ティンカーベル さん プロフィール

  •  
ティンカーベルさん: おとぎの国のガーデナー
ハンドル名ティンカーベル さん
ブログタイトルおとぎの国のガーデナー
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fairylandgardener/
サイト紹介文英国在住ガーデナー。貴族のガーデンでの仕事、イギリス生活、ジャックラッセルのハニーのことを紹介。
自由文現在働くオックスフォードシャーにある貴族の7.5エーカーのガーデンでの仕事、イギリスのガーデニングライフとジャックラッセルのハニーのことをつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/01/17 07:04

ティンカーベル さんのブログ記事

  • はじめてのバナナの花と実
  • 土曜日にガーデンをガーデナーの友人と散歩していたら、デル(小さい谷)にあるバナナ(芭蕉) Musa basjoo の木に花と実がなっているのに気づきました。私達が働き始めた10年前にはすでに植えられていたバナナの木。3本のうち、高さ3.5.mくらいに大きくなった木だけに花と実が実りました。寒いから実がならないと思っていましたが、ある程度の大きさにならないと実がならないのかもしれません。紫のものは、花苞。花苞が [続きを読む]
  • 薔薇の色が違う原因 
  • あれー、うちの庭のローズ ’リッチフィールド エンジェル’ が白い花をつけてる! 接ぎ木した台木の花かしら?よーく見ると、白い薔薇は、ウィンチェスターキャシドラルによく似ています。あれ?なんだ!隣のウィンチェスターキャシドラルの枝が伸びて交差して、咲いているだけでした。びっくりしたー。きれいに咲いたリッチフィールドエンジェル期待通りの美しさ!うちの庭のリッチフィールドエンジェルは、クリーム系かアプ [続きを読む]
  • イギリスのガーデンのサプライズ
  • ある朝、グラスハウスに入ったら、バタ、バタという音がしました。温度が高くなって、天井のベンティレーションが開きはじめたのだと思っていました。ランチタイムに行ってみると、また同じ音がするではないですか!なんだと思ったら、鳥がグラスハウスに閉じ込められて、出ようとして窓にぶつかっていたのでした。Dunnock ダナック ヨーロッパカヤクグリという鳥でした。何度もぶつかったようで、窓を開けてあげましたが、疲れ果 [続きを読む]
  • 絶対抜けない犬のハーネス
  • 先週のことです。2日連続で、ジャックラッセルテリアのハニーに逃げられました。それも、ハーネスを脱ぎ捨てて。。。今までのハーネス抜けるハーネスよく垣根の下に入って、ハーネスが引っかかって抜け出すことがありましたが、今回は、垣根のないところで抜け出しました。うまく抜け出るテクニックを習得したようです。う〜ん。リトル フーディーニ というあだ名がつきました。フーディーニ(1874−1926)とは、ハンガ [続きを読む]
  • 10月の薔薇はパーフェクト
  • 10月に入ってまた気温が低くなったイギリスで(10度から15度くらい)秋の薔薇がぽつりぽつりと咲いています。我が家の "ウイリアム モリス" は夏に比べ色が濃い気がします。どれもパーフェクトな形'ウインチェスター キャシドラル' は、夏より一回り大きいようです。'スピリット オブ フリーダム'コピッドホールのトップテラスのローザ 'リトルホワイトペット' とパルテールの`ナタリー ニプルス' は、エリゲロンの海の上 [続きを読む]
  • クルーズ2日目のブルージュは。。。
  • クルーズ2日目朝7時(ベルギー時間は8時)に部屋の電話がなりました。`誰だろう?'夫が電話に出ると、私に電話だと言いました。???なんだと思ったら、日本のパスポートなので入国審査をするのでレセプションに来てくださいとのこと。それもすぐに !急いで着替えて、パスポートを持って迷いながらレセプションに到着。そこからちょっと歩いた別室に案内され、2人のユニフォーム姿の若い女性と男性の警官(ポリスのマークが [続きを読む]
  • 初めてのクルーズ 初日
  • 日本から帰国して、すぐに仕事でとても疲れているところ、以前から予定していたミニクルーズでベルギーのブルージュへ行ってきました。行く気になれなくて、パッキングがなかなかすすみませんでした。夫の友人のビッグバースデーで奥様が、6ヶ月前からサプライズで計画していた旅行でした。4家族と独身の友達が1人、総勢13名、うち子供4人。(費用は各自負担)金曜日から日曜日までの2泊のミニクルーズだったので、娘も学校 [続きを読む]
  • イギリスの秋バラと9月の花
  • ローザ 'グルス アン アーヘン' が8月の終わりからずっと咲き続けています。剪定すると一気に咲いてしまうから、今年はデッドヘディングのみで、夏の剪定をしませんでした。9月末からシューティングが始まります。花ができるだけ長く咲いているように。10日前、満開かと思ったサリー ホルムズ は今でもきれいに咲いています。6分咲きくらいでしょうか。8月の半ばに剪定したラベンダーの葉がきれいに生えそろいました。ミドル [続きを読む]
  • 秋の実がいっぱい!
