atsushino9 さん プロフィール

  •  
atsushino9さん: こころのネタ帳2.0
ハンドル名atsushino9 さん
ブログタイトルこころのネタ帳2.0
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/atsushino9/
サイト紹介文日々の出来事を綴ります。スペイン旅行の際のメモの書きおこしに力を入れています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/01/17 22:12

atsushino9 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • UberEATSがやばい
  • UberEATSでお昼を頼んでみた。近所のカフェらしきものを選択しサンドイッチを購入した。配達まで確か15分から30分というような感じの表示が出ていたのだけどスマホの画面が地図に変わった。自分の家とカフェの位置にマークがついていた。画面下には準備中というような表示。まさか配達している人の位置まで表示されるのかとドキドキして待つ。表示されている待ち時間の数値は微妙に変動している。交通状況が反映されるのだろうか。 [続きを読む]
  • 卵としてメキシコへ旅立つ
  • メキシコへ飛ぶことを考えた。荒廃した土地にそびえたつものに突進するのだ。アメリカとメキシコの国境はおよそ3200kmあり万里の長城どころの騒ぎではない。8種類の試作品は悪い冗談のようにしか見えない。本気だとしたら狂気の沙汰だろう。メキシコの「国境の壁」 ついに巨大な試作品ができあがるhttp://www.huffingtonpost.jp/2017/10/22/trumps-border-wall_a_23251971/向こうから巨人が進撃してくるならば仕方ない気もする。ベ [続きを読む]
  • 日の丸弁当
  • お弁当箱に白米と梅干、醤油をつけた海苔をつめ、それとは別に梅干しのおにぎりを3つ握って急いで仕事へ出かけた。おにぎりは行きの電車で食べ、昼ご飯にお弁当を食べるつもりだった。2号近い米と2粒の梅干しと海苔が朝と昼の2回に分けてかばんから私のお腹の中に瞬間移動した。梅干しおにぎりもお弁当もシンプルな味でとても良かった。近頃お昼は梅干しとごはんだけで十分なのではないかと感じていた。今日こそはそうしようとも [続きを読む]
  • 名前を捨てたおばさん〜「のん」ではない〜
  • 漏れ聞こえてくることを総合すると保険のおばさんが偽名を使っている。私が勤める会社を担当している大手保険会社のおばさんは会社と同じ名前である。山田商事を担当する山田さんという具合である。下の名前も変えている。就職し保険の営業としてとある会社の担当になったおばさんは上司に提案された。山田商事担当の山田さんにならないかという提案である。偽名によってお客との距離は格段に近づく。営業上かなり有利となる。この [続きを読む]
  • テングにて
  • たぶん酔っていたのだとおもいます。記憶によれば、ビールをジョッキに3杯、ハイボールを2杯、焼酎のロックを2杯。所要時間は2時間。会計の段になり一人4千円なのだけど大きいのしかなかった僕が支払いの担当になりました。キリのいい金額をみんなが払ってくれたので僕だけ少し得をしました。さて支払いです。誰が渡したのか、それとも自ら手に取ったのか、取り皿の上にあった伝票とお金をそのまま皿ごとレジに持っていきまし [続きを読む]
  • バンパイアもといヴァンパイアホテル
  • 夏帆ちゃんが観たくてポチった。 銃で次々に人が撃たれ大量の血が流れ、人が切られて首が飛び、人が切られて縦にまっぷたつになった。そんな気分の悪くなるような暴力的な映像に不快感が高まり段々とその気持ちが怒りのようなもの変わってくるのを感じる。誰に対する怒りなのか。園子温監督への怒りか。どんなことがあってもすぐに目を背けてしまうからここまで不快な思いをすることは少ないし、嫌なことがあっても自分を妥協さ [続きを読む]
  • 台風選挙
  • 市民主義でなく権威主義、再分配主義でなく市場主義なものがなぜ支持されるのだろう。選挙前に見てとてもためになった。特に23分30秒あたりから。ジャーナリストの神保哲生さんと社会学者の宮台真司さんのマル激・トーク・オンディマンド【5金スペシャル映画特集】ロクでもない世界の現実を映画はどう描いているか日曜日に選挙があるけどその日は台風が上陸する予定。ビール片手に怪訝そうな顔でテレビを見つめる自分の姿が見える [続きを読む]
  • 燃えよ大文字(4/4)
  • 夏の京都での話の続きです。折り畳み傘を差して旅館の屋上で山に揺らめく炎を探しましたがまったく見えず・・・京都の山に大文字の「大」が見えるはずなのに見当たりません。雨はどんどん降ってきて足元はどんどん濡れてくる。結局直接見ることはできませんでした。部屋のテレビ画面には大写しになっていますが外を眺めても真っ暗闇です。何度も窓の外を確認しますが見えません。あるのは山の気配だけ。何かがあるのではないかとい [続きを読む]
