メイン さん プロフィール

  •  
メインさん: Hakusan Creation
ハンドル名メイン さん
ブログタイトルHakusan Creation
ブログURLhttp://www.hakusancreation.com/?lang=ja
サイト紹介文ニューイングランドの自然や田舎暮しからのEdible Garden、日本の思い出など、美しい画像でお届けします。
自由文アメリカのバケーションランドとよばれる北米のメイン州の壮大な自然や、野草を生かした食べられる庭(Edible Garden)、田舎生活でみつけた小さなものたちまで、美しいなあ〜と感じたものをそのままに。バイリンガルサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/01/18 00:08

メイン さんのブログ記事

  • A Thin Layer of Air ~ 大気の薄い層
  • 涼しくなってきたフロリダの夜を楽しもうと、バックレイクに行ってみた。水平線の向こうには、オーランドの明かりが見える。人間は、大気に包まれた小さな地球に住んでいる。大気の向こうは、想像すらできない巨大な宇宙。そこには無数の星があるのに、地球に代わる星は見つかっていない。この星以外に、住める場所はない。 昨日のテレビで、火星をめざして訓練中の若き宇宙飛行士たちに、アポロ8号に乗った元宇宙飛行士が、宇宙か [続きを読む]
  • Full Moon over Buck Lake ~満月の湖上
  • 今、あるプロジェクトのために忙しく、休憩といえば、夜風に当たりに外にちょっと出るだけの生活をしている。この一週間は、夜空は雲もなく晴れて、今夜は満月と重なった。 レンズを通して見る夜は、目がとらえる夜とはちがう。人間の目は、光のレベルがある点よりも下がると、色を認識することができない。でもカメラはできるから、映った画像は、日中に撮影されたものと変わらない。月の角サイズが、太陽と同じで、月が色を変え [続きを読む]
  • Spanish Moss
  • サルオガセモドキ (英名:Spanish Moss、学名:Tillandsia usneoides)は、南部のいたるところで見られる。英名が「スペインゴケ」なので、コケのように思われるが、実は花をつける植物。寄生植物だけれど、ただ木から垂れ下がっているだけ。 それぞれの個体は小さいが、互いにもつれあって下に長く伸びているので、大きな植物体に見える。薄暗く、沼地のような森では、かなり不気味に見える。でも、20世紀初期には、車の座席のク [続きを読む]
  • In a Field, Revisited ~ 牧草地、再び
  • 前のブログの記事で、この木の写真をのせたことがある。あのとき裸のこの木を見て、ハリケーン・イルマのせいだろうとは思ったが、どうも本当にそのようだ。植物の再生をみることは、うれしい……。あの力、勢い、歓び、そして調べ。 [続きを読む]
  • Shitamachi〜下町
  • 東京は、日本でもっとも近代化された都市とされ、風景は絶え間なく変化している。ところが、開発の波をうまく逃れてきた地域もある。たとえば谷中。大好きな下町だ。 谷中は、今ではよく知られた下町だが、かつては農家が点在する山林地にすぎなかった。ところが、そんな場所を変える事件が起きた。1657年の明暦の大火だ。江戸の65%が焼けて、10万人が亡くなった。この大火事の火元はお寺と言われ、徳川将軍によって多くの寺が、 [続きを読む]
  • In a Field ~ 牧草地
  • フロリダは、どこもかしこも緑色。終わることのない夏の色。ところが一本の若木だけ、葉を失って立っている。もしかしたら、あのハリケーン・イルマに裸にされたかな。でも、よく踏ん張った。 [続きを読む]
  • Swamp ~ 沼地
  • 家の横に、大きな自然保護地区がある。ほとんどは森だし、シダも生えてはいるものの、メイン州とはまるでちがう。この森の林床は、水の中。空気も生臭い。どこかで、ウシガエルのような声もする……ワニだな。こっちを、隠れて見ているな。 [続きを読む]
  • Tokyo Art Book Fair 10月5 ~ 8日
  • 10月5日から、Tokyo Art Book Fair 2017 が始まります。インディペンド・パブリシャーの部門に初参加するのですが、オフィシャルサイトで参加メンバーを見てみると、芸術大学やグラフィックデザイナー、写真家、北米やアジアの出版社などいろいろで、とても楽しみ。ビジュアル系の本が好きな人、紙が好きな人は、ぜひご来場ください。場所は、天王洲アイル。詳しくは、こちらのオフィシャルサイトで。 [続きを読む]
  • After Irma 〜 イルマのあと
  • ハリケーンの目がここを抜けた午前2時半頃に寝て、朝8時に起きて外を見てみれば、木の姿がちょっとちがう。ハリケーン前には、こんな姿をしていた。 フロリダ中央部へのイルマの影響は、カテゴリー2だったので思ったよりも少なく、とくにまわりでは数本の木が倒れた程度ですんだ。でも、これには理由がある。 住んでいる地域には、 雨水を貯める人工池がふたつあり、その池の水がさらに大きな湖に流れるように水路も作られている [続きを読む]
  • Irma Passing 〜 イルマが通る
  • このあたりは電線が地下を通っているために停電がなかったので、テレビやネットでずっとハリケーンの動きを見ていることができたのだが、夕方の7時から強風となり、真夜中の2時前後の1時間ぐらいは、瞬間最大風速が秒速で38mに達した。数十秒ごとに吹いては弱まり、吹いては弱まり、まるでレーダー上のハリケーンの目やその周りをぐるぐるまわる風のバンドの動きを、音で感じているかのようだった。実に長かった。 フロリダ中央 [続きを読む]
  • Settling in for the Night ~ ハリケーンを待つ夜 その2
  • この地域では、今夜から明日の月曜日の2時がピークらしい。懐中電灯をそばに、寝ることになる。水は一人当たり一日4リットルを準備するように言われたが、先週の火曜日の段階で売り切れで、手にいれることは難しかった。それで、持っていた食品用に作られたバケツ(20リットル)の6個に、フィルターをとおした水を入れた。 暴風がはじまると、犬も外にトイレにいけなくなる。人の勧めで、雑草がはえたままの土を空き地から引 [続きを読む]
  • Waiting for Irma〜 ハリケーンを待つ夜 その1
  • もうすぐ私たちの住む中央フロリダも、ハリケーンによる暴風域に入る。カテゴリー4とも5とも予想されていたイルマは、幸いにも西海岸に上陸するとカテゴリー2に落ちた。 先週には、家の上を風速200メートルを超えるハリケーンが通過すると予想されていたが、先日、急に西側にそれ、今日は勢力を落としてくれた。突然のコース変更に、油断していた西海岸の人たちは、あわてて車に乗り込んで北へ向かった。数多くの豪華客船も [続きを読む]