画禅庵 さん プロフィール

  •  
画禅庵さん: 画禅庵ブログ
ハンドル名画禅庵 さん
ブログタイトル画禅庵ブログ
ブログURLhttp://gazenan.hamazo.tv/
サイト紹介文水墨画ギャラリー画禅庵 水墨画家佐々木鐵心のアトリエをギャラリーとして公開 開庵情報や鉋コレクションも紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/01/13 15:06

画禅庵 さんのブログ記事

  • 10月開庵日
  • 第83回 鐵心水墨画回顧展 「 鐵心傑作選 水墨画集第1集より 」 日時 10月26(木)〜31(火) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)同時開庵  第8回鐵心門人展 「二村穂心水墨画展」  画鬼庵 ギャラリー画禅庵 佐々木 [続きを読む]
  • 10月特別展
  • 第8回鐵心門人展 「二村穂心水墨画展」日時 10月26(木)〜31(火)午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画鬼庵  入庵無料第8回目の門人展として画鬼庵にて二村穂心先生の個展を開催いたします。南画を10年その後鐵心水墨画にほれ込み34年間、書き溜めた作品を中心に展示します。ギャラリー画禅庵 佐々木 [続きを読む]
  • 照明
  • 最近の美術館はどこでも少し暗めの照明になってきているのが分かる。作品の保護の為もあると思うがその方が古い画は特に趣があり落ち着く感じがするし好き。照明技術も発達してLEDで明るさから色合いまで自由に調整できるのでますます展示の方法も変わってくると期待してしまう。このギャラリーではそこまで出来ないが、ガラス越しではなくそのままの状態で鑑賞できるので墨の濃淡の奥深さを体験してもらえると思っている。ギャ [続きを読む]
  • 淡南と靄齋
  • 淡南と靄齋とタイトルを付けましたが読める方が少ないようで聞かれて初めて気が付きました。 すみません淡南(たんなん)と靄齋(あいさい)です。共に掛川の南画家で親類に当たります。師は木村半雨で互いに絵だけでなく様々な影響を受けていたと思われます。淡南は鐵心の絵の師であると同時に人生の師であると生前様々な話をしていました。今回展示の襖絵は淡南50歳頃の山水でそれぞれ見ごたえがあります。この機会に是非ご覧く [続きを読む]
  • 嵐牛俳諧資料館
  • 今月は嵐牛俳諧資料館より襖をお借りしての展示です。資料館は普段非公開ですが俳句にご興味がある方や資料をご覧になりたい方には公開しています。一度お電話で問い合わせください。 [続きを読む]
  • 山水の中を旅をする
  • 本日より「淡南と靄齋」開催中です。 淡南の四季山水図8点を特別にお借りしての今回だけの展示になります。山水の中に登場する人物に自分を重ね絵の中を旅してみませんか。鐵心初期作品も合わせて展示します。第82回 鐵心水墨画回顧展 「 淡南と靄齋 」 日時 9月23(土)〜25(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付) [続きを読む]
  • 9月開庵日
  • 第82回 鐵心水墨画回顧展 「 淡南と靄齋 」 日時 9月23(土)〜25(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)今回は掛川の嵐牛蔵美術館より、鐵心の師である榛葉淡南の襖絵をお借りして展示いたします。襖絵は四季山水図8点でそれぞれに見ごたえがあります。その他大石惠心コレクションから淡南の親類にあたる前田靄齋の作品も展示予定です。初期鐵心の筆遣いと共通する部分が見られます。  [続きを読む]
  • 介字点とは?
