トホホ母 さん プロフィール

  •  
トホホ母さん: 医学部受験生母の合格体験記
ハンドル名トホホ母 さん
ブログタイトル医学部受験生母の合格体験記
ブログURLhttps://ameblo.jp/igakubuzyukenhaha/
サイト紹介文1番目の子は一浪、2番目の子は現役、3番目の子は非医学部からの再受験で医専予備校経験のトホホ母です
自由文3人の子供の医学部受験経験を持つ母です。1番目が大手予備校で浪人、2番目が現役、3番目は非医学部志望で大手予備校浪人後に入学した大学の理系学部を休学し、医専予備校再受験。なぜか3人とも見事に大学入試センター試験と相性が悪いというオチがありまして、センター試験受験生の母を合計6回も経験しました。けっこう大学受験生の母は精神的にきついものがありました。そんな回顧録をポチポチと書いてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/01/18 10:29

トホホ母 さんのブログ記事

  • 人生どう転ぶかわからない
  • 我家はトホホ受験生でトホホ医学部生でトホホ研修医でした。 にもかかわらず、初期研修先をなぜか超忙しく、指導も厳しいと有名なハイパー系病院にした子供達。 同期の研修医たちは、入試時の偏差値の全国のトップクラスの国公立私立から幅広いランクの医学部まで。 やる気と体力のある初期研修医が集まっていたようです。 子供たちは偏差値の高い医学部卒の同期のことは「頭がいい」と絶賛していました。学生時代もかなり優秀だ [続きを読む]
  • 大学受験を控えたこの時期
  • 9月ですよ、もう。早いですね。 この時期、我が子たちは模試でも、ででで(DEDEDE)ばかりでした。 1番上の子Aが現役の時、進路担当の方針は「センター対策は1か月でできる!」「センター対策は長くやっても飽きる」でした。 信じましたよ〜〜〜 確かに一理ありますが、そもそも、センター対策を1か月で仕上げることができるのはすでに学力を身につけている受験生。 うちの子は、センター足切りでしたん  2番目の子Bの [続きを読む]
  • あ〜〜〜つ〜〜〜い〜〜〜
  • 厳しい暑さが続いております。 体温より暑い気温ってどうよ!? このような中、被災された方々には、どれほどお大変な毎日をお過ごしかと心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く、平穏な日常に戻ることができますようにと願ってやみません。 ご無沙汰しております。 アメブロから遠く離れて、はな〜れ、はな〜れ。 いよいよ皆様のお子様方がリアル世界で我が子供の後輩になったり伺い知ることもあり、やはり、ここらで親はピリ [続きを読む]
  • アメフトは本来素晴らしい
  • アメフトは、本来,、素晴らしいスポーツです。 体の大きい人、足の速い人、小柄な人、負けん気の強い人。 内向的な人、外交的な人・・・ それぞれ一人一人の体格や正確に合った適材適所のポディションでその人の最大限の力を発揮することができる素晴らしいチームスポーツです。 私が若かったころに見た映画の『ジョーイ』は、白血病で余命数ヶ月の弟とその家族の絆が描かれていました。 弟のために家族が色々と考えるようになり [続きを読む]
  • かあちゃん
  • 子供が生き生きと過ごしてくれていれば私はそれでうれしいのです。 逆に、子供が問題に直面していたり悩み苦しんでいる姿を見るのは自分の身が切られるような思いです。 星野富弘さんは1946年群馬県勢多郡東村(現みどり市)に生まれました。 群馬大学教育学部体育科卒業中学校の教諭になりましたがクラブ活動の指導中頸髄を損傷。 手足の自由を失いました。 入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始めました。 その詩画は、多 [続きを読む]
  • ドラゴン桜2
  • 漫画『 ドラゴン桜 2 』が始まっています。 前作の『 ドラゴン桜 』は落ちこぼれ生が高校の進退をかけて(?)東大に合格していくストーリーでした。 今から10年くらい前に描かれました。 もうそんなに経つんですね。(我が家に全巻あります 笑) 前作のドラゴン桜が描かれていた頃は、大学受験を終わった子もいたし、大学受験の子もいましたので、一つ一つが「なるほど〜〜」と思って読んだものです。 今回の『 ドラゴン [続きを読む]
  • 不登校・引きこもり経験からカウンセラーへ
  • 私のリアル知人に、自身が不登校・引きこもりをした体験を生かしカウンセラーをしている方がいます。 その方のメソッドはとても効果があるそうです。 そのコツを聞いてみました。 まず、親向けの教材があります。(あえて有料) 初めの一歩は「不登校・引きこもりをしている子の親に勉強してもらう」のだそうです。 すぐに手が届く値段にはわざと設定していないと。 「なんで?どうして?why?」と聞く私にその方は教えてくださいま [続きを読む]
  • オバ友カースト 逃げられない?
