makko さん プロフィール

  •  
makkoさん: こんな毎日
ハンドル名makko さん
ブログタイトルこんな毎日
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mmmom/
サイト紹介文思春期まっただなかの2人の子どもを持つ、働く母の日々のあれこれを書いています。
自由文フルタイムで仕事をしながら、思春期の息子、娘と毎日格闘しています。仕事をしているか家事をしているか通勤しているか・・というほど時間がないにもかかわらず、自分の好きなことにも少しずつ手を出して・・忙しさはマックスです(笑)。カウンセリングを勉強したり、ゴスペルをやったり。日々のつぶやきをブログに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2014/01/10 22:02

makko さんのブログ記事

  • 息子の大学生活。
  • 乃木坂大好き息子。次の乃木坂握手会は月末だったけれどなぜかそこは行くのをやめてバイトを入れた模様です。もう飽きたのか?と思いきや、ただの金欠だったみたいです(笑)ま、それも賢明な判断ですな。ただ、やっぱり、学生だから、あまりバイトバイトじゃなくって本当に時間のある今しかないことをしてほしい。それはすごく思いますね。自分がそうさせてもらっていたからだろうなと思います。こうやって親にしてもらってありがた [続きを読む]
  • 花のじゅうたんへ。
  • 昨日はいい1日でした。日曜出勤とはいえ、やっぱり平日のお休みはどこ行ってもすいてて動きやすすぎ。ホットヨガを終えたあと〜コナンの映画はうーんちょっと・・悩む・・ということで晴れてきたので、ふと思い立ってどっか行こう!春を感じられるところに!と・・・帰って掃除すればいいのにやっぱり外に出てしまう。やましたひでこさんのおっしゃる通りですね。断捨離できない原因の一つは外に出すぎること。ああ、それね、私の [続きを読む]
  • 平日のお休み、ラブ。
  • 今度の日曜日には会社に出勤するため今日は振替休日をいただいております。土日出勤といってもこうやって平日に休みがとれるのは大変ありがたいことです。そして平日の休みが大好きな私〜!去年みたいに入院することもあるし1人休んだら他の人がどれだけ大変かわかるからばんばん休むことはできないけど、こうやって振替休日等で休めることはほんとありがたいことです。来月はお誕生日があるのでなんとお誕生日休暇なるものもあり [続きを読む]
  • (やる気なしの)浪人生の母の気持ちは全然変わりません。
  • 娘がいまいちやる気なしなんは相変わらずですが、息子と同じ予備校なのでけっこう息子と予備校の話をしています。息子も、あのころの経験がこういうふうに役に立つとはね(笑)。あの自習室はどうだ・・この開放教室はどうだ・・あの先生はどうだ・・この教科の教科書はどうだ・・ってな話をしています。いま知る話もいっぱい。息子もほんま、濃い1年を送っていたんだな〜っていまさらながらに知ること多いです。笑ったのは「〇〇( [続きを読む]
  • 大学2年ムスコのハマっているゲームの話。
  • 春休み、だらだら過ごしていた息子、けっこう朝まで起きてなにやらやってることが多くて。あ、びっくりするくらいに部屋の模様替えをひとりでやってましたけどそれは1日ですませてなにやら毎日朝型まで起きていた模様。昼すぎに起きてくるという廃人のような生活。なんぼ春休みやからって新学期始まってペースとりもどせるんかいなとちょっと心配してました。4月になり、なんとか2年生にはなれたようで、また金曜日以外は全部1 [続きを読む]
  • 今日の浪人生
  • と、まぁ自分のことから子どものことへ一気に書いてきたわけなのですがそれでもほんと、いまだにいったりきたりの繰り返しです。基本子どもたちの好きなように生きよ、と思ってますけどね、それでもやっぱり自分の価値観は根強くてあれ?それはやっぱり押し付けでは?みたいな気持ちがいったりきたりしますね。今日の日曜日。今日もね、うちの浪人生の生活ったらホントにもうどうなんだ、って感じでした。ここ2週間か3週間かずうっ [続きを読む]
  • 子育てのこと。part3
  • 子育てについては、もうひとつ大きいのはやっぱりイメージトレーニングを学んだこと、これが大きいですね。いつもの。尾崎里美先生のところで。です。ここで学ばなければ私はずっと今もしんどかった。それは絶対に。そう思います。自分の人生について考えて自分が楽になったらとたんに子どもは変わる。これを本当に実感できたところです。これは一緒に受講したまわりも全員、例外なく、同じことを言ってはりますね。いかに、こころ [続きを読む]
  • 子育てのこと。part2
