きそひろこ さん プロフィール

  •  
きそひろこさん: くつろぎのもと
ハンドル名きそひろこ さん
ブログタイトルくつろぎのもと
ブログURLhttps://ameblo.jp/kstkdhrk/
サイト紹介文2LDK中古マンションに4人暮らし。片づけにはまって、収納模索中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/01/19 22:55

きそひろこ さんのブログ記事

  • なりふり
  • 走って息切れ図書委員での重要イベント棚卸しが近づく。口は気楽なことを連発するが頭は不安でいっぱいだ。わりと。しきるってやりきるまでなにもわからない。主導権を握ることの恐さを噛み締める。助けてもらって円滑にいって感謝も楽しさも満載だけどいつもちょっと緊張してる。シミュレーション通りいきますように。★★★★★★★★★★★★★★★給食試食会に参加する。給食。何年ぶりか。そしておいしい。友だちとさながら [続きを読む]
  • だって好きなんだもん!
  • やらかしてる幼稚園で図書委員をして2年。去年は役員やっててんやわんやだったわけだが今年は委員長になった。委員長…楽しそうでつい…。やることが山盛りで立ち上げはパンク気味息子はまだ送迎つきだし忘れ物キングだし小学校と幼稚園で行事が別れて仕事と家事いっぱいいっぱいだしやーでもおもしろくてうきうきする。活動の役に立ってるかわからないけど。人前で喋るのも下手だけど。本にまとわりつくのが好きで楽しい。かわ [続きを読む]
  • そんなこんなで
  • ながめて涙がでるような一緒に大人になって大人になっても助けてもらった大好きな絵本作った方がいなくなってもずっと本はのこってってこれからも何度も読む読み続けるって思っても思っても涙がでてくる。ありがとうございました。子どものころも大人になってもとっても楽しかったです。 [続きを読む]
  • 手際わるく野を捌く
  • 田舎から春野蒜葉たまねぎやまうどふきわらび潮干狩りいったお友だちからあさりちゃん昼過ぎに始めたのに夕ごはんに間に合ったのはあさりご飯とうどのきんぴらとわらびのおひたしだけだぜ…。料理苦手にしても手際悪すぎじゃない?うどの調理が初だったから?ともあれ春の味すべてがおいしすぎる。ふきとうどと野蒜はまた明日。わらび灰汁抜き、今までで1番うまくできた気がする。朝からわらびやさんになってご近所に配り歩くよ [続きを読む]
  • 中年が悲しいとか時の流れが恐いとか
  • 寝落ちが基本の毎日子どもが小学校いったら勝手に行って帰ってくるからすごい楽よ〜って聞いてたんすけど基本毎日送迎で学童多いのもあるけど1ヶ所にふたり迎えに行ってた3月までより俄然疲れる。習い事の送迎も結果的に出番が増えてるしなんだこれ。きーてねーよ。寝ちゃうよ!!シフト入れ間違えて友だちに迎えを頼むこともしばしば。無能か…。カジャラは行った。楽しかった!中年をくすぐるものはいっぱいあるでしょ。悲哀 [続きを読む]
  • 子どものじかん
  • なにもかも手に入れたい欲望。働いたり幼稚園行ったり相変わらずで過ぎる合間に今年で注文ができなくなると突然告げられた保育写真の選定にやっきになる。年少の時は下が落ち着いてから…年中の時は来年下が入園したら…いざ年長の時はそれどころではなく。役員って(以下略)体のいい言い訳で先伸ばした作業を夫も巻き込んで一心不乱にやったんである。IT戦士の夫がすばらしいので子が写ってる写真の選別はできたわけなんだが。膨 [続きを読む]
  • 書いて書いて書きまくれ
  • 入学!!ピカピカだぜ。そして噂の書類の山だぜ。無になって読んで読んで読んで書いて書いて書きまくる。ごほうびに宝石の国。キラキラ?おもしろい(/▽\)いやいや。進級準備とかさ。今年はギリギリ進行。で今日は初登校である。山のような書類は子どもに託して果たして先生に届くものなのか。しかもひとりで登校すると息巻く息子。そして妹のりんご病で延びた学童デビュー。トリプルな不安しかない。登校はさすがに付き添う。 [続きを読む]
  • マヨネーズがない
  • 延びに延びて花見ピクニックっぽくサンドイッチしようってたまごとポテトサラダとって材料揃えたのに当日マヨネーズぎれに気づく。マヨネーズ寄りのメニューが多かった…。朝からマヨネーズ作る雑の果ての丁寧な暮らし。最近万事この調子だけど花はきれいだった。楽しんだから仕切り直して新年度と思ったけどさっそく娘が発疹して欠勤スタートとなる。ままならない。 [続きを読む]
