マツモト さん プロフィール

  •  
マツモトさん: 犬の飼い方・接し方を紹介するお店 コンピス
ハンドル名マツモト さん
ブログタイトル犬の飼い方・接し方を紹介するお店 コンピス
ブログURLhttp://wanlife.org/blog
サイト紹介文問題行動を専門にするドッグトレーナーが店長を務めるペットグッズのお店です。
自由文お店の様子や犬の飼い方・接し方、しつけのことを書いていきます。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/01/19 21:37

マツモト さんのブログ記事

  • 目指しているもの。
  • ワンちゃんの問題行動のトレーニングについて考える時、まずこう考えてみてください。 「どのようなスキルが不足して問題が生じているのか。」 何ができないから問題が生じているのかということです。逆に言えば、これができれば問題が生じないということでもあります。 例えば、、ワンちゃんが危険な物を咥えている時、自分から咥えている物を出してくれれば、誤食という問題は生じません。ソファにいるコをどかそうとしたら怒る [続きを読む]
  • 愛犬との良い関係の築き方 無料セミナー開催!
  • コンピスでは、月に1回、ワンちゃんとの良い関係の築き方についての無料セミナーを開催しております。次回の無料セミナーは4月29日(日)13:00〜14:00です。予約制のため、事前にご連絡をくださいますようお願い申し上げます。電話やメールでもご予約を承っております。にほんブログ村ランキングに参加しています。あたたかいお気持ちでポチッとしていただければ励みになります。 [続きを読む]
  • 相手は正しい。
  • 何回言っても間違える。指示を出しているのに動いてくれない。言っていることを相手が理解してくれない。 このように教えていることが相手にうまく伝わらない時、誰もがその理由を相手のせいにしてしまいがちです。やる気がない、理解力がない、才能がない、と。 これはドッグトレーニングの世界でもよくあります。言ったことを飼い主さんがしてくれない時、その飼い主さんの考え方の違いや意識の問題がよく理由に挙げられます。 [続きを読む]
  • サンサンマルシェのお知らせ
  • 毎月、湘南海岸公園で開催されているサンサンマルシェ。https://www.sunsun-marche.com/4/8のサンサンマルシェはワンちゃんも一緒に楽しめる「わんわんマルシェ」になります。その会場で少しお話をさせていただく機会を頂きました。テーマはお散歩についてです。しつけ相談会もおこないますので、ご興味のある方は是非遊びにいらしてください。よろしくお願いします。 にほんブログ村ランキングに参加しています。あたたかいお気 [続きを読む]
  • “一見よさそうだがじつは効果のない方法”に騙されないために
  • ※今回は上下関係という考え方を否定する内容ではなく、ワンちゃんの行動を見て、安易に上下関係という考え方に当てはめようとすることの問題について取り上げた内容です。 「ワンちゃんが飼い主に怒るのは、自分の方がエライと思っているからだ」よく聞くフレーズですね。「ワンちゃんが怒る」ことの原因は、「自分の方がエライと思っている」というワンちゃんの思いにある、という考え方です。 「ワンちゃんが言う事をきかない [続きを読む]
  • なんでもイイコイイコするという事に感じる危うさ
  • 数日前の話なのですが、某バラエティ番組に出演されているタレントさんが、番組の中で愛犬との生活について語られていました。しつけは褒めて教えることが大切だそうです。だからこたつ布団におしっこをしても褒めるとのこと。その結果、ワンちゃんはこたつ布団におしっこをし続けているそうです。 これを見て私は愕然としました。 昔から、体罰などの厳しい接し方を推奨するドッグトレーナーたちは、褒めるトレーニングなんてただ [続きを読む]
  • ご相談の内容は具体的にお伝えください。
  • ワンちゃんの飼い方やしつけ方について、カウンセリングを受けていただく場合、ご相談の内容は具体的にお伝えください。相談内容が具体的であればあるほど、提案させていただく内容も具体的になります。 例えば、「突然、怒るんです」 これでは具体的ではありませんね。 「怒る」とは、ワンちゃんのどのような行動なのでしょうか。吠える?唸る?噛みつく?これらの行動によって、接し方も変わってきます。 また「突然」とのこと。 [続きを読む]
  • 犬は痛みに強いってどういうこと??