  • 燃えよ大文字(3/4)
  • 京都旅行の話の第3話です。 5階までエレベーターで昇って屋上に向かって階段で上がります。部屋の方へ戻る人たちとすれ違いながら屋上へ向かうのですがその人たちの表情を見ると何やら冴えない顔をしています。おそらく何も見えなかったのだと思います。階段を登りきり屋上へ通じる扉を開けると風が吹き込んできました。雨が一段と強く降っています。ここまで来たのだからと雨が降る中、持参した折り畳み傘を差して屋上へ出ました [続きを読む]
  • 燃えよ大文字(2/4)
  • 京都旅行の話の続きです。お造りに鴨鍋、茄子に西瓜などが目の前に並びました。ビールを飲みながら食事を楽しむのですが同時に二歳児の口にお子様ランチを運びます。二杯目のビールを注文した頃には外はすっかり雨になっていました。霧雨から本格的な雨になろうかというところです。大文字さんはどうなるのかという私の心配を察したのか仲居さんは雨でも絶対にやるはずと声をかけてくれました。今までの歴史で一度しか中止になった [続きを読む]
  • 燃えよ大文字(1/4)
  • この夏、京都御所の近くで宿泊したときの話をします。 夏休みに初めてUSJに行ったのですが一泊で帰るのももったいないのでもう一泊したいなということで京都に立ち寄ることにしました。余裕をもって計画したわけではなかったのでお盆のこの時期に空きがあるか不安でしたが純和風のお宿をとる事ができました。妊婦と2歳になる子供と一緒だったので子供歓迎のふれこみが決め手になりました。京都駅から烏丸線で丸太通り駅まで行き京 [続きを読む]
  • 妊婦と2歳児と行く高円寺フェス2016後半
  • 妊婦と2歳児と行った高円寺フェスの後半です。2歳児と一緒なのでやっぱり落ち着けるところがいいと座・高円寺のカフェで昼食をとりました。壁際にたくさんの絵本が並ぶ雰囲気のいいお店でした。注文は、マルゲリータ、高円寺弁当、キッズカレー。落ち着く店で周りを落ち着かなくさせることになりますがご容赦いただきます。食後にB1Fでオムツを変えて出発。最後にゆるキャラフェスに寄りました。ゆるキャラを八百万の神のように思 [続きを読む]
  • 妊婦と2歳児と行く高円寺フェス2016
  • 妊婦と2歳児と高円寺フェスに行きましたのでご報告します。午前11時過ぎから3時間程度の滞在になりました。我々には制約がありますのでそんな時間になってしまいます。まずは座・高円寺前に向かいました。前日からこれが気になっていました。テルミンです。変わった音色と演奏する時の変わった動きが好きです。イベントの初日の早い時間ですのでどこもまだ準備中で観客も少なく空気がまだできていない感じです。響き渡るテルミンと [続きを読む]
  • 仏とコストパフォーマンス
  • 夏の京都で三十三間堂に寄った。曇り空だったが暑かった。京阪本線の七条で降りて目的地へ向かう。後から分かったのだが正面入り口のちょうど裏から時計と反対回りに回ってしまった。かなり遠回りをしてしまった。汗をかきながら拝観料を納めに列に向かう。人の入りはそこそこで大混雑というわけではないが空いているわけでもない。目の前にはツアーで来たおばちゃんたちが並んでいた。「ここが一番高いのよ」拝観料の話のようだ。 [続きを読む]
  • 初めての海
  • 砂浜に寄せては返す波、灼熱の太陽、人々の声。目の前に広がる海を見て僕は泣いたらしい。臨港パークは横浜駅のすぐ近くにある海に面した公園。護岸は整備され目の前にはレインボーブリッジが架かっている。彼は言葉にならない言葉で海と言った。顔は少し笑っていた。夏になったら砂浜へ行こう。  [続きを読む]
  • 我々はアンパンマンのロールパンナちゃんである
  • 先日はじめて「真面目」にアンパンマンのアニメを見た。そして結果から言えば比喩でなく事実として涙した。今日はその話をしたいと思う。アンパンマンがどのような物語か私が語るまでもないだろう。私が観たのはおそらくロールパンナちゃん登場の2回目だった。ロールパンナちゃんはメロンパンナちゃんのお姉さんという設定である。ロールパンナちゃんは白いリボンのようなものを武器として使う。白いリボンはイメージで言えば新体 [続きを読む]
  • 昼は真面目なサラリーマン、夜はキッチンドランカー、はたしてその実態は
  • どうもー、こんばんはー、キッチンドランカーでーす。わーわー言ってますがキッチンドランカーってなーに?教えて池上さん!毎晩会社から帰ってビールを飲みながら夕食を作っている私ですがその行為を端的に言えば「毎晩キッチンで酒を飲んでいる。」です。まさにキッチンドランカーな訳です。「毎晩」が重要な気がします。晩でなくてもいいのですがキッチンドランカーという言葉の持つイメージとして「常習性」があるのではないで [続きを読む]
  • 過去の記事 …