フィレンツェのユキ さん プロフィール

  •  
フィレンツェのユキさん: フィレンツェ 花より。。。生活
ハンドル名フィレンツェのユキ さん
ブログタイトルフィレンツェ 花より。。。生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuku810/
サイト紹介文花の都、フィレンツェより 花より。。。生活、実施中!
自由文イタリアはフィレンツェより
おいしい生活、お届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/01/12 22:32

フィレンツェのユキ さんのブログ記事

  • 悲しい現実...
  • クリスマス気分一色のフィレンツェの街中は、プレゼント選びの買い物に精を出す人でいっぱいです。そんななか、ぴょんぴょんと跳ね上がってみたり、手を大きく振ってみたり。こんな醜態を晒しているのは、この私です。生まれた頃から、背の低い順でいったら、一番前が特等席だった私には、この歳になったらそれすら寛容に受けとめ、だがしかし、誰かが撮ってくれた写真を見るたび、「ち、ちっちゃ〜 あたし」と再確認するばかりで [続きを読む]
  • オリーブオイルについて、ちょっと語ってみる...
  • 「ノンフィルター」、「BIO」、「D.O.P」...オリーブオイルの美味しさをあじあわずにして測るのにいろんな知識が邪魔をする時があります。私たちは皆、鑑定士ではありませんし、いや、鑑定士だとしても、実際には、味見もしたこともないオリーブオイルを見た目だけで判断するのって、すごっく難しいです。見ただけで判断できる人がいたとしたら...超能力者ですか???と言いたいです。霊感 、ヤマ勘 、第六感!そんなのがあったら [続きを読む]
  • 素敵なイルミネーションの裏道では...
  • 冬になると、極端に人通りが少なくなるイタリアです。寒いし、暗いし。クリスマスは、どこ吹く風の私でも、フィレンツェの街中のイルミネーションには目を奪われます。と言っても、全ての通りがキラキラ輝いているというわけではなく、からっ風が吹いてるような通りもあり、それというのも、全ては、その通りの住人たちの意気込みによって決められているようなもので、頑として、イルミネーションを取り付けない通りもあったりで、 [続きを読む]
  • どうしても分からない、美の定義...
  • SNSで、こんな画像が回ってきました。イタリアの女性で美容整形する人は、思ったよりも多くて、気がつけば、皆同じ顔になっていきます。なぜに、頬骨が張っていた方が良いのか、なぜに、タラコ唇が良いのか、私にはちっともその「美」の定義がわかりません。一度手をつけ始めた、その顔は、あっちこっちをシリコン攻めにしていきますが、そんな人たちだけが手にする魔法の鏡でもあるのでしょうか。どう見ても、前の方が良かった... [続きを読む]
  • よく聞けば面白い、テレビの話し
  • イタリアに居ると、ほとんどテレビを見ません。8年ほど前にデジタル放送となったイタリアの、チャンネル数は多けれど、いつもおんなじ番組を延々とやっています。好きで見ていた料理番組も住宅のリフォーム番組も「あ、これ、もう見たし...」と思うものばかりで、とうとう、見るのは、夕飯時のニュースくらいになってしまいました。だらだらと付けっ放しで見ているニュース番組は、いつしか政治番組に変わっています。興味がないと [続きを読む]
  • こんな季節に思うこと
  • 何年か前の、ミラノからフィレンツェへと向かう電車の中から撮った写真です。朝晩はぐっと冷え込む、ちょうどこんな季節だったかと思います。この季節のイタリアは、ふわっと霧に包まれていて、どことなく幻想的な感じがまた、妙に季節を感じさせ、それはまるで、今の自分もこんなかなぁ...なんて思ったりする事もあります。人生はカラッと晴れているばかりではないですから、あぁ、これから、どうしよう...なんて、その岐路に立つ [続きを読む]
  • オリーブオイルの話し
  • 「この暴風雨で、今年のオリーブオイルは怪しいなぁ...」そんなことをポツリと呟いた、いつもお世話になっている農家さん。私の2018年の搾りたてオリーブオイル探しは、そんな彼の一言から始まりました。干ばつでもダメ、ハエが大発生してもダメ!そして、今年みたいに、暴風雨でどっさりと落ちてしまったオリーブに大量の雨もダメで、つくづく、同じ味を作り続けることの大変さを感じます。そんな農家さんから届いた映像搾り取っ [続きを読む]
  • 消えてなくならない、国境線
  • 世の中は広がっているようで、案外、狭まっているのかな...という気がします。世の中、割と何処へでも旅行ができるようになり、ネットで瞬時に情報が得られ、会話に時差が発生しなくなった昨今では、もっともっと世界は近づいてくるものやと思ってましたし、そうだと疑わない人も多いかと思います。私は日本で生まれ、日本国籍を持ち、イタリアという国に住んでいます。今から何年か前、親に頼まずにしてもイタリアから日本の 自分 [続きを読む]
  • 日本は進んでいるのか?いないのか...