  • 「犬は痛みに強いんですよね」という言葉を最近また耳にしました。 「犬は痛みに強い」昔からよく言われていることです。“専門家”の中には、犬たちは人間の5倍痛みに強いとおっしゃる方もいるみたいです。ツイッターでも盲導犬の話 その14盲導犬とユーザーが歩行中に指示に従わなかったり気が散ってしまった時などはハーネスやチェーンカラーを引いて犬に伝えることがありますこれは虐待ではなく犬への伝達手段ですこれをして [続きを読む]
  • サークルをお仕置き部屋として使わないでください。
  • ワンちゃんが何か悪さをした時、罰としてサークルに入れる、ということをされている方をよく目にします。 「悪いことをしたら、サークルに入れられるから、悪いことをしないようにしよう。」「悪いことをしたら、部屋で自由にいられなくなるから、悪いことをしないようにしよう。」というようにワンちゃんが考えることを期待されているのではないかと思います。 確かに行動したら嫌なことが起こるから、その行動をしなくなる。行 [続きを読む]
  • 愛犬同士のケンカは微笑ましい光景?
  • ツイッターをしていると、多くのワンちゃんたちの画像や動画が流れてきます。和ませていただきとてもありがたいのですが、その中には、ワンちゃん同士が喧嘩をしている画像や動画も流れてくるんです。そしてそこには「かいじゅうさん」「かわいい」といったコメントが添えられています。ちょっと楽観的過ぎるんじゃないかなぁ、、と思いながらそれらを拝見しています。過去にさかのぼると、やはり今までもそのワンちゃんたちは喧嘩 [続きを読む]
  • はじめての愛犬生活応援プラン サービス開始!
  • これからワンちゃんを飼う方はじめてワンちゃんを飼った方是非この「はじめての愛犬生活応援プラン」のサービスにご依頼ください。 インターネットは多くの情報であふれています。その中から的確な情報を見つけ出すのは至難の業です。 ワンちゃんと一緒に暮らすために何をすればいいのか、どのような飼育環境を作ればいいのか、具体的にお伝えいたします。 もちろん過去に何度もワンちゃんを飼われていたという飼い主様も大歓迎で [続きを読む]
  • ワンちゃんを叱る前に読んでください。
  • ワンちゃんを厳しくしつけないといけないという思いから、叱ることは十分に理解できます。 ただただ叱る前に、まずは叱らないで問題を解決できないか考えてもらいたいのです。 行動をしたら、嫌なことが起こった。だからその行動をしなくなる。ワンちゃんを叱る時、このようなことを期待されているのではないかと思います。行動の原理から考えても、ワンちゃんがその好ましくない行動をしなくなる可能性は十分にあるのですが、こ [続きを読む]
  • 万が一に備えてペットのための意思表示カード
  • こういうものがあります。 飼い主であるあなたに、もしものことがあった時、家に残されているペットたちはどうなるでしょう。1人暮らしでペットを飼われている方なら、どなたも考えることだと思います。彼らは1人では生きていくことができません。あなたに何事も起こらないことが一番ですが、万が一、何かがあった時、彼らの存在を周りに伝えるために、彼らを助けるために、意思表示カードを。 お店にも置かせていただいており [続きを読む]
  • 体罰は、それをおこなう人をも変えてしまいます。
  • もう15年以上昔の話です。 私が学生の頃は、犬たちを訓練するのに、体罰やジャーク(リードを激しく引く行為)などがたくさんおこなわれていました。 学校の中でも、褒めるトレーニングがおこなわれているすぐ隣の教室では、激しく何度もジャークされているワンちゃんがいるような状態でした。 ドッグトレーニング業界全体を見ても、当時はそれが当たり前の光景だったと思います。 私が通っていたその学校の同級生にある男の子が [続きを読む]
  • 日本獣医動物行動研究会の体罰に関する声明文