  • そう、息子が高校生になって公立高校に進学したわけです。中学受験では第二志望しか合格せず公立中学に行くことを自分で決めてその後は、高校も自分で決めて行くことになりましたのです。会社では圧倒的に中高一貫の私立学校に行く子が多い中でまず、本当にそれでよかったんかい、と自問することしきり。でも、ま、とりあえず、進学したのです。高校に入って。自我はもちろんめざめ、もう中学のころとは違います。自分で好きなこと [続きを読む]
  • 子育てのこと。part1
  • そんなふうに私は、自堕落で適当な中でもけっこう努力をしてやってきたほうだ、と思います。高校の勉強しかり。大学に入っての転科試験(ドイツ文学科から英文科への転科)そのあとの交換留学試験、そのためのTOEFL、留学先で、帰国後のマスコミ就職のための学内放送局での無償バイト申し込み、留学先からの就職活動(アメリカから日本に電話し履歴書を送る(笑))どうしても就職したいマスコミ試験のために全国行脚(関東から [続きを読む]
  • ワタシのこと。part2
  • というわけで、高校で英語を得意科目にするのに成功した私、他の教科は目も当てられぬ状況となっていましたので、英語の配点が高いところ!というので、志望校をしぼっていきました。早い段階から、もう、志望校は決まっていました。それは、今はなき、大阪外大。(今は大阪大学外国語学部、になりました。)なんたって、二次試験が、英語と小論文。だったと思います(もはや数十年前の記憶です。)もちろん学校はほぼ全員が国公立 [続きを読む]
  • ワタシのこと。part1
  • なんべん書くねん!と思われるかもしれませんけど、この受験が終わった季節、そして浪人生を持つ親となったこの春、やっぱり自分のことを思い出すのでございます。こんな自己満足のアホみたいな日記ブログを読んでくださるのかわかりませんが最近読者の数が増えましてコメントもいただいたりで本当にありがたいことです。ま、私のスタンスは変わりませんが(笑)書くことで発散する。ただの自己満足でございます。そうそう、それで自 [続きを読む]
  • 坂道アイドルオタクの息子、また握手会。
  • 坂道好きの息子ですが浪人生になる娘とうってかわって、・・・いや、けっこう生活スタイルは今のとこ似てますがまぁ、好きに生きてます。そりゃもう。先日は乃木坂の握手会に行ってました。5時に起きる!と言っていたのに7時ごろ起きてきて、「ま、大丈夫そう」などとのたまいまた寝ていましたら8時ごろだったかななんと友達が迎えにきましたよ。インターホンの画像をみたら高校の時の友達がずらりと(笑)。みんな行くんかい。何 [続きを読む]
  • 予備校はやく始まってください。お願い。
  • とうとう娘、昨日は予備校のクラス分けテストでした。ああ〜長かった。結局、入学金も払っているのにいままで一度も自習室に行かず、たまーにスタバで勉強していたり、だった模様。お金かかってしゃーないって。ってか、自習室、行け!(心の声)さすがに何度かすすめましたけど、「でもな〜友達おらんしな〜」「自習室、いつでも入れるわけじゃなくて授業と授業の合間の時間にしか入れないねんて」(時間聞いたらええやろ!)と、 [続きを読む]
  • 浪人生の母にとってのこの季節。
  • 当然だけどわかっちゃいたけど入学式の季節です。会社に行くとき、まっさらの制服を着た学生とお母さん、入学式らしき服を着た小学生の男の子とお父さん、いろんな人をみかけてもちろん会社も新入社員入社や異動や4月からガラッと変わっていろいろバタバタ。ここにきて胸に沁みますね。ああ、娘は大学生にならずに浪人生としてこの1年生きていくんだなと。浪人生という新しい生活のスタートだけれどこれまでの受験勉強が続くとい [続きを読む]
  • 神・時間術。
  • 群ようこさんの「ぬるい生活」という本を読んでいます。どこで紹介されていたんだったかホント、ものを買うのも本を読むのも映画を観るのも誰に紹介されたか、なんですね。自分の好きな人、信頼している人に紹介されると何の疑いもなく、とりあえずためしてみる、ということは、あると思います。ってか、もう今はほとんどそれだよね。群ようこさんの本、エッセイですけど、そこそこ、面白い。(あ、ちょっと失礼な言い方でした、す [続きを読む]
  • 桜の時期になると思い出すヒト。
  • 春になると思い出す人がいます。子どもができて会社を辞めて4年ほどしてまた声をかけてもらってもどってきた今の会社で私の上司となったお方のこと。昔は報道部で働きこわいイメージしかなかったお方。上司となってお話ししてみると、こわいのは見た目だけで実はとっても優しい優しいほんとうに優しい人だということがわかりました。お酒が大好きで机の下にはいつも一升瓶。ものを書く手は震え(笑)よく代筆をたのまれました。奥様 [続きを読む]
  • 浪人生ムスメの様子、変わらなすぎでもう笑うしかない。
