パーマン さん プロフィール

  •  
パーマンさん: 薬考
ハンドル名パーマン さん
ブログタイトル薬考
ブログURLhttp://yakkou8931.blog.fc2.com/
サイト紹介文病院薬剤師の日頃の雑記帳です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 273日(平均0.2回/週) - 参加 2014/01/16 16:04

パーマン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 病院薬剤師の働き方改革
  • 働き方改革関連法案が成立したことで、今一度考えないといけません。理想形を考えると、労働時間は労働基準法に則り、「1日8時間、週40時間」で業務が完結し、全員が有給休暇や育児休暇などの特別休暇を遅滞なく取得できる。ハラスメントのない職場環境の中で、無理しない範囲で仕事をして、やりがいを持ち続けながら、生産性をあげること。日本人ならではのおもてなしサービスも継続しながら。つまり、時間内に少ない人数で服薬指 [続きを読む]
  • 「正論=理想」「妥協点=現実」
  • 個人的に「正論=理想」「落としどころ=妥協点=現実」だと思う。正論を言う人は色々な深層心理がある。が、曇りなき眼(もののけ姫より)でみると、重宝しなければいけない。仕事やプロジェクトを進めるにあたり、まず理想ありきで物事を考える。その中でいつしかできない理由をみつけて、落としどころに落としていく。これって日本人の特有の物事の進め方なのかもしれない。でも、やはり理想は追いたい!!だから、正論はゴール [続きを読む]
  • 正論と曲論
  • 会議に参加するときは、予め落としどころを考えてから出席するようにしている。会議では議案や検討事項は、それぞれの部署の問題点や改善案をあげてくる。改善案が出てくるのは、より良くする気持ちがあるので、いいと思う。そんな中、業務をより効率よく進めるために、必要のない作業を端折ろうとする。最近の若い人は今の業務の断捨離眼に長けている。この点はすごい!!必要のないのは「必要ないのでは?」と確認してくる。それ [続きを読む]
  • 後輩薬剤師に悩む
  • 薬剤師業界でも新卒者は売り手市場です。うちら薬剤師も学生もWin-Winの関係で就職できることが理想です。新しい仲間が増えることは良いことですが、それにより必ず問題が浮上します。それが後輩との関係性やギャップです。もし悩まれている方がいらっしゃったら、この本をお勧めします。「医療職が部下を持ったら読む本」 まさにピンポイントですね。管理職向けになっていますが、医療現場で起こりがちなケースを上げている [続きを読む]
  • 転職をしない薬剤師のキャリアプラン
  • 病院に勤める薬剤師の特徴としては、実習で経験したり、大学で学んできたチーム医療に憧れを持ち、やりがいを求めて入職してきます。自分のやりたいこと、やらなきゃいけないことは病院の規模や薬剤部の方針によって異なりますが、その中で、薬剤師としてキャリアプランを考える必要があります。ビジネスの中では、転職することでキャリアップする業界もあると思いますが、病院薬剤師業界の中では、転職によるキャリアップはごく一 [続きを読む]
  • ワークライフバランス
  • 病院薬剤師も考えなきゃいけない時代ですね。特に薬剤師は女性が多い職種最近は女性が結婚、出産後も働ける環境を整備してきました。産休・育休は当然のことながら、復帰後の時短勤務も推奨しています。まだまだですが、少しずつ薬剤部内でも認知されてきたと思います。今後は、女性だけでなく、男性も仕事だけではなく、もっと私生活の充実を求めていかなければなりません。今の若い人たちは、むしろバランスを取ろうとしてますね [続きを読む]
  • 700倍の濃度
  • 院内製剤は医薬品として市場に出回っていないものを病院で剤形を変えたり(錠剤→坐薬など)、試薬から作ったりし、患者のニーズに合わせて変化してきた。少しずつ市販化され、一昔前に比べたら、少なくなっている。しかし、ゼロにはならない。これに限ったことではないが今まで通りに当たり前のことを当たり前にやる。そのうえで、当たり前にやっていることが本当に正しいのか再確認する必要がある。再確認することをシステム化、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …