ほのちくりん さん プロフィール

  •  
ほのちくりんさん: ギャラハッドの覚書
ハンドル名ほのちくりん さん
ブログタイトルギャラハッドの覚書
ブログURLhttp://peabody2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文J・D・ロブ(ノーラ・ロバーツ)の イヴ&ローク(in Death)シリーズ を目一杯楽しんじゃお!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/01/10 18:01

ほのちくりん さんのブログ記事

  • ロマンス小説の新刊情報について
  •  2018/02/20このブログを始めた時<イヴ&ローク>シリーズの新刊を調べるためにあれやこれやと ネットで検索その結果 新刊情報の見つけ方が上達したと 自負しています自信過剰? (笑)情報源は それぞれの出版社・編集部のHP・メールマガジン・Twitter<イヴ&ローク>シリーズの新刊を購入した場合その帯に書かれた近刊案内Amazon・楽天市場・hontoオンライン書店e-honなど個人の方の HP・ブログでの情報は 参考にさせても [続きを読む]
  • トレーナー・トレーニー
  •  2015/01/12(2018/02/12手直し)       <イヴ&ローク> シリーズ 17      『切り裂きジャックからの手紙』で      ピーボディは      試験に無事合格し 巡査から捜査官に      そして イヴの助手から      パートナー(相棒)になりましたが      イヴも かつては フィーニーの助手      その フィーニーも。。。      バクスターの助手だった トゥルーハートも [続きを読む]
  • 2018年04月発売予定のロマンス小説新刊情報
  •          2018年04月発売予定のロマンス小説新刊情報   カテゴリー・ロ マ ン ス 小 説 新 刊 情 報  最新情報〜2017年01月   (2018/02/20  ロマンス小説の新刊情報について)  ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン  2018/03/01 ●07月発売予定のヴィレッジブックス  2018/03/01 ★◆マグノリアロマン [続きを読む]
  • シャンナ・スウェンドソンの電子書籍
  •   2018/02/08 <創元推理文庫>   東京創元社  <フェアリーテイル> シリーズ        シャンナ・スウェンドソン(Shanna Swendson)<Fairy Tale>0102032018/03/16発売予定魔法使いの陰謀 ▲Amazon Kindle版 ▲Amazon 文庫▼楽天Kobo電子書籍版 ▼楽天ブックス  文庫2018/03/16発売予定魔法使いの陰謀 [ シャンナ・  スウェンドソン ]<フェアリーテイル> <創元推理文庫>   東京創元社  <(株)魔 [続きを読む]
  • イヴ&ローク44『狩人の羅針盤 』の書影
  •     2018/01/27(2018/02/07書影追加・手直し)   アマゾンで 予約受付中  2018/02/28発売予定     イヴ&ローク 44                  中谷ハルナ /訳               1,036円    『呪われた使徒のレシピ』に登場した     SWATの指揮官の     ローウェンバームが 再登場  楽天ブックスでも 予約受付中  2018/02/28発売予定    イヴ&ローク 44(原題)   [続きを読む]
  • ひとり語り カーロ(2061年・01月)
  •  2018/02/04     ロークの業務監理官(アドミン)     愛称 カーロ     キャロライン・ユーイング             娘 ルヴァ・ユーイング 2061年・01月ダラス警部補がロークと噂になり始めた時社内は ざわめき立ちましたこれまでに ロークのお相手として名前が挙がっていたのは有名・無名にかかわらず華やか 優雅 知的 洗練そんな言葉が ふさわしい女性たちでも あの頃の警部補はお世辞にも そ [続きを読む]
  • ブログの横幅が。。
  •  2018/02/01以前 『枠線の太さが。。』で書いたようになだめすかし ご機嫌をとりつつ使い続けていた パソコンをようやく 買い換えました結局 ネットで購入したのですがとりあえず 家電量販店に行き展示されていたPCで このブログ『ギャラハッドの覚書』を開いて思わぬショックを。。。横幅が 切れてるのです!このブログ 横幅をぎりぎりにしたデザインのつもりだったのですでも それってモニターのサイズによっては入り [続きを読む]
  • <イヴ&ローク>の 邦題
