ぷ〜どるファイト さん プロフィール

  •  
ぷ〜どるファイトさん: アルモリックのブログ
ハンドル名ぷ〜どるファイト さん
ブログタイトルアルモリックのブログ
ブログURLhttp://armorique.blog.fc2.com/
サイト紹介文鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/01/15 22:08

ぷ〜どるファイト さんのブログ記事

  • 自家製のアイスクリーム
  • アルモリックではアイスクリームを自家製手づくりで販売しております。アイスクリームは出来上がったときが一番おいしいのでTwitterで出来上がるチョッと前にお知らせをするようにしています。時にはお店が立て込んでいると完成してからツィートすることもあります。店内のお客様は最優先なのです。最近やっと出来たてのアイスクリームを美味しさがお客様に伝わったようです。出来たてのアイスクリームがそのまま冷凍保存という残 [続きを読む]
  • チャレンジャー(挑戦者)
  • 鎌倉市農協連即売所(れんばい)に行ってきました。買ったのは「プーリア地方のキュウリ」です。スイカ並みにズッシリと思いです。メロンとキュウリの境界線がよくわかりません。「カロセッロ(carosello)」が正式名称のようです。鎌倉の農家はチャレンジャーです。毎年のように新しい野菜をみることができます。鎌倉野菜というブランドが根付いた理由がよくわかります。今日はお店が休みなので明日サラダにつかう予定です。初め [続きを読む]
  • 人の気持ち
  • 久しぶりに涼しい一日でした。朝の散歩に行くとちょっと肌寒いくらい。体がすごく楽でした。「涼しいから今日はお客さんがたくさんくるのでは?」と思ったのですが結果は猛暑の日よりも人影まばら。人の気持ちはわかりません。鎌倉が観光地だからなんでしょうか?写真は朝6時30分くらいの材木座海岸です。サーファーがたくさんいました。 [続きを読む]
  • 鎌倉の海に鯨の死体が打ち上げられて大騒ぎです。全長が10メートルくらいの鯨の子供の死体だそうです。めったにないことなので大騒ぎは当然です。でも映像にしてニュースに流すのはどうかと思います。死体なんだから。生きているうちは放送してもいいと思う。助かる可能性があるからね。でも事故にあって死んでしまった生き物の死体はダメなような気がします。しかも子供だし。。。かわいそうな話です。 [続きを読む]
  • 紫蘇(しそ)ソーダのレシピ
  • 材料紫蘇の葉っぱ 500水 2リットル砂糖 500酢(リンゴ酢) 500手順①葉っぱをあらって沸騰したお湯にいれる。②15分煮る。③葉と汁をわける。葉っぱをしぼって汁を切る。④汁に砂糖を溶かす。⑤沸騰させてアクをすくう。⑥酢を加える。⑦冷やして保存。お好みの濃度でソーダで割ります。だいたい1対1くらいがちょうどいい濃さだと思います。ソーダではなく水で割ってもいいと思います。 [続きを読む]
  • ガスパチョ
  • ガスパチョを作りました。今日のサラダとして販売いたします。トマトベースの冷たいスープ。暑い日には最高です。ガスパチョはスペイン発祥の料理です。一般的にパンを入れることが多いのですがアルモリックのガスパチョはパンは入りません。 [続きを読む]
  • 明日の朝は少しは涼しいかも
  • 夜の11時くらいに雷雨がありました。深夜だから夕立とは言わないと思います。短期間でかなり降ったのではないでしょうか。町全体に打ち水がされたわけだから明日の朝は少しは涼しくなるかもしれません。毎朝6時くらいに犬の散歩に行っています。早朝でも日が昇るとかなり暑い日が続いています。明日の朝の散歩は爽快であることを期待します。 [続きを読む]
  • 違いをおわかりいただけますか?
