さつきとメイのパパ さん プロフィール

  •  
さつきとメイのパパさん: シングルパパの中高ダブル受験奮戦記大学受験編
ハンドル名さつきとメイのパパ さん
ブログタイトルシングルパパの中高ダブル受験奮戦記大学受験編
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/route106_bluesky/
サイト紹介文娘2人の2015年中高ダブル受験応援記として始めたシングルパパの日記の続編。大学受験編です。
自由文旧ブログ名「シングルパパの2015年中高ダブル受験奮戦記」。首都圏在住のシングルパパが、ごくふつーのサラリーマンをしながら、娘二人の中高ダブル受験を応援する日記として始めました。それぞれ某私立校に進学。その後は、続編として、中高受験の振り返りと入学後の様子に加えて、2018年大学受験奮戦記を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2014/01/12 20:42

さつきとメイのパパ さんのブログ記事

  • 2018年父の日
  • 6月24日(日)先週の日曜日は、父の日でした。毎年、この日はこちらが気を遣って、ニュースをつけなかったり、サザエさんを見なかったりします。父の日が、話題に上らないようにするためです。例年、父の日はスルーすることが慣例だったのでこんな習慣が身につきましたが、昨年は、テレビの話題に合わせて二人から一言ねぎらいの言葉が出て、何かホッとしたような気持ちになったことを思い出しました。今年も、さつきとメイは、 [続きを読む]
  • メイの夏休み海外チャレンジ準備(1)
  • 6月23日(土)次女メイがチャレンジ予定の海外短期留学。申込が済み説明会も終わり、あっという間に支払いと準備の時期になりました。さつきとは、行くエリアも内容も違いますが、共通するのはホームステイ&現地校体験です。短期留学生向けのサマースクールのようなものですが、現地校の生徒の授業に参加することが特徴です。さつきの時は、反抗期の真っ盛りで親子関係も良くなかったのですが、海外チャレンジをしてみたかった [続きを読む]
  • 大学受験の夏期講習について(5)
  • 6月22日(金)大学受験に関する夏期講習選びの中でも、ご相談を受けることが多い項目に「どの予備校のどの講師がいいか?」というものがあります。これについては、自分が知っている範囲も限定されますし、増して、さつきが実際に取るとか、体験授業を自分が聞いたとかいうケースで無い限り、さすがにコメントしづらいことは確かです。予備校の先生は個性豊かで、合う合わないは出てくると思いますので、体験授業などを有効に活 [続きを読む]
  • 大学受験の夏期講習について(4)
  • 6月21日(木)大学受験の夏期講習について。講座のレベル感という意味で、どのような取り方をしたか?を書いてみます。最も重要視したのは、「現在位置とゴールまでの距離感の認識」です。つまり、今の実力と必要到達点とのギャップを知ることを前提としました。大手予備校の通常授業は、多くの場合、難関大学コースは試験による選抜や振り分けがありますが、夏期講習や冬期講習は、申込順となることが多いようです。そのため、 [続きを読む]
  • 大学受験の夏期講習について(3)
  • 6月20日(水)多彩なメニューが用意される大学受験大手予備校の夏期講習選び方の経験を、前回に続いて書きます。自分でやるものと予備校の力を借りるものを、どのように分けて対応を考えるか。前回は、国語を例に、自分たちは「敢えて手を抜きがちな科目を入れて、結果に繋がったように感じた」ということを書きました。今回は、どんな配分としたか?について書いてみます。さつきは、第一志望を早慶に置き、上智をセカンドベス [続きを読む]
  • 大学受験の夏期講習について(2)
  • 6月19日(火)大学受験大手予備校の夏期講習は、多彩なメニューが用意されます。目移りする中で、どのような取り方をするか、迷うのも無理はありません。英語だけを見ても、諸々の要素を織り込んだ総合講座もあれば、長文読解、英文法、英作文などにテーマを絞ったものがありますし、レベルもそれぞれに分かれていたりします。加えて、特定の大学向けにターゲットを絞った演習講座があったり、医歯薬系専用講座があったりもしま [続きを読む]
  • 大学受験の夏期講習について(1)
  • 6月18日(月)大学受験に関する夏期講習選びについては、ご相談を受けることが多い項目の一つです。しかし、学力水準も性格も様々ですので、一つの正解はありません。有名講師であっても受講生によって好き嫌いもありますし、マッチするかどうかは人それぞれです。それでも自分の経験上、その年の受験生にとって夏期講習は大きなポイントとなると思いますので、少しでも皆さまのご参考になるように自分たちの経験をベースに書い [続きを読む]
