imatsukui さん プロフィール

  •  
imatsukuiさん: 猫が小判、アリもキリギリス
ハンドル名imatsukui さん
ブログタイトル猫が小判、アリもキリギリス
ブログURLhttp://imatsukui.exblog.jp/
サイト紹介文今日も開店休業、ワーキングプアの行きずり写真と舌足らずな言いっ放し
自由文物心両面で平均的日本人になりきれない、真面目な貧困徒労人を自称する孤独な中年自営業者の、行きずり写真と脱貧困を願う虚しい独り言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/01/09 22:09

imatsukui さんのブログ記事

  • 2017年10月21日
  • 棄権や白票は 「白紙委任」と同じ、後で文句を言う資格は無い。棄権や白票は 結果的に偏狂的組織票の効力を上げる事になる。インターチェンジ、 乗るの? 降りるの? みらいは どっち?国民を駒にする富国強兵より、国民主権の具現化の方がいい。「〜ノミクス」なんて恥ずかし単語も、もう聞きたくないしね。 [続きを読む]
  • 2017年10月20日
  • 詳らかにされてはマズい事がある? 岸政権から続く米軍との関係とか…それで執拗にワンマン政権を持続… 事実なら、 それって誰を護るため?祖父のした事(売国?)を「晒されず問われず」に済む国体へと舵を切る孫。なんてね。 ボクは基本的に 「密約・陰謀論」には懐疑的な方なんだけど… [続きを読む]
  • 2017年10月18日
  • 言われた通りに生きていれば皆からはぐれないお上は自分に何かしてくれるものという勘違い「寄らば大樹の陰で長いものに巻かれる」国民性金持ちをより富ます方が貧困を無くすより簡単財政という点だけで見れば為政側はそれで完結「今だけ、カネだけ、自分だけ」を許す世相と民度誰も彼も思考が退化、創造の本質を失っている今ある社会しか思い描けない人達は変化を疎む「変わらない≠安定」、 斯... [続きを読む]
  • 2017年10月16日
  • 解散の時にバンザイした議員はそも大衆を愚弄している。当選の時にバンザイする候補は自分の事しか考えてない。選挙の時に土下座した御仁が議員になったら上から目線。政治屋が家業、そんなカン違い人種ばかり… みんな失格!「お騒がわせします」って、誰も騒がされてはいない。騒いでるのはアンタだけ。地元住民に迷惑をかける事から始まる政治って… [続きを読む]
  • 2017年10月14日
  • 「個人の財産権等を軽視して福祉を過度に重視する考え」との狭義解釈からか、リベラル=共産思想 と忌む人もいる。(寧ろ全き共有社会は人類の理想かも)昔は「保守」「革新」と言ったけど、 今は保守政党が改革だの革命だの言う時代。で、「リベラル」の何がいけないの? 「リベラル」は「保守」の対義語じゃないョ。それは、価値観の画一に縛られぬ自由、 経済機構の足枷から解放される自由。リベラ... [続きを読む]
  • 2017年10月12日
  • 人も物も増え続ける 高度成長時代への回帰幻想、宗主国同然の同盟国に縛られる偏狭な防衛政策…かつては、民主社会主義を掲げる 「民社党」とか、時代を先走り過ぎて理解されぬ 「新党日本」とか、もっと人への愛を感じる政党があったのだけど…望まれるは 右とか左とかで括れるものじゃない。五輪もカジノもカネ、教育無償化もカネだけの話。カネカネな連中からカネを取ったら何ができる?... [続きを読む]
  • 2017年10月10日
  • 保守政党が頑なに護ろうとするのは「今の経済の原理」。この原理が世界中を遍く行き詰まらせているのだけど。ベーシックインカムは 経済の概念を変える必要があり、「〜ミクス」的発想に 斯様な社会保障制度は馴染まない。本当はやれなく(やらなく)ても 選挙では言った者勝ち。次回は「今は道半ば、実現まで今少し」と言えば済むと?コバンザメ党はまだ名だけの「軽減税率」にご執心だし… [続きを読む]
  • 2017年10月7日
  • コンビニから出て来た親子、幼稚園児くらいの子と父親。子供は菓子にかぶりつくや、その外装袋を歩道に捨てた。親はそれを叱ると思いきや、買った煙草の包装封をポイ。往来にゴミを散らして平気、歩き食いと歩き煙草の親子。父親は 吸い殻も 子供の目の前でポイ捨てするんだろな。もしかしたら、吸い終わって空になった煙草の箱までも… [続きを読む]
  • 2017年10月4日
  • 法定最低時給が上がったけど、1円単位まで最低額きっかりに給与設定する会社って、「そこまで出す気はないけど、仕方がないからくれてやる」って姿勢がモロ出てるよね。都道府県で額が異なるのも問題だけど、この額では何時間働いても生計は成り立たず。より割の良い仕事を選べればそうするけど現実はそう寛容でない。経験者ならわかる。堪えてる人達が沢山いても、失業者には含まれないから、有効求人倍率... [続きを読む]
  • 2017年10月1日
