メイン さん プロフィール

  •  
メインさん: Hakusan Creation
ハンドル名メイン さん
ブログタイトルHakusan Creation
ブログURLhttp://www.hakusancreation.com/?lang=ja
サイト紹介文ニューイングランドの自然や田舎暮しからのEdible Garden、日本の思い出など、美しい画像でお届けします。
自由文アメリカのバケーションランドとよばれる北米のメイン州の壮大な自然や、野草を生かした食べられる庭(Edible Garden)、田舎生活でみつけた小さなものたちまで、美しいなあ〜と感じたものをそのままに。バイリンガルサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/01/18 00:08

メイン さんのブログ記事

  • Washington D.C.
  • ワシントンDCに近いロナルドレーガン国際空港は、国際空港とは名ばかりで、バスターミナルのように小さいから、滑走路も短く、あっという間に機体は空に浮かぶ。写真から、わかってもらえるだろうか。他の都市の首都とちがって、高層ビルもなく、白くそびえるワシントン記念塔が、一番固い建築物らしい。 [続きを読む]
  • 海運業とCO?
  • 身の回りの生活用品の80%以上が、船によって輸送されていることを知っているだろうか? CO?といえば、車ばかりがやり玉にあげられるが、実は、船による排出量も多く、今週は、船舶によるCO?排出量に関する会議が、国際海事機関 (IMO)で行われている。 ここで、船舶によるCO?排出量の多さを示すために、2014年の206ヵ国のデータを使ったオリジナルのマップを作ってみた。 2014年、206ヵ国よるCO?排出量の合計は、330億トン。 [続きを読む]
  • Flycatcher
  • フロリダには、ヤモリがそこら中にいる。踏みやしないかと、こちらは冷や冷やするのだが、あちらのほうは慣れたもので、足元から四方に散るようにさっと逃げていく。その時に聞こえる木の葉の上を走る音が、かわいいこと。ときには、窓のスクリーンにへばりついて、蚊をじっと待っていたりなんかする。 [続きを読む]
  • Ský
  • 頭上の広大空間を、英語ではskyといい、古ノルド語のskýからきている。だからský も「空」という意味かと思いきや、実は「雲」という意味だという。古ノルド語には、宇宙(space)を意味する単語が、あったのだろうか? [続きを読む]
  • Tokyo Gate Bridge ~ 東京ゲートブリッジ
  • 東京ゲートブリッジ(Tokyo Gate Bridge)は、全長2618m。そのうち、海上をまたいでいる部分の長さは、1618mで、レインボーブリッジの2倍もある。もっとも陸から離れた東京湾上に建設された高速道路で、水平線上の小島は、ゴミの埋め立てによってできた中央防波堤(Chuo Bohatei)だ。橋にもいろいろあるけれど、橋に水と空がかかわるとき、数学の美しさを感じる。 写真集「Earth, Water, Fire, Wind, Emptiness: Tokyo Landsca [続きを読む]
  • Edogawa ~ 江戸川
  • 江戸川の堤防の高さは10メートルで、反対側の家々が並ぶ土地の標高はほど海面と同じだ。江戸川区の人口密度は、13900人/?。何百万という人が、この堤防によって守られている。 写真集「Earth, Water, Fire, Wind, Emptiness: Tokyo Landscape.」より。 [続きを読む]
  • 城南島
  • 城南島海浜公園は、羽田国際空港のすぐそばにある。 タンカーや飛行機の姿が絶えずあり、釣り人がぼんやりとそれを見ていたりする。 都内では、珍しく砂浜まで楽しめる公園だが、水はまだ有害で、遊泳禁止。 それでも、公害だらけの70年代を思えば夢のような状態なので、「水の澄んだ東京湾で泳ぐ」という心の片隅にある夢が、現実化するような期待をもってしまう、 TOKYOが、水と空気が最もきれいなメトロポリタンになるような気 [続きを読む]
  • Wasp 〜 ワスプ
  • このハチの種類はわからないが、家の窓際で見つけた。羽が2枚欠けているが、それ以外はほぼ完全な形のままだ。最初は単なるハチの死骸だと思ったが、よくよく見てみると色や模様、体のつくりが美しい。まるで古い寺院の外壁ような、渋さがある。 [続きを読む]
  • 星から生まれたもの
  • 宇宙はエネルギーから始まり、冷却して水素とヘリウムとなり、そこから星が生まれた。星が爆発して死んだときには、炭素や酸素ができ、長い間のこうした星の誕生と死の繰り返しによって、わたしたちも、まわりの環境も生まれた。宇宙はどこか遠くの場所であり、人間の体験している世界とは異質なものだと思いがちだが、実は私たちが生まれたゆりかごなのだ。 [続きを読む]
  • American Alligator 〜 ミシシッピーワニ
  • 信じられない話だが、フロリダに住むということは、ワニ(アリゲーター)といっしょに暮らすことでもある。池という池にワニがいて、画像の「ワニに注意。池に近寄らないように」という警告も、実は、今住んでいる分譲地内のものだ。実際、池の岸を見てみると、アシの中にワニがいた。 ワニ(アリゲーター)は、全長が4mぐらいまで成長するが、この池の主はまだ2m。とはいえ、歩道から10mのところで、堂々と御くつろぎ中。 [続きを読む]
  • マネシツグミ
  • 午後、車庫の外で車の掃除をしていると、マネシツグミがすぐ近くの木にとまった。赤い木の実をつまんでは、歌い、つまんでは、歌い、30分ぐらいいただろうか。 見た目は地味な鳥なのに、声の美しいこと。しかも、その歌は単調ではなくて、音楽的に複雑な構成をしている。なぜなら、名前からもわかるように、他の鳥の歌をまねて、自分のものにしてしまう才能があるらしい。 拡大してみると、見た目も悪くない……。目の周りや、嘴の [続きを読む]
  • Invasive ~ 侵略
  • ティンボ(Pacara earpod tree)は、コスタリカ減産だが、フロリダのいたるところで見られる。名前の由来となった個性的な形をしたさやの中には、たくさんの種がはいっているので、それらが同時に発芽して育ち、画像のようにずらりと並んでコロニーをつくったりする。 [続きを読む]
  • An Armadillo Tail〜アルマジロのしっぽ
  • アルマジロというものを、生まれて初めて見た。後で調べたところ、ココノオビアルマジロというらしい。車を降りて近寄っても、平気で土の中の虫を鼻でほって食べている。視力が悪いのだろう。元は北アメリカの南西 部にいたのに、現在ではフロリダが元の生息地だと思われているほど、フロリダに適応している。ほんの1メートル先で、こんなおもしろい皮膚をした動物が、のんびりと餌を探す姿を見ていると、サファリパークにいるよう [続きを読む]
  • Merritt Island, Part 5
  • メリットアイランド国立鳥獣保護区(Merritt Island National Wildlife Refuge)には、たくさんの水鳥がいて、種類も多い。一年中ここで暮らす鳥もいれば、渡り鳥もいる。 夫が撮影した日は、空は青く、緑のマングローブを背に、多くの白い鳥が羽を休めていた。美しい景色だった。でも、不思議なことだが、カラー写真よりも、この近赤外で撮った写真のほうが、自分が受けたその場の印象をはるかによく表している。 [続きを読む]