YAMA さん プロフィール

  •  
YAMAさん: YAMAの囲碁上達道場
ハンドル名YAMA さん
ブログタイトルYAMAの囲碁上達道場
ブログURLhttp://roosenhof.com/
サイト紹介文碁会所の席亭が囲碁をわかりやすく解説します。楽しく打って上達しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/01/24 02:29

YAMA さんのブログ記事

  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負-第五局の一日目までの解説感想。
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負の第五局が10月15日から10月16日にかけて打たれました。黒が井山名人、白が張栩挑戦者です。名人からみてスコアが3-1で迎えた第五局、名人が勝ち防衛を決めたのか、張栩挑戦者が2勝目を上げて粘るのか注目の一局でした。対局棋譜動画最序盤の布石互いに二連星に構えてからカカリに手抜きしあってカカリ合いになった図。自然乱戦に形になりやすい形ですが、黒がどこまで主導権を握って進めれるか難しい [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負、第四局は井山名人の中押し勝ち!
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負の第四局の2日目です。黒が張栩挑戦者、白が井山名人です。対局を途中まで観戦してはいたのですが、所用のため途中で外出していたため記事の作成が夜半になってしまいました。対局棋譜動画封じ手封じ手は、白1のアテでした。大本命でしたので今回は私の予想も当たり。というか外れたらどんな面白い手を打つのだろうと、外れたほうが嬉しかったりしました(笑)白の厚い好手左下隅が白1のアテから進 [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合、第四局、一日目
  • 第43期名人戦、挑戦手合七番勝負の第四局が始まりました。井山名人から見て、二勝一敗で迎えた本局。井山名人が3勝目を上げて防衛にリーチをかけるのか、張栩挑戦者が2勝目を上げて振り出しに戻すのか、七番勝負の行方が左右される一戦です。対局棋譜動画観戦感想序盤、白の即三々入りから進行中に一本入れたキリを、白が△と伸びたことで早速競り合いが始まりました。白としては上辺をうまく凹ませつつ、中央に厚みを作りたい感じ [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第三局、張栩挑戦者の4目半勝ち
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負の第三局が行われました。前日多忙で棋譜のみのアップでしたが今日は帰宅してから一応総譜をみれたので感想を述べます。棋譜動画最序盤のいろいろたった6手ですが、あまり見たことない感じになってますね。黒3のカカリは左上が白なので棋理上よくないといわれます。黒3がAならよくある碁。最近では中央をにらんでのBやCと高くカカル碁もよく見ます。あとはAIの流行手でDやEなども多いですね [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負-第三局-一日目
  • 第43期名人戦挑戦手合七番勝負の第三局の一日目が行われました。連勝の井山名人がこのまま勢いにのり勝ち、防衛にリーチをかけるのか、張栩挑戦者が意地を見せて流れを断ち切れるのかの一戦です。対局棋譜動画本日リアル多忙につき、棋譜動画のみ掲載させて頂きます。申しわけありません。観戦感想は明日の2日目の総譜で作成します。 [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第二局
  • さぁ、第43期名人戦、挑戦手合七番勝負の第二局の二日目です。井山名人が連勝するのか張栩挑戦者が巻き返すのか楽しみな一線です。棋譜動画観戦感想封じ手封じ手は白△のトビでした。私の予想はAのワリコミでしたが、余計なことはせずしっかりと封鎖して、黒に生きを強要するわけですね。この左辺の黒が頓死すればもちろん碁はオワ、ですが張栩挑戦者が打ってるのですから当然シノギはありました。プロはすぐにコウを開始しない進 [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第二局の一日目
  • 第43期名人戦、七番勝負の第二局目が始まりました。第一局を勝った名人が連勝して防衛に弾みをつけるか、張栩九段が盛り返して1-1にして仕切り直しになるか楽しみな一戦です。黒が張栩九段、白が井山名人です。対局棋譜動画観戦感想下辺が一段落ついての白1の三々に直接入る手法、AIのおかげで最近では当たり前に打たれていますね。ちょっと前までは即三々入りなど、厚みをバックに辺が地模様化するので、悪いと怒られていたもの [続きを読む]