  • 2019年大学入試センター試験まで7ヶ月
  • 6月17日(日)2019年大学受験生のセンター試験日程は、1月19日と20日。残り7ヶ月ほどになりました。2018年に大学入試を経験した我が家の実感としては、高校3年生になってから、まだ2ヶ月半しか経っていないという事実と、センター試験まで残り7ヶ月という二つの事実が、噛み合わないような、相反するような、そんな気がしてなりませんでした。2018年のセンター試験は、1月13日と14日。史上最も早い日 [続きを読む]
  • 高校生海外チャレンジの多さに驚く
  • 6月16日(土)先週、次女メイが、まだ時間的な余裕がある高校1年生の夏休みに、海外チャレンジをする決心を固めたことを書きました。さつきとは異なるメニューに応募しました。説明会に参加したのですが、多くの親子連れで一杯でした。さつきとは、行くエリアも内容も違いますが、共通するのはホームステイ&現地校体験です。短期留学生向けのサマースクールのようなものですが、現地校の生徒の授業に参加することが特徴です。 [続きを読む]
  • 2018年夏期講習申込
  • 6月15日(金)高校1年の夏休みに、溢れそうなほどイベントを抱えるメイは、予備校の夏期講習も予約申込を済ませました。今年は、まだ高校1年ということと、海外チャレンジをすることもあって、予備校の夏期講習は見送ってもいいのではないかと思っていたのですが、本人は、申込をしないことに不安を感じるようで、数を絞って少しだけ申込をすることになりました。まだ切迫感が無いので、気楽ではあります。昨年の今頃は、さつ [続きを読む]
  • メイの模試受験始まる
  • 6月14日(木)高校1年生のメイは、学校年度の第一四半期、初めての模試を受けることとなりました。学校開催と個人申込を1本ずつ。さつきの場合は、高1の頃は高校受験が終わったばかりで一段落した感が漂っていて、学校開催のものしか受けていませんでした。メイの学校は、学校開催の大手模試はありますが、さつきの高校ほど多くないので、高校受験をしていないことによる演習不足という要素も考えて、高1からある程度受けて [続きを読む]
  • あのマスターとの会話(3)
  • 6月13日(水)家族でお世話になっているお店のマスターとの会話は、さつきの大学受験に関して話をしているうちに、雑談に変わりました。マスターから、常連顧客の近況や噂話が、深すぎない程度に語られるうちに、さつきやメイの地元の同級生の話になりました。さつきとメイの友人ご家族の中にも、我が家と同じくお店に行く人が居て噂話がでます。その中で、さつきの同級生の話題が出ました。(マスター)「さつきさんは、同級生 [続きを読む]
  • あのマスターとの会話(2)
  • 6月12日(火)家族でお世話になっているお店のマスターとの会話は、さつきの大学受験に関して、「いや、それにしてもおめでとうございます。今度は、良かったですね。やっと、さつきさんが満足した終わり方をできて。完璧じゃないかもしれませんけど、何か足りないから、また頑張れるんじゃないですか?」という言葉で一段落し、一旦キッチンへ引き上げました。その後、デザートを出していただいて、食後のお茶を頂いたところで [続きを読む]
  • あのマスターとの会話(1)
  • 6月11日(月)タイトルを見て、「あのマスター」ではなくて、「あるマスター」の打ち間違いでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。あるいは、「あのマスター」って、誰?と思われた方もいらっしゃるでしょう。1年半前のラグビー早明戦の日、観戦に出かける前に馴染のお店に早めのランチに寄った際、ちょっとしたさつきのエピソ−ドを聞く機会があり、それを記事にしたことがありました。その時のタイトルは、「ある [続きを読む]
  • 先週の受験関連記事から
  • 6月10日(日)6月も中盤。受験イヤーを迎えている方とそのご家族は、徐々に残り時間が少なく感じられる時期だと思います。受験生とご家族の当事者意識が益々高まる時期ですが、先週、朝日新聞のネット記事に、受験関連の情報が出ていました。2019年度の大学受験戦線では、浪人生が増え、予備校の一部は入学制限をしたという記事でした。大手予備校の一角である代々木ゼミナールがサピックスと組み、近年、更に大規模なリス [続きを読む]
  • 夏休み海外チャレンジの決意
  • 6月9日(土)先日来、中間試験準備と並行してメイが悩んできた海外ホームステイと予備校の夏期講習申込の期限が迫りました。次女メイは、さつきの経験も参考にしながら、まだ時間的な余裕がある高校1年生の夏休みに、海外チャレンジをする決心を固めました。最終的に、さつきのメニューとは異なる学校の関与しているメニューに応募する見込みとなりました。早速、申込金を振込。親の方も、資金負担も含めて腹を決めることとなり [続きを読む]
