のすけパパ さん プロフィール

  •  
のすけパパさん: 47歳の私とワレンベルグ
ハンドル名のすけパパ さん
ブログタイトル47歳の私とワレンベルグ
ブログURLhttps://47w.ysb517.com/
サイト紹介文動脈解離からワレンベルグ症候群に。嚥下障害、歩行障害、温痛覚障害、視床痛、灼熱痛との闘いの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/01/13 08:32

のすけパパ さんのブログ記事

  • 視床痛緩和アプリ
  • 脳梗塞の後遺症では視床痛に苦しんでおられる方が多いと聞きます。私も時折おそってくる視床痛が、とてもとてもつらい時があります。今日は視床痛を少しは緩和できるスマホ・アプリを紹介します。視床痛の厄介なところは、特効薬が存在しないことでしょう。「視床痛に効く」と言われる薬はいろいろとあるようですが、自分に合う薬とめぐりあうまで、たくさんの種類の薬を試さなければなりません。幸いにも自分に合う薬とめぐりあえ [続きを読む]
  • ワレンベルグ症候群発症6年目
  • ワレンベルグ症候群を発症して6年目に突入です。発症した当時は「これからどうなるのだろう」と不安だらけでした。今でもすべての不安が消えたわけではありませんが、さすがに5年にもなると「後遺症慣れ」したところもあります。年に一回の「本ブログのお約束」ですが、現状を記録したいと思います。視床痛痛みは顔面の左側(梗塞発生側)にのみ発生します。感じ方としては「顔面からスライディングした後のひどい擦り傷」のような痛 [続きを読む]
  • 運動はじめました
  • ごぶさたです。味覚障害は無事に解決し、相変わらずの後遺症生活を送っています。駅から自宅への道のりには、ゆるやかなのですが少し長めの階段があります。元気な頃なら駆け足で上がれるような階段なのですが、今は上がっていると途中から息が苦しくなります。杖を使いながらの歩行なので、階段は上がるよりも下りる方が気を使います。足元を注意深く見ながら、一歩ずつ足と杖を動かして下りてゆきます。まだ転倒したことはありま [続きを読む]
  • えっ?味がしない!③(原因)
  • 味覚障害を突然に自覚し、病院へ行った話の続きです。病院でMRIを撮り、問題のないことが確認できました。不安だった脳は問題がないことに一安心なのですが、原因を特定しなければ不安は消えません。MRIを受けながら、味覚が消失した原因に考えを巡らせました。いくつか思い当たる節がありました。風邪一週間程前から風邪をひいていました。脳梗塞を発症してから、病気にならないように普段から注意しています。嚥下障害から薬を飲 [続きを読む]
  • えっ?味がしない!②
  • 味覚障害を突然に自覚した話の続きです。カレー屋さんで外食したら、味が感じないことに気づきました。すでに嚥下障害のある私ですから、味覚障害だけは絶対に避けたいことです。脳梗塞を発症して嚥下障害になったとき、当時は嚥下障害を楽観的に考えていました。きっと、しばらく訓練をすれば嚥下障害は回復すると思い込んでいました。(勝手に思い込んだだけですが……)それよりも味覚障害の事が気になっていました。食べられたと [続きを読む]
  • えっ?味がしない!①
  • 嚥下障害から食べられるものが限られるため、普段はかみさんがわたし用に作ったものを食べています。でも、家族サービスと気分転換を兼ねてたまに外食をします。その日はカレー屋さんで外食することにしました。からいものが苦手なので私はハヤシライスを注文しました。子供の頃からハヤシライスが好きでした。それもたくさんケチャップを使った甘めが好きです。そんな味を想像しながら、ハヤシライスを口に入れました。「あれ?」 [続きを読む]
  • これからの不安
  • 現在、私は52歳。47歳で脳梗塞を発症しましたので、もうすぐ6年になります。去年は母が亡くなり、先日父も亡くなりました。急に「人の死」を近くに感じることになりました。そんな中、「これからのこと」について考えることが多くなりました。健康に問題が出れば、不安を何も感じない人などいないと思います。経済的なこと、家族のこと、仕事のこと、自分の体や寿命のこと……不安の種はさまざまなのですが、今回は病気に関しての [続きを読む]
  • 電車の優先席にて
  • 私は歩くことが少し不自由です。外出する場合は、杖の世話になっています。電車ではつり革につかまることによって、なんとか立っていられますが、できれば座りたいと願っています。こんな私なのですが、優先席の方にはあまり行きません。私が電車の中で立っているのがつらいのは、足を動かすのが不自由な面があるのですが、バランスが不安定なことも大きいのです。ワレンベルグ症候群では、平衡感覚の障害が出ます。そのために電車 [続きを読む]
  • 心配性とストレス
