ふるきち さん プロフィール

  •  
ふるきちさん: みんなで恋バナ!
ハンドル名ふるきち さん
ブログタイトルみんなで恋バナ!
ブログURLhttp://www.minkoi.jp
サイト紹介文みなさんの恋バナもお待ちしてます\(^o^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/01/11 18:19

ふるきち さんのブログ記事

  • 第109話 鈍感な彼には好きな気持ちが伝わっていませんでした
  • ☆”好きならちゃんと好きだって伝えないと伝わらない”☆Yさんとの出会いは会社の飲み会でした私は50代の主婦です。28才の時のことです。 私は文房具の卸しと店舗を経営している会社で営業アシスタントとして仕事をしていました。私の仕事はパソコンの入力や電話応対、お客様にお茶も出しますし、郵便物の管理など会社の中にいるOLです。 ある時、会社の飲み会が開かれました。Yさんは普段、少し離れた店舗で仕事 [続きを読む]
  • 第108話 専門学生時代のアルバイト先での恋愛模様
  • ☆“告白されたから、で付き合わないで考えること”☆新しいアルバイトスタート、いろんな出会い私は今20代、主婦・アルバイトの身です。 専門学生時代のアルバイト先での出来事です。 とある飲食店でアルバイトを始めました。 専門学校に通いながらアルバイトをしていたのですが、ほとんどフリーターのような状態でかなりの頻度でお店にいました。 そうするとだんだん一緒に働いている人たちとも仲良くなっていきます。 [続きを読む]
  • 第107話 ダメ男とダメ女、離れては戻って
  • ☆“別れると分かる部分もあるのかも”☆お金はもらうもの、自分が可愛いダメ男現在30代。大学生時代に付き合った彼のことです。彼は自分が大好き。人が失敗すると、厳しい口調で文句を言うけど、自分が同じ失敗をすると棚にあげるのすごく上手。彼が私を好きだと言う。絶対自分の次以降だろう。でも、人に優しくするのは下手じゃない。顔はタイプ。背も私より高い。一緒にいて楽しい。ただ、お腹が超ー [続きを読む]
  • 第106話 好きになる人は一回り以上歳の離れた男性ばかり
  • ☆愛に歳の差は関係ないって本当だよ☆中学生の私が恋した相手は店長さん私は中学生の頃に古着が大好きで地元の古着屋さんによく通っていました。そこで一目惚れしたのが33歳になる店長さん。当時私は14歳なんとその歳の差は19歳。親には学校帰りに塾に行ってるふりをしては古着屋さんに通い店長さんと話をするのが私の楽しみでした。最初は洋服の話だけでしたが、通い詰めるうちにプライベートの話もするようになり [続きを読む]
  • 第105話 好意は誰に言われても迷うことなく贈ること!
  • ☆好きな人には必ず他に誰かからも思われてる!先手必勝。アプローチした方が勝つ。☆好きな人は鈍感でわかりやすくアプローチしないと伝わらなかった男性も女性もそわそわと浮足立つバレンタインですが、私の体験談としては、まずは相手に「好意を持ってます」アプローチをして期待を持ってもらいました。 私の意中の男性だった人は、同僚でしたがはっきりいって鈍感なタイプのY君。他の人に好意を寄せられていたりし [続きを読む]
  • 第104話 パズルのチョコはラブレターだった。
  • ☆女の子の気持ちを深く考えないと女の子は傷ついてしまう!☆付き合いだして初めてのバレンタイン彼女と交際しだして半年目、初めてのバレンタインを迎えました。彼女は当然のようにピンクの包装紙にラッピングしてリボンをつけた手作りチョコレートをプレゼントしてくれました。自分の部屋で、彼女の前でラッピングをはずし、ほとんど食べてしまいました。複雑そうに私の顔を覗き込んでいる彼女に美味しいよ。あ [続きを読む]
  • 第102話 フェイントで効果倍増、気持ち伝わるバレンタイン
  • ☆相手を想う気持ちが、相手を驚かすことができる。☆まずは見せかけのバレンタイン、既製品私は現在大学2年生で、これは大学1年生の時のことです。夏休み前から付き合い始めた、一つ年上の彼氏とラブラブな毎日を送っていました。しかしその当時、私も彼も授業が忙しくあまり会えない日々でした。特に私はちょうどバレンタインの日に提出の課題に追われ、正直チョコを手作りする余裕などありませんでした。それでも [続きを読む]
  • 第101話 あの日あの時素直になれていたら
  • ☆何でも人がくれる物には感謝するべきだ☆小学4年生、女子から手紙をもらう2月14日、バレンタインデー、どんな女性が私にプレゼントをくれるのか........ 果たしてくれる人がいらっしゃるのか...... 小学生の頃、どんな男の子が人気でしたか?私のなかでは、運動ができ、テストも優秀、ある程度、なんでも出来る子が人気でした。自分で言うのも変だが、私自身、テストはだいたい8割は点数を取り、走らせば、学年でも5本 [続きを読む]
  • 第100話 思いを伝えるのが遅すぎて相手に彼女が....