  • 絶景かな
  • 絶景かな壁面本棚が完成に近づく。年末完成とか言ってたけど私全然手伝わなくて春。夫ががんばった。夫えらい!!本がいっぱい見えるとテンションあがる〜〜お世話になった幼稚園最後の登園。仕事を始めてからも安心して預けてられる本当に大好きな場所だった。卒園寂しい。園グッズ整理はさくさく進めるけど。今週は書類の整理と衣替え前哨戦がんばった。来週は進級準備だっ。 [続きを読む]
  • さるさる
  • 3月はふっとんでった2月下旬は胃腸風邪で一家全滅する。核家族の脆さよ。ほんと。3月に入ってからは働いて幼稚園行って働いて働いて幼稚園行って働いて卒業前って役員…ぁぁああ。その合間にも最後の給食最後の参観、最後の保育…。終わりにむかうなにもかも。ですーーーぐ卒業式。もうただ顔の穴からね液体をだすだけの物体だよね。忘れられない初めての卒業式。この1年。2年。3年。進歩したのは子どもだけな気分。できな [続きを読む]
  • ことばのかくとく
  • まずどうやってなくしたかすでに2月半ば廃人同然でひな人形をだす。何が起こってたかってえーと豆まきで幕開けたよな…鬼恐いことで有名な幼稚園の豆まきで娘が号泣して…働いて…そう。その週末映画を観たのだ。界隈をにぎわしてるあれを。「バーフバリ伝説誕生(吹替)」を。アマゾンプライム100円で。つまり5割の語彙がそこで死んだ。会話の5割がバーフバリにならざるをえない。続けてスーパーボウルがあった。名勝負!!まじ [続きを読む]
  • ワープ
  • 毎年1月は時空が歪んでるついこの間独楽回しやらどんど焼きやらしてきたと思ったのに。(たのむぜ風邪ひかない餅)あらやだそういえば雪降った。北国ぶりっこしてパート先から自転車で帰ったら転ぶわな。いや自転車が倒れたわな。ケータイは飛んで雪にささる。お迎えは家から垂直に足を下ろすガチダッシュして間に合った。そこから子と徒歩で戻る道のりなっがあー。翌日自由登園。もちろん登園。雪国ぶりっこしてガンガン雪かいた [続きを読む]
  • 新しい気分
  • つれづれ数年ぶりの賃金労働が私に自由な気持ちをもたらす。はー冬休みなんか子どもふたり預かり保育したらなんのためなんだかわかんないって悪態つきまくったけどでも一人でこぐ自転車のペダルは果てしなく軽いし労働が分かりやすく誰かになにかをもたらしてる様子は果てしなく嬉しい。母が私と妹を月給ほども払って保育園に預けていた話を聞くたび働くっちゃあ大変だと思ったし自分は無理だって決めつけたしまあ実際なにかとあ [続きを読む]
  • あけましておめでとう
  • あけましておめでとうございます年末年始は雪国へ。ソリであそびたおしいちごを狩り林を探検する。君たちにここがどう残ってくか楽しみね。新しく始まる1年の舵をとれるか。まだ高揚しかない。今年よよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 走る走る
  • お迎えだー冬の夕暮れにチャリぶっとばす顔サムーッ何かに間に合いたい気持ちでこぐのなんて久しぶりなんだ。パートタイマーはポンコツ?覚えることはいっぱいだけど売り場の本がよそよそしくないから大丈夫に思える。たぶん。それにしても目の前のことに集中できるって贅沢だし子どものことを考えないって気分がかわってすごいな。カズオイシグロミーハーにはまっている。寓話から何を読みとるかってほんとに個人的なのにたくさ [続きを読む]
  • 本と生活
  • 最後の月手づくりアドベントカレンダーに初挑戦。7日からだけど。セリアと無印良品で考える。夜にせっせと内職ぽく楽しく。子どもは喜んで早起きして兄妹の協力もみられてかわいい。こういうお母さんぽいこと?について居心地が定まらなかったけどいろいろどうでもよくなってきた。自分と母の自分の混ざり方が塩梅よくなったのか?このあいだ読んだ「さようならオレンジ」人生が進んでくにつれて本を読んだりする時間はなくなって [続きを読む]
  • よみがえる勤労
  • 働く仕事っぽい声で電話して6年の空白に戦きながら履歴書つくってあれよあれよとパートタイマーになる。復活書店員。うーんものごとが動くときはこんなものなんだな。新しいお店。 [続きを読む]