  • 自分の脳梗塞の原因は、ひとつは間違いなく「ストレス」です。ストレスが原因と分かっていても、今なお日々ストレスが溜まります。なるべくストレスを溜めないように考えるのですが、それが逆にストレスになってしまうこともあります。ストレスを感じる原因は人によってさまざまだと思います。分かりやすい例では、人間関係過労睡眠不足気温や湿度、騒音などの環境進学、転職、結婚、出産などの日常の変化などがあります。ほかにも [続きを読む]
  • 電車の席と子供
  • 休日夕方の電車、子供が席に座っていて、親とおぼしき大人がその前に立っている情景を目にすることがあります。電車は少し混んでいるので、親が子供に席を譲っているのでしょう。この情景を見て、私はいつも悩んでしまいます。私が独身の頃、結婚していて子供もいる先輩と飲みながらこんな話をしました。【私】「休日夕方の電車、子供が座って親が立っているのは変だと思う」【先輩】「理由が分かるかい?」「休日ってことは、どっ [続きを読む]
  • 鼻水と汗
  • ワレンベルグ症候群は「症候群」と言うだけあって、いくつもの症状が現れます。視床痛や嚥下障害などの生活する上でつらい症状もありますが、大騒ぎするほどでもない症状もあります。今回はそんな症状である「鼻水」と「汗」について書こうと思います。鼻水は風邪をひいたり鼻炎やアレルギーでもないのに、寒い時期は一日中出ています。鼻からチョロっと出ていたり、時にはタラーっと垂れていたりします。鼻水が出るのは、わたしは [続きを読む]
  • 上を向くと目まいがします
  • 私は上を向くと「目まい」が襲ってきます。回転系の目まいで、これが起きると歩くことも困難です。上を向くと目まいが起きるのは、ワレンベルグ症候群では典型的な症状のようです。なぜ目まいが起きるのか、ちょっと疑問に思って考えてみました。発症後、インターネットで病気の情報を探していると「上を向くと目まいが起きる」と書いてありました。早速試してみると、たしかに「グルングルン」と目まいが起きます。発症直後に比べ [続きを読む]
  • 加熱不要のゼリーの素
  • インターネットで嚥下障害用の食品を探していましたら、気になる商品を見つけました。日清オイリオの「あっ!というまゼリー」です。なんと、加熱がいらないゼリーの素らしいのです。私も水分補給用ゼリーを自宅で作っているのですが、ゼリーにする液体は加熱しなくてはなりません。加熱と言っても「鍋でグツグツ」するのではなく、電子レンジで「チン」なので、それほど大変なわけではありません。でも、私は指の動きが少し不自由 [続きを読む]
  • 鍋物がおいしいですね……
  • 先日の大雪から関東地方も氷点下になる日が続いています。ホントに寒いですね。体の半分が温痛覚障害の私は、普段はあまり気温を感じないのですが、ここのところはさすがに寒いです。こんな日は鍋物がおいしいですね。元気な頃なら鍋物をつつきながら、熱燗で一杯と行きたいところですが、熱燗どころか鍋物も苦手になったわたしです。鍋物は水分が多いので、嚥下障害には大敵です。しかも、もしポン酢とかが気管に入ったら、死ぬ程 [続きを読む]
  • 大雪になりましたね
  • 昨日は大雪でした。関東地方は四年ぶりの大雪です。雪の被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。数日前から大雪のことは天気予報で騒いでいました。天気予報はたまに「大外れ」することもありますが、今回は予報通りでしたね。「予報通り」と言うより、予報よりもたくさんの雪が振りました。こちらも20cm以上積もっています。雪国の方ならこの程度の雪はビクともしないと思いますが、雪に慣れていない関東は今朝から [続きを読む]
  • 腹痛で目覚めました
  • 睡眠中に強烈な腹痛を感じて目覚めました。時計を見ると早朝の5時です。本来なら、もう二時間は寝られる時刻です。トイレに駆け込み、出すものを出しました。ブログにお越しいただいている皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。本年もマイペースにブログを更新しますので、たまにのぞきに来てくださいませ。新年早々トイレネタで失礼します。出すものを出したら、腹痛は治まりました。私はもともと [続きを読む]
  • 胸焼けの原因
  • 前回も書きましたように、私は軽い胸焼けが続いています。食事もとりたくないぐらいに、つらい症状ではありませんが、胸焼けは一日中感じています。この胸焼けの原因は、飲み続けていた薬の影響かとずっと思い込んでいました。どうも、原因はそれだけではないようです。脳梗塞を発症してから血液をサラサラにする薬を飲み続けていました。胸焼けを良く感じるようになったのは、脳梗塞発症から一年過ぎたぐらいです。最近、薬を飲む [続きを読む]
  • 口の中をかむと痛いよね!
