guch63 さん プロフィール

  •  
guch63さん: 映画と愛猫とオーストラリア
ハンドル名guch63 さん
ブログタイトル映画と愛猫とオーストラリア
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/guch63
サイト紹介文映画と愛猫、、まったり流れてオーストラリア、仕事の合間に映画か、映画の間に仕事なのか??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/01/15 11:36

guch63 さんのブログ記事

  • ”レッド・ドラゴン”(02年)
  • この映画はトーマス・ハリス原作の一連のハンニバル・レクター博士ものだが91年に公開された”羊たちの沈黙”の影になってしまい余り人気が出なかった。原作が書かれた順序からいくとこれが最初で81年に出版されている。そして”羊たちの沈黙”は88年で次の”ハンニバル”が99年、最後の”ハンニバル・ライジング”が06年に出版されている。映画化となると”羊たちの沈黙”(91年)、”ハンニバル”(01年)、”レッ [続きを読む]
  • さらば愛しき住人たちよ
  • この管理人業、遂に今月で丸8年が経過した。こんなに長くやる積もりは、、さてどうだったか。でも元気で働けるうちは”働かざるもの食うべからず”の我が家の格言通りで何時までやるとは決めていなかった。何となくここまで来てしまったと言うのが正直な感想か?でもご近所の”Resident Manager"に聞いてみると管理人の”平均寿命”はこのブリスベン北部地区の場合、4〜5年らしい。これには色々な要素があるそうで①家族の成長 [続きを読む]
  • 帝国の逆襲
  • あああ〜、、今日はブログネタがありません。このところずっと雨模様、、今朝も降ったりやんだりでもうこの4〜5日は”おてんとう様は何処へ行ったの?”状態、それでも雨の間を見計らって29号の細かい修理をやり電球や煙探知機の電気も取り替え壁のペンキ塗りまでやって明日越して来るおばちゃんの為に準備万端です。そして朝は7時からヤンキースの試合を、5回で4対0、こりゃ今日はダメかな、、、?と思いきやニューヨーク [続きを読む]
  • ”フェンス”(16年)
  • 良く映画ファンの間でも”良い演技とはどんなものですか?”と話題になることがある。この映画の二人、デンゼル・ワシントンとヴィオラ・デイビス、これがその見本になる素晴らしい演技ですよ、っと断言しても誰からも文句は出まい。それ程に主演二人が見事な映画である。元ネタは83年に発表された戯曲で背景は50年代、アメリカは東部、鉄鋼で栄えているピッツバーグである。監督も主演もデンゼル・ワシントン、、そしてプロデ [続きを読む]
  • ”ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツ”(16年)
  • この映画は映画館へ見に行きたかった、、でも気が付いたらもう終わってたし結局そのまま、、何せこの人生、初めて食べたハンバーガーは、、う〜ん、何処だったかな?ニューヨークはリバーデールと言うブロンクスの町で食べたのが最初だったかも知れない。無論、まだマクドナルド等の大手チェーン店はなかったしハンバーガーは何処の”ダイナー”でも手軽に食べれる定番メニューだった。街には”チャックフルオブナッツ”とかのチェ [続きを読む]
  • ”アラモ”(60年)
  • この”アラモ”、60年度版はジョン・ウェインが主演、監督、プロデューサーと一人で三役をこなした70mm西部劇大作でもう50代となりそんなに若くはなかったがそれでも人気絶頂の頃に作られたものだ。共演にはローレンス・ハーヴェイ、リチャード・ウィドマークなどで興行的には失敗だった、、と後年配給元では述懐しているが繰り返し繰り返し放映されているしテキサス州独立を目指した”悲劇の独立戦争”として史実を上手く再 [続きを読む]
  • ミラーとタイヤ
  • ちょっと連続して災難が、、すぐ近所だったが走行中に後ろからすっ飛んで来たバイク野郎、、どうも後で聞くと確信犯で最初からその積もりだったようだが蛇行しながら車体の横をすり抜ける。そのタイミングで運転席側のサイドミラーにぶつかり破損、うちの車だけじゃなくて信号で停車中だった前後の車4台くらいを次々とサイドミラーだけを叩き落として行った、、やられた当事者が一斉に追おうとしても数珠つなぎに停まっているので [続きを読む]
  • ”グリーン・カード”(90年)
  • これはちょっと忘れていた映画だ。主演はフランスのジェラール・ドパルデューとアンディー・マクダウェル、そして監督がシドニー生まれのピーター・ウィアーでジャンルとしてはロマンスになるかな?海外生活をしているとこの”グリーン・カード”と言うのはどうしても気になる代物である。この場合はアメリカ独特の呼び名だがさてオーストラリアじゃ何と言ったか、、別にカードはなくて単に”永住権”って言われているかな?確かに [続きを読む]
  • リメイクされた犯罪映画トップスリーは?
