく話題は尽きず…皆さん非常に頭の回転が速いので会話のテンポも良く、ワークショップの様なランチは本当に有意義だった。 前回集ま [続きを読む]
  • 夫婦ゲンカ
  • 土曜日。チームマヒノミで川崎のハロウィンに参加するはずが、pipiもKokiも病み上がりの為に泣く泣くキャンセル…土日とも荒天予報だったので週末はまったりと過ごすと決め(ゆうちゃんはレスパイト中) 録画したコウノドリを見ていた所にゆうくんが帰って来た。今回の内容は、仕事が忙しいご主人が自分では精一杯努力しているつもりが気持ちが届かず、妻が産後うつになっていくというもの。?原因はこれだけではないけどね。 今さ [続きを読む]
  • ゼミと障害児教育の授業②
  • 前回のつづき。ゼミが終わり帰ろうとすると「せっかくだから授業も見学していく?次はちょうど障害児に関する話なのよ」とK教授にお誘い頂いた。はい!もちろん!!なんて贅沢な〜♪将来 先生になる為に学んでいる2年生の授業だった。講義室に入り簡単に挨拶をしてから後ろの席に行こうとすると一番前でとの事で (^_^;)かなり目立つ場所に座らせて頂き授業を拝聴した。配られたレジュメを見るとまずはこんな言葉が↓①将来妊娠し [続きを読む]
  • ゼミと障害児教育の授業①
  • K教授(児童学部)の大学のゼミに参加させて頂いた日。実は来月の学祭に、ゼミ主催で障害のある子供達の支援ニーズを知ってもらう為にパネルを出すそうで、周りを可愛い子供達の笑顔で飾れたらとの依頼を受け協力してくれた方々の写真をお持ちしたのだ。写真は ぺこーな夫妻の大きな人脈と才能によりなーんとたった2日で43枚も集まった!!快諾して下さった皆さま本当にありがとうございます!! ゼミ室で写真を出した瞬間から教授 [続きを読む]
  • 選挙と支援
  • 10/22衆議院選挙の日。何気に私達夫婦は政治好き♪そして私みたいなミーハーな人間はその時の自分の考えこそが世論に一番近いと思っているので(笑)注目の今回の選挙は結構楽しみだった。この家に引っ越してから初の選挙だったが、投票所は我が家のすぐ裏の中学校。台風が近付きつつも、正門まで2〜3分の近さは楽々だった。校内にはスロープがいっぱい!!やっぱりバリアフリー化は進んでいるのね!Kokiが通う訳ではなくても嬉し [続きを読む]
  • 感性
  • この2日間、ずーっと文章を書いていた。バリアフリーについての授業で上手に 話す為の原稿だったり大学に送付する書類(小論文)だったり。「バリアフリー」を資料通りに説明するならとても簡単。自分の経歴や自分の中の野望など 笑今後の理想像を説明するのも意外と簡単。でも、心(気持ち)のバリアフリーに関しては伝えたい事がうまくまとまらず、言葉を選びながら苦戦しているのだ。感性はみんな違うからね。言い方を間違えると押 [続きを読む]
  • 10/18Kokiの校外学習の付き添いの日。早朝から森林にて。今週は入試の為に休校や午前授業が多い中、今日は唯一1日中動く日。さらに関東は今日だけが晴れ予報らしく子供達も自然の中でのびのびと過ごせて楽しそうだった。他の子はこの森の最寄り駅に集合してそこから30分程歩くのだが、私とKokiは現地まで直接車で…のはずが、予想通り?当日の朝になってKokiがごね出した。「またみんなにずるいって言われちゃうよ。だいたい何で [続きを読む]
  • 快挙
  • ゆうちゃん、11歳にしておむつが汚れた事を教えられる様になりました!多分、間違いないと思う。…としたら、かなり凄い事じゃない??きっかけは2週間程前の事。学校の用事で夕方出掛けて帰宅すると、母がYuのおむつを替えていた。「ゆうちゃんがね、今まで聞いた事の無い声を出して教えてくれたのよ。ねぇゆうちゃん?な〜んて良い子なのかしら〜」?私の母はどこまでも前向きな人です。「いやいや。偶然だから」その場は適当 [続きを読む]
  • 勉強
  • 小学校は運動会が終わるとすぐにテストテストテスト…の日々。ワァーッという体育モードの勢いがそのままデスクワークに向くはずもなく、親子ともに胃が痛い日々を送っている。まぁpipiはまだ良いとして、問題はこの方↓勉強は算数・国語ばかりを気にしていたが、ここに来て理科・社会という科目が存在していた事を初めて思い出す(笑)これがまたなかなか難しいのだ?自分の記憶をたどりながらいくつか基礎的な質問をしてみたのだ [続きを読む]
