makoto さん プロフィール

  •  
makotoさん: ビンボーサラリーマンmakotoのブログ
ハンドル名makoto さん
ブログタイトルビンボーサラリーマンmakotoのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/onodera1203
サイト紹介文東京中心に、時には神奈川、千葉、埼玉にも出没(笑)。 主にグルメと、博物館の記事が中心です。
自由文東京中心に、時には神奈川、千葉、埼玉にも出没(笑)。
主にグルメと、博物館の記事が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1061回 / 365日(平均20.3回/週) - 参加 2014/01/20 14:11

makoto さんのブログ記事

  • まぜそば専門 麺や かぐら
  • 東急ハンズ ネットストア立川駅近くにある、まぜそば専門店です。オープンは2011年10月20日。油そば大好きな僕としてはこれは行かないわけにいきません(笑)。店内はカウンター10席。メニューは…各メディアでも紹介されているようです。また有名人も来店しているようですね。 すると大きくなります↑↓つけ麺やスープのあるラーメンもありますが、まぜそばメインでその種類も豊富。香味油で味を変えています。というこ [続きを読む]
  • 大阪うどん なにわもん ゆうや
  • 一休.comJR高田馬場駅前にある大阪うどんの店です。オープンは2015年12月17日。その後リニューアルして2017年5月8日に再オープン。東京で大阪うどんの店って結構珍しいかも…。店内はスタンド席のみで10名弱くらいまでかな〜。入口の券売機で食券を購入して入店。メニューは… すると大きくなります↓油そばの好きな僕はうどん屋に行っても汁なしが気になる〜(笑)。ということで、僕が食べたのは「冷ちく玉天うどん」( [続きを読む]
  • 「ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより」 横浜美術館
  • ANA・全日空で行く 格安ツアーはスカイツアーズ横浜美術館に行きました。現在開催されているのは、「ヌード NUDE ー英国テート・コレクションより」テーマは「ヌード」。大理石像《接吻》が日本初公開。ヌード─ 人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代においても永遠のテーマとし [続きを読む]
  • 珊瑚礁 本店
  • ダイヤ専門店のこだわりの婚約指輪鎌倉・七里ガ浜にある老舗のカレー屋さんです。レトルトにもなっているのでご存知の方もいるかもしれませんね。現在は本店、七里ガ浜駅前のモアナマカイ店、そして本店の隣のWAHINE と3店舗展開しています。僕が今回行ったのは本店。何と店内丸見え〜僕が行った時は満席で外待ちが3、4名。外で待つ客にはメニューが渡され、選んでいる間、コーヒーを提供してくれます。メニューは…( [続きを読む]
  • 支那そば 零
  • マイサイン作成キットJR鎌倉駅前にある店です。オープンは2018年2月3日。店主さんは飲食業に40年携わる大ベテランなんだそうで…。店内はカウンター5席、テーブル4席×3卓、2席×2卓。ということで、僕が食べたのは「ほたて貝柱ほぐしご飯セット(支那そばはしょうゆ味)」(980円)+「煮玉子」(170円)+「ひとくち餃子」(450円→300円)。スープは国産の鶏、豚、野菜を使用。キレイに透き通っていますね。麺は細麺ストレ [続きを読む]
  • ドトールコーヒーショップ駒込南口店
  • オズモールJR駒込駅前のドトールに行きました。最近吉野家で食事をすると他のTポイント加盟店のポイントアップのサービス券がたまにもらえるんですよね〜。で、ドトールのポイント3倍の券をもらったもので…。お得になるなら利用しようと…(笑)。ということで、僕がいただいたのは「モーニングセットB(クラブハウスサンド)」(390円)。手軽にささっと済ませるならこういう店もいいですね。おいしくいただきました。詳細は「ド [続きを読む]
  • 「金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展」 戸栗美術館
  • 有名TV・雑誌で多数紹介された【LeTAO】のチーズケーキ♪渋谷区松濤にある、戸栗美術館に行きました。現在開催されているのは、「金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展」江戸時代元禄年間には好景気を迎え、経済力を蓄えた町人を中心として元禄文化が発展します。贅を好む風潮の中で、色絵を施した豪奢なうつわを求める気運が高まりました。そうした需要に応えるように、ちょうどこの頃、伊万里焼に“古伊万里金襴手様式(こいまり [続きを読む]
  • ローソン 百人町二丁目店 〜チーズバーガー〜
  • Yahoo!ショッピング最近はコンビニのハンバーガーも進化しましたね〜久々にローソンのチーズバーガーを食べてみました。「チーズバーガー」(198円)。ハンバーグパティはボリュームたっぷりで、食べごたえ満点です。チーズとピクルス入りケチャップでまろやかな酸味を出しました、とのことで…。大手チェーン店よりパティの厚みがずっとありますね〜。おいしくいただきました。「ローソン」のサイト↓http://www.lawson.co.jp/ [続きを読む]