  • 3月1日、日本獣医動物行動研究会から体罰に関する声明文が発表されました。 日本獣医動物行動研究会からのお知らせ。体罰に関する声明文発表について>>> 日本獣医動物行動研究会は、伴侶動物の問題行動に対する行動診療の発展や、問題行動治療に関する啓発を目的とした獣医師を中心とする研究会です。獣医動物行動学に精通した行動診療科認定医の認定もおこなっています。 今回の声明文が発表された経緯には、やはり1月に [続きを読む]
  • コンピスという名前
  • コンピスは、スウェーデン語で「友達」という意味です。 昔からワンちゃんたちは、人間の最良の友と呼ばれています。 人間がそう呼んでいます。 はたして彼らは私たちのことを最良の友と思ってくれているのでしょうか。 彼らの友であるためには、私たちはそうであるための振る舞いをしなければいけません。 暴力や理不尽な要求ばかりするものが友でいられるでしょうか。 コンピスは、これから先、私たちとワンちゃんたちが [続きを読む]
  • 犬同士を挨拶させる時に気を付けてほしいこと。
  • ワンちゃんを飼うという事は、とても素晴らしいことです。お散歩に行くと犬友達もでき、飼い主さんの交流の輪も広がります。 でもちょっと心に留めておいてほしいことがあります。 ワンちゃん同士を挨拶させる前に、飼い主さん同士がまず挨拶してほしいということです。 「こんにちは!ワンちゃんかわいいですね。あいさつ大丈夫ですか?」と。 もしも相手から、「こんにちは。ごめんなさい、、うちのコ、ちょっとワンちゃん苦手な [続きを読む]
  • ワンちゃんと上手に暮らすための教育用ポスター
  • 店内にはこんなポスターも置いています。これはアメリカで活動されているイラストレイターのリリー・チンさんが描かれたものです。ドッグトレーナーさんと協力して、ワンちゃんと暮らすための教育用ポスターをたくさん提供してくれている素敵な方です。 店内にも置かせていただいております。私が昔から思い悩んでいたことを、とても分かりやすく素敵なイラストを添えて描いていらっしゃいました。感動です。※リリー・チンさんが [続きを読む]
  • ワンちゃんのための丈夫なオモチャについて
  • ワンちゃんたちは、遊ぶことが大好きですね。よくオモチャをかじって遊びます。 でもかじっているとオモチャも消耗していきます。そこで壊れちゃうこともあります。オモチャが壊れてしまうと、破片を飲み込んだり口の中を傷つけてしまったりするような事故につながります。 壊れないように硬いオモチャで遊ばせる方もいらっしゃいますね。でも硬いオモチャは、ワンちゃんの歯によくありません。硬すぎるオモチャは、永久歯であっ [続きを読む]
  • 犬の飼い方・接し方を紹介するお店を作るまで
  • ワンちゃんの飼い方や接し方を紹介するペットグッズ専門店をオープンしました。 私が以前から思っていたこと・・・ それは、はじめてワンちゃんを飼う飼い主さんは、飼い方や接し方について、ほとんど手探りの状態だという事。 どのような飼育環境を用意すればいいのか。どのような接し方をすればいいのか。 多くの飼い主さんは、まずはインターネットで調べます。インターネットは、たくさんの情報であふれています。玉石混合 [続きを読む]
  • 犬の飼い方を知ることができるお店コンピス
  • 2月20日からワンライフサポートサービスは、ワンちゃんのペットグッズを販売するお店をオープンします。それに伴い、ワンライフサポートサービスは名前がコンピスに変わります。 お店のテーマは、「ワンちゃんの飼い方・接し方を知ることができるお店」です。ワンちゃんといっしょに快適に過ごすためのヒントが、お店の中にはたくさんありますので、ぜひ遊びに来てください。 ドッグトレーニングやしつけ相談も承ります。店長は [続きを読む]
  • パピー教室で子犬同士をふれあわせる目的は何ですか?
  • 「パピー教室に参加したら、相手の犬に一方的に追いかけまわされ怖がりなコになってしまいました。」 昔からよく聞くことです。 パピー教室では、子犬同士をふれあわせます。 子犬を他の犬に慣れさせるためです。社会化のためです。 しかしパピー教室の中には、子犬たちを遊ばせること自体が目的となってしまい、性格の合わない子犬同士でもとにかく遊ばせようとするところがあるようです。 その結果、怖い思いだけして終わってし [続きを読む]