こるとれーんtone さん プロフィール

  •  
こるとれーんtoneさん: moonstone.lake.zone 空飛ぶrod.e
ハンドル名こるとれーんtone さん
ブログタイトルmoonstone.lake.zone 空飛ぶrod.e
ブログURLhttp://cutemap.naturum.ne.jp
サイト紹介文北海道アメマス、ニジマス、イトウ、ブラ
自由文全道各地きままな釣り旅
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/01/17 19:20

こるとれーんtone さんのブログ記事

  • さよならハイラックス.サーフⅡ
  • 札幌トヨタ苫小牧さん、ア〇チさん、フルカ〇さん、フル〇さんナンコウracing.teamのカナ〇さんフジ〇さん宮野森へ行ったエンジニア笑顔が似合う黒〇さんお世話になりました。最終型surfはガソリン車、初回頃はやめにoil交換していたおかげで市街地買い物時は8〜9km/ℓ、長距離で12〜14?/ℓ 走ってくれました。、流石トヨタ、ee SUVを造ってくれます。買ってから10年たってますが距離は六万キロしか乗っていません。      [続きを読む]
  • しりべつフライフィッシャー
  • そろそろドライじゃキビシーって季節、夜は零度だったていうからトマコマイの柔術会で軽くstretch。GS行って給油したら軽く三日分のバイト代が飛んだ、アメリカは原油でるからいいけれど外国にいい顔する日本のgovernmentはカオスにマミレテルって... スタンドのあんさんはスンませんって言ってたから[なんもさー]って方言丸出しでもらいもんの帆立を[元気だしやー]って置いてきた。 かぼちゃフィールズフォーエバーに染まる二セ [続きを読む]
  • 10月28日の記事
  • そろそろドライじゃキビシーって季節、夜は零度だったていうからトマコマイの柔術会で軽くstretch。GS行って給油したら軽く三日分のバイト代が飛んだ、アメリカは原油でるからいいけれど外国にいい顔する日本のgovernmentはカオスにマミレテルって... スタンドのあんさんはee人でスンませんって言ってたから[なんもさー]って方言丸出しでもらいもんの帆立を置いてきた。かぼちゃフィールズフォーエバーに染まる二セコえきを過ぎて [続きを読む]
  • サーモクラインな10月
  • 小物しかいない中上流はスルーして冷え込む山をひた走る、大橋を通ると道端にかぼちゃが並べてあった 日が昇るとえき前にはかぼちゃの行列。この町には精霊がやってくるのだろう、朝は零℃昼までは6℃、山には霜が降りている午後2時頃やっと水温が上がってライズ butデカい奴は此処にはいない...減水している流れを越えて  もうすく陽が沈む    リバーnetのマツ〇さんの言葉が空間に響く...メンディングなんてしてたらでか [続きを読む]
  • 10月の香り
  • 哀しき薄着boy カメちゃん臭がする枯葉を踏みしめて。哀しき薄着boyすっかり歳をとっちゃったね。支笏湖リターンな季節初夏 前半はネバネバに窮した湖もいまは落ち着いたようす!!-_-; さざ波の沖へおもりフライをlure.castつき場というより回遊待ちのポイントで時が過ぎて大きな鱒はきませんでした。小さいのは居る感じですが狙いません 平和な時間があればeeです    雪虫が飛んでいました           [続きを読む]
  • 魚が消えたローカル河川
  • 颱風は逸れたが、わが身が良ければよいということではない。広く同郷を見据え助け合っていかなければいけないと思う。先日ボランティアへ出向いたが地震の傷跡は癒えていなかった此日は朝から道南の知人に山菜を頂きに小旅、昼にはパートが待っている その間も余震が続いている。 此処は地元の皆さんらが放流を重ねてきた渓、宣伝できるものがない町へ人が訪れるようにと考えてのことだった  やっと渓魚が定着した20年前頃から [続きを読む]
  • さよならハイラックスsurf Ⅱ
  • 失われ行く自然。狭壁の果てに追い詰められていく鱒たち、歴戦の大物たち                  末裔は、もうどこにもいない。 在来も外来もありはしないばら撒かれた子孫が             生きながらえているだけ。 でかい鱒と出会う時はいつもさすような風が吹いていた。                                 ガケッ淵なのは俺も一緒。 [最後の戦い]に行く前にもう一 [続きを読む]
  • 雨風のち支笏湖
