マウントシャスタガイド さん プロフィール

  •  
マウントシャスタガイドさん: マウントシャスタ・ガイドのブログ
ハンドル名マウントシャスタガイド さん
ブログタイトルマウントシャスタ・ガイドのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mtshastatour
サイト紹介文マウントシャスタ・日本語アウトドアガイドによる現地ブログ。パワースポットから登頂体験まで。
自由文マウントシャスタは、クリスタルガイザーの採水地、またパワースポットとして知られるだけでなく、さまざまなアウトドアスポーツが初級の方から上級の方まで楽しめる場所です。

マウントシャスタ・トラベルでは、ホテルのご紹介、各アクティビティやガイドの手配、空港送迎ご案内、1日ガイドツアーを個人様から団体様まで広くご提供しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/01/15 15:33

マウントシャスタガイド さんのブログ記事

  • グルが亡くなったとき
  • 珍しくヨガのお話。 先々週、ひとりのグル(師)が亡くなられました。世界中にたくさんのグルがいますが、かといってその人物が「自分のグル」になるかは巡り合わせや運命なのかもしれません。 私がヨガを深く学ぶことができたグルは、ババ・ハリ・ダス師です。 亡くなられてからすぐに火葬され、その後13日間、お清めとお通夜を行い、13日目の朝にお葬式となります。この一連の葬儀は、カリフォルニア州のサンタクルズ近郊のリ [続きを読む]
  • 短編映画:『Stand/Still』〜すぐそばで起きている!
  • 先日ご紹介したイケメン俳優Shawn-Caulin Youngさんの短編映画の題名は『Stand/Still』。 ワールドプレミアということは、、、世界初公開!でした。 ショーンさんは俳優だけでなく、監督、プロデューサー、演技指導もされていて、この短編映画では監督をされていました。 『Stand/Still』は、人身売買がテーマ。たった5分の映画ですが、人身売買のさまざまな側面を知ることができ、またとても根深く、危険な問題なのだということ [続きを読む]
  • 映画:『Heart, Baby!』とイケメン米俳優
  • 今年もJefferson State Flixx Fest映画祭が始まっています。http://www.flixxfest.org/ この極北カリフォルニアに”ハリウッド”が集結する映画祭です。ドキュメンタリーからドラマまであらゆるジャンルの映画が上映されフィルムメーカー:プロデュース、監督、俳優さんたちなどが上映後にQ&Aをしてくれます。 今年で4年目になる映画祭ですが、昨年上映された映画:『Heart, Baby!』はこれまでで最高にインパクトがあった映画で [続きを読む]
  • ニューヨーカーとカンガルーレイク
  • カンガルーレイクです。 なぜ、アメリカ大陸にいるのにカンガルーなのか、それはまた調べておきます。 我が町から南西方向にあるカンガルーレイクは、ハンディキャップ仕様も完備したキャンプ&フィッシング・スポットで、マウントシャスタの観光スポットのキャッスルレイクのような高山湖です。でもマウントシャスタで拝見するヒッピー的な方々は皆無で、釣りを楽しむリタイア世代ばかり。真夏は、夏休みのお子様とママ友たちで [続きを読む]
  • 煙は遥か遠く、ボルダーピーク
  • 近所にボルダーピークという名所があります。思い立ってハイキングができるのがこのド田舎のいいところです。 今年7月しょっぱなから始まった近隣の山火事の煙ですっかり夏が台無しになり、ちょっと垣間見れた青空と、完全秋な空気に焦りを感じて、お友達たちと「今週末こそは!」と約束。このボルダーピークに登りました。ティーンズ2名を含む8名グループ。 Thanks to https://www.summitpost.org/marble-mountain-marble-rim/32 [続きを読む]
  • ユダヤ教初体験!