  • ☆好きになったらすぐ思いを伝えること☆春の出会い、そして一夏の思い出彼と初めて会ったのは大学三年生の春でした。相手は一つ上の大学四年生。私が一年生の時から所属していた音楽サークル、その春から入ってきたのでした。初めて話した時の印象は、「地味」。塩がおで、どこにでもいそうな平凡な服装をしていたため、大学内で再び遭遇しても、知り合いだって気付かないかも...と思った程度でした。そんな私 [続きを読む]
  • 第98話 バレンタインの思い出いろいろ。
  • ☆実る恋もあれば、実らない恋もある。☆初恋のバレンタイン中学生の私。中学2年生の時に、同じクラスの男子生徒に恋しました。完全な、片思いで、親友にしか話はしていませんでした。 バレンタインが近づき、教室の女子の温度も急上昇して、なんだか、男児もそわそわ落ち着かない感じでした。 私は、クラスの仲のいい女の子4人で、一人の男の子に、バレンタインのチョコを、みんなそれぞれで、渡そうという計画を立ててま [続きを読む]
  • 第97話 年上の彼は私の考えを上回っていた?!
  • ☆自分が凄く恥ずかしくなりました。☆これは去年のバレンタインの日の話です..私は20代前半で 当時付き合ってた方は20代後半でした。 バレンタインが近くなり勿論好きな人には 列に並んででも美味しく可愛いものや綺麗なチョコレートを渡したいですよね? 私もその中の1人で並んでチョコレートを買いました。 そして渡す当日。 ドキドキしながら渡したらとっても 喜んでいました。 私もその姿を見て喜んでいたのも束の間。 [続きを読む]
  • 第96話 手作りではりきって大失敗、でも幸せなバレンタイン
  • ☆無理に頑張ろうとしなくても気持ちは届く☆友達とバレンタインの相談をして手作りにすることに決めました私は、大学1年生の時に、本当に大好きな先輩に告白し、OKをもらって付き合うことになりました。それまで、自分が告白して成功したことはなかったので、本当に嬉しかったのを覚えています。そんな中バレンタインが近づいてきたので、同じく大学から付き合い始めた彼氏がいる友達とバレンタインの話をしました [続きを読む]
  • 第95話 今でも忘れられない、最高のクリスマス
  • ☆あれは僕がまだ20代前半の頃の話です。初めて付き合った彼女にクリスマス前に振られ、悲しい日々を過ごしていました。やるせなく、切なく、何をしても満たされず。それほどその彼女が好きだったのです。家に帰るのも空しくて、1人クリスマスイブの夜の繁華街を徘徊していました。回りはカップルだらけ。一人で歩いている僕は、指差されて笑われているようでした。その時、ある女の子が声をかけてきてくれました。 [続きを読む]
  • 第94話 20代半ばで仕掛けた恋愛。終止符を打つのも自分
  • ☆20代半ばだった当時。狙っていた9歳年上の男性。彼が参加する飲み会に参加し、最初は視界に入る距離に座り、お手洗いに席を立つタイミングで時間差で席を立ち、席に戻るタイミングでだんだんと席を縮めていきました。二次会に行くときには隣で歩き、もちろん二次会会場のカラオケは隣の席をゲット。騒がしい場なので、話をするために軽いボディタッチを含めて接近できるチャンスです。彼が私を気になっているのは手 [続きを読む]
  • 第93話 これほど空しい気持ちになった私の恋愛
  • ☆私は現在43歳の男性です。かれこれ十数年前になる30歳前後の時に私が生まれてから初めて付き合った女性の方がいました。その方とは学生時代の友人の結婚式の2次会で知り合って意気投合し、連絡先を交換してから後日に合う段取りをしました。私の第一印象としては笑顔がいい感じの子でした。何回か会ううちに私はその子に告白し付き合うことになりました。付き合ううちに私はその子に対してイライラすることが多くな [続きを読む]
  • 第92話 東京でデートとお台場や六本木、東京タワーなど