  • 久しぶりに逢ったコクアの果実、ヒグマが食べるとキウイのjamみたいになるっていう 相棒のパパさんは名寄にいたから...お土産にしよう. 懐かしい香りがするかな。 コクアを見つけたのが嬉しくて支笏湖通り過ぎようと思っていたけれどクルッと回ってよってみた。  渋い...  時が過ぎてツェペリン雲がはじけて来た頃 回遊してきたらしい鱒がボイルルアーrodで遠くに飛ばしたおもりフライ フォーリングで乗ってくれた。 まぐれ [続きを読む]
  • 伝説の鱒は釣れない
  • 渇水が続いてたから痩せてるだろうってわかってたけど。 随分スリムになっちゃって 。回りにヤマベがいっぱい泳いでるなんたっておまえはinsect(昆虫)フィーダーだからね こんな旭岳の麓だってブンや弱ったスズメバチは落下するだろうからここではゴーマルclassは珍しくない 知られていない釣り場ということはあるが リリースしていく釣り師しかこないというのがいちばんの理由だろう  釣りをしたいのなら当然の事なのだが [続きを読む]
  • さよならSUV ハイラックスサーフ
  • 僕には似合わない大きなSUVに乗っていました、大きな買い物を自分で運ぶという事情が長い間あったのですが、それももう片付きました。30歳から4台のSUVを提供してくれた札幌トヨタ.トマコマイさんには長い間veryよくして貰いました。安いタイヤまで探してくれたフロントの笑顔が眩しいFさんee人ですよ.^^.皆さんSUV買うなら先ず笑顔が眩しいFさんのところへ行ってみて下さい。                    僕のハイラ [続きを読む]
  • お元気ですか
  •             皆さん大変な暮らしをしている事と思います。被災に合った方にはお見舞い申し上げます。余震が続いていますがうちは塀のブロックが落ちてアスファルト地面が ひび割れました。地震時はやかんで沸かしてお風呂 通院中の相棒がファイトしてくれまして。 近所にご老人が居るので皆さん助け合いしていましたし。トマコマイの人はマナーがよくて 信号付いてない時やスーパーの混雑にも譲り合いがみられまし [続きを読む]
  • 20年ぶり、サケルアー
  • 最近は釣果より色々試したいと思うgenerationに入ったようです。サケにエサを感じさせない釣り。食ではなくサケの威嚇意識を再確認できる釣りをしたいと思って ...なのでフライは却下、choiceしたのはスビナー。島牧のサクラマスを釣ったことがあるブレットン.5を外して。面白そうなのでshort.rod 5feet.6inchで. 上げれるかな?海で?...ということで懐かしい岬へ 此処は厚瀬のように崖が迫っている潮原。砂が動かない粘土質礫 [続きを読む]
  • サケの想い出
  • 此れは20代の頃lure.flyでトマトウでかけたサケです。いまのようにフェンスが無くて平面的にcastできました。厳冬期に温排水の流れが強くなるとトビウオや大型のイワシ、サバがいてスレていないうちはよく遊んでくれました。  厳冬期に入ると一旦、アメマスが途切れて二期群のサケが入ってきます。 サケは生まれた川へ帰ってくると言いますが遡上河川とまちがえて入ってくることがあるって知りました。 真冬の海に湯気が立つ幻 [続きを読む]
  • サケ遡上season
  • ちょうどボケボケカメラでよかったです。 何処の河口なんて書きませんよ^^. 皆さん浮きルアーで仲良く釣っていました。 昨年はサケが少なかったようですが 此秋は河口規制前の前期群に期待ですね。海洋から回帰するサケマスの中で、もっともエサを採らなくなるのがシロザケと言われます。  よく知られている通りカラフトマスはルアーフライに良く反応し実際に沿海のイワシを追って食べています。 エサを採らなくなるサケで [続きを読む]
  • 想定外の雨.サーチャージ水位
  • ただし書き操作は、ダムが洪水調節の役目を果たせるように、ダムに流入する量と、最低限、同量を放水すること。決して放水量が流入量を上回らないようにすることとなっています。これはダムの放流によって下流の洪水を増幅させるものになってはいけないからです。  しかし現実にはダムがサーチャージ水位と呼ばれる最高水位に近づき、ただし書き操作が行われることによって下流域で放流量が急増することは避けられません。こうな [続きを読む]
  • 満水のダムが放流するとき
  • 凄い台風が続いています。愛媛県で基準の六倍のダム放水によって大被害を受けた住民がいます。2003年に同様の事が日高富川地区でおきていました。二風谷のところで書きましたが.ただし書き操作〜無調節操作.ゼロカット操作のことを知らない道民がいるので書きます .ただし書き操作〜無調節操作.ゼロカット操作 ..ダム運用では 当然 下流域住民の安全を図るダム操作が定められていますが その中に 「ただし、気象〜の場合には [続きを読む]
  • 満水のダムが放流するとき