  • 犯罪映画限定らしいのだが”これまでにリメイクされた歴代トップは?”と言うタイトルの投票があった。日本の衆院選は投票出来ないので此方のは早速清き一票を投じて来た。まあどんな候補者がいるのか判らないと投票のしようもないのだが、、以下がトップに選出された映画です、、;1位 ー ”ディパーテッド”(06年)マーティン・スコーセッシ監督で主演がレオナルド・デカプリオ、マット・デイモンら、、オリジナルは香港映 [続きを読む]
  • guch版”桃栗三年柿八年”
  • っとまあ”桃と栗は芽が出るまで3年、柿は8年”かかると言うことで実に日本語的で的確な表現だ。”3 Years For Peach & Chestnut、Further 8 For Persimmon"と英語に置き換えたって何のことかさっぱり判らないぜ。うん、この諺を自身に当てはめるとオレはやっとこの管理人業、これまでは試運転期間でこれからが本番って事になるのかぁ?そりゃ困ったぞ、、。なんですがワタシはもうれっきとした後期高齢者の一員なんだし見習い [続きを読む]
  • 許可されざる者
  • 訂正です。この記事を書いたのは賃貸人が決まる前日でしてこの後に”待てば海路の、、”にたどり着きました。土曜日の午後、野球中継の真っ最中。ドアにどんどん、、とノックが、、住人からの苦情か突発事件かな〜、と出てみると若い二人が玄関先に立っている。”外に賃貸中の看板があるんですがぁ〜、、”おっ、お出でなさった、だから週末と言え油断大敵なんだ、確かに探している方は自分の休みに合わせてウロウロするので無理も [続きを読む]
  • 待てば海路の日和があった、、、
  • やりました、、やりました。思わずあの某国の刈りあげロケットマンみたいに自分で拍手してます。日曜の午後、、そろそろ日が落ちるかと思う頃に携帯電話がビリビリビリッと鳴る。実際は4回も鳴っていたようだが野球を見るのに忙しくて放り出してあったし気が付かなかったのです。ひょっと携帯を手に取ると受信記録が、、そこで慌てて折り返し掛けてみると、。先日”今度は入居する本人を連れて来ます”と言いつつそのままになって [続きを読む]
  • ”コンドル”(75年)
  • 久し振りに見た”コンドル”、、原題は”Three Days Of The Condor"と言ってこの”コンドル”は主演のターナー(ロバート・レッドフォード)の暗号名だ。邦題が”コンドル”だけだったとは40年以上が経過して始めて知ったかも?ジェームス・グラディの書いた原作は”コンドルの六日間”で映画より”三日間”少ない、、まあ三日間に集約して作られたんだと思うが”コンドル”だけの邦題じゃ何の事やら判らない。せめて”暗号名はコ [続きを読む]
  • 走り来る人々
  • 又もやミステリー談、、一昨日ちょっとインド系の訛りの強いおばちゃんからの電話、でも賃貸募集中の看板に書いてあるのは固定電話なのに何故か携帯電話にかかって来た。おもむろに出てみると、、”賃貸中の物件があるって?3寝室の物件を探しているんですが、”との問い合わせだよ。”ハイハイハイ、、ありますよ。何でもご希望のお部屋を取り揃えてますよ”っで家賃を言ってどんな風か一応説明をする。”是非、見に来て下さいな [続きを読む]
  • Hunt For October!!