  • 昇級昇段大会-9月期
  • 昨日は年三回ある所属している昇級昇段大会でした。規定の改定により、公的大会の成績も加味されるようになったので、昇段のチャンスがあるのでなんとしても好成績を収めたいところです。大会成績結果からいえば、3勝1敗でおわりました。先月の県民大会の成績も加味されるので、4連勝できれば四段に昇段できるところでしたが、残念ながら1つ及びませんでした。一応10月にある対抗戦も対象試合なので、そこで4勝もしくは3勝1敗でも [続きを読む]
  • 第一期リーグ戦終了
  • 久方ぶりですが、6月より行われていたリーグ戦が、予定より1週間ほど伸びましたが決着しました。リーグ戦成績18名による総当たりのリーグ戦でした。個々人によって対局ペースの差がありましたが、先日ようやく全対局が終了。全17戦を打ち切って、私は13勝4敗でした。残っていた二戦は、四段格と初段格の人で、四段の方となかなか日程が会いませんでしたが、先週ようやく対局になりました。結果は私が中央の大石を攻めきって中押し [続きを読む]
  • 【囲碁ビデオ講座】005回−幽玄の間3段【奥深い9路盤:特別版】
  • 幽玄の間3段【奥深い9路盤:特別版】今回は番外編でお試しとにかく激戦!検討・考察の奥深さ9路盤は1.布石2.戦い3.攻め合い4.ヨセこれらがギュッと凝縮された縮図です。私たちの練習風景として実践を見て楽しんでみてください 9路盤2子局:実戦動画 楽しめたでしょうか?9路盤は狭いという人も多いですでも9路盤で大体のドラマは再現できて練習できます。ぜひ、上手い人や段位者の方も、時々9路盤を楽しんでみま [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第一局
  • 昨日に引き続き、第43期名人戦挑戦手合の第一局の二日目です。対局棋譜動画黒の封じ手黒の封じ手は黒1の打ち込みでした。これはAIも予測していた手です。私の予想はAのツケ。(解説でありましたが、Aのツケでは白の先手生きになるらしいです。)右辺の攻防その後この右辺の大石を巡って攻防が繰り広げられますが、結果的に、白Aと黒△のフリカワリで一応の決着となります。部分的にはこの大石がまだ生きてはいませんが、白からは [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第一局
  • 昨日に引き続き、第43期名人戦挑戦手合の第一局の二日目です。対局棋譜動画黒の封じ手黒の封じ手は黒1の打ち込みでした。これはAIも予測していた手です。私の予想はAのツケ。(解説でありましたが、Aのツケでは白の先手生きになるらしいです。)右辺の攻防その後この右辺の大石を巡って攻防が繰り広げられますが、結果的に、白Aと黒△のフリカワリで一応の決着となります。部分的にはこの大石がまだ生きてはいませんが、白からは [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第一局
  • 昨日に引き続き、第43期名人戦挑戦手合の第一局の二日目です。対局棋譜動画黒の封じ手黒の封じ手は黒1の打ち込みでした。これはAIも予測していた手です。私の予想はAのツケ。(解説でありましたが、Aのツケでは白の先手生きになるらしいです。)右辺の攻防その後この右辺の大石を巡って攻防が繰り広げられますが、結果的に、白Aと黒△のフリカワリで一応の決着となります。部分的にはこの大石がまだ生きてはいませんが、白からは [続きを読む]
  • 第43期名人戦挑戦手合-第一局一日目
  • 第43期名人戦の挑戦手合七番勝負、第一局が行われています。井山名人に、張栩九段が挑む形になっています。井山名人が連覇するか、張栩九段が10期ぶりに復位するのかが注目されています。対局棋譜動画観戦感想この一局目、タイトル戦にしてはとても速い進行です。いつもタイトル戦の一日目などは、40手とか進んでも70手前後で封じ手がされるのに、お昼の休憩の時点ですでに70手まで進んでいました。さて、上の図で左下隅でコウの形 [続きを読む]
  • 隅の詰碁(三題)答え合わせ
  • 先日出した隅の詰碁の答え合わせです。隅の詰碁(三題)答え合わせ第一問第一問は隅の基本的な生き方の問題でした。失敗図よくある失敗は、形になじんで、黒1と置くパターンです。この問題の場合、白2のオキから白4のハネで黒死になります。正解図黒1とマガるのが正解です。白2のオキには黒3と下がって、白2の石が戻れず、黒生きとなります。第二問第二問は、ウチカキが1つ入った形の問題でした。クチカカれている黒の一子 [続きを読む]
  • 隅の詰碁(三題)
  • 隅は死活の宝庫です。中級位者向けの詰碁で3題出題です。全問黒先で生きてください。第一問隅の死活の基本形みたいな問題ですが、どのように生きますか?第二問白のウチカキが一本入っています。ウチカかれている一子をうまく活用していきましょう。第三問前の問題と似た形ですが、同じ守り方で生きれるでしょうか? [続きを読む]