  • 味を文章で表現するのは難しい。もし出来るとしてもそれを信じてもらうものも難しいことだと思います。「出来たてのアイスクリームがアイスクリームの一番おいしい状態」これが私の持論です。事あるごとに出来たてのアイスクリームが美味しい理由を説明していたのですが、今ひとつ伝わっていない気分でした。そして昨日ふと思いついたのです。「出来たてじゃないアイスクリーム」と「出来たてのアイスクリーム」を並べて写真を撮れ [続きを読む]
  • 農産物だから多少のバラつきはあるはず
  • 日本酒の酒蔵の娘さんの話を聞いたことがあります。ワインはその年毎にブドウの出来・不出来で味が変わるのが許されるのだけど日本酒は許されない。毎年、安定した味を出さないといけないらしい。材料はどちらも農産物なので多少のバラつきはあって当然。西洋と日本はだいぶ考え方がちがうようです。 今年から「紫蘇(しそ)ソーダ」を販売しています。鎌倉市農協連即売所(れんばい)で紫蘇を仕入れて作るのですが農家によって紫 [続きを読む]
  • 朝のアルモリック
  • 「海の近く」という名前のフリーペーパーでお店を紹介していただきました。このフリーペーパーがなかなか面白い。お客様にもファンがいてバックナンバーが欲しいとのこと。それくらいに内容がしっかりしています。アルモリックを選んでいただいた理由は朝の9時から営業しているから。8月号は朝ごはんの特集なのです。毎朝、鎌倉市農協連即売所(れんばい)に野菜を仕入に行っていることが気に入られたようです。10ページ目にアルモ [続きを読む]
  • ディアボロ
  • シロップをソーダ水で割った「ディアボロ」という飲み物があります。ミント味と石榴(ざくろ)味が一般的です。今回は鎌倉市農協連即売所(れんばい)で購入したブルーベリーで作ったシロップを使いました。ブルーベリー味のディアボロです。スーパーカーのランボルギーニは「ディアブロ」です。ちょっと間違えやすい。 [続きを読む]
  • 台風接近
  • 台風接近の午前中はそれほど天気は悪くありませんでした。むしろ涼しくてすごしやすいくらい。でも鎌倉は観光地なので人は少ない。残念な土曜日でした。台風接近だから仕方がないか。。。 [続きを読む]
  • フロランタンとパルミエ
  • 今日はここ数日に比べて涼しい日でした。このタイミングの逃してはならないと思ってお菓子を2種類作りました。基本的にお菓子作りは室温が低いほうがいいんです。特にバターを使うパイ生地は作業をする室温は20℃以下が理想的です。でも今の季節はそれは無理なので冷房を効かせて手早く作業をして対応します。今日作ったのは「フロランタン」と「パルミエ」です。在庫がまったく無くなっていたので今日の天気には感謝です。外気温 [続きを読む]
  • 大邱苑
  • 個人で飲食店をやっていると同業者が廃業するとかなりのショックを受けます。自分が気に入っている店だとなおさらです。逆に「まだやっているのかな?」と思った店が健在だと、とてもうれしい。15年前は群馬県の新町に住んでいました。そのときによく利用していたのが「大邱苑 」という焼き肉屋です。「大邱苑 」は個人経営の焼き肉屋です。大々的に宣伝費をかけるチェーン店ではないので味で勝負の店といっていいでしょう。15年前 [続きを読む]
  • バナナがすぐに完熟する
  • アルモリックはクレープ屋なのでバナナは絶対に必需品。バナナはご存知だと思いますが室温に放置すると熟成が進んでいく果物です。長持ちさせたい場合は個々にビニール袋などでくるんで野菜室に保管するのがよいらしいです。ところが厨房の冷蔵庫には野菜室がない。保冷バックにいれて冷蔵庫に保管していたこともあるのですが味が悪くなるように思えました。たぶん庫内の設定温度が4℃なので冷やし過ぎなのでしょう。結局、味のこ [続きを読む]
  • 噂(うわさ)
  • 噂(うわさ)レベルの話です。ウチの犬が血尿を出すようになってしまいました。12歳なのでいろいろと不具合がでる年齢です。獣医に見てもらったら海岸の砂が原因かもしれないとのことです。海岸の砂はあまり清潔とはいえないらしい。その理由があって、鎌倉の海岸は砂が減少した分を他所から搬入しています。その他所からの砂があまりよくないとのこと。ただいま血尿の原因究明中なので海岸の砂が悪いとは断言できませんが注意する [続きを読む]
  • ババロアを作りました
