ほのちくりん さん プロフィール

  •  
ほのちくりんさん: ギャラハッドの覚書
ハンドル名ほのちくりん さん
ブログタイトルギャラハッドの覚書
ブログURLhttp://peabody2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文J・D・ロブ(ノーラ・ロバーツ)の イヴ&ローク(in Death)シリーズ を目一杯楽しんじゃお!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/01/10 18:01

ほのちくりん さんのブログ記事

  • 枠線の太さが。。
  •   2017/11/29今日 お昼前にPCに不具合発生苦心惨憺・試行錯誤の3時間あまり、何とか回復したのですがその途中で あることに遭遇わたしは いつも OSはWindowsプラウザは Foxfireを使用していますそれが突然にFoxfireが起動しなくなり 茫然自失未だ ダウンロードやインストールが怖く携帯もスマホどころか ガラケイの電話とメール そしてアラームしか使わないわたしでも、でも、何とかしなくてはといろいろ調べる為にGoog [続きを読む]
  • ひとり語り サマーセット(2058年・11月)
  •   2014/01/11(2017/11/26手直し)     ローク邸執事     イヴの天敵     ローレンス・チャールズ・サマーセット             本名娘 バジル・コルチェック マリーナ・コルチェック(故人) 2058年・11月だんな様が 警察官を自宅にお招きになると聞いたときには 我耳を疑いましたお約束の時間より遅れておいでになったのが ダラス警部補なのですだんな様に相応しいのは 洗練された上品な方あ [続きを読む]
  • 再登場の可能性は?
  •   2017/11/28 追記『孤独な崇拝者』に さらにもう1人再登場しそうな人物が。。。  リヴァンナ・リスキー  (2060/12) 『孤独な崇拝者』 サマーセットの知人 ロークとイヴの会話 「…略…ふたり(リヴァンナとサマーセット)を  食事にさそってはどうかと思っている。…略…」   …略…    「こんどね。いまはまだ…」  2017/11/25 追記『孤独な崇拝者』にもう1人再登場しそうな 気になる人物が。。。   [続きを読む]
  • <in Death>シリーズ 2018年 新刊情報
  •      2017/12/21 追記    <in Death>    シリーズ・47    “Leverage in Death”の    発売予定日は 2018/09/04 なのに    Amazonでは    すでに ただいま予約受付中     (ハードカバーで  3,402円だとか…)    日本とアメリカでは    出版事情が ずいぶんちがうようですね     2017/11/12     <in Death>     シリーズ・47のタイトルが      ヴィレッ [続きを読む]
  • 『湖畔荘』 ケイト・モートン(Kate Morton)
  •  2017/10/15      今朝(2017/10/15)の新聞(地方紙)の書評に      『湖畔荘』ケイト・モートンが紹介されていました      ケイト・モートンを 読むようになったきっかけも      やはりこの新聞で 『秘密』の書評欄を読み      とても気になったからなのです      『湖畔荘』の書評には      最初のうちは五里霧中とありましたが      まさにその通りのストーリー展開      [続きを読む]
  • イヴの。。。
  •  2017/10/09       『歪んだ絆の刻印』は       『悪夢の街ダラスへ』以来       一番辛い話でした       イヴやロークにとって       そして 読者にとっても       殺人事件の被害者より       彼らを 拘束・拷問・殺害した       加害者がわのほうが       本当の意味で 被害者       そして ブラザーフッドによって       どれほど人生を狂 [続きを読む]
  • メイキング・オブ・アウトランダー
  •   2017/10/06  2017/10/27発売予定     ヴィレッジブックス          5,400円   シーズン1 BOX [DVD]       シーズン2 BOX [DVD]      原書時の旅人クレア   加藤洋子/訳 (ハヤカワ文庫NV)     原書時の旅人クレア   加藤洋子/訳 (ヴィレッジブックス)     原書ジェイミーの墓標   加藤洋子/訳 (ヴィレッジブックス)     原書時の彼方の再会   加藤洋子/訳 (ヴィレッジ [続きを読む]
  • 2017年12月発売予定のレーベル別新刊情報