  • 食事中に誤って口の中をかむことはありませんか?くちびるの内側や頬の裏側、ときには舌とかも。とても痛くて、血の味がするアレです。やってしまうと、食事を続ける気持ちがうせます。小さい頃、口の中をかむのは「胃の調子が悪いため」と親から教わりました。私はずっとそう信じていました。そのために口の中をかんだ後は、胃薬を飲むようにしていました。ここ数年、口の中をかむ頻度が高いと感じています。私は脳梗塞を発症して [続きを読む]
  • 温痛覚障害での注射
  • インフルエンザの予防接種を受けて来ました。脳梗塞発症前は予防接種を受けた記憶は子供の頃。発症後は毎年欠かさず受けています。体力や抵抗力が明らかに落ちたので、インフルエンザがとても恐怖です。予防接種や血液検査など、注射の類を行う時に「悩み事」があります。それは注射を「右腕に行うのか」、「左腕に行うのか」です。私はワレンベルグ症候群の温痛覚障害があります。体の右側は温痛覚が消失しています。ただ「痛覚が [続きを読む]
  • カメラの趣味
  • 元気な頃からカメラが趣味でした。もちろんカメラのコレクターではなくて、写真を撮る方です。一人息子が小さい頃は、もう毎日のように写真を撮っていました。出かけることも大好きで、家族と出かけると「写真係」になって撮りまくっていました。病気になってから、写真を撮ることが減ってしまいました。理由はいくつかあります。歩くことが不自由になので、出かけることが億劫になったこと握力が弱くなったので、重いカメラを手で [続きを読む]
  • 顔を洗うのは苦手で嫌い
  • ワレンベルグ症候群になって、障害からできなくなった動作はいくつかあります。幸い運動障害は軽度なので、普段の生活は目立った支障はありません。細かいことを言い出せばキリがないし、こんな話はネガティブな気持ちになりがちですが、少し気になっていることを紹介します。タイトルどおり、朝起きて顔を洗うのが苦手で嫌いです。理由は、「前かがみ」が深くできない洗面で立って顔を洗うためには、「前かがみ」の姿勢になる必要 [続きを読む]
  • ダメでも食べたくなるのが「からいもの」
  • ワレンベルグ症候群の特徴的な症状のひとつが温痛覚障害です。私もご多分にもれず、体の右側に発生しています。実は口の中にも温痛覚障害が発生しています。口の中の温痛覚障害、私はなかなか気付きませんでした。嚥下障害もあって、口から食べられるようになったのは発症から数か月後です。口から普通に食べられなかったので気付かなかったのも当然ですが、食べられるようになってからも、しばらく気付きませんでした。口の中の温 [続きを読む]
  • プラス思考で考えてみる
  • 大きな病気をすると、精神的なダメージも計り知れないものがあります。でもネガティブに考えても、落ち込むのは自分です。これからも生きて行かなければならないのですから、病気になった経験をプラス思考で考えてみました。人の優しさを感じる病気になってたくさんの方に支えられ、元気づけられました。もちろん家族や友人からの支えは大きいのですが、見ず知らずの方から優しさをいただいた時は心にとても残ります。元気な頃でも [続きを読む]
  • ワレンベルグ症候群発症5年目
  • ワレンベルグ症候群を発症してから5年目に入りました。最近の状態を残しておきたいと思います。あれから4年も過ぎたのに、激しい頭痛に襲われた「あの日」のことは鮮明に思い出します。「あの日」は生涯忘れることはできないですが、元気な自分も忘れることはないと思います。視床痛痛みは顔面の左側(梗塞発生側)に集中しています。痛みは不意に始まり、しばらくすると治まります。その痛みは種類があります。顔面から地面にスライ [続きを読む]
  • 動脈解離の原因
  • 発症してから4年が過ぎ、5年目に突入しようとしています。私のワレンベルグ症候群の原因は椎骨動脈解離からの延髄外側梗塞(脳梗塞)です。いまさら感はありますが、動脈解離になった原因を自分なりに考察してみたいと思います。この考察は発症から4年経過した今、発症前の生活を振り返りあくまでも自分の見解をまとめたものです。医師の意見を参考にしているところもありますが、すべてが医師の意見ではありません。したがって医学 [続きを読む]