  • 前回、「ママ友カースト抜けるが勝ち」と書いたわけですが・・・ またまた自分の記事をリブログしてしまいまする  私の年になると、何かの集まりや町内会や仕事関係などで遭遇してしまうことがあります。 特にちょっと年上のお姉さまがたに その名も オバ友カースト  「友」じゃないよとツッコミたくなるわけですが、これがなかなかやっかい・・・ 土俵に乗らずにやり過ごそうとにこやかにしていたら 「あなたみたいにいつも [続きを読む]
  • ママ友カースト 抜けるが勝ち!
  • まあ、やはりあったわけですよ。 今でいう、ママ友カースト とかママ友マウンティング とか。 やはり大変でしたね。 子供が絡んでくるので、私は抜けたくても、子供は遊びたいとか。 今も反省しているのが、周囲との比較や周囲の評判をすごく気にしてしまったこと。 「ものさし」が「人」だったんです。 私、自尊心が低かったので、周囲との比較で自分の位置を確かめてしまっていました。 無駄なエネルギー使いました そんな私 [続きを読む]
  • 5月だあ(  ゚ ▽ ゚ ;)
  • 今日から5月 (  ゚ ▽ ゚ ;)早い・・・早すぎる・・・・お花見をしないうちに桜も散っていた2018年  世の中はゴールデンウィークのようですが、私は仕事です。 先日、子供が突然「明日1日だけ帰る」と言ってきたことを書きました。 リブログって便利なのね〜この前初めてやってみて、なんでもしてみたくなってるので、自分のブログをリブログしてみまする〜 で、帰ってくるというその日。朝からソワソワ  何時に帰ってくるかし [続きを読む]
  • 御礼
  • 現役の医学生が考え、立ち上げたプロジェクト。 『医大生相互支援プロジェクト』が締め切りを迎えました  20万円の目標額には届かなかったようですが、62000円(31%)も集まりました  リブログされていただいた立場として、ご協力くださいました方、ご興味を持ってくださいました方、本当にありがとうございました。 応援してくださった方々の熱い思いを胸に大切に運営してほしいと願っています。 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜ [続きを読む]
  • るんるん♪
  • 子供の一人が突然「連休に交代で休みを取ることになったので1日家に帰る」と言ってきました。      いつぶりかしら?      でも、いろいろ話聞きたいのに、元同級生と飲みに行っちゃうのよね。 母の手料理発動しないまま帰っちゃう  そして、いつも 「突然休みが取れた。帰る。」 突然かーい。 受け持ち患者さんの容体が安定していないと帰ってこれないので、、どうしても突然になっちゃうのでしょうが。 私のさ [続きを読む]
  • いのち言葉
  • 子育てや、社会生活を送る上で、「健全な自尊心を養うことがポイント」というのは多くの講演家の方がおっしゃることです。 私自身、この自尊心が低いために、子育てをする上でも揺らいでばかりいました。 たとえ子育てをやり直しをしたとしても、あの頃の自分、あの頃の生活環境であれば同じことの繰り返しになってしまうと思います。 私自身が健全な自尊心を持つことができるよう、今も、自分育て中です。 「いのちの言葉」と [続きを読む]
  • 医学部生の履歴書
  • 前回のブログ、途中で力尽きました  なので、前回のタイトルは「医学部生の履歴書(まえがき)」にしましたあ。 ある日、子供から連絡が来ました。 「履歴書を出さなきゃいけないから、見てほしい」と。 ファイル添付してもらい、見てみたところ・・・・ なんじゃこりゃあああああ  赤ペン先生 降臨  私が企業の採用担当者だったら この履歴書じゃ 採用しない  考えてみれば、学生時代のアルバイトも学生協を通したも [続きを読む]
  • 医学部生の履歴書(まえがき)
  • 連休が近いので、気持ちはソワソワ、仕事はゴワゴワ。 先日、3番目の子Cがお世話になった私立医専のイケメン校舎長と、 今注目の 東京ミッドタウン の     あえて太文字にする     ちょっと見栄はってみた オシャレなレストラン       しつこく太文字にする で、ディナーしました。(「メシ」なんて言ってはいけません ) 高田馬場から地下鉄東西線で日比谷に向かうことに。 新宿方面のホームに出てしまったの [続きを読む]
  • ”医大生相互支援プロジェクトのご紹介”
