うえコン さん プロフィール

  •  
うえコンさん: さくら街道から
ハンドル名うえコン さん
ブログタイトルさくら街道から
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/uecon/
サイト紹介文肩こり 頭痛 めまい 腰痛 膝の痛み 脚のしびれ 自律神経 不眠 不妊 骨盤の歪み O・X脚 冷え性 
自由文整體 sakura  健やかに恙無くすごせますように!からだの調整をしています。このブログでは、臨床し勉強した学びの成果をお伝えします。笑顔で元気で健康で人生を楽しめるようにお役に立てれば幸いです^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/01/20 13:10

うえコン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 幸せの代償
  • 佐藤先生のブログより全文引用しますドーパミン刺激は ワクワク ドキドキ 幸せのホルモンです 成功 勝利 恋愛 子孫繁栄 生命力 活力 肉食 性 セックス そして ノルアドレナリンが加わると 怒りに変わります 闘争 攻撃的になります リスクをとり 冒... [続きを読む]
  • 身体と心を壊す”女の子座り”
  • 女の子座りは別名が多く、アヒル座り・ぺたん座り・おばあちゃん座りなどが同じ意味で使われることが多い座り方です。正座を変形させた姿勢です。正座は両足先がお尻の下にありますが、女の子座りの場合は両足先がお尻の外側に出て、お尻が床にぺたんと着く座り方になります... [続きを読む]
  • 心の痛みと身体の痛み
  • 「腰痛は怒りである」なんて本があります。「アホか!」って 言いたくなる。いくら腰痛が原因不明だといっても、怒りを腰痛の原因に......ほんと世の中アホな情報にまみれている。いまだに腰痛が筋力の低下といっている。本当にバカじゃないの?です。筋肉ムキムキの競輪の... [続きを読む]
  • ナゼ急ぐ?
  • 愛媛新聞に載っていた「水木サンちのきょーいく論」 より。父(水木しげる)が90歳になったころから、通勤に同行するようになった。自宅から事務所まで、1?ほどの道のりだ。父の歩きはゆっくりだから、イライラして速く歩かせようと背中を押したり手を引っ張ったりした。だが... [続きを読む]
  • 何故ダイエットに失敗するのか?
  • 佐藤先生のブログを紹介します。ちょっと理解しにくいトコもあるかもしれませんが。ダイエットだけでない。心の持ち様がとても気に入ってます。「現状なんてどうでも良いのです その方向をみるだけなんです 美しさって 光なんですね 光とは生命力です 光の方向をみてい... [続きを読む]
  • ウォーキングのすすめ!
  • 健康の3つの柱の一つである「運動」。皆さんはどのような運動をされていますか?そして運動をされている方は習慣づけているでしょうか?運動のすすめとして「ウォーキング」の効果について、書いてゆきます。これまでにも「歩く」(動くこと)の大切さは書いてきました... [続きを読む]
  • ゛動く″ということ
  • 人間が、日々健康を維持するには、“動く”(動かす)ことが重要です。“動く”とは医学的に何を意味するのか…例えば、身体が“動く”には、意識のものと無意識のものがあります。筋肉や関節が“動く”ことは、意識のもとでの身体的動作(随意性神経=運動神経)であり... [続きを読む]
  • 半年振りの治療
  • 50代の女性。腰下肢痛としびれ、頸部痛や肩こり、時に不眠などの自律神経症状が加わる。いつも酷くなると依頼がある。治療する時は具合最悪なので、元気な姿はあまり見たことがない。その彼女から年明けに治療の依頼があった。昨年6月以来、半年ぶり。「今日はどんな具合なん... [続きを読む]
  • ストレスと緊張とリラックス
  •  「ストレスというもの」があります。私たちの身体に直接襲いかかるわけではないし、心はストレスによって身体を適度に緊張させながら生活や環境に立ち向かっています。ただ、緊張の仕方が不適当だとストレスは強化されてしまいます。緊張を強めたり弱めたりできるのは自分... [続きを読む]
  • 尿漏れと骨盤底筋と横隔膜と呼吸
  • 骨盤底筋は骨盤の中で保護されている膀胱や尿道 子宮 直腸など内臓を支えています。この筋肉がうまく使えなくなると内臓が下がり膀胱や尿道が圧迫され尿もれを起こしやすくなります。あえてうまく使えなくなるとと 書きました。なぜかというと筋肉が衰える... [続きを読む]
  • 痛みや症状の原因はなに?
  • 「痛みの本当の原因を見つけます!」「骨盤の歪みが痛みの原因だッ!!」「頭蓋骨矯正が万病を癒やす!」「〇〇をすれば、病気にならない!」 様々な健康関連の書籍や、治療院のホームページなどで、これらの文言を目にします。わかりやすく、ちょっと過激な言葉を... [続きを読む]
  • 過去の記事 …