YAMA さん プロフィール

  •  
YAMAさん: YAMAの囲碁上達道場
ハンドル名YAMA さん
ブログタイトルYAMAの囲碁上達道場
ブログURLhttp://roosenhof.com/
サイト紹介文碁会所の席亭が囲碁をわかりやすく解説します。楽しく打って上達しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/01/24 02:29

YAMA さんのブログ記事

  • 第73期本因坊戦七番勝負第三局-一日目
  • 第73期本因坊戦の第三局が始まりました。ここまでは一勝一敗の五分の流れ、この三局目に勝ち勢いに乗るのはどちらなのでしょうか?対局棋譜動画観戦雑感のんびり布石をやるカードではないと思ってましたが、黒29から黒31とデギるってのはものすごいですね。下辺か右辺突き抜ければ反対側と呼応して黒の大きな地模様ができますし、白がそれを拒みながら競り合うならこんな進行になるんですかね?白が60と蓋をして、黒の断点を強調し [続きを読む]
  • 【級位者向け詰碁】3問黒先白死−答え合わせ
  • 先週出した、詰碁の答え合わせです。3問黒先白死の問題でした。第一問第一問-答え黒1とオオゲイマにスベるのが正解です。白2に黒3と渡って、白4の目作りに黒5と置いてナカデになります。なお、黒5は一路左に打って欠け目にしても正解です。失敗図黒1とコゲイマにスベるのでは狭め方が足りません。白2・4と打たれて隅に一眼作られてしまいます。黒1とこちらの目取りを急ぐ必要はありません。白2と下がられて大きく生きら [続きを読む]
  • 第73期本因坊戦七番勝負第二局
  • 第一局から一週間空き、5月23日、24日の二日間にわたって本因坊戦第二局が打たれました。対局棋譜動画観戦感想1日目の時点では、黒が下辺からの石をどう捌くのか、白が上辺をどうまとめるのかが気になりました。2日目に入り、中盤進み黒が上辺を荒らしましたが、負けじと白も右辺から右下隅まで荒らし返して形勢は五分。このままヨセ勝負にまたもつれ込むのかと思われた時の黒143から急転直下。白の中央からの大石が落ちてしまい、 [続きを読む]
  • 第73期本因坊戦七番勝負第一局
  • ちょっとタイムリーではありませんが、先週から始まっている第73期本因坊戦七番勝負の第一局の棋譜です。対局棋譜動画対局感想序盤からすさまじく難解な攻防で、さっぱり理解できない流れでしたが黒が中央を凌いで左上隅で生きた時点で細かいヨセ勝負になったように思います。最後には黒番山下九段が競り勝って半目勝ちとなりました。 [続きを読む]
  • 一心不乱の中央経営?
  • ここまで綺麗に中央経営ができたらいいですけど本局は出来すぎでした。対局棋譜動画序盤の布石黒1−7までは最近試してる布石。黒7の石がのちの中央にどこまで影響を出せるかいろいろ試しています。白8に黒9はちょっと変化してみましたが、今回は失敗。白16のツメを貰って少し厳しいと感じました。黒17と黒7をうまく結ぶ線もイメージできず、じっくり腰を落として転機を探っている感じです。待ってた転機右辺の荒らしを流 [続きを読む]
  • 縮こまりすぎです、もっとのびのび打ちたい