  • 今月ギャラリーは「水墨技法入門」として介字点山水を展示しています。水墨画をやられている方は何となくイメージできるかと思いますが、知らない人にとってはおそらく何のことやらさっぱりでしょう。簡単に言うと木を描くときに使う葉っぱの書き方の一つで、これは夏をイメージします。一種の記号です。春、夏、秋、冬とそれぞれに書き方がありそれがわかると見方も変わって楽しいです。ですから今回は夏の風景の展示だと思って来 [続きを読む]
  • 8月開庵日
  • 第81回 鐵心水墨画回顧展 「 技法入門 介字点山水 」 日時 8月26(土)〜28(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)山水画の基本「介字点樹法」を使った風景画を中心に展示します。夏景山水に使われる場合が多く、初期の真の技法から乱筆で描く草の技法まで、時代による変化にも注目ください。ギャラリー画禅庵 佐々木 [続きを読む]
  • 砂丘と海Ⅰ
  • 7月のギャラリー開催中です。昨日も暑い中お越しいただいた方々に感謝です。今日は曇りで昨日よりは少し暑さも控えめのようで少しホッとしました。ギャラリーは昔ながらの造りで空調設備はありませんが雰囲気で少しでも涼を感じてもらえたらと思います。喫茶では冷房を聞かせて涼みながらゆっくりしていただけます。本日も皆様のお越しをお待ちしております。第80回 鐵心水墨画回顧展 「 砂丘と海 」 日時 7月22(土)〜24( [続きを読む]
  • 7月開庵日
  • 第80回 鐵心水墨画回顧展 「 砂丘と海 」 日時 7月22(土)〜24(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)鐵心の作品の中でも少し変わった作品で砂丘のシリーズがあります。初め何を表現しているのかはっきり解りませんでしたが、砂丘シリーズとしての発想のメモがあり意味がよく分かりました。シリーズとして完成しませんでしたが一部作品と海をイメージする作品をご覧ください。 [続きを読む]
  • きくがわおんぱく №34
  • 本日きくがわおんぱくの「水墨画&墨流し体験とランチ」を行いました。6名様の参加で親子、友人、個人と様々な方にお越しいただきました。それぞれに楽しんでいただけたようで、ランチの時には体験の話からそれ以外の話までみなさんで会話が盛り上がっていたようです。これがおんぱく体験ならではの楽しみ方のような気がします。なかなか一回で納得のいく作品はできませんが、描いている時間と出来上がった作品は何にも代えがたい [続きを読む]
  • 竹に寅1
  • 鐵心の初期作品から晩年にいたるまでの竹作品を見ていただけます。基本の課題になりますので手本を含めて数百、数千と描いてきた画題です。 第79回 鐵心水墨画回顧展 「 竹に虎 」  日時 6月17(土)〜19(月) 午前10時〜午後4時 場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)ホームページができました。よろしければこちらもご覧ください。画禅庵ホームページ [続きを読む]
  • 6月開庵日
  • 第79回 鐵心水墨画回顧展 「 竹に虎 」 日時 6月17(土)〜19(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)基本の四君子「竹」を中心に鐵心独特の虎の絵を合わせて展示します。初期作品から様々な構図や技法の竹を鐵心独特の虎と共にお楽しみください。ギャラリー画禅庵 佐々木ホームページができました。よろしければこちらもご覧ください。画禅庵ホームページ [続きを読む]
  • 大河内蘇心水墨画展1
  • 今月は第7回鐵心門人展として「大河内蘇心水墨画展」を開催中です。バラエティーに富んだ楽しい作品が沢山ありますのでこの機会に是非お越し下さい。日時 5月16(火)〜21(日)午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画鬼庵(がきあん)  入庵無料地図2013/09/16地図画禅庵同時開庵 [続きを読む]
  • 大河内蘇心水墨画展
  • 第7回鐵心門人展 「大河内蘇心水墨画展」日時 5月16(火)〜21(日)午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画鬼庵(がきあん)  入庵無料第7回目の門人展として画鬼庵にて大河内蘇心先生の個展を開催いたします。今まで描き溜められた作品を中心にアイデアあふれる作品を展示します。画禅庵同時開庵ギャラリー画禅庵 佐々木 [続きを読む]