  • 3連休の週末、ポートランド郊外でユダヤ教の結婚式を初体験してきました。 「ユダヤ教徒じゃない上に僕(花嫁の父)が招待した友達は君たち(夫と私)だけだから」 と念を押されながら、前夜祭、結婚式、披露宴、翌日の門出(壮行)パーティの全てに有難く、しして粗相のないように参加させていただきました。 フッパ―という4つの棒で支えられたテントみたいなものが設けられ、その下で花嫁、花婿とその家族と司祭のラビが入り [続きを読む]
  • りんごのお持ち帰り
  • アメリカ産りんご=ダックスフンド6.5歳オスを次回は日本に連れていこうと決心しました。 これまで、留守中は彼の生家でママ犬ちゃんとガールフレンドとお泊り会をしてもらって、それなりに楽しんでいただいていたのですが、私たちへの愛の方が勝ったようで(笑)、前回日本に帰った3週間、なぜかりんごさんの精神は崩壊寸前だったとのことで、これはもう誰にもお預けできない、という結論に達したのでした。 次に日本に帰る予定 [続きを読む]
  • 見習いたいアメリカの慣習
  • 今週は2つ別々の件で”Thank You Card”をいただきました。 こちらに来て一番、身についていない自分を恥ずかしく、そしてこれは見習いたい!と思ったアメリカの慣習は サンキューカードを贈る事。 レターセットやカードを売っている文房具屋さん以外でも、ドラッグストアやスーパーのカードコーナーに必ず置いてあるThank You Cardです。 我が夫はこのThank You Cardをすごく大事にしていて、自分が送るのはもちろん、あの家の [続きを読む]
  • アメリカの行列のできるパン屋さん
  • この小さな町には「パン屋さん」は1件のみ。 ちょっと疑問符がついてしまうクオリティ。 この町というより、アメリカ全体の”ベーカリー文化”にちょっと疑問を感じます。おいしいパン屋さんがあふれる日本から来た人間として。パンがおいしくないから食べなくて太らなくていいんじゃない?と開き直りたいところですが、 このアメリカンベーカリー文化のスタンダードを変える人がこの町にいます、市長さんです。 パン屋さんとし [続きを読む]
  • 脱マンネリのパークヨガ!
  • 以前友人に、「回っている駒の上を必至にバランスを取りながら走っているようだ」と表現されたことがあります。 傍から見ればコメディですが、本人は真剣。一瞬、こう表現されたら普通は傷ついたほうがいいの?反省して変えた方がいいの?とも思ったのですが、本人は真剣に走って、バランスを取るという目的をかろうじて果たしているのでいいんじゃない?と、即、開き直ったのを覚えてます。 そんなことも今は昔〜、こんな田舎で [続きを読む]
  • マウントシャスタ登頂成功に役立ったこと
  • そろそろ「もうその話はいいよ」とおもう方もいるとは思いますが、まだ『マウントシャスタ登頂』のお話。 経験者から聞いた秘訣やアイデアで、インターネットでは(すべてを読んだわけではないですが)あまり見かけなかったけれど、参考にしたら登頂成功に役立ったことをご紹介しようと思います。 1.1週間前、少なくとも2-4日前から1日4リットルの水を飲んでおくと、高山慣れしやすい2.空気が薄くなって力がでないときは、吐 [続きを読む]
  • マウントシャスタ登頂達成!!
  • マウントシャスタ登頂にはいろいろルートがあって季節や難易度によって選べるようです。 今回はアヴァランチ・ゴルチ/Avalanch Gulchルートを登りました。たぶん一般的なルートです。 出発:バニーフラット 約2,097メートル(トレイルヘッド/入山口)ペースキャンプ:ホースキャンプ 約2,401メートル バニーフラットからホースキャンプ間は約2.6kmの道のり。最初の目標:レイク・ヘレン 約3,170メートル次の目標:レッドバンク [続きを読む]
  • マウントシャスタ/シャスタ山登頂チャレンジ その1
  • 以前予告しておりました6月11日のマウントシャスタ登山日を迎え、6月10日は山頂が厚い雲に覆われていて、飛んでもない強風が吹いていた様子で誰も山には入っていないと聞き、翌朝はどうなるのか、と戦々恐々としていましたが、11日は晴天でした。 ↑6月10日の朝↑それから雲は厚くなるばかり。。。 4,322メートルを登る、ということ自体に漠然と「大変なことだ」と思っていましたが、そういえば、天候って大事ですよね。。。 [続きを読む]
  • 準備ハイキング-マウントシャスタ登頂に向けて
  • 6月11日のマウントシャスタ登頂(を目指した)ハイキングのための準備を ようやく 始めました。遅いかもですが、Better than nothingというやつですね。やらないよりいいでしょ、と開き直って。 アスリートの方はよく使われる言葉かと思われる「コンディショニング」というもの、体力調整、体力づくり(というのでしょうか)を4000メートル+のマウントシャスタに登るためにやっています。 毎日1時間は山道を歩く、それから傾斜 [続きを読む]
