くるみ さん プロフィール

  •  
くるみさん: ♪いつでも微笑みを♪くるみ
ハンドル名くるみ さん
ブログタイトル♪いつでも微笑みを♪くるみ
ブログURLhttps://ameblo.jp/spoontalk
サイト紹介文多嚢胞性卵巣、非閉塞性無精子症が発覚。東北から大阪のリプロダクションクリニックに通う治療記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/01/22 18:14

くるみ さんのブログ記事

  • 最後の判定日
  • ※ただでさえ過去記事なのに、さらにどんどん更新が遅れていて一体いつの話やら。。。5月の判定日の話です。だいぶ早めに着いたけど、速攻採血。待つこと1時間半。2番に呼ばれる。S先生かな?中に入ると、D先生‼ここでお会いするとは先生「今日は判定ということですね。数値ですが、一応出ている、という感じです」検査結果の用紙には、hCG24.5と。そっかぁ〜〜〜。願っていたよりも、だいぶだいぶ低い。先生「今の段階では判断で [続きを読む]
  • 最後の判定日前日
  • 判定日は都合でBT13に。GW、5月5日。前日のBT12に検査薬。着床痛が感じられなかったことでかなり不安。でもここのところの下腹部違和感と気持ち悪さで、「大丈夫だよね」って信じたい思いもあり…。緊張で心臓が飛び出そうになりながら検査。検査薬は裏返したまま、深呼吸。そして裏返してた検査薬を恐る恐る見る。線が出てない…。結果を待ってる旦那さまに、「線、出てないよ」と報告。報告した途端、涙がどっと。「いなかった。 [続きを読む]
  • 最後の移植のその後
  • 何も気にせず過ごしたい‼でも、無理娘(4AA)→BT3ぐらいに下腹部が重痛〜くなる(ちょっと生理痛っぽいかな?というレベルではなく、ずしーんと、違うのがはっきり分かる痛さと言うか重さ。)息子(5AA飛び出してた)→BT1の朝に、下腹部が重痛〜くなる前回(3BB)→「お腹が重痛い」とは感じず前回の移植後は、「移植した卵によって症状も違うはず。必ずしも着床痛を感じるとは限らない!」とか言い聞かせていたけど、きっと私は着床痛 [続きを読む]
  • 最後の移植
  • 移植までの1週間は、卵ちゃんどうしてるかなぁ、と何度も思う。初期胚は、そろそろ融解されてるのかな。育ってくれるかな。松林先生は、2回目の採卵+凍結精子でできた10分割が良好胚に育つ可能性あるかも、と考えていたようだけど、私はフレッシュでできた5分割に期待してる。娘も息子もフレッシュの時の子だし、あの時精子を探す作業に時間がかかって、ICSIが6時間程?遅れたって聞いた。だから融解・培養したら頑張りを見せてく [続きを読む]
  • G-CSFと移植日決定
  • やっと移植周期開始!ホルモン値と内膜、クリアしますように。G-CSFのこと、しっかり聞かなくちゃ。生理周期ギリギリ16日目に受診で、この日は土曜日。松林先生がいないけど、、、(まぁ、いらっしゃる日に来てもほぼほぼ当たらないんだけど)採血して内診。内診C先生。いろいろ測ってたけど、内膜10ミリはあるっぽい‼そして診察。今日は松林先生がいないから「8番!」って祈ることもなく、ニュートラル呼ばれたのは11番。S先生。も [続きを読む]
  • 今月3度目の生理
  • プレマリン、ノアルテンを飲み終わって2日後に生理。日曜日はD5になる。ギリギリセーフ!というかきっと私は順調に卵胞育たないと思うから5日目過ぎても問題なかったと思うけど。生理開始と共に亜鉛も服用再開。今月3回目の生理。今度こそ。今度こそ!!!トントン進むのがいい流れって思ってやってきたけど、ひとつひとつクリアにしていくのもきっといい結果に繋がる。(言い方次第?)良くないことがあっても、きっとそれはいいこ [続きを読む]
  • 今度の今度こそ移植周期?