  • 順位を付ける理由も基準もないものを ランキングにして紹介する情報番組出演タレントが賞金貰うクイズ番組や 戯けて下品に食らいつくグルメ番組「〜がですね」連発の記者と 「いったい何があったのでしょうか」の報道番組わざとらしい観覧者の声の効果音と 芸人・雛壇・字幕の お決まりバラエティ大げさなナレーション、 白々しいリアクション.... 作り手が楽しんでるだけB層のB層による身内の... [続きを読む]
  • 2017年9月29日
  • 取って付け自民が強調し始めた「北朝鮮問題」は 今の問題。本気で北朝鮮問題を考えてたなら 解散なんてしない筈だ。「拉致」も北朝鮮問題なのに 何十年も決着つけないままで、「当座の北朝鮮問題」が落ち着いたら、 あとは何をする気?爺眠党は、 軍事政策の正当化と その改憲への誘導を目論むか…( 右傾二大政党化の暁に、 いずれその流れは出来上がるけど ) [続きを読む]
  • 2017年9月27日
  • 「アベノミクス」なんていう恥ずかしい単語、口にするのは 政治・経済の関係者くらいだ。仕事人内閣?… 生産性革命・人づくり革命…全世代型社会保障とか、 結局ただカネの話。言葉遊びの 「はぐらかし」は もういいって。国難を煽る本人が「国難突破」と嘯く解散の、言葉の綾に紛れた真の帰結点を見極めよう。 [続きを読む]
  • 2017年9月24日
  • 10年前には影も形もなかった街の風景が広がっている。僕はただ老いぼれただけで中味は何も変われていない。社会に何を働きかけるでもなく、 生き様を嘆くばかり…目には見えても手に触れられない幻を見ているようだ。 [続きを読む]
  • 2017年9月21日
  • 国家が国民の暮らしを保障する制度だったのに、今では国民がその制度を保障する形にされそう。持続させる事が目的化した不誠実な制度なんて…拝金社会の金主政治では右肩上がりが絶対前提。何でもカネで解決しようという策は限界だよね。 [続きを読む]
  • 2017年9月18日
  • 車内広告で見たけど、 「スリムアップ」全身脱毛って何?全く翻訳不能なジャングリッシュがまだ使われている…かつて乳酸飲料で「クールアップ」なんて広告もあった。マナーアップ、 スキルアップ... 何でもかんでもアップ。英語の省略記号を 日本語の中黒と同じ感覚で使ったり、英語が大好きな日本人の、日本人にしか通じない英語…「ボランタリー」の意味で 「ボランティア」と言ったり、... [続きを読む]
  • 2017年9月12日
  • 国の刑法も及ばない学校という特異な閉鎖空間を上手く泳ぎ切り、ただ教科の成績が良かっただけで大人になった盲信エリート達の、権威主義や事大主義こそいっそう始末が悪い。と言うより社会悪。道理抜きで「ひとつの答」に当てはめようとする人達の智慧のなさ。 [続きを読む]
  • 2017年9月9日
  • 道徳性危うい現代社会に、そのための教育はある意味必要とは思うけど…個の生き方を「かくあれ」と押し付けようとする国家の教育政策の危うさそれを、社会性に乏しく価値観の偏向した教師達が指導・評価する危うさ社会は独善的使命感で歪む。徳を説くのは、国や先生の役目じゃないネ。 [続きを読む]
  • 2017年9月6日
  • 「錬金術」とは 無を有に見せる手品。世の皆は その技に躍起となってる。お金は移動 交換で殖えるとされる。増分はどこに淀み溜まるのだろか?実際は 利子となって嵩を増すだけ。併せて お金の価値は下がっていく。 [続きを読む]
  • 2017年9月3日
  • そう、今さらだけど、やっと気付いたよ。僕は「共有」できるものを何も持ってない。共有できる何かを持たない者は 、お金で繋がり合うしかないのか?僕はそれも持ってないんだけど… [続きを読む]
  • 2017年8月31日
  • 「心の自由人」 になりたくて、「ゆるい生活」 を選んでいる。けど 創造の条件が揃わない。 始まらないまま終わりそう。「ひとり」に慣れすぎていたし、本当は 「ひとり」が精一杯…時間の国のピーターラビット夢を見ているうちに眠ってた人間には創造が必要なのだよ [続きを読む]
  • 2017年8月28日
  • 昨日でおしまい、盛夏毎週末の「ナイトのげやま2017」ボクの夏らしいアクションは、今年もこれだけだった。靄にけむる森を流れる清らかな風や、露に濡れた夏の草原の匂いが恋しい… [続きを読む]
  • 2017年8月24日
  • 毎夜10時を過ぎると、ソフトでメロウなAORが流れ続ける。懐かしい曲... あの頃 どんな事を想って過ごしていたっけ。記憶や空想に魂を巡らせ、心穏やかに過ごす時間...78.9MHz 「湘南ビーチFM」は ネットでも聴けるョ。左は、高音質インターネット試験放送右は、サイマルラジオのスマホアプリ [続きを読む]
  • 2017年8月21日
  • 仕事の質や密度とは無関係に、不自然に高給を得ている人達も多い。まずは、現実の労働対価の妥当性や公平性の矛盾の洗い出しでしょ。その次に同一労働同一賃金だけど、派遣業が介在する限り実現不可。企業規模による格差問題も大きい。 「働かせ方改革」の恩恵は誰に? [続きを読む]