  • 凄い台風が続いています。愛媛県で基準の六倍のダム放水によって大被害を受けた住民がいます。2009年に同様の事が日高富川地区でおきていました。二風谷のところで書きましたが.ただし書き操作〜無調節操作.ゼロカット操作のことを知らない道民がいるので書きます .ただし書き操作〜無調節操作.ゼロカット操作 ..ダム運用では 当然 下流域住民の安全を図るダム操作が定められていますが その中に 「ただし、気象〜の場合には [続きを読む]
  • ご褒美
  • あえて増水した川へ行きたかったんじゃなくて、川へ行きたかっただけ。行って川を見ていたら釣れそうな気がして...大雪ロードを抜ける本流はすでに増水。流される... classicなitemを手に川を横切ってたらcastもしていないのに緩々ドラグからひきづられた改造ヒップもんに...  ゛ブラウン。 おかげで隠れ家が分かってしまって。  ゴ―マルが続いて遊んでくれた。 うちらがmelancoryな顔、浮かべてるから... or 台風が来る前のご [続きを読む]
  • 此処はフライしかない
  • 峠を降りて長い直線を抜けると冷泉がわいている流れ。ザバザバ流れの中をスローにボイルすることができる鱒。ボイルは小さいが遊泳力がある大鱒に違いない...此流域はルアー師が多い。すれ違ったルアー師も此処にミノーやトップを試みたかもしれない。 bu鱒はt昼過ぎに悠々とボイルしている...此処はフライ。 ドライに出るくらいならとっくに誰かに釣られているだろうから ... 横に回ってからスーッと流れに差し込んだ、流れの [続きを読む]
  • ソ○ーcybor.shot故障かな。
  • あいかわらずカメラの調子が... 大物以外はちゃんと映るんです!!-_-;下の若ニジマスはいいけど上のデカブラ2尾はピンボケ! 此のカメラ急にブーンって振動が起こって手振れが効かなくなるんです。siteにもクレームが出てました... 極貧なので自力で直します。磁石を貼るとeeらしいんですけど。ホントかな...  お盆は釣りをしませんから。 上の画像、先週末です。都市圏に近い川、結構つれますね。ブラ、ニジマス、即リリース [続きを読む]
  • 青いクルミ
  • 先日収穫した青いクルミは水につけておきました。相棒がオヤに食べさせたいと言ったので採ってきました。相棒はあたたかい人です。相棒の苦労やありがたみを知らないわがままな輩にも、無理してでもいつもやるべきことをやって。極貧生活の中、苦労ばかりおしつけられて。もんくもいわずやるべきことをやって笑顔で。。 but 或る時を境に、私の人生って...と呟くのを初めて聞きました。この家が平和でこれたのは相棒のおかげ。so知 [続きを読む]
  • 遡上アメマスfirst.run
  • お盆は釣りをしません。 相棒のオヤを温泉へと思って東へ散策しにいきました。北地はアルカリ系の温泉が多いですが足の痺れにeeと聞いて弱酸系のラドン温泉へ。 カメラ、水中に入れてみました。此の時期にしては遡上アメマスの多いこと、相当海水温が高いんだな。 ほどなく歩いた瀬で産卵を終え痩せ細ったクロスケをみかけました。rodを置いて景色に溶け込んでみようと思いました。    コレコレ、此の枝、不自然な折れ方。 [続きを読む]
  • my.spinner 缶コーヒーのboss.red
  • また行ってきました。千歳近郊はよく釣れます。本日はmy.spinner 缶コーヒーのboss.redの話。eeスビナー造るのって時間が必要... って。 造ってくれてるのは相棒なんです。ブレードの材質が軽すぎると回転しないし。  遠投を見据えてブラスを欲張るとブレード巾を広くしなくちゃ回らない。バランス崩すと全体が回転してラインが捻じれちゃう。バランスが良いスビナーはクレビスなしでもスムーズに回転して浮いてこない。発想は大 [続きを読む]
  • 東部国境ライン
  • 東部国境ラインでアメマスが遡上。若いsizeには良い水量ですが渇水した河川を遡上する大型のアメマスはシビアにslim化して山奥を目指していました。 ですから群れの溜まっているプールではrodを置きました。近所の85になる方に貰ったアイヌねぎが種をつけました。 山へまきに行こうと思います。頂いた人のあたたかさが山へ帰って。花を咲かせる。   世の中には答えを探さないまま曲がって大人になる人間がいることを知りまし [続きを読む]
  • 缶コーヒーのboss、redスビナー
  • やっと涼しくなってきましたね。 擦れているブラウンを流れの中で釣るには ミノー、プラグ...いいえ此のスビナー缶コーヒーのboss。相棒が造ってくれました。釣り具の釣り人製ブラスショット.ビーズ.コパーステンレスワイヤーetc赤じゃなきゃいけません。これがeeんです。数年間、 魚が姿を消していた川。舶来鱒って色々言われますが盛夏の水枯れ時期、荒廃した河川に鱒が泳ぐ姿をみると心休まります。so ... 水の中に生命感が宿 [続きを読む]