  • 前日に急に来ることになったリプロ。今回も夜明け前に子どもたちを起こして車に乗せて、出発。私だけで来られたらいいんだけど、今住んでいる所は新幹線の駅に出るまでが大変で、でも道路には恵まれてる(?)と言うか、都心まで電車&バスで行くのと車で行くのと変わらなくて。何より、娘も息子も私とじゃないと寝られないから一緒に行くのが一番いいということになり。。。付き合わせてごめんね、って毎回申し訳なく思うんだけどカ [続きを読む]
  • 意外すぎるリセット
  • リプロに問い合わせメールを送った2日後、まだ返信が来る訳もなく、完全にお休みモードだった。けど、本当に本当に予想外の展開なんだけど、突然のリセット!!!前回の生理からちょうど2週間。え、私、この前は半年、生理来なかったよね…?一体どうしたんだ。この、突然のリセットが土曜日。この前問い合わせたところによると、D2受診でもOKとのことだったので、またもや急きょ翌日の日曜にリプロに行くことに‼完全に心の準備が [続きを読む]
  • 銅亜鉛の結果&リプロにメール
  • 近所の内科小児科に結果を聞きに行く。リプロのと単位が違ったら大変なので、リプロの検査結果の用紙も持って‼(hCG V←0.5以下 の記載もあるやつ)そしたら、下がってた〜基準値内に収まってた単位もちゃんとリプロと一緒(一瞬疑ってごめんなさい)。参考に、ということでリプロの検査結果の用紙のコピーを取ってもらって。先生に「やっぱり銅が高めだったんだね」と言われる。妊娠治療のための基準値じゃなくて、内科的基準値から [続きを読む]
  • 銅亜鉛の再検査
  • 亜鉛を摂り始めて1週間後。家から歩いていけるかかりつけ医に再検査をしに聞かれるだろうなぁと思ってたけど、やっぱり「何で銅を調べたいの?」って聞かれた。この病院でも、亜鉛の検査はたまにすることがあるらしい(味覚障害とかね)。でも銅は珍しいみたいで。「銅が高いと次の治療に入れないんです。それで、亜鉛を摂ると相対的に銅の値が下がるということで1週間摂取してまして、銅が下がったかの再検査のためだけに東京に行く [続きを読む]
  • 今後の流れは?
  • 亜鉛をせっせと摂りつつ、再検査の日を待ちながら、今後のことを考える。今回で基準値内に収まっていたら、次の生理を待って、D3〜5に内診しに行く。内膜がちゃんと剥がれてたら、移植周期開始。今回でもまだ銅が高かったら、また亜鉛を摂取し続けて1週間後に検査かな?やっぱり、「生理がいつ来るか」が気になってくるなぁ。生理を起こす薬をもらうには、やっぱり受診しなきゃなんだろうか。前にも処方してもらってるし、遠方だし [続きを読む]
  • 病院探し
  • とっても田舎な私の町。血中の銅亜鉛濃度を検査してくれるところがあるだろうか?電話してもあっさり断られるのかな…何それ?みたいな反応だったりして…総合病院とかは、あちこち内線回されてその度に説明かな…と、かなり後ろ向きな感じで思い付く病院を書き出してみる。希望順に①近所の内科小児科→家族のかかりつけ。子どももお年寄りも通う、「町のお医者さん」って感じ。②町にある県立病院→とは言え、本当に田舎のため多 [続きを読む]
  • 最後の移植周期、始まる?
  • 前日始まった生理で、急きょD2受診することになったこの日。内膜が順調に剥がれてきていれば、最後の移植周期に入れるはず流れに乗りたい‼今日も混んでる。1時間経っても内診呼ばれず。そしたら、診察室8に呼び出し!8でも、え、診察が先?するとメディアシさんが出て来て「すみません、やっぱり11番にお願いします〜」え、え、え?動揺11番に入ると、S先生登場。さらさらとお話が始まる。銅亜鉛の検査の結果、銅が少し越えていま [続きを読む]
  • 陰性後のリセット
  • ホルモン補充の薬をやめてから、数日〜1週間で生理がくるという話だったけど、まれに来ない人もいると言われ、私ってその「まれな人」なんじゃ…という気持ちが止まらない最後のチャレンジとは言え年齢のこともあるし、いつまでも時間を使えるわけではない。週末しか受診できないんだから、突然の生理だとスケジュール的に対応できるかも分からない。リセットさせる薬、もらっておいた方がよかったのかなあぁぁ。。。そしたら判定 [続きを読む]
  • 判定日
  • 覚悟も決まって臨む判定日。東京マラソンなので(だいぶ過去ブログです)、交通規制に巻き込まれないように汐留には直行せず、少し離れた所で旦那さまと子どもたち待機。私だけ電車で向かう。結果も知ってる。この先やることも決まってる。どうかどうか、それを松林先生と相談できますように。待つ。待つ。待つ。呼ばれた!のは、5番………。院長先生ルームかな?いいんだけど。いいんだけど!いや、松林先生がよかったなぁぁぁ5番に [続きを読む]
  • 判定日前夜
  • もし、今回うまくいかなかったら、次どうするか話し合ってこなくちゃいけない。旦那さまは「最後」って言ってる。私は、まだそう思ってない。結果を知って、考えなくちゃ。ということで、ドゥーテスト。冷静なつもり。でも少しの期待。だけど…。真っ白の検査薬を見て、すごく落ちてしまった。私けっこう、期待してたのかな。。。そしてやっぱり、「このままで終わりたくない」って思う。そして旦那さまに気持ちを伝え、話し合い。 [続きを読む]