  • インターネットの普及からここのところのネットサービス事情はその機敏性がグンと増してきているような気がするイタリアです。基本、「ちゃんと出来ないに決まっている...」が、前提にあるイタリアで、ものの2日や3日でモノが届いたりする様は、大きく感動を呼びます。「おぉぉぉ、凄い、やるじゃん、イタリア!」もう、ベタ褒めな訳です。先日、南トスカーナまでオリーブオイルを探しに行った時、車を出してくれる友人の事情で、 [続きを読む]
  • サイバーマンデーって何???
  • 「サイバーマンデー」その日のメールの受信トレイに埋めつくされた「サイバーマンデー」の文字。もともと、「ブラックフライデー」なんてのが、イタリアでも使われるようになったのは、去年だったか、一昨年前であったかそんな事すら記憶に乏しくなっています。ブラックフライデーだから、金曜日の事だけど、月曜になっても、火曜になっても「ブラックフライデー」で埋め尽くされたイタリアのショーウィンドウは、それじゃあ、フラ [続きを読む]
  • なぜか相談されること...
  • イタリアに長く居るからか、なぜか、相談されることがあります。そんな中でも、最も多いのが、滞在許可証問題であったり、労働ビザへの切り替え。長く居るから、わかるか???という問題でなく、毎回のごとく変わるイタリアの法律には、過去の経験などまったくもって役に立たないのであります。かといって、「いや、そんなの無理だよ〜」とも言い切れず、「わかんないけど、試してみたら???」程度のアドバイスで、案外上手くい [続きを読む]
  • 今日は勤労感謝の日...という事で
  • 「一番記憶に残ってる仕事は?」そう聞かれたら、メルカートの仕事は、やっぱり外せません。一番長く働いた...って事もあります。が、もともと、接客業は向いてない、そもそも、会社員など向いてない...向いていないと思った仕事をしてきて、それが「今」に繋がっているのですから人生って不思議なものです。もともと、やる気などなかったものをやって、その、やる気のなかったものの中から面白味を見つけて、私自身がはまってしま [続きを読む]
  • 男女の役割
  • オリーブオイルの試飲会で出会ったお姉さんは、若い作り手さんです。隣には、お母さんが居て、彼女を一心に支えていました。この時、滞在したアグリツーリズモも実はオリーブオイル農家で、やっぱり娘さんが仕切っていました。「男女平等」が叫ばれて等しいですが、イタリアはマンマの国ですから、取り仕切る女性の力は強いなぁといつも思います。「女性」が「女性」が!と「女」の主張が強い昨今ですが、実はちょっとだけ違和感感 [続きを読む]
  • たった一人で変わる印象のこと
  • ある「国」のイメージって、案外小さなことから印象付けられる...そんな気がします。日本へ向かう飛行機の乗換えをした時の事です。初めて選んだオーストリア航空は、ウィーンでの乗り換えでした。乗り換え時間、約1時間半。行ったこともない土地であり、利用したこともない空港ですが極力、待ち時間を避けるために決めたフライトでした。「え〜ギリギリだね。」みんなからは、そう言われました。決めてしまったのですから仕方がな [続きを読む]
  • 東洋人顔
  • イタリアに居ると、私は「外国人」です。「東洋人顔」どんなに苦労したとて変わることのないこの顔に、あぁ、なんか...全然違う。と、なんだかガッカリした気分になったのは、一度や二度ではなく、その違いをハッキリと見せつけられた経験もしばしばで、それを人種差別というのかどうかは分かりませんが、明らかに違う時があります。東洋人の顔って、損なのかな???単純にそう思っていましたが、最近は、それが「得」なのかもし [続きを読む]
  • 美味しいオリーブオイルを探そう! ー頑張る人ー
  • Pitigliano(ピティリアーノ)という街の旧市街へ行くと、その週末に開かれていたオリーブオイル試飲会なる会場へと足を運びました。知り合いも全くいない、私にとっては、未開の地です。こんな風景についつい和んでしまいます...試飲会と言っても、仰々しいものではなく、気軽に誰でも入れる感じで、だがしかし、なんとなく緊張はします。どう見たって、私は「外国人」で、だからこそ、相手にしてもらえないことも多々あります。 [続きを読む]
  • 美味しいオリーブオイルを探そう!2
  • 思い切って、マレンマ地方に出向いた週末。シエナからオルチャ渓谷を拭って、最高の景色を横目に、山あいを抜けると、霧で真っ白で、あぁ、もうすぐ寒くなるんだなぁと感じます。Pitigliano(ピティリアーノ)という町は、フィレンツェから来ると近いようで遠く、どんなところ???と思っていると、目の前にパァっとオリーブ畑が広がっているのが見えてきました。この緑が好きです...さっきまでの霧は、すっかり晴れて、そこだけ [続きを読む]
  • 美味しいオリーブオイルを探そう!