  • まちがえる人生
  • 殴られたような気持ちウッドハウス/ジーヴスの事件簿以来のイギリス執事ものー!ってミーハーに読んだけど 後半は転がるように辛く止められないけど心は抉れ続けてなのに最後には口許が笑うその気持ちの今までになさときたら!何が間違ってたかなんてわからない。その時も、後も、いつも。何が正しいかも決められない。その時しか。残酷で恐ろしい一瞬の連続で続いてく全ての終わりに自分でいられるかどうか。そんな自分があるか [続きを読む]
  • 圧倒
  • 心がふくらむ。幼稚園のイベントでガーデニングを体験。多肉植物と戯れる。寄せ植えのなにもかも苗選び、組み合わせ、植えかたほんとみんな違ってこのいろいろさに胸おどる楽しさがつまってるのね。全部そう。そしてまたもや企画してくれる人たちの力に感心。幼稚園すげー。赤みがかった株は「昭和」という名前。入れるしかない!幸田文2冊目。「台所のおと」すごかった。読んでる間私は別の人生に居た。胸の痛みが真に迫って苦し [続きを読む]
  • 秋はどこだ
  • さ む い雨の秋祭り秋用衣替えは無意味だった。毎年11月まで半袖短パンの息子も急な冷え込みには弱かった。真冬仕様にしてサイズアウトチェックして小一時間。家時間どんどんすぎちゃうなあ。ひとりめしはながら食べ。行儀の悪い自由 !やるべきこと?そんなもん捨て置け!という声すらなく捨て置かれる全て。無計画な夜更かし翌日の段取り無視毛深い京都から帰ってくるのはなかなか難儀だったわ。昔は恐れてたこの持ってか [続きを読む]
  • よみきかせログ 26 この瞬間
  • 本屋に行ってアイスクリームが溶けてしまう前にどうかな?ってちょっと試すような気持ち。読んでから読み聞かせたのに不意に涙声になる。気づかれないように深呼吸。子どもも気に入ってハロウィーンがますます楽しみみたいだ。この瞬間は続くと!って永遠は刹那で刹那が永遠だって手を変え品を変えみんな言うでしょでも思い出せないますます。SONGSもみた。(今さら。でもレキシの前にはみれないしさ。)聞こえやすいのに考えさせる [続きを読む]
  • トリエンナーレとブルー、泣き笑い
  • ふれはば空は秋。初めて横浜のトリエンナーレに行ってみた。夫がアートについて自説を展開し私は爆笑。この繋がりを創ること。それこそ。生きる瞬間じゃ。映画の記録はやめてしまったけどたまにみている。引きずられたのは「アデル、ブルーは熱い色」とか。普通っぽい無神経さと尖った無神経さと。いやそんな区別なく傷つき合うよね。ままならないなあ。生きることをコンテンツ化したりしなかったりしながら死んでいく、積み重ね [続きを読む]
  • ぷつぷつ
  • 毎日毎日毎日壁面本棚を作ろう計画進行中。ざっと考えても年内に出来るかわからない。ウケる。長い。そんなことを楽しく思えるのはいいなー。日々すぎてくことに心を奪わせてると言葉は要らないような気持ちになるんだった。ひとつもでてこない。息子誕生日@こどもの国6歳ですって!子どもの頃は大人に「あっという間に大きくなる」って何度も同じことを言われて呆れたけどわかるまい。その言葉にこめるなにもかもを!子ども!言 [続きを読む]
  • 親になる
  • ペアレントトレーニング耳が痛すぎて地獄だ!簡易ペアトレを受ける。子どもとの関係は自分の生き方が表れすぎて心がざわつく。親と子というより人対人になりたい。なんてイヤな奴なんだ私。知ったことをやったときだけ変われる。今月はCCQ(close calm quiet)を心がけよう。少しずつ凹まず茶化さず。いっぺんに進もうとして失敗して無駄に落ち込んでいい母親ってキャラじゃないってふりだしに戻る。みたようなループ。思考停止する [続きを読む]
  • 汚部屋化進行中
  • カオスがカオスを呼ぶ悪循環あと1日でリフォームが終わる。家がすごい。散らかってる。すごいなーって感心する散らかりのはやさ。準備不足シミュレーション不足。戻すところがない。動線が悪い。ごちゃついてるところにごちゃつきを重ねちゃう。なんかどうでもいい。メンタルが蝕まれる。戻せるものを戻す気力も奪われる。掃除しづらいから掃除したくない。家に帰ってきたくない。などなどなどなど。片づけ偉大だな。大丈夫かな [続きを読む]