  • 浪人生のムスメ、4月になりました。遊ぶのは3月までではなかったか。この前の土日も「予定はもう入れてないからまず部屋の掃除する!」などとのたまっていたものの土曜の朝起きると「そうそう!高校生料金で映画をみられるのは今日まで。ちはやふるは絶対観なあかんから、今日行く!」とのたまう。全く変わってないじゃないですか、おいおい。「それから〜、明日は〜〇〇ちゃんが入学式やから、そのあと、会ってごはん食べて一緒 [続きを読む]
  • 浪人する娘へのアドバイスをもらいました。
  • 娘は、高校3年の8月末にようやく予備校に通いだしました。遅いでって話ですけど笑家の近くの東進です。いまでしょ!の先生のとこね。東進は、会社が経営していて、いろいろよくないうわさもあったり近くにいくつか乱立していて、競わせている、って話もあったりしてまた、一括して高額請求やし、とあまりいい印象をもっていなかったのですが娘が入ると言ったのは初めてだったのでもちろん即了承。自分が、ここ、と決めないと入らな [続きを読む]
  • 浪人生としての心得と、その生活について語るムスコ。
  • 娘が予備校を決める前、息子に、意見を求めていました。あれだけ「えー!浪人するん。アホなんやな〜!」「浪人生はなに?『大学生」でもなく『高校生』でもなくテレビのインタビュー受けてテロップが出るとしたら『浪人生』とは出ないやろ?『無職』か?」なんてまぁほんまに息子にひどい言葉を投げかけていた娘、(息子は娘の浪人が決まったとき「あのときの言葉を全部返してやりたい!」と言ってました笑)さすがに兄の体験も聞 [続きを読む]
  • しあわせは自分の心がつくります。
  • やばいほどに気持ちのいい季節になりましたね〜。気づいたら桜は満開。本当に日本って素敵です。四季があることがまずステキ。そして、この季節、どこに行っても桜があることも素敵。お花見しにいきたいな〜なんて思いますが、会社から一歩でると桜はいっぱいあるし、家から一歩でても、保育所の桜、道沿いの桜、どなたかのおうちの桜、と、本当に桜がたくさんあることに気づきます。とくに、会社の近くは桜の名所でもありますから [続きを読む]
  • 浪人することの意味って。
  • 今日までの娘のあそびっぷりったらすごかったです。高校クラブのバーベキュー、友達と鶴橋食べ歩き、梅田でスィーツカフェめぐり梅田で友達とお買い物、神戸の観光地めぐり、京都で食べ歩き、夜の焼肉会、ピザ会、パスタ会、いやもうほんま、どんだけ〜!息子はずいぶん遊びますねアナタって感じでしたけどよう考えると娘のほうがずいぶんとお遊びになっておられます。本当にもうどうなんだ。と思うと、いきなり、予備校のパンフレ [続きを読む]
  • ムスメはムスメで!
  • ムスコがムスコならムスメもムスメ。予備校決めましてお金支払いましてそのあと、その領収書等をもって申し込み書類を予備校に持っていくというとき。たまたま私が休みで予備校まで送っていけるということになりまして。そのあと友達と梅田で待ち合わせとのことで「朝いく!」と言ってたのに結局行くのは昼前の模様。送っていくよと言ってしまった手前、自分の予定を入れることもできず昼イチで美容室も行きたかったけど無理かな〜 [続きを読む]
  • ムスコ20歳、相変わらずの!
  • 聞いてください!!うちのドラ息子。先日は、バイトが8時からでしていつもは13時なんですけど。目覚ましでなかなか起きなかったので起こしまして、なんとか行ったのでございます。その日は夕方に自動車学校の教習もあってどうやらそちらもちゃんと行ったようでした。私が帰宅したのは22時ごろやったかな。「ただいまー」といっても返事なし。すると娘が「なんか自動車学校から帰ってきてからずっと寝てるで〜」とのこと・・・お風 [続きを読む]
  • NOと言えないワタシ。日本人。
  • 本日はお休みをいただいております。21日の祝日に出勤した代休。もう死んでもとるぞ!という気概をもってこの期末の忙しいさなかに休みました、です。ほんとにね〜日本人はもう人が気になる気になる私もやっぱりそうです。人がどう思うか気になりますやっぱり。自分の好きに生きよ。ぶれない揺るぎない自分でいよう。と、そう思っているんですがやっぱりね〜みんな好き勝手に人の批判やなんかんや言うの聞いてたらどこかで私も言 [続きを読む]
  • ムスメの予備校決定。
  • 娘と予備校めぐりをしましてといっても2校ね。息子が通った予備校ともうひとつは梅田の予備校と。それぞれいいところがありますね。塾についてはホントに小学校のころから悩まされてきて何度モンスターペアレントになったかわかりません(笑)塾に入れたら当然こうしてくれると思っていたのに、お金払っているのにちゃんと見ていないその体制はどう、今思えば、「こうしてくれるだろう」と思うのは人それぞれで「当然こうでしょ!」 [続きを読む]