  • ちゃんと活動してますアピール。。。
  • いつもヨガに来てくれる才女K女子は、最近どうやら地域再生プロジェクトでfacebookにページを作って地域のサービス、ビジネスについて投稿してくれているようです。 昨日、いつもより早く来てるなーと思ったら、ドアの外でポージングしろとの指示があり(ヨガポーズではなかった、ホッ)、いくつか写真を撮ってくれました。とりあえず日本で髪の毛をきれいにきっていただいてきた甲斐があった!というものです。あとはお腹をひっ [続きを読む]
  • こちらも桜咲きました
  • まだ五分咲きなのかもしれません。 ブワッと華やかに咲くまで数日でしょうか?こちらの冬が暖かかったので、咲くのは遅いし、咲き方も一気にではなく。 先々週まで日本に帰っていました。こちらに帰宅してもう1週間たちますが、朝3時に目が覚め、5時半くらいの朝ごはんを食べ、6時半ごろにまた寝る、という時差ボケ生活をまだしています。「6時半ごろにまた寝る」以外は修行のようでなんか気に入ってしまいました。仕事もこの朝3 [続きを読む]
  • ドラマチックな初春
  • 春が来ています。 日本でも桜が咲くと、、、とかお庭の変化でカレンダーではない「春が来た!」を感じられますが、こちらの「春が来た!」はもうちょっとドラマチックです。 まず、2月の中旬に鳥の声が聞こえ、ほのかに暖かい風を感じます。それにこの時期にグランドホッグデーがあるので、土の中にいたグランドホッグ(ジリス)が自分の影を見なかったら春、なんていう行事もあるので、節分みたいな区切りですね。 これで「春が [続きを読む]
  • 市議会のバトルの行方
  • バトル、熾烈でした(笑) というのは冗談。 対決の焦点である「なんでも反対の女性」が会議室の入ってきたときはちょっとヘビメタ調の音楽をかけたかった、くらい私の中で盛り上がっていたのですが。。。私の頭では”The Jerry Springer Show”のヴァイオレントシーンとかも期待。不謹慎この上ないですね、私。 残念ながら直接対決はなかったっ。ヽ(`Д´)ノ「反対」女性は、A4/レターサイズ4ページにぎっちりと思いの丈を綴り、 [続きを読む]
  • 市議会でバトるふたり
  • 母からの支援物資が届きました。支援物資は浅草寺のお札。。。それに付属してきた上の冊子は湘南だけでなく相模湾エリアを網羅する地域冊子。これを見て、帰国の際の”ごちそう”を妄想するのがここ数年の習慣です。 さて、メインのはなし。。。市議会というと、なんだかスケールが大きい印象ですが、人口750人の我が町の市議会は「公民館で町内会ミーティング」みたいな感じです。 小さい町なので、何かを申し出て、それが予算 [続きを読む]
  • 宗教家からみる無宗教者
  • ハッピー・バレンデインデー! アメリカ在住が長い日本人のお友達に不思議がられるのですが我が家はSee'sCandyが大好き。今年もSee's Candyをオーダーしました。私にとってSee's Candyって日本のメリーチョコレートとかモロゾフを思い出させるので、私も外国の人が日本で有名ブティックチョコレートではなく、モロゾフが最高って言われたら不思議になります。皆さんはどうでしょう? ところで、、、近所に、アメリカで俗に云う「 [続きを読む]
  • 自然に生きるって大変!
  • この前の夏、主人の友達のお子さんで私が一番大好きなお嬢さま14歳がパニック障害を起こすようになり毎日眠れない、集中できない、学校にいけない、動悸がする、ということでご家族でとても悩んでいる、という話を聞いていました。 高級住宅地に住み、制服のある私立学校でラクロスを楽しむお嬢様、お料理好き専業主婦のお母さん、会社の社長さんの子煩悩なお父さん、お兄ちゃんも優しくて秀才&スポーツ少年と絵にかいたようなご [続きを読む]
  • タコ・チューズデー
  • お散歩中に気の合うお友達に出会いました!りんご(左)、近所犬(右) さて、昨年、おもひでを振り返る木曜日=スローバック・サーズデーについて書きましたが、アメリカ人は他にもいろいろなことを曜日につけ込む(?)ようです。 タコ・チューズデー、もその一つ。 タコスを食べよう、な火曜日 週末までまだまだ先の火曜日はやる気も根気もなく、どうも後ろ向きになってしまう、、、のはアメリカ人も日本人も一緒かと。。。 [続きを読む]
  • 使えない英語 バナナ
  • ”Go bananas” これだけだとなんだか「チーム・バナナ、がんばれ!」ということかと思ってしまいますが 興奮しすぎておかしくなってしまう怒り狂ってしまうワイルドになってしまう という、意味で使われている口語。 あるゲイの俳優さんが使っていたのを聞いて、文脈でなんとなくわかったものの実際どういう意味なのか、他の人も使っているのかが気になって調べました。ちゃんと人々に認識されているフレーズのようです。 私には [続きを読む]