  • ガーデンのハマナス Rosa rugosa のローズヒップが真っ赤にプリプリに実っています。おいしそう?黄色い実がたくさん!10本くらいあるピラカンサが数珠なりです。黄色の実オレンジの実もあります。ビブルナム オプラスの真っ赤な実ちょっと前ですが、アケビが熟していました。でも、こんなにたくさんある実は、鳥が食べてあっという間にまばらになってしまいます。鳥たちもガーデンの実りを楽しんでいます。いつも見てくださって、 [続きを読む]
  • 色づくイギリス
  • 1週間ほどイギリスを離れて帰ってきたら、ガーデンが驚くほど色づいていました。2日前の大雨で幾つか枝が折れてしまったポタジェのコキアはこんなに鮮やかなサンゴの様な色になりました。ホウキグサとも呼ばれるコキア。折れた枝もホウキ用に取っておきます。一体いくつホウキが作れるでしょう?子供たちのハロウィンに大活躍します。スチューアーティアの色付いた葉コルヌス `エディーズ ホワイトワンダー'は、ピンクに変化した [続きを読む]
  • 着物はじめ
  • イギリスに戻ってきました。おかげさまで、父は今日退院予定です。これからはデイケアーサービスなどを使えるように申請しました。母の負担が少しでも少なく、父が順調に回復することを願っています。今回の帰国は、ずっと病院につめていたので、他のことは何もできませんでした。しいていえば、以前オーダーした着物を持ち帰ることができました。イギリスのテレビ局のBBCが、以前日本文化や伝統を紹介する番組をやっていました。 [続きを読む]
  • バンコクの空港にて
  • 実は、今日本に帰国しています。出発当日の午後にチケットをとって、夜の便で帰国しました。といっても、当日で直行便はばか高く、経由便も事前に予約するよりずっと高く、しかたなく、バンコク経由で帰ってきました。初めての南回りでした。それも、チケットを探していたとき、タイエアーでは、一番短い待ち時間が7時間。帰りは3時間待ちです。家から出てから33時間後に実家に戻りました〜。(成田に到着してから、実家まで5 [続きを読む]
  • コキアも色づく秋色
  • イギリス南東部は、先週から朝晩8度、9度と気温が随分下がってきました。いつの間にかうちの庭に植えたコキアが色づいてきました。遅くに植えたので小さいですが、秋色が楽しいです。ポタジェにも植えたのでこれから楽しみです。同じベッドのアナベルの隣にベンステモン `レイヴァン'が鮮やかな紫でいいコントラスト。そういえば、レイセステリア `ゴールドリーフ' は、同じような色合わせ。ハイドランジア `プレジオザ'の葉も [続きを読む]
  • うれしいびっくり!
  • 種から育てたニコチアーナ `ライムグリーン' 。ライムグリーンのはずが、1株だけパープルの花が咲きました。他の品種の種が混じっていたのかしら?とってもいい色なので、種をとっておこうと思います。うれしいびっくりです。ジキタリス `ポルカドットピッパ' がまた咲き始めました!種から育てたジニア 'クイーンレッドライム' は、ダークピンク系だと思っていたら、いろいろな色が咲いてびっくり!レモンの木に丸い実が !それ [続きを読む]
  • クレタ島のオリーブミル
  • クレタ島のシシには、ハッピートレインという3両編成の車で行くツアーがあります。オリーブミルとビーチに行くツアーと教会や洞窟に行くツアーの2種類があり、私たちは、オリーブミルとビーチに行くツアーに参加しました。ハッピートレインは、運転手のジョージが眺めのいいところで停まってくれます。オリーブの群生を見ながら、少しずつ丘に上がっていきます。途中、ジョージの村の狭い道を通るとおばあさんたちが手を振ってく [続きを読む]
  • 手作りの犬のベッド
  • 夏休みに入ってから、娘が犬のハニーにベッドを作ってあげたいといいだしました。キッチンには、ハニーのベッドがあるのですが、リビングルームにはベッドがないのです。夜、私たちがテレビや映画を見ているときにハニーがやってくると、私の作ったビーンクッションに横になるのですが、いつも形が定まらず、キューキュー変な声を出しながら、数分ベッドメーキングをしていました。夫の指導のもと、ノコギリ、かなづち、電動スクリ [続きを読む]
  • 9月のうちのバラ
  • 9月に入ってからも、雨が多く、涼しいイギリス南東部です。うちの庭の薔薇は、いつも何かが咲いています。娘のプレイハウスの前のアーチに誘引した’スピリット オブ フリーダム’やさしいピンクにたくさんの花びらあ、自転車に乗った男の子の首がクレマチスのツルに絞められていますー!蕾がいくつかできているので、これから咲いてくれるみたいです。クレマチス ’アリス フィスク’アーチの一番上まで生長した’スピリット [続きを読む]
  • ハニー、ドッグショーに再挑戦!