  • 前局とは逆に、今度は縮こまりすぎている一局でした。左下隅、右下隅ともに生き方が小さい。対局棋譜動画反省点下辺挟んだ石をカケていく途中に相手の白20の変化に惑わされた感じです。黒21の三々は明らかに早いです。黒21では黒1から出切る方がよさそうです。これなら下辺3子取る手と隅に潜る手が見合いになりそう。もし、白2で白3なら黒2から自然に隅が薄くなりそう。以降中盤過ぎまで全体的にやや小さそうな手を打ってて辛 [続きを読む]
  • 囲い方が失敗した一局
  • 布石改善の特訓しながら連敗を食らって、3級に降格したところから対局記録をまたつけていきましょう。棋譜動画この局の反省点ちょっと上辺の白が薄い打ち方になったのもありますが、この局で一番の反省点は中央の囲い方です。実戦ではAとハザマを開けて打ち、ハザマに打たれて対応に苦慮していますが白1のケイマもしくは一路進めてBのオオゲイマ辺りで囲えば打ちやすかったと思います。ハザマに打たれた後は中央と左上の絡みを [続きを読む]
  • 三間開きへの打ち込み-コスム場合
  • 三間開きへの打ち込みで白がコスんで来た場合の進行図です。三間開きへの打ち込み白のカカリに黒が受けて、白が三間に開いた場合の図です。この図での白の狙いは、右上隅の小目と連携して地模様を大きく作ろうとしています。つまり、ここで黒1とコスミツケを打つと白2と二立三析の好形したいと考えているわけです。この状況から打ちこむことも可能ですが、ここでは割愛。三間開きに打ち込み!-白がコスンだ場合白の好形を避けて [続きを読む]
  • 三間開きへの打ち込み
  • 三間開きについての打ち込みについて打ち込んだ側(黒)、打ち込まれた側(白)それぞれの立場で、どのように応手していけばいいのかの考え方について説明します。三間開きへの打ち込み三間開きは、二間より打ち込む余地が残ります。周囲の状況にもよりますが、打ち込みを実行するかどうかはさておき、打ちこんだらどうなるかを常に考えるようにするとよいでしょう。黒の応手の仕方ほぼないとは思いますが、打ち込んだ黒としては、 [続きを読む]
  • YAMAによる著書紹介@YAMA先生の囲碁サポートコラム1巻
  • 第一巻は、実際に私がプロ棋士の先生に、指導碁を打っていただいたときの、対局内容の解説と検討内容が主になっています。やや頑張りすぎた面もありますが、反省点、良かった点をふくめ九子局の打ち方の参考になれば幸いです。1巻(収録内容)01.完全解説付き対局解説10章02.更に理解が深まる局後検討 前編+後編03.その他おまけコラム全40ミニコラム集ブログ本の第一巻はコチラ(税込み99円)⇒YAMA先生の囲碁サ [続きを読む]
  • 総会と昇級昇段大会
  • さて、ちょっと書くのが遅れていましたが、先日は、年度替わりにおける、所属同好会の総会と4月の昇級昇段大会でした。昇級昇段大会の結果最初に、結果を書きます。結果は、またしても二勝二敗でしたorzこれで対抗戦含めて三大会連続の二勝二敗です。負け越すよりはマシですが、どうにもイマイチパッとしない結果が続いていますね。対局雑感初戦は五段の人相手の黒番、二子局でした。左下隅にて、オオゲイマジマリからコスミツケた [続きを読む]
  • 後に引きずらないように即反省!