  • アメリカンリーグ ー プレイオフ日程10月6日 レッドソックス VS アストロズ (ヒューストン) 2ー810月6日 ヤンキース VS インディアンズ (クリーブランド) 0ー410月7日 レッドソックス VS アストロズ (ヒューストン)10月7日 ヤンキース VS インディアンズ (クリーブランド)10月9日 アストロズ VS レッドソックス (ボストン)10月9日 インディアンズ VS ヤンキース (ニュー [続きを読む]
  • イシグロ・カズオ氏にノーベル文学賞が、
  • これは実に嬉しいトップ・ニュースだ。イシグロ氏(石黒一雄)は長崎出身の日本人、1960年、5歳の時に両親と共にイギリスに渡り82年に処女作、”女たちの遠い夏”でデビューした。その処女作がいきなり王立文学協会賞を受賞、更に次作の”浮世の画家”(86年)では生まれ故郷の長崎をイメージさせる背景を舞台に戦前の思想を持ち続けた日本人を描いた。そして89年には”日の名残り”を発表、、これはイギリス文学界に於 [続きを読む]
  • 理由ある反抗
  • この問題が収まらない。うちと同じ形態で建設されたお隣の”トスカニー・ヴィラ”と言う集合住宅、うちの32軒に対し向こうは36軒とか、でもうちより5〜6年は古いのだ。そしてその境界線にある”フェンス”、これが全長200mあるがかなりの箇所で老朽化が激しく昨年その半分を取り替えたのだ。双方で総額を折半すると合意して業者に委託、工事はもうとっくに終わっているのだが何と境界線を向こう側に20cm程押し込んで建 [続きを読む]
  • ヤンキースがワイルドカード試合に完勝
  • 10月のこの季節、もうこれを見る為に一年頑張って働いてると言っても過言ではない。メージャーの今シーズン162試合を終わり西部、中部、東部夫々から優勝したチームが出揃い同時に勝率の高い上位2チームがワイルドカード選出として一試合だけ戦うのです。その試合、相手は中部地区で優勝したクリーブランド・インディアンズに次ぐ勝率を挙げたミネソタ・ツインズそれの一発勝負の大試合でした。いきなり先頭打者ホームランで [続きを読む]
  • 明るくなるまで待って
  • 丁度夕食の支度をしている最中、いきなり外から”ガック〜ン”とヘンな音がしてその直後、バッと一斉に停電だ。慌ててみたがもう後の祭り、パソコンもダウン、書いている最中だった記事もそのまま消滅、オーストラリア先進国とは言っても実にこれが多いのだ。”オイ、メシはどうする?”とは言っても未だ調理の途中、準備が整ってない。準備が出来ているのは腹のなかだけ、。じゃあ”明るくなるまで待つか?”、、と言い出す前にパ [続きを読む]
  • ”ホームランド”(11年〜)
  • ”ホームラン”は野球の醍醐味、華であるがメージャーも今日の試合で全162試合が終わりだ。辛うじてヤンキースがワイルドカードで一試合をミネソタ・ツインズとやりもし、、もし勝てばアメリカン・リーグの優勝決定戦に進出出来る、、。その”ホームラン”を”ホームランド”に置き換えて遅ればせながらアメリカで放映されているシリーズを見始めた。確かエミー賞を取ったドラマでテロとの戦いを描いたもの、、以前の”24”の [続きを読む]
  • 昼下がりの冗談
  • あっと言う間に10月だ、ブリスベンじゃこれから春先とか言っているが昨日はもうとっくに30度を突破、春は冗談と共に去っていった気分で昼からは冷房ガンガン、それが今日は一転26度に急降下、肌寒いのだ。半ズボンで裸足だったのが今日は慌てて長ズボンに靴下と完全装備、しかも珍しく日が射さないので寒い。金曜、土曜と現役時代を思い出すような仕事ぶりだったのでこの日曜はナニもせず、炊事、洗濯、掃除もせずに電話番に [続きを読む]
  • 管理人と顔のない依頼人
  • 今回は顔を見せずに掛かってくる問い合わせの電話が多いのだ、、ネットに賃貸募集中の広告を出すとそれこそ冷やかし客が半分以上でそんな”顔のない依頼人”ばかり増えちまう。以前に経験しているのでそれ以来ネット広告は一切やらずひたすら表通りに出した看板だけが頼りだ。にもかかわらず電話は来てもどうもその先が、、家賃を聞いただけですぐに切っちゃうヤツもいるし、しかし電話ってのは何時掛かってくるか判らないので結局 [続きを読む]
  • そして誰もやって来ない
  • 先週だったか電話して来たおばちゃんと珍問答をやったのだが、、昨日はその娘さんってのが電話して来た。うん、こりゃかなり脈ありかな、、やはりご主人を亡くして一人住まいってのは間違ってなかった、平屋で寝室が2部屋あれば充分とか、、でも先日提示した家賃がちょっと予算に収まらないとか、多分年金支給額との兼ね合いだろう。そこで最初の6ヶ月は360ドルに下げて再交渉だ。かなり感謝していたのだが口先だけなのかな、 [続きを読む]