  •  2018/01/28(2018/01/30手直し) 来月発売の<イヴ&ローク>シリーズ・44の邦題が『狩人の羅針盤』と知った時あれっ、狩人って2度めだよね狩人は 印象に残る言葉だからすぐ気づいたんでしょうねそう言えば『夜の狩人の絆』の 絆も『歪んだ絆の刻印』に使われてるから 2度めこれまで 『この悪夢が消えるまで』と『悪夢の街ダラスへ』の悪夢しか意識したことなかったけれど他にも いろいろあったんですね意外に 死がつく [続きを読む]
  • 新刊情報 イヴ&ローク 44 Amazonで予約開始
  •     2018/01/27   アマゾンで 予約開始です  2018/02/28発売予定     イヴ&ローク 44      『狩人の羅針盤 』             中谷ハルナ /訳                1,058円    『呪われた使徒のレシピ』に登場した     SWATの指揮官の     ローウェンバームが 再登場        [続きを読む]
  • アマゾンKindleと楽天kobo
  •  2018/01/25実はわたし つい最近まで電子書籍を どうやって読むのか知らなかったんですもちろんアマゾンKindleや 楽天koboにそれぞれの電子書籍リーダーがあるのは知っていましたけれどねKindleには アマゾンKindle専用のkoboにはには 楽天kobo専用の電子書籍リーダーが必要なんだろうな となんとなく思っていましたでも Kindleを読むには Kindleアプリをkoboであれば koboアプリをインストールして立ち上げればパソコン [続きを読む]
  • イヴの過去を知るのは…
  •  2018/01/24      『歪んだ絆の刻印』で      イヴは 事情を聴くため      (そして 事件の捜査状況を説明するため)      デニス・マイラを自宅に訪ねます p.539      イヴが帰宅後 その時の様子を      ロークに語った言葉を 引用すると p.560      「彼(デニス)を       安心させたかったんだと思う。       たとえどんなことがあっても、       わたし [続きを読む]
  • ロマンス小説の電子書籍化 2
  •  2018/01/232017/08/21の『ロマンス小説の電子書籍化』にsatikoさんが新しい コメントを下さいました2018/01/22…略…去年、出版社のヴィレッジさんに問い合わせたところイブロクシリーズの電子化は検討していると返信もらいました(ちなみに他のシリーズを聞いたところ、 ないと返信ありましので、 イブロクは本当に 頑張ってもらっていると思います)電子化のとき、Amazonのレビューがとても重要になるようです。レビューが [続きを読む]
  • 今さらながらですが 3
  •  2018/01/22三度目の『今さらながらですが』です  このブログを始めたのは2014年の 1月2013年8月発売の<イヴ&ローク>シリーズ・31『もっとも危険なファンタジー』をしばらく前に読み終わり2014年2月に発売される<イヴ&ローク>シリーズ・32『夜の狩人の絆』を待ちかねていた頃 (今と 状況がにてるかな)その時 最初に書いた『はじめに』から  (『はじめに』は今回読み返し 削除することにきめました)2014/01/10   [続きを読む]
  • ロマンス小説の電子書籍化
  •  2018/01/212017/08/20の『長期のシリーズ』にsatikoさんが 次のようなコメントを下さいました2017/08/23…略…イブロクシリーズをどうしても電子書籍として保存したく、このまえ、ヴィレッジブックスさんに問い合わせたところ、検討していると 返信いただきました。…略…  (satikoさん いつもコメント      ありがとうございます m(__)m)現在 <in Death>シリーズはアメリカで HardcoverとKindleが 同時発売の [続きを読む]
  • グライドと エレベーターの謎(笑)
  •  14/06/08(2018/01/17手直し)近未来設定の <イヴ&ローク>現実世界には 存在しないグライドが 毎回登場していて、エレベーターが苦手なイヴが グライドに飛び乗るシーンよくありますよねわたしのイメージではエスカレーター≒グライドかなそれで グライドで検索してみると名詞の glide には すべるような動きなどの 意味があるみたいやっぱり エスカレーターや動く歩道のようなものなんでしょうもしかすると エス [続きを読む]
  • イヴ・ダラスの基本情報