  • ☆これは15年前、当時彼女がいて、旅行の好きな彼女だったのでその旅行に付き合う事が多かったです。旅行先が東京で熊本から東京旅行とデートを楽しみました。東京に着いた後、彼女と一泊してその次の日に東京でデートを楽しむことにしました。最初いってびっくりしたのがお台場でお台場はクルージングの船があっていろんな番組の紹介コーナーなどありました。その彼女とデートをしているときにお台場でストリートライ [続きを読む]
  • 第91話 依存症にはご注意を!(年上元カレ)
  • ☆学生時代、趣味がきっかけで出会った元カレ。見た目はちょっと女性っぽいキレイ系の顔立ちでスタイルも良く、友達に間に入って貰ってまずは友達になる事に成功。友達になってから隙を見つけて私から告白。最初は当然というか拒否をされたものの、猛アタックにアタックを繰り返して付き合う事に成功!…したものの、元カレはその時学校を辞めて無職のまっさい中。遠距離だったためデートをするにもお金がなく、とにか [続きを読む]
  • 第90話 ネカマ疑惑と初めての年下の男の子
  • ☆これは私が17才の頃の話です。インターネットで趣味のチャットで3つ年下の男の子のA君と趣味の話で盛り上がり、お互い隣接する町に住んでいることがわかり一層盛り上がりました。その一方で私がチャットでは第一人称を「僕」と言っていた為にネカマ疑惑が出て、A君が友人のB君に私が本当に女の子かどうかを調べて欲しいと依頼したらしく私のパソコンにB君からメールが来てそこからB君とのやり取りが始まりました。 [続きを読む]
  • 第89話 切っ掛けは同じクラスで同じ趣味
  • ☆私は現在32才の女性です。これは私が高校1年生の頃の話です。彼と出逢ったのは私が高校に入学した時でした。自己紹介の時に彼の趣味と私の趣味が同じプラモデル作りとテレビゲームであったかとから意気投合し、彼の方から声をかけてくれました。それからと言うもの彼は毎日の様に私のことを気にかけてくれて、自転車で二人乗りをしたり彼から文庫本を貰ったりして楽しい時間を過ごしました。ある日、私がクラスの女子 [続きを読む]
  • 第88話 5歳年上の彼と内緒で社内恋愛をしていました
  • ☆今30代で、当時20歳くらいだったと思います。当時、専門学校を卒業して新社会人として不動産の営業職の会社に勤めていました。毎日残業で休みもなくとてもきつい仕事でした。同い年の彼氏がいたのですが、学生の頃から付き合っていて、社会人になってから休みが合わず、すれ違いから別れてしまいました。その後会社で課編成が変わり、その5歳上の先輩と同じ課になりました。デスクが私の向かいで、彼は会社一のセール [続きを読む]
  • 第87話 押せ押せアプローチで実った恋。実は・・・
  • ☆私は20代後半の女性です。今年の夏私は今の彼とお付き合いを始めました。今の彼と出会ったのは街コンです。最初は街コンにはまったくいいイメージがありませんでした。どうせチャラチャラした人しかいないとか、逆に気持ち悪い人しかいないなんて人が聞いたら街コンをバカにするなと言われてしまいそうなくらいマイナスなイメージを持っていました。いざ街コンに行ってみると全盛期ほどの盛り上がりはなく、男女合わせて [続きを読む]
  • 第86話 コスイベでの出会い、そして結婚
  • ☆今、自分は37歳。妻は先日30歳になったばかり。妻との出会いは5年前。趣味であったコスプレイベントで、自分はコスプレ半リタイア状態であったためコスイベスタッフとして、妻は常連のレイヤーとしてだった。以前よりコスイベでは顔を合わせたことがあり、お互いに挨拶程度はする間柄ではあったが、親しく話すまでには至らず、まあ写真などは撮影させていただく程度であった。その日、妻が友人と合わせをしていたのだが、 [続きを読む]
  • 第85話 初のクリスマスで初の彼女とのデート
  • ☆初めての彼女が出来て初めてのクリスマスだった為なかなかに気合いを入れた格好ででかけた、ちょっとおしゃれなレストランへいったり映画を見たりしましたただクリスマスだったためちょっと混んでいて2人きりではあったが緊張して手がつなげなかったのは若さ、最後はイルミネーションと花火のイベントへ行きました。20代で初めての彼女だったためどうしていいかわからなかったがネットなどで事前に調べてなんとかという感じ [続きを読む]