  • 去年、村のフラワーショーで行われたドッグショーにハニーを参加させました。そうしたら、なんとびっくり?ベストローカルドッグに選ばれて、トロフィーをいただきました。その時の記事は、こちら↓ハニー、ドッグショーで1位に!ドッグショーは、当日エントリーなので、今年も、まさかの受賞をねらって、ハニーを参加させることに。いろいろある部門から、ハニーは、ベストローカルドッグ(地元で一番の犬)とハピエストドッグ( [続きを読む]
  • スピナロンガ島へボートトリップ
  • またまたクレタ島の話に戻ります。オプショナルツアーでスピナロンガ島 Spinalonga Island に行ってきました。シシ Sissi からバスでアギオス ニコラオス Agios Nicolaos に行き、そこからボートで45分ほどでスピナロンガ島へ。バスからの景色アギオス ニコラオス Agios Nicolaos の街スピナロンガとは、長い棘と意味です。ガイドさんの説明が長いから、15分くらい話を聞いたら、自由行動したほうがいいと旅行社の人に言わ [続きを読む]
  • 地元のフラワーショー
  • ホリデーから帰ってきた次の日が、近くのビレッジのフラワーショーでした。今年も野菜を出展しようと思っていたのですが、ホリデー前に時間がなく、ネットで申しこめるはずが、残念ながらできなかったのです。だから、今年は見るだけです。こちらが今年のトップトレイ3種類の野菜を指定の数だけ出品して、審査されます。RHSからジャッジも来ます。この賞を取ると地元の新聞からインタビューされます。以前賞を取った人はこの部門に [続きを読む]
  • 夏の終りの野菜の収穫
  • あっという間に9月になりました。クレタ島のホリデーの話ばかりだったので、今日はポタジェの収穫のご報告。今年はじめて挑戦したトウモロコシ。真ん中の2本は上出来でしたが、歯抜けになっているのができてしまいました。受粉状態が悪かったのと肥料が足らなかったのが原因かと思われます。いくつかは、雄花を切って、手で雌花に受粉したのですが、ほぼ同じ時期に咲いていたので、全部はしませんでした。時期をずらして種まきし [続きを読む]
  • ブーゲンビリアウォークのクレイジーペイビング
  • 北朝鮮のミサイルが北海道上空を通過したと聞きました。飛距離は、ちょうどグアム島までと同じくらいです。ミサイルをそこまで飛ばせると言う誇示だけでおわってほしいものです。皆様の安全をお祈りしています。クレタ島の泊まったホテルから歩いて15分くらいで シシ Sissi の街にいけます。その途中にあるのが、ブーゲンビリアウォーク。このホテルの角から少し行くと100mくらいあるブーゲンビリアウォークです。あれ? [続きを読む]
  • クレタ島の植物
  • ガーデナーは、ホリデーに行っても、やっぱりその地の植物に目が行ってしまいます。8月のクレタ島の気温は、だいたい22度から30度ぐらい。地中海性気候で暑くて乾燥した夏、涼しく、雨が多い冬です。ホテルの植栽多肉、サボテン、アロエの寄せ植えフランス人の宿泊客も写真を撮っていました。サボテン緑のサボテンは、夜になると白い花が咲いていました。多肉ちゃん南アフリカ原産のホッテントットフィッグ (カルポブローツ [続きを読む]
  • ギリシャ料理三昧♪ビーフンとアイスクリーム?
  • クレタ島で泊まったホテルの食事は、オールインクルーシブのビュッフェでした。1日だけ、ホテルのギリシャレストランかイタリアンレストランを予約できたので、最後の日にギリシャレストランに行ってみました。前菜が6皿右上のパンから時計回りにご飯のぶどうの葉巻、カッテージチーズとほうれん草のペイストリーシーフードとクスクスのトマト煮、ガーリックがきいたザジキ(ヨーグルトディップ)、豆のペーストにほうれん草、タ [続きを読む]
  • クレタ島のホリデー
  • 仕事の都合で休みが取れるかわからなかったので、出発の3週間ほど前にやっと決めて、ギリシャのクレタ島に来ています。長い娘の夏休み。この時期イギリス人のほとんどがホリデーに行きます。今年は、フェリーでフランスに渡り、ブリッタニー地方に行こうかと調べましたが、プール付きで食事付きだとやっぱりリゾートホテルになってしまい、色々調べてギリシャになりました。7年ほど前にロドス島にいったことがあり、ギリシャ人のホ [続きを読む]