  •   2018/01/19● 誕生日 ● 2058年01月〜02月の間? (2058年02月 30歳になったばかり)  裏通りで見つかるまでの イヴに関する記録も イヴ自身の記憶もないはずなので  『この悪夢が消えるまで』の時点で 作者が30歳と決めたと思われる● 容姿 ●髪目face 鹿の毛並みのような茶色 ブランデー色 顎にくぼみ身長体重ウェスト            『不死の花の香り』 レオナルドによる採寸より 5フィート9 [続きを読む]
  • 今さらながらですが 2
  •  2018/01/18ほのちくりんに 意味はあるのか?現在 ブログにプロフィールをのせていないのでコメント欄にしか 使われていませんが一応 ほのちくりんはわたしの ハンドルネームなんです10年以上前にあるところでかばちくりんと名乗っていましたかばちくりん?ほのちくりんより 謎ですよね(笑)そこでは なぜかばちくりんなのかこんなふうに 書いていました(うろ覚え+加筆)わたしは 娘たちに基本 お母さんと呼ばれています [続きを読む]
  • 今さらながらですが 1
  •  2018/01/17このブログ『ギャラハッドの覚書』を始めて5年目に入ったことに気づきましたそこで あらためてブログタイトルの由来についてもちろん 『ギャラハッドの覚書』のギャラハッドはローク邸の猫 ギャラハッドから<イヴ&ローク>メインのブログを作ろうとして 最初に浮かんだブログタイトルは『ピーボディの覚書』ほら URLhttp://peabody2013.blog.fc2.com/にピーボディを使っているでしょそれに2013が続いているのは [続きを読む]
  • 改訂版ミランダ権利
  •  14/01/15(2018/01/16手直し)〈イヴ&ローク〉のなかに《改訂版ミランダ権利》という言葉がよく出てきます〈イヴ&ローク〉の世界では《改訂版ミランダ権利》ですが 現在のアメリカで 実際に 法手続きとして読み上げられているのは《Miranda warning》です物語のなかの 《改訂版ミランダ権利》では ・あなたには 黙秘権があります。 ・あなたの話したことは記録され、  法廷やその他の法的手続きにおいて、  あなたに [続きを読む]
  • オート・シェフに関する考察(笑)
  •  2018/01/15 追記 (削除してしまった記事の書き直し)オート・シェフとは 言えないけれど3Dフードプリンター『FOODINI』なるものが 実在するようです宇宙飛行士が 宇宙空間でも新鮮で美味しいものが食べられるようNASAが ある企業に出資して開発されたとか3Dプリンターで 銃をつくったという事件が世間を驚かされたことがありましたがまさか 料理をコピーして作るなんて‼ただ 手間はかかりそうペースト状のにした食材( [続きを読む]
  • 翻訳者リスト
  •  2014/01/10(最終更新 2018/01/12)青木 悦子小林 浩子中谷 ハルナ香野純01『この悪夢が…』02『雨のなかの…』03『不死の花…』04『死にゆく者の…』05『魔女が…』06『復讐は…』07『招かれざる…』青木 悦子小林 浩子中谷 ハルナ香野純08『白衣の神の…』09『カサンドラの…』10『ラストシーンは…』11『ユダの銀貨が…』12『春は裏切り…』13『薔薇の…』14『イヴに捧げた…』15『汚れなき…』16『弔いの…』青木 悦子小林 [続きを読む]
  • 2018年03月発売予定のレーベル別新刊情報
  •          2018年03月発売予定のレーベル別新刊情報  ▼ カテゴリー・レ ー ベ ル 別 新 刊 情 報  最新情報〜2017年01月  ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン ●新刊情報 ◎邦題決定 ▲画像(書影) ★楽天 ◆アマゾン 2018/02/15 ◆二見文 [続きを読む]
  • ひとり語り トリーナ(2060年・12月)
  •   2018/01/10(2014/06/14の手直し)    美容師・エステティシャン    メイヴィスの親友・イヴの天敵    イヴの髪・顔・体のコンサルタント    トリーナ  2060年・12月ダラス?彼女は わたしの専属モデルあの髪は すべてあたしのものそして その髪がくっいている彼女の頭も あたしのもの当然 頭の1部の顔も あたしのものその顔は 体にくっいてるしねぇ。。。結局 全身あたしのものなのよなのに 彼女 [続きを読む]
  • J・D・ロブとN・ロバーツ
  •  2015/03/08(最終更新 2017/12/28)    先月『姿なき蒐集家』を 読み終えた後    続けて 『モンタナ・スカイ』(1997年版)    『サンクチュアリ』(1998年版)    『羽根をなくした天使』・『ぶどう畑の秘密』等々    ノーラ・ロバーツの本を    次から次に 読みふけっていました    そこで 今更ながら気づいたのです    『モンタナ・スカイ』が    アメリカで出版されたのが 1986年 [続きを読む]