  •  ▼カテゴリー・レ ー ベ ル 別 新 刊 情 報  最新情報〜2017年01月   ●初めて新刊情報が見つかった時 ◎邦題が決定した時 ▲初めて画像(書影)が 出た時   ★楽天 ◆アマゾン ■honto のどこかで予約か購入が可能になった時に 更新しています  2017/11/09 ★マグノリアロマンス 2017/11/07 ▲マグノリアロマンス 2017/11/07 ◎◆■扶桑社ロマンス 2017/11/06 ★扶桑社ロマンス 2017/10/31 [続きを読む]
  • ブラザーフッド・シスターフッド
  •  2017/09/29 ブラザーフッド2011年に結成 エドワード・マイラ68歳 イェール大学卒業  政治シンクタンク <マイラ・スティチュート>の長 元上院議員 既婚 ジョナス・B・ワイマン68歳 イェール大学卒業 元経済諮問委員会 委員長 元労働省主席エコノミスト 結婚2度・離婚2度・現在独身 フレデリック・ベッツ68前後 イェール大学卒業  三代目社長 <ベッツ・ケミカルズ> 結婚3回 マーシャル・イースタディ6 [続きを読む]
  • ちょっと気になる 些細なあれこれ
  •   2017/10/01  『歪んだ絆の刻印』を読み終えて  続きを読むに 追記 2017/09/27       『紅血の逃避行』を読んで       気になった あれやこれやを       思いつくままに       『堕天使たちの聖域』で       イヴが (断り切れずに)デニスから貰った       毛糸の赤い手袋と 青いスキー帽       『紅血の逃避行』で 復活していたけれど       『歪んだ絆の刻 [続きを読む]
  • 新刊情報 イヴ&ローク 43 その3
  •      2017/09/26  楽天ブックスでも予約開始   2017/09/28発売予定     イヴ&ローク 43         『歪んだ絆の刻印』                 [ J.D.ロブ ]                   小林浩子/訳                  1,058円                こちらはアマゾン               2017/09/28発売予定     イヴ&ローク 43     [続きを読む]
  • トゥルーハートの代わり
  •   2017/09/28  『歪んだ絆の刻印』を読み終えて  続きを読むに 追記 2017/09/21       『紅血の逃避行』のラスト       捜査官の試験に       トゥルーハートは 無事合格       殺人課は お祝いモードに       トゥルーハートも ピーボディ同様       殺人課に残って       バクスターの助手から       バクスターのパートナーになって       捜査官と [続きを読む]
  • それぞれのロマンス 2
  •  2017/09/18(随時 修正・加筆あり)     〈それぞれのロマンス 1〉">〈それぞれのロマンス 1〉の     イヴとローク     メイヴィスとレオナルド     ピーボディとマクナブ     ルイーズとチャールズは     プライベートなパートナーとして     周りから(読者も含む)認められた     4組なのですが     今回の 4組は。。。     コルトレーンとモリス     「…略 [続きを読む]
  • それぞれのロマンス 1
  •  2017/09/10(2018/02/15手直し)     <イヴ&ローク>は     サスペンス色が 強いけれど     カテゴリーとしては     ラブ・サスペンス?     ロマンチック・サスペンス?     なので イヴとローク以外の     ラブロマンスも 進行中     最初は それぞれ     色々あったけれど     今は。。。。。       初登場イヴメイヴィスピーボディルイーズ2058/022058/022058/ [続きを読む]
  • 2017年11月発売予定のレーベル別新刊情報
  •  ▼レーベル別新刊情報 2017/01〜12の発売予定を見ることができます  ●初めて新刊情報が見つかった時 ◎邦題が決定した時 ▲初めて画像(書影)が 出た時   ★楽天 ◆アマゾン ■honto のどこかで予約か購入が可能になった時に 更新しています  2017/11/10 ▲ヴィレッジブックス 2017/11/06 ■ヴィレッジブックス 2017/11/06 ▲二見文庫 ロマンスコレクション 2017/10/29 ■MIRA文庫 2017/1 [続きを読む]
  • ピーボディ と トゥルーハート