  • 不機嫌の源を想う
  • 6月8日(金)今週の週初、ブルーマンデーに暗い話題は向かないと思い、さつきがアルバイト代で買ってくれた初めての差し入れのことを記事にしました。ただ、実は差し入れから、しばらく経った後のさつきは、とても不機嫌でした。友人関係、学業の関係、金銭関係など、いろいろと原因を考えていたのですが、ふと思い当たったことがありました。先週末の土日、6月2日と3日には、カレッジスポーツのビッグイベントがありました。 [続きを読む]
  • 分厚い夏期講習パンフレット
  • 6月7日(木)まだ高校1年生のメイは、夏期講習を取ると言っても口座数にも限りがあり、種類も限定的なので、それほど多くを選ぶことも無さそうです。一方で、受験生である高校3年生と浪人生向けのパンフレットは、どこの予備校もかなりの厚さで、読むだけでも結構大変です。特に拘りなく、総合講座のようなものを取るケースは、校舎と日程だけ合えばいいわけですが、科目や先生は多様なので、これらをしっかり選ぼうと思うと、 [続きを読む]
  • 受験生の悩み多き6月
  • 6月6日(水)このところ、コメントオープンにしたりしたこともあって、受験に関する悩みやアドバイスを求めるコメントやメッセージを頂くことが増えてきました。非公開を希望される具体的なケースは記事での公開は避けていますが、ポイントが似ていることがあったため、近いうちにリクエスト対応として記事にしようと思っています。ブログを書いているのが親なので、受験生ご本人によるリクエストは少なく、保護者の方からのもの [続きを読む]
  • 高校1年生の憂鬱(2)
  • 6月5日(火)高校1年生になって様々な負荷が増した次女メイは、高校進学後初めての中間試験を終えました。中高一貫校のため、中学3年からは高校領域の学習が始まっていたのですが、学習負荷がこれまで以上にかかっていて、危機感を持って臨んだ中間試験でした。見た目は熱心に準備をしていたのですが、結果は思わしくなかったようです。先生方が大きく入れ替わったというわけでもないようで、メイは、結果が伴わなかったことに [続きを読む]
  • さつきの差し入れ
  • 6月4日(月)先日、さつきは初めてのお給料(アルバイト代)を、銀行振込で受け取りました。そう多くない金額ですが、万の単位の収入ではあります。受け取った当日の嬉しそうな様子は、少し前に書きました。その少し後、食材を買って帰宅し冷蔵庫を開けると、中のスペースが狭く感じられました。あれ?思ったより冷蔵庫の中が空いていないな…。よく見ると、自分が買った覚えのない小さな箱が入っていました。箱を見ると、洋菓子 [続きを読む]
  • シングルパパの保護者会体験談(6)
  • 6月3日(日)今回は、「さつきとメイの学校の保護者会に関する共通点」について書いてみます。これまでの5回の記事で、さつきとメイの学校は、同じ私立校でも校風の違いが大きいことがお分かりいただけたのではないかと思います。保護者会や保護者会の委員会活動に参加する時間的余裕があり、更にご自身が積極的に参加したい方は、迷いも無いのではないかと思いますが、時間に余裕が無かったり、負担や摩擦が心配な方もいらっし [続きを読む]
  • シングルパパの保護者会体験談(5)
  • 6月2日(土)今回は、「保護者会に臨む際のスタンス」について書いてみます。さつきとメイの学校は、それぞれカラーの違いが大きいので、スタンスを変えて臨みました。まず、ひとり親家庭であることを開示するかどうか。これについては、積極的に役員を受ける方が多い方の学校では、開示を消極的にしました。ひとり親家庭は、かなりの少数派であることが推定されたからです。少なくとも、子どもの情報では「我が家の他に聞いたこ [続きを読む]
  • シングルパパの保護者会体験談(4)
  • 6月1日(金)保護会に出るだけでなく、委員や係を受けることのメリットもありました。確かに、負荷を感じたこともありましたが、一人で何かをやることはほとんど無く、チームで動くことが多いので、協力し合えば無理と言うことはありませんでした。自分の子どもに関する情報が、いつもと違う角度から入ったり、先生方との接点が増えたりして、学校のことがよく理解できる効果がありました。また、さつきが学校に不満を感じ始めた [続きを読む]
  • シングルパパの保護者会体験談(3)
  • 5月31日(木)今日は、学校ごとの保護者会のカラーの違いを書いてみます。さつきとメイの高校は別の学校ですが、保護者会の様子も、全く異なります。一方の学校は、積極的に役を受ける人は少なく、クラスの役員は、じゃんけんや籤引きになったりしました。また、もう一方の学校は、自立してなる方がほとんどで、様々な委員を保護者会の時に押し付け合うということは、まずありません。全く、保護者のスタンスが違います。ただ、 [続きを読む]