  • 今後どうしよう。
  • つい考えてしまうこの先のこと。第三子の治療を始めるかどうか話し合っていた時、旦那さまは「経済的にも、何回もチャレンジできるわけじゃない。3BBを移植するのがラストチャンスだね」って言った。でも私はうなづくことはできず。(旦那さまは気付いてないけど)もしうまくいかなかったら、きっと私は次を考えてしまう。そして旦那さまも、「やっぱり諦められない」って言ってくれるんじゃないかな?って淡い期待。今回うまくいく [続きを読む]
  • 初めての弱気
  • 娘になった卵ちゃんをお迎えした時も、息子になった卵ちゃんをお迎えした時も、本当になぜだか分からないけど、「うまくいく」っていう思いしかなかった。「卵ちゃんは ここにいる」って。でも、、、今回は初めての弱気。超弱気。移植の帰りの車でmarshmallow day聴いてたけど、全然入ってこない気分が全く違う!!グレード1と言われたからかな。うーん。卵ちゃんのグレードとかそういうことより、心に引っ掛かってることが。実は [続きを読む]
  • 移植
  • いよいよお迎え。前日にハプニングがあったけど、当日を迎えドキドキ。お待たせ、3BBちゃん!採血を済ませ、培養士さんとのお話。大阪からやってきた3BBちゃんは、今どうしてるかな?培養士さん「融解後、収縮と拡張を繰り返している状態です。グレード1とつけさせていただいています。」え?グレード1?どういうこと?一気に不安な顔になったんだろうな。培養士さんが詳しく説明してくださる。融解後、どんどん膨らんでいく(?)タ [続きを読む]
  • SEET
  • 2月の3連休、土曜がSEETで月曜祝日が移植。希望通りで本当に嬉しい!いい流れまず土曜日のリプロへ。激混みの先週日曜と全然違う!半分ぐらいしか患者さんいないかも?今日は石川先生&松林先生がいないからかなぁ?どんどん人が減ってガラガラに。SEETはK先生。内膜14.3ミリ。モニターを見て、「きれいに入りましたね」とのこと。診察、5番、竹内院長。初めてお会いします!穏やかな感じ、だけどやや早口?座るまもなく話が進むホ [続きを読む]
  • 子宮鏡検査
  • D3からの薬も順調に飲み始めて、D13にあたる2月最初の日曜日に、リプロへ。内膜が順調に育っていれば、子宮鏡検査して、翌週SEET&移植!初診の時と同じく、夜明け前に子どもたちを起こして車に乗せ、出発私がリプロの間、子どもたちを連れた旦那さまは、今回は汐留を離れて遊べる場所へこの日のリプロはめちゃ混みで、まさに座る場所ない‼立ってる人もたくさん。ポツポツ空き始めても、もしかしたら卒業を控えた妊婦さんもいるか [続きを読む]
  • 初診のその後
  • 10月頭にリプロ東京の初診に行った後、三連休にSEET&移植するのが希望だから…その1週間前に子宮鏡して…その11〜16日前に生理が来るように…プレマリンとノアルテンはこのぐらいに飲み始めなきゃ…ってことはその前に断乳完了できるように…と逆算、逆算。年末年始の旦那さまお休みの時に、私も息子も涙涙の断乳。少しの間、久しぶりのお酒を楽しむプレマリン・ノアルテン飲み終わって3日後に生理。D3からユベラとプレマリン、D4 [続きを読む]
  • リプロ東京 初診!
  • ブログが追い付いていなくて、だいぶ過去記事です。10月初めの話です。松林先生が東京にいる日曜日、夜明け前に子どもたちを起こし車に乗せて(付き合わせて本当にごめんね)、汐留に向かって出発!!車内で朝食、子どもたちはその後スヤァ。第二子の治療の時は娘を義実家に残し、夜こっそり出発してひとりで夜間高速バス。会えるのは翌々日の朝でも今回は一緒に行けるスケジュール的には強行日帰りだけど、ふたりと離れるのはリプロ [続きを読む]
  • リプロ東京 初診の予約
  • 初診サマリーを送ってすぐの週末が診察希望で、勢いいさんでリプロ東京に予約の電話したけど、、、書類到着後5日程経たないと予約は入れられないらしい。データの入力とかあるもんね治療再開するにはまだ準備できていない点が2つ。ひとつは、まだ断乳できていないこと息子1才2ヶ月。娘はおっぱいに執着なかったのであっさり断乳できて私が寂しかっただけだけど、息子はおっぱいじゃないと寝かしつけできなくて、求めてくれるうちは [続きを読む]
  • 再、再始動!
  • 第一子、第二子の治療は夜間高速バスで0泊3日で東北から大阪に通ったけど、第三子の治療では体力的に無理義実家にふたり預けてという訳にもいかないし。だから治療するなら通える範囲のクリニックに胚移送して転院かなーとぼんやり考えていた去年、リプロ東京開院!!!東京なら子どもたちを預けなくても家族で車で日帰りできる!なんていいタイミングで、なんてありがたい再、再始動するにあたって、まずはリプロ大阪に問い合わせ [続きを読む]