  • 久しぶりにババロアを作りました。型にいれて抜くのは初めてかもしれない。アントルメの材料につかうときは冷凍にして組み込んだりします。または流し込んでそのまま固めておしまいのパターン。型に流して固めた後に抜けるか?と不安がありましたがなんとかなりました。お湯で周りをあたためて少しだけ溶かして抜くわけですが加減がむずかしい。「抜けない」とおもって温めすぎると溶けて型の模様がきれいにでません。同じ型をつか [続きを読む]
  • 紫蘇(シソ)のソーダ
  • 毎年、夏になると自宅用に「紫蘇のソーダ」を作ります。鎌倉市農協連即売所(れんばい)で買った紫蘇でジュースを作って炭酸水で割ります。紫蘇ジュースの作り方はいろいろあるのですが、酸味はリンゴ酢でつけています。夏の暑い日は爽やかな紫蘇の香りと酸味がとてもいい感じです。この暑さなのでそれなりに需要もあると明日(7月20日)よりお店で販売します。紫蘇のジュースは汗をかいたときに飲むと疲れないらしいです。炭酸が [続きを読む]
  • 物の値段
  • 「クロワッサン」を焼きました。材料は以下のとおりです。小麦粉(リスドール) 500バター 350(生地に100グラム・折り込みに250グラム)グラニュー糖 50イースト(ドライ) 15塩 12これで大きめのクロワッサンが12個焼けます。嫁さんに焼きあがったモノをみせてから「値段を付けるとしたらどのくらい?」とたずねました。答えは「がんばって340円くらいじゃない?」でした。張り付きの作業ではないけど計量から焼き上がりま [続きを読む]
  • 明日(7月16日)はクロワッサンを焼きます
  • お客様から「あなたが焼いたクロワッサンを食べてみたい」と言われました。なんとなく美味しいそうなクロワッサンを焼きそうな人に見えたらしい。お菓子屋とパン屋の境界線はすごく曖昧なのでクロワッサンを焼くことに問題はありません。普通にドライイーストをつかって焼くことにしました。醗酵生地を扱うのは久しぶりなので緊張します。クイニーアマンを作って以来です。11時30分に焼き上がる予定です。来店おまちしております。 [続きを読む]
  • ガレットのレシピ
  • 先日はデザート系のクレープの生地のレシピを書きましたが今回は蕎麦粉のほうです。ガレットは蕎麦粉のクレープの愛称です。甘味はついておらず食事としてのクレープの生地になります。ただしお客様のご要望で「蕎麦粉の生地でデザートを作って」と言われればチョコレートバナナなども作ります。ガレットの生地はお店によっていろいろです。小麦粉を混ぜるお店もあるのですが、どれが正しいということはありません。アルモリックの [続きを読む]
  • スモモのシャーベット
  • 今日から「スモモのシャーベット」を販売しています。食べると何となく梅酒の味がします。スモモも梅も同じバラ科の植物なので当たり前?材料のスモモは鎌倉市農協連即売所(れんばい)で購入した鎌倉産です。スモモ果汁の含有率は44パーセント以上。 [続きを読む]
  • 時には魔法がつかえる
  • 時には魔法がかかったような気分になる時があります。今日作った「スモモのシャーベット」はその代表です。スモモは鎌倉市農協連即売所(れんばい)で購入したものを使います。個人的な好みなのですが生で食べるスモモ(プラム?)があまり好きではありません。理由は香りと味が薄いからでしょうか。でもスモモは加工してシャーベットにすると別物になります。まるで魔法がかかったようです。果物は生で食べると美味しいものと加工 [続きを読む]
  • クレープのレシピ(生地)
  • 最近、小さなお子様を連れたお客様が増えました。アレルギーの問題で材料を聞かれることが多いのでクレープのレシピを書いておきます。聞かれればすぐにお答えできるのですが来店してから「食べられない」ではかわいそうなので事前に確認していただけたらありがたいです。クレープのレシピ☆デザート系の小麦粉のクレープです☆牛乳 1000薄力粉 600卵 8個グラニュー糖 200無塩バター 200塩 4つまみ(6グラムくらい)無塩バタ [続きを読む]
  • ブルーベリーは鎌倉産
  • 鎌倉市農協連即売所(れんばい)で購入したブルーベリーでアイスクリームを作りました。最初にブルーベリーでコンフィチュールを作っておきます。次にヨーグルトのアイスクリームを作って最初に作っておいたコンフィチュールをあわせます。コンフィチュールはアイスクリームと混ざらないようにしておくとディッシャーでアイスクリームを丸めたときにマーブル模様になってきれいです。今回はヨーグルトのアイスクリームとブルーベリ [続きを読む]