  •  2017/09/05(2018/02/13手直し)     『紅血の逃避行』で     トゥルーハートが     捜査官試験に無事合格し     バクスターを喜ばせました     トゥルーハートも ピーボディ同様     セントラルの殺人課に残り     バクスターのパートナーになるようです     年齢などは たぶんですイヴ ピーボディトゥルーハート 2028 誕生年/月/日 2034/射手座 2036~2037 2048年 (20歳) ア [続きを読む]
  • デナリ 
  •  2017/09/03      今晩の NHKスペシャルは      〈世界初 極北の冒険デナリ大滑降〉      アラスカにそびえる      北アメリカ最高峰 デナリ      以前は マッキンリーと呼ばれていたのですが      2015年に 先住民族のことばで      「偉大なもの」を意味する      デナリが正式名称になりました      そのデナリが      このブログにどう関係するのかというと [続きを読む]
  • イヴへのSOS
  •  2017/09/01(2017/09/02 追記)        9月28日発売予定の    <イヴ&ローク>シリーズ・43    『歪んだ絆の刻印』では    デニス・マイラが事件に巻き込まれ    イヴに 助けを求てくるようです    連絡してきたのは    デニス本人からなのか    シャーロット・マイラからなのか    それとも マイラから連絡を受けた    ホイットニー部長?    これまでに イヴが     [続きを読む]
  • それぞれの一年間(年次比較)
  •  2017/08/31(2018/03/01加筆)     〈2061年は?〉を書いた後     以前から 何度か試したけれど     完成できなかった 年次比較(?)を     改めて 一から作ってみました     (短編 [short story] はタイトルのみ)     事件が起こった時期が     早春や晩夏とかしか 書かれていなかったり     ヒントが気候以外なかったりのこともあるので     この一覧も あくまで こ [続きを読む]
  • 新刊情報 イヴ&ローク 43 その2
  •     2017/08/30     アマゾンで予約が始まりました               2017/09/28発売予定     イヴ&ローク 43         『歪んだ絆の刻印』                   小林浩子 /訳                   1,058円            事件に巻き込まれた デニスの従兄弟     エドワード・マイラは 元上院議員だそうです [続きを読む]
  • 2061年は?
  •  2017/08/28        <イヴ&ローク>シリーズの最初の年    2058年が舞台の長編は 7冊    2年目の 2059年が舞台の長編は    (『あの頃を思い出して 第二部』を含めて)16冊    3年目の 2060年が舞台の長編は 18冊    そして 4年目の 2061年が舞台の長編は?    あれやこれや調べて見つけたのは    来年(2018年)1月に出版予定の    シリーズ・46 (ヴィレッジブックスでは [続きを読む]
  • カバーデザイン
  • 2017/08/27     一週間前 〈長期シリーズ〉でも     話題にした扶桑社のホームページの      扶桑社 ロマンス通信      ロマンス通信の カテゴリ・編集部日記には     一読者としては 知りようもない     編集の裏話的な記事が いくつかあります     なかでも 7年以上前の記事     2010年3月15日     〈カバー作りはむずかしい〉     2010年8月04日     〈 このヒロ [続きを読む]
  • ソシオパス・サイコパス
  •  2017/08/23        <イヴ&ローク>シリーズだけでなく    海外の刑事ドラマにもよく登場する    ソシオパス(sociopath)と    サイコパス(psychopath)        これまでは なんとなく分かったつもりで    読んでいましたが    ちょっと調べてみることにしました    社会病質者と訳される    ソシオパスは 後天的なもので    精神病質者と訳される    サイコパスは 先 [続きを読む]
  • イヴとロークの婚前契約書
  •  2017/08/21(2018/01/26手直し) 『冷笑は祝祭の影で』(p.485)イヴとロークの間で 取り交わされていた婚前契約書が 二人の言い合いの原因になるのですそんなものが 存在するなんて思いもしなかったなぁ。。。あの NOを認めない強引なプロポーズの陰でロークって以外にも 冷静だったのねともかくイヴが書類を全く読んでいないうえに弁護士に相談もしないままサインをしていたことを知ってロークが ショックを受け怒りだ [続きを読む]