  • 5月開庵日
  • 第78回 鐵心水墨画回顧展 「 鐵心傑作選 (秀作展出品作品より) 」 日時 5月16(火)〜21(日) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付)平成元年より開催されている「全国秀作水墨画展」は水墨画の一層の普及、興隆を目的に流派を超えた組織によって運営されるという公募展で、鐵心もその趣旨に賛同し発起人として名を連ねました。その出品作品の中から内閣総理大臣賞受賞作品を中心に他受賞 [続きを読む]
  • きくがわおんぱく パンフレット
  • 今年も5月~6月にかけてきくがわおんぱくが開催されます。出来たてほやほやのパンフレットをギャラリーでも配布しています。パンフレットは去年よりコンパクトになっていますが内容は色々な企画がいっぱいで見るだけでも楽しいと思います。こちらでも水墨画体験イベントを開催いたします。詳細はこちらから(写真がでかくてちょっと恥ずかしいですが)今月最終日のギャラリーですが皆様のご来庵お待ちしております。きくがわおんぱ [続きを読む]
  • 歌舞伎 隈取
  • 本日より4月ギャラリー画禅庵開庵です。 今月テーマは歌舞伎の隈取のシリーズです。以前にも一度取り上げたテーマですが未公開のものが沢山ありましたので2回目の展示です。歌舞伎〈隈取〉歌舞伎は文楽から来たといわれている。人形の動作を人間が演ずるわけである。昔は庶民の娯楽であったものが今は格が上がってしまった。歌舞伎には種々な隈取がある。悪役は青隈、そうでない者は赤隈が用いられている。十年程前(昭和五十四年頃) [続きを読む]
  • レンゲ草
  • 今月の鐵心映像ライブラリーは「レンゲ草」です。このレンゲを水墨画でどのように表現するのか気になった方は実際に鐵心が描いていたところをスクリーンでご覧いただけます。ギャラリー画禅庵 佐々木 [続きを読む]
  • 4月開庵日
  • 第77回 鐵心水墨画回顧展 「 歌舞伎の世界(2) 」 日時 4月22(土)〜24(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付) 鬼瓦と並ぶシリーズ作品です。以前に一度展示しましたがまだまだ面白い作品が多くあります。40代前半の思いを込めた作品です。ギャラリー画禅庵  佐々木 [続きを読む]
  • 3月開庵日
  • 第76回 鐵心水墨画回顧展 「 建物 」 日時 3月18(土)〜20(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付) 鐵心は建築にもこだわり様々な発想でアトリエやギャラリーも一つの作品として作り上げました。図面やスケッチ等と共に水墨画で描かれた様々な建物も合わせて展示します。ご案内が遅くなりすみませんでした。ギャラリー画禅庵  佐々木 [続きを読む]
  • 鐵心回顧展 「建物」1
  • 本日より3月ギャラリー開庵です。今回のテーマは「建物」です。水墨画の中には様々な建物が登場しますが、今回は城や塔・民家等建物に注目して展示します。描き方や墨の濃淡によってそれぞれの雰囲気が違ってきます。鐵心の思いを込めたギャラリーの建築と共にお楽しみください。ギャラリー画禅庵 [続きを読む]
  • 鬼瓦でお遍路
  • 今月もあっという間の3日間です。本日午後から天気も不安定のようですがお時間がありましたらお出かけください。2月は毎年鐵心の鬼瓦の展示にしていますが、まだまだ未公開作品等もあります。ほとんどの鬼瓦は現地取材を元に絵にしていますが、今回展示の四国88ヶ所は描いた当時忙しく四国取材の記録がないことから、何かの資料を基に描いているようです。最後の鬼瓦シリーズとして描かれたこの作品は、鬼の表情と共にたらし込 [続きを読む]
  • 2月開庵日
  • 第75回 鐵心水墨画回顧展 「 四国八十八ヶ所 鬼めぐり後編 」 日時 2月18(土)〜20(月) 午前10時〜午後4時場所 ギャラリー画禅庵  入庵料500円 (喫茶付) 昨年に引き続き初公開の四国88ヶ所の鬼瓦を展示します。前回44ヶ所の鬼瓦を展示しましたが、今回は後半の八十八ヶ所まで展示します。鬼面以外の鬼瓦もありそれぞれたらし込みの妙技に味わいがあります。ギャラリー画禅庵  佐々木 [続きを読む]