  • 講演
  • お世話になっているK教授のお供で講演される幼稚園へ。中に入ると会場はすでに満員で、準備をしている間も椅子を足しても足しても足りず…さすが(*^^*)上のパワポの絵↑は教授がこの幼稚園をイメージして作られたそうだ。偶然にも幼稚園の玄関にはパワポにピッタリ合うススキやどんぐりなど秋のものがたくさん飾られており、そんな先生のお人柄に全く堅苦しくなく和やかに会が始まった。いつもながらなるほど〜の連続で、私も幼稚 [続きを読む]
  • 運動会
  • 今年も無事に終わりました!Kokiが出る演目が全て終了した瞬間に、一気に力が抜けるのは毎年恒例の事(笑)大きなケガもなく登校してすぐにテンションMAXで転び養護の先生に大きなテープを貼ってもらったらしいが楽しく終わって良かった。この学校の運動会では、学年ごとに日本の民舞を披露する伝統があり、毎年4年生は七頭舞ななずまいという岩手県の踊りだ。長い刀を片手で持つのも振りながら踊るのもKokiにはバランスが取り辛い [続きを読む]
  • 協力
  • 小学校でのバリアフリーの授業の話の続き。数日前に担当の先生方と打ち合わせをする為に学校へ行きバリアフリーやユニバーサルデザインをまとめたパワポを見て頂いたのだが、「これ(説明)なら自分達にも出来るのでもっと経験値からの話はどうでしょう?」と言われた。「この学校の子供達は障害のある人と触れる機会がほとんどありません。それこそバリアフリーってなに?という状態で、変に知識だけを教え込むと逆に偏見を植え付 [続きを読む]
  • エントリー
  • 実は来年度から大学生になる事に決めた。春に日本特殊教育学会での発表の話を頂いた頃から漠然と考えていた事…法人登記や学会発表用の原稿を作る作業を進めれば進める程、 自分の無力さを感じる事が増えたのも一因かな。そして夏頃にマリちゃん(臨床心理士の友人)が外来で患者さんに寄り添う姿を見た事や偶然にもその翌日に(児童学部)K教授からアメリカのピアサポートプログラムの話を聞いた事により完全に気持ちが固まった。所 [続きを読む]
  • ママ達の支援ニーズとは
  • かるがも会終了から約10日。今でもまだ参加された方からの感想や次回こそ参加してみたいというメールが届きとても嬉しく思っている。かるがも会のようす感想の中で多かったのは、やっぱりテーマ別に専門家の先生や先輩ママ達の話を聴けて良かったという声と、もう少し時間が欲しかったという声かな。ある程度の人数がいると様々な情報や知識を得られる反面、なかなか全員にマイクが渡りにくいというデメリットもあるのかも…緊張 [続きを読む]
  • 友情
  • 宮古島在住の友人が帰京し、もうひとりの友人と共にランチの日。お決まりの新宿南口にて。 3人で会うのは何年ぶりだろ?4年ぶり?5年ぶり??20代後半をずっと一緒に過ごした私達。3人とも常に彼氏がいたはずがなぜか週5で飲んでいた事を思い出す(笑) 我が家の子供達に障害が見付かった時、家族以外で最初に話したのがこの2人だった。まだ独身だった2人は驚いたと思うがサラッと受け止めてくれ、なかなか家から出られなくな [続きを読む]
  • バリアフリーってなぁに?
  • 小学校の授業で福祉の話をする機会を頂き、この数日 再びパワポを作成している。テーマはズバリ『バリアフリー』今までの福祉教育は車椅子=高齢者が使うものという概念が強かったらしく、そうではなくて もっと広い意味でバリアフリーについて話をして欲しいとの事だった。学校の意向をきちんとお聞きした上で詰めた方が良いと思うのでまだまだザックリとしたものなのだが、こちらが一方的に話すのではなく子供たちをどんどん巻き [続きを読む]
  • New Face
  • 昨日 マヒノミ で盛り上がっていた間に姪っ子ちゃん誕生!!私より年上の義妹がいくつもの困難を越えてやっと会えた、可愛い可愛い女の子。名前は予定通りIちゃんに決まった様だ(*^^*)…が、分娩中に胎盤早期剥離を起こし心停止後に蘇生し、安定してから数分間だけ対面出来たものの念の為に現在もNICUでモニター管理をしているとの事。いろいろ知っているだけにいろいろ想像してしまう家族たち…やっぱり出産はもの凄い事なんだ [続きを読む]