ざっく さん プロフィール

  •  
ざっくさん: 32歳借金1000万男の返済断念ブログ
ハンドル名ざっく さん
ブログタイトル32歳借金1000万男の返済断念ブログ
ブログURLhttp://zaq.blog.jp/
サイト紹介文20代の時間とお金、そのほぼ全てを女につぎ込んできたツケを払うときがきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 63日(平均0.9回/週) - 参加 2014/01/19 11:02

ざっく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 帰省という贅沢
  • こんにちは。せっかくの年末年始の連休が、ぐだぐだ寝ていたら・・あっという間に半分終わってしまった借金1000万男です。このままだとぐうたらしているだけで連休が終わってしまうので、いまさらながら帰省することにしました。新幹線の切符が取れない関係で、Uターンは1月2日、2日後です。1日あたり1万5千円を投じて帰省します。海外旅行並みの贅沢ですが、仕方がありません。家賃と管財費用に加えて帰省費用を支払った結 [続きを読む]
  • 納得できない賞与
  • こんばんは。借金1000万男です。先般期待していた賞与が支給されたのはよかったのですが、内容が正直不服でした・・。サービス残業×過重労働で成果をあげたのに、なぜ標準以下の評価を受けなくてはならないのか。まったくもって納得ができません。成果をあげることで評価されると信じて仕事に打ち込み、結果大切な人を失って、それだけが拠り所だったのに、この仕打ちです。並みの給与しか支払う気がないのなら、それに見合う仕事 [続きを読む]
  • 賞与はまだかな・・
  • こんばんは。借金1000万男です。給料日から数日ですが、給与の8割は旅立って行きました。しかしながら、今月は賞与があります。あれ?・・何日に支給されるんだっけ(^_^;)汗そして、直近で問題が発生しています。・・会社にこのことがバレそうなのです。バレたらクビです。資格制限がある職場なのです_| ̄|○ il||liどうかあと3ヶ月、持ちこたえられますように・・。Blogランキングに参加しているので、借金苦バナーもしくは『コ [続きを読む]
  • 給料日
  • 毎月最終日が僕の会社は給料日です。借金まみれの人間にとって、一瞬だけ所持金が増えるタイミングですが、右から左でなくなるのがかなしいところです。現在、借金とおさらばしようとしている私は、家賃と管財人への支払を済ませると、1ヶ月で使える現金は5万円のみです。そこから食費や光熱費に始まり、通勤定期も買わなくてはならないのですから、貧乏この上ない感じです。ただ、一つだけ希望があります。来月は賞与月です。いく [続きを読む]
  • 寝坊が解決できない
  • 子どものころから朝に弱い人間ではあるのですが、その傾向はいまも変わらず。。四半期に一回程度の頻度で、気がついたら昼前・・なんてことが少なからずあるのです。30歳も半ばに差し掛かろうという大人が・・などと言われてしまうのですが、どうにもならないのです。そして、一歩間違えればまた「抑うつ状態」への階段をいとも簡単に転げ落ちていくことでしょう。気が済むまで(?)寝ると、どうでもいいことを考える余力が生ま [続きを読む]
  • 信用をなくすということ
  • 大学生のころ、クレジットカードコレクターをしていました。学生時代、申し込めばいくらでもクレジットカードは発行してもらえました。地方の国立大学に通っていたので、学生の中でも手堅い属性だったのかもしれません。そして社会人になり、ゴールドカードを手に入れ、アメックス、ダイナースと、欲しかったカードを一通り手に入れたあとに、地獄が待っていました。すべてのカードを失うことになりました。そして、二度とそれらの [続きを読む]
  • 返済を断念してこれからどうなる
  • 返済に明け暮れていた日々に別れを告げて、わたしは返済を断念することにしました。32を過ぎて年収500万円弱の収入から1000万円を返済し始めたら、一体いつ完済できるのだろうか・・?もしできたとしても、途方もない時間がかかり、とても人生の時間が足りないのではないだろうか。・・そんなふうに思ったら、何年も悩んでいたことに踏ん切りがつき、返済を放棄する決意をするに至りました。ですが、世の中そんなに甘くはなくて、 [続きを読む]
  • 返済断念へ(終)
  • 当時ご覧になっていた方は、もう誰もいないかも知れませんが・・続報というか、結末というか、その後どうなっているのかをご報告したいと思います。当時29歳だった借金500万円男は、32歳の借金1000万円男となり、返済を断念しました。所有していたマンションは強制競売となり、手放しました。いまでもプロとして「優良物件だった」と自信を持って言える某所のマンションを失ったことで、とうとう返済の意志がなくなりました。その [続きを読む]
  • 過去の記事 …