  • 期待しているオリーブオイルがなかなか手に入らぬ中、この辺りで気に入ったものが手に入らぬのなら、トスカーナの南あたりを当たってみようと調べてみると、マレンマ地方のある町で搾りたてのオリーブオイルの試飲会をやる...との情報を得ました。行ったこともない場所ですが、未開の地を探るのも悪くはないです。何しろ、それまでの働いていた場所で得ている情報だけで判断するってのも限りがあります。同じトスカーナで、どれほ [続きを読む]
  • 見た目で判断しちゃいけない...という教訓
  • 「搾りたてオリーブオイルはまだですか???」いろいろな人に聞かれますが、本当に待ち望んでいるのは、この私です。ちなみに、私が探しているのは、本当に美味しいオリーブオイルです。地元でも比較的大きめなスーパーに行くと、山積みになって売られているいわゆる「搾りたてオリーブオイル」を最近になって見かけるようになりました。山積みになっているわりには、その種類は少なく、よくよ〜く見ていると、同じ生産者だったり [続きを読む]
  • そうして、平気で嘘をつく...
  • イタリア人と会話をしていると、時々コケそうな自分がいます。自分が正しい、正しくない!会話の内容はもとより、ほんのちょっとしたことですら、喧嘩みたいになることがしょっちゅうで、だからと言って、仲たがいするわけではなく、ただ、どうでもいいような内容でも議論に及ぶ...そんなイタリア人たちとの会話では、時々、こっちがあってるんだけどなぁ...と、ほぼ、99.999....%、こちらが正しいと思う話でも、「いや、そりゃ違 [続きを読む]
  • D N A
  • 友人に子供が生まれ数ヶ月経った頃に会いに行ってきました。知らないうちにお子さんができていることも凄いですが、DNAって凄いなぁ...と思います。お父さんにも似ているし、お母さんにも似ています。そんな私も、きっと、お父さんに似て、お母さんにも似ているのでしょう。ある日のお母ちゃんが「あんたのその足見ていると、腹が立ってくるのよ、お父さんに似ていて...」そんなふうに嘆いていました。「腹がたつって、あぁた、そ [続きを読む]
  • どうして私たちは学ばないのでしょう...
  • 「どうして私たちは、学ばないのでしょうか。」荒れ狂うイタリアの天気とその被害の状況を伝えているニュースで投げかけられた言葉です。ニュースでは、あちこちの被害を取りまとめて数十秒に収めるわけですから、それを見られた方はショックで「フィレンツェは大丈夫ですか?」と心配してくれます。ありがたいです。でも、フィレンツェは、大丈夫です。で、いつもなんですが、水害に弱い地域って、ある程度決まっていて、それは例 [続きを読む]
  • イタリア人は、イケメンか???
  • 「イケメンばっかりで、いいよね〜イタリアって!」日本に住んでる親友が、私にそうメッセージしてきました。「イケメン???」地元のイタリアン惣菜屋さんで、見かけたそうです。彼女からだけでなく、他の人からも、「イタリア人っていいよね!」言われます。イタリア人って、どうやら、カッコイイ!イメージがあるみたいです。それで、「いいね〜」言われます。「いいね〜」と言われても、私にはピンときません。それはなぜか? [続きを読む]