  • CoCo壱番屋 JR西八王子駅前店 〜大人のスパイスカレーTHEポーク〜
  • 【SUUMO】新築マンション・新築一戸建て購入者アンケートココイチに行きました。期間限定のメニューがおいしそうだったもので…。ということで僕が食べたのは「大人のスパイスカレーTHEポーク」(890円)。ライスは300g。サラサラなカレーソース。そこへ5種類のスパイスが薫る大人なカレーです。さらに特製スパイスも付いてきて、それを振りかけるとさらにスパイシーに…。僕はどちらかというとドロッとしたのが好きなので、好み [続きを読む]
  • 「恋は雨上がりのように」 シネマシティ
  • 新しいお花の贈り方。イーフローラのフラワーギフト(配送料無料)立川シネマシティに行きました。今回観たのは「恋は雨上がりのように」 眉月じゅんのベストセラーコミックを原作にしたラブストーリー。ファミレスの店長の男と、彼に心を奪われた女子高校生が織り成す恋模様をつづる。メガホンを取るのは『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』などの永井聡。『渇き。』『溺れるナイフ』などの小松菜奈、『探偵はBARにいる [続きを読む]
  • THE BURGER STAND FELLOWS (ザ・バーガースタンド フェローズ)
  • シャディ「プレゼント&ギフト」でご用途にぴったりのアイテムを探す表参道にある、ハンバーガーの店です。オープンは2005年11月14日。チルドの肉を炭火で焼くのがウリで、昼食時には行列が出来るほどの人気店です。席は2階にあるのですが、お一人様の僕が案内されたのは中2階、というか階段の踊り場にあるカウンター席。メニューは…この店のウリ文句です( すると大きくなります)ということで、僕が食べたのは「チーズ [続きを読む]
  • 麺屋 宗 中目黒店
  • クッキーになったアンデルセン童話高田馬場に本店を置く、麺屋宗の中目黒店に行きました。オープンは2009年1月7日。過去の記事(高田馬場本店)https://blogs.yahoo.co.jp/onodera1203/34285340.html店内には有名人のサインがいっぱい。店内はカウンター席のみで9席。メニューは…( すると大きくなります)油そばの好きな僕は前回油そばを食べましたが、ここは元々塩が一番人気なんですよね〜。ということで、僕が食べた [続きを読む]
  • 「沖縄の旧石器時代が熱い!」展 国立科学博物館
  • 国内最大級の写真素材販売サイト【PIXTA】上野にある、国立科学博物館に行きました。前の記事の「人体」展の後、「沖縄の旧石器時代が熱い!」展を観ました。日本の人類史でもっとも古く、もっとも長く、もっとも謎に包まれている旧石器時代。そのころの日本列島に暮らした人々は、どのような姿をして、どのように暮らしていたのでしょうか。彼らの生前の姿を現代に伝えてくれる旧石器時代人骨の大半は、沖縄で発見されています。 [続きを読む]
  • 「人体―神秘への挑戦―」展 国立科学博物館
  • 当日3時間前まで購入可能!格安航空券センター上野にある、国立科学博物館に行きました。現在開催されているのは、「人体―神秘への挑戦―」展ルネサンスより続く人体を理解するための努力の歴史を振り返りながら、人体の構造と機能を解説し、最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介します。〜サイトより〜一部撮影可です。一番身近にして、一番神秘的な人体。面白い展示でした。詳細は施設のサイト↓http://www.kahak [続きを読む]
  • 「酒器の美に酔う」展  静嘉堂文庫美術館
  • 【LEVI'S 公式通販】今すぐ着られるアイテムが最大50%OFF!二子玉川にある、静嘉堂文庫美術館に行きました。現在開催されているのは、「酒器の美に酔う」展「天の美禄」「百薬の長」と称えられる酒。婚礼や宴(うたげ)といった祝いや別れの席、また日々の暮らしのなかなど、人生のさまざまな場面で酒が酌(く)まれ、盃が交わされます。古くから東洋では、酒は神に捧げ、神と人とをつなぐための神聖なものとされ、それを盛る荘重 [続きを読む]
  • 「大名茶人・松平不昧−お殿さまの審美眼−」展 三井記念美術館
  • レコチョク Best日本橋にある、三井記念美術館に行きました。現在開催されているのは、「大名茶人・松平不昧−お殿さまの審美眼−」展松江藩松平家第7代藩主で17歳で藩主となった松平治郷は、藩財政を立て直した名君として知られ、また茶の湯を好み不昧と号し大名茶人のひとりに挙げられる。石州流茶道に学んだ不昧は、江戸後期の遊芸化した茶道に対して利休の茶に帰ることを唱え、生涯にわたって禅学を修め茶禅一味の茶の湯を極め [続きを読む]
  • 「近代の日本画展」 五島美術館
  • 無料で本格派ネットショップ開業できる【イージーマイショップ】上野毛にある、五島美術館に行きました。現在開催されているのは、「近代の日本画展」館蔵の近代日本画コレクションから、「風景表現」を中心に、橋本雅邦、小川芋銭、横山大観、川合玉堂、冨田溪仙、小林古径、橋本関雪、安田靫彦、川端龍子など、明治から昭和にかけての近代日本を代表する画家の作品約四十点を選び展観。特集展示として館蔵の漆芸作品約二十点も同 [続きを読む]