  • 再度リブログさせていただきます。 現役の医学生たちがプロジェクトを立ち上げました。 学校を超え、医学部生同志が勉強を教えあったり励ましあったり・・・。 すごく力強いプロジェクトですよね。 プロジェクトではグランドファウンディングで資金も集めています。 「医大生相互支援プロジェクト」 20万目標で、現在49000円。(残り4日!)https://camp-fire.jp/projects/view/71563?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget& [続きを読む]
  • 医学部留年生をもつ親御さんから
  • 医学部留年生をお持ちのSさんより、ブログでご紹介くださいとメッセージをいただきました。 ************* トホホさん初めまして。ブログを愛読しています。今年、医学部留年をした子を持つSと申します。 ************ Sさん、初めまして。ブログをお読みいただき、ありがとうございます。 お子さん、「まさかの坂」に遭遇されたのですね。 ************先日のPさんのメッセージは、大変 [続きを読む]
  • 佐藤亮子さん(佐藤ママ)のすごいところ
  • お子さん4人全員を東大理Ⅲに合格させた佐藤ママさんこと佐藤亮子さん。 今日の「ノンストップ」に出演されました。(私は仕事中で見れませんでしたので、録画して ← 昼休みに少し拝見しました。) 「こどもの笑顔」とおっしゃっていたのが印象的。 それには、ママも笑顔。 だから佐藤ママさんの笑顔は自然体ですごく素敵なんだとわかりました  その佐藤ママさんがこのたび、6歳までの子育ての本を出版なさいました。 読まな [続きを読む]
  • 医学部留年経験者の保護者様より
  • 霧島連山の硫黄山の近辺にお住まいの方、大丈夫でしょうか。 どうぞご無事でお過ごしくださいますよう・・・・。 ■□■□■□■□■□■□■□ 留年について何度か書かせていただきました。 実際その当事者になると、晴天の霹靂まさかの坂学費この子の今後・・・ さまざまなことが親の胸の内にも襲ってくるんです  不合格や留年、思ったような道に進めなかった、願う状況ではなかった・・・ そんなことに遭遇することも何度か [続きを読む]
  • お宅訪問
  • 先日、友人とKさんのお宅に行ってきました。 Kさんは80代のご夫婦二人暮らし。 奥様は一駅ぶんも普通に歩いていた方ですが、数年前に腰を痛め、ご自宅の中での生活となりました。 ご主人も病を抱えながらではありますが、そんな奥様を支えながらいろいろな種類のトマトを育てたり、アクティブに過ごしておいでです。 そんなKさんご夫妻を大好きなリアル友達(私と同年代)で伺いました。 以前と変わらぬ笑顔で「よく来てくれた [続きを読む]
  • 元祖「日本全国ダーツの旅」「ぐるぐるまつり」
  • NHKの昭和の歌謡曲の番組で山本リンダ様を見て衝撃を受けているトホホ母です。 足を出して、ヒールのたか〜いブーツを履いて うらら〜うらら〜〜 と踊っていらっしゃる。 リンダ様、御年 67歳  私、ボヤボヤしていておばさんまっしぐらでいいのか!!!?????  さ〜〜〜〜て〜〜〜〜〜〜 実はワタクシ、「日本全国ダーツの旅」「ぐるぐるまつり」の名付け親なんですぅ (*>ω 医学部は「受験大学は全国が的」であり、「全 [続きを読む]
  • 入学式
  • 子供が他学部に入学した時の事です。 大きい会場での入学式でした  学生も多くて、子供は出席していたのかどうかすら確認できず。 私は一人で参加し、広い会場の保護者席に座りました。 すると、近くに一人で座っている私と似たような 地味なおばちゃん 女性がいて、どちらかともなく、「何学部ですか?」と話し始めました。 我家とは違う学部でしたが、その方のお子さんは、小さい時からあるものに夢中だったとのこと。 話を [続きを読む]
  • 佐藤ママこと佐藤亮子さんのアメブロ
  • 佐藤ママこと佐藤亮子さんがアメブロ公式のトップブロガーとしてブログを始められましたね。 佐藤亮子さんは、お子さん4人全員が東大理科Ⅲ類に合格. それだけでもすごいことなのに、お子さんもバランスのとれた、とても良い好青年の方ばかりと耳にしておりました。 その佐藤亮子さんのブログを拝読させていただき、自然を愛でて、日常の中に豊かな感性と深い愛を持って歩むお姿。ご質問へのコメントからにじみ出るお人柄。 こ [続きを読む]