  • 県民囲碁大会に行ってきました-後篇
  • 昨日の大会のレポート、後篇です。2回戦を終わって、チーム戦績1勝1敗。個人戦績2連勝の当チーム、結果はどのようになったのでしょう。3回戦お昼休憩をはさんで3回戦。対戦相手は同じ三段なのでニギって、外れて白でした。この碁は、ちょっと荒れたかな。右上隅で、白に緩手があり、そこを付け込まれて、右上隅と右辺が分断され一瞬不利になりました。分断が確定する前に、5分投じて(本日、最長考)かなりヨミましたが、ど [続きを読む]
  • 県民囲碁大会に行ってきました-前篇
  • 昨日は第二回県民囲碁大会でした。3人一組の団体戦で、前年度は部門優勝を果たしましたがさて今回はどこまでいけるでしょう?県民囲碁大会概要この県民囲碁大会は元は各支部ごとの対抗戦だったのを、去年から名称を変更して、支部だけでなく各地の同好会や高校の部活など幅広く参加者を募った大会です。今年は第二回目になり、前年度よりかなり多い300名近くの参加となったそうです。私も所属している同好会で参加者を集めて、なん [続きを読む]
  • 第43期碁聖戦五番勝負-棋譜まとめ
  • 八月頭のことですが、第43期碁聖戦五番勝負の第三局が行われ、黒番の許七段の中押し勝ちにて、3連勝で碁聖位奪取となりました。これにより井山七冠は六冠に後退。許七段は七大タイトル初獲得となりました。以下に第一局から第三局までの棋譜動画を載せてあります。第43期碁聖戦五番勝負第一局第一局の棋譜動画です。結果は、黒の中押し勝ち。第43期碁聖戦五番勝負第二局第二局の棋譜動画です。こちらは細かい寄せ合いになりました [続きを読む]
  • 第43期碁聖戦五番勝負-棋譜まとめ
  • 八月頭のことですが、第43期碁聖戦五番勝負の第三局が行われ、黒番の許七段の中押し勝ちにて、3連勝で碁聖位奪取となりました。これにより井山七冠は六冠に後退。許七段は七大タイトル初獲得となりました。以下に第一局から第三局までの棋譜動画を載せてあります。第43期碁聖戦五番勝負第一局第一局の棋譜動画です。結果は、黒の中押し勝ち。第43期碁聖戦五番勝負第二局第二局の棋譜動画です。こちらは細かい寄せ合いになりました [続きを読む]
  • 第43期碁聖戦五番勝負-棋譜まとめ
  • 八月頭のことですが、第43期碁聖戦五番勝負の第三局が行われ、黒番の許七段の中押し勝ちにて、3連勝で碁聖位奪取となりました。これにより井山七冠は六冠に後退。許七段は七大タイトル初獲得となりました。以下に第一局から第三局までの棋譜動画を載せてあります。第43期碁聖戦五番勝負第一局第一局の棋譜動画です。結果は、黒の中押し勝ち。第43期碁聖戦五番勝負第二局第二局の棋譜動画です。こちらは細かい寄せ合いになりました [続きを読む]
  • 【幽玄の間・パンダネット】リアル囲碁で大会を目指す人へ
  • (著・風水)囲碁の部活・一般大会で優勝を目指すキミへネット碁で棋力向上をする人には当然、リアルの囲碁で成績・成果を目指す人も多いでしょう。しかしネット碁だと棋力判定が現実と違うので、いまひとつ目標が曖昧になりがちです。なので、具体的にどの程度の強さを得れば、どこまで通用するのか紹介しましょう。 幽玄の間・パンダネットの対局成績で目指せ大会優勝では簡単すぎて誤差はありますが、目安を表で作ったので、自 [続きを読む]
  • 【幽玄の間】対局の感想・レビュー【遠征中】
  • 幽玄の間レビュー・感想(著・風水)囲碁を教えてくれた席亭;YAMAさんと棋院のパンダで打っていましたが、棋院のメインが幽玄の間というナビをもらったので、一緒に遠征中です。しばらく対局してみたので、他のネット碁と幽玄の違いや、メリット・デメリットなどなど感想を書きます。 他のネット碁と幽玄の間の違い他のネット碁はグローバル基準(世界標準)になっている為、リアルの囲碁棋力(部活・サークル・碁会所)よりも棋 [続きを読む]
  • 攻め合いの問題-この手は何手?
  • 石が競り合い、双方が分断されると、死活の問題と攻め合いの問題が必ず生じます。そこで、今回は私の実戦から攻め合いの問題を一題。出題図分かりやすくちょっと手を加えています。上図の状態で左辺の黒と中央の白が攻め合いの形になっています。さて、黒は何手で白は何手でしょう?解答図黒の手数は○のところの3手、白は×のところで4手でした。AとBは打たれれば互いにツギますので手数には含めません。実際に詰めた図がこちら [続きを読む]
  • 攻め合いの問題-この手は何手?
  • 石が競り合い、双方が分断されると、死活の問題と攻め合いの問題が必ず生じます。そこで、今回は私の実戦から攻め合いの問題を一題。出題図分かりやすくちょっと手を加えています。上図の状態で左辺の黒と中央の白が攻め合いの形になっています。さて、黒は何手で白は何手でしょう?解答図黒の手数は○のところの3手、白は×のところで4手でした。AとBは打たれれば互いにツギますので手数には含めません。実際に詰めた図がこちら [続きを読む]