メイン さん プロフィール

  •  
メインさん: Hakusan Creation
ハンドル名メイン さん
ブログタイトルHakusan Creation
ブログURLhttp://www.hakusancreation.com/?lang=ja
サイト紹介文ニューイングランドの自然や田舎暮しからのEdible Garden、日本の思い出など、美しい画像でお届けします。
自由文アメリカのバケーションランドとよばれる北米のメイン州の壮大な自然や、野草を生かした食べられる庭(Edible Garden)、田舎生活でみつけた小さなものたちまで、美しいなあ〜と感じたものをそのままに。バイリンガルサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/01/18 00:08

メイン さんのブログ記事

  • ひと時代の終焉 4
  • 今日6日は、築地市場最後の日。1935年から続いた市場が、今日、幕を閉じる。画像は市場の午後の様子で、1990年代のもの。あの頃は、こうして中にも入れて、歩き回ることができた。ありがとう、築地。築地市場のまわりにあるレストランやお店は、今後も営業を続けていくという。なんか、うれしい……。 築地市場の写真集「Tsukiji: Tokyo Fish Market Suite ~ 築地: 東京魚市場組曲」より [続きを読む]
  • The End of an Era ~ ひと時代の終焉
  • 10月6日、築地市場は最後の日を迎える。見学ツアーも、昨日で終了した。豊洲で10月11日に再オープンするというが、この二つの市場が、心の中でまだつながらない。 私は、ラッキーだったのだろう。ピークを迎えていた1990年代の築地市場に、真夜中に入って撮影できた。あの頃は、だれでも市場内に入って、自由に見学できた。そのおかげで、築地市場の小写真集「Tsukiji: Tokyo Fish Market Suite ~ 築地: 東京魚市場組曲」を作るこ [続きを読む]
  • ひとりの 日曜日に いちめんの 雪 みつめる わたし 音のない わたし (1989年) 恋愛詩集「乙姫から浦島太郎に告ぐ」第1章出会い前 より この詩の英訳は、こちら。 [続きを読む]
  • 出くわしたもの
  • ドックパークへの道で、こんな隣人と出くわしてしまった。1mはあったかな? すぐにヤツは逃げてしまった。よし、よし……そのほうがいい。野生のアリゲーターは、普通は人間に向かってこない。もし向かってきたら、だれかによって餌付けされている証拠であり、危険とみなされて捕獲されてしまう。 [続きを読む]
  • 宇宙の法則
  • 犬の頭をなでる コロコロと なでる なぜか 自分が うれしくなってくる すごいことが おきている (1988) 恋愛詩集 BYNAOMI OTSUBO「乙姫から浦島太郎に告ぐ」第1章出会い前より この詩の英訳はこちらの英語サイトにて [続きを読む]
  • Palm Road 2~ ヤシの木の道 2
  • furor ヤシの木の森というものを、フロリダにきて初めて見た。カラフルだったメイン州の森になれた目には、光だけがまぶしい。でも、よくよく目をこらして周りを見てみると、池からワニが顔をだしているし、小道を小さなトカゲが走り回る。アルマジロがのっそりと道路わきをゆく。ハゲタカが空を舞う。芝生には、日本中が警戒している火アリが、こぞって巣をつくる。そんなところで、みな平気で肌をさらして、バーベキューをしてい [続きを読む]
  • Summer Storm ~ 夏の嵐
  • フロリダの嵐は、突然に来る。フカフカの白い雲が空に浮かんでいるなぁ〜、なんて思ったのもつかの間、こんな巨大母船のような雲にかわっていき、どしゃぶりが始まる。雨が集中的に降っている所は、雲から手のようなものが地上へと伸びているので、すぐにわかる。 360度空が見えるフロリダだからこそ、雲の大きさがわかるというもの。この空を都会のビルの谷間から仰ぎ見たら、空一面が灰色に見えることだろう。 [続きを読む]
  • ウミガメを守る
  • フロリダの沿岸は、ウミガメの産卵のために長い間使われてきた。画像のように海水浴客が産卵場所を荒らさないように、今でも保護されている。でも、この海岸だけ守っても仕方がない。この浜の穴から出てきた子亀が、小さな体を必死に動かして命がけでたどり着いた海が、すでに汚染されている。 [続きを読む]
  • Starburst ~ ステレオ写真(立体写真)4
  • これを、ステレオ写真(立体写真、3D写真)で見てみましょう〜。 まずは、画像を して「拡大」してください。 次に、中央の黒い中心線で目を交差させます。 3つのイメージが、並んで見えませんか? 中央の写真が、立体的な3D写真となって見えているはずです。 ステレオ写真についての詳細は、ステレオ写真3を見てね。 [続きを読む]
  • 私は泣かない
  • 自分の葬式 他人の葬式 死んでから 鳴いて感謝するよりも 向かい合った「ありがとう」を 私は選ぶ (1988) 恋愛詩集「乙姫から浦島太郎に告ぐ」第1章出会い前より この詩の英訳はこちらの英語サイトにて [続きを読む]
  • Blue ~ ステレオ写真(立体写真)3
  • ステレオ写真(立体写真)Par 1~3では、飛行機の窓から撮った画像を使用しています。それには理由があります。 まずは、この問いから始めましょう。 人間の目が「奥行き」を感じるのは、どんな時でしょうか? たいていは、物が重なり合っている場合、遠くのものがより青くてぼやけて見える場合(大気遠近法)、自分が動くことで物体との距離が変わるときなどです。 でも、あまりにはるか遠くにあるものを見ると、立体感は失われま [続きを読む]