  • 手ひどい負け方をしたので、ついさっき打った碁の反省点を2点検討します。手合は互先の白番でした。対局棋譜動画反省点その1-左辺の黒石の対応序盤速攻相手の勢力圏で、生きたつもりになっている上辺の石は置いておきます。問題は左辺側に入ってきた黒石を仕留め損ねたことです。黒がAとでてきたときに白Bとツイでしまったのが、手拍子の大失着でした。そののち中央の4子と左辺の1子のキリを見合いにされてしまって、左辺の黒が凌 [続きを読む]
  • 棋風改善特訓中です。
  • さて、3月の頭ぐらいから、棋風をちょっと変えてリアル高段者、ネットでは初段クラスを目指すために今までの打ち方からやや布石を中央を重視した打ち方に意識して変えていってみています。1か月ほど意識して変えておもったことまずこの中央を重視しつつやる打ち方、もともと厚みの碁の方が好きでしたがバランス感覚がちょっとでも狂うと、途端に劣勢になります。積極的に攻撃しなくても、優勢を築けるように打っているつもりですが [続きを読む]
  • 序盤にダメを詰めると良くないという碁
  • とても短手数で終わった碁なのですが、ダメヅマリにより破滅したという碁です。ツケヒキ定石中に黒に挟まれたので上辺側に厚みを築き、後に左辺を挟もうと白△とツケた局面です。黒1とグズんで黒が自らダメを詰めたのが事の発端です。白2に黒3のキリから上辺が白10まで一段落。黒11と封鎖兼連絡されたので白12からサバキにいきました。ここは生き生きぐらいが相場と思っていたのですが黒が25と取りに来たので、隅を取り [続きを読む]
  • 第56期十段戦挑戦手合5番勝負 第一局 井山十段vs村川八段
  • 第56期十段戦挑戦手合5番勝負が始まりました。井山十段に村川大介八段が挑戦しています。対局棋譜動画観戦雑感下辺の黒ヒラキに白のツメから黒がボウシしたことによって厳しい競り合いになっていきました。ボウシ、どうなんでしょう?たしかにこうしないと、左辺の模様が立体化して怖いですが、ツメに一度飛んでおいて天元辺りから消したり左辺側に打ち込みをして削っていく展開にもっていくというのも黒の方針としてあったと思い [続きを読む]
  • Zenに挑戦 七子局
  • パンダで囲碁AIのZenが実装されたので試しに一局挑戦してきました。 対局棋譜動画対局感想さすがに、七子は置きすぎでした。左下で1ミスと右下隅を想定以上に食い込まれてギリでしたがリードは譲らず、最後は半コウ2つをZenが延々争って、コウ材が尽きた辺りで投了されました。左下隅の受け間違え 白Aがあるときに黒△とハネたのが間違えでした。キリが入ってお手上げです。 ここでは黒1と押さえて、先手を取る形にすれば問題 [続きを読む]
  • 大迷走の一局
  • 少し前の棋譜ですが、大迷走している一局です。 対局棋譜動画雑感2週間ほど前の局です。 見直してみると、すさまじく迷走してるというか違和感がすごいです。右下隅白Aと実戦ハネてるのが失着です。 白1と黒2を交換してから、白Aなら問題なく生きです。白7までで生きて、黒は8とケイマするぐらいですかね? 実戦ここで白が頓死してるので黒優勢です。あとは手厚く打っていればいいだけなのですが…左辺の迷走実戦101手目 [続きを読む]
  • 1日遅れの対抗戦の結果報告
  • 日曜日に行われた対抗戦の個人結果です。 結果は、3勝2敗でなんとか勝ち越しで終わることができました。 多少打ち方を変えている最中ですが、ほぼ満足な打ち方ができたかな。 一局大石死んでしまって投了した局以外の4局は、 まずまずの厚い打ち方ができました。 細かく2目負けた局以外は15目以上勝っているので文句なし。 2目負けの碁はヨセの精度の問題ですね。 研鑽あるのみです。 [続きを読む]
  • プロ棋士指導碁 五子局-西岡プロの指導碁
  • イベント3日目に吉岡プロに指導してもらったのを振り返ってます。 前日の大垣プロの碁よりは頑張って打てていますが、やはり弱石を作ったのが厳しいです。 対局棋譜動画反省箇所反省箇所をとりあえず羅列するなら、序盤左辺の折衝。 中盤、上辺の石の不安定化したこと。 終盤、大石の手入れをしなかったことですね。序盤の反省-左辺 上図実戦図。この後左辺を手抜きして下辺を開いています。 あまり好きではないのですが、 やはり [続きを読む]
  • プロ棋士指導碁 五子局-大垣雄作九段に打って貰いました。
  • 囲碁祭りでの指導碁イベントの棋譜です。 縮こまりすぎてとても不出来な一局ですが、載せておきます。 対局棋譜動画総評五子局ですが、プロ棋士の指導碁で必要以上に緊張してしまい、 各所が縮こまってダメダメな碁でした。 特に悪かったところ、検討で直してもらったところ3つを反省として上げていきます。反省その1 下辺の折衝、白の打ち込みに黒△と挟んだところ。 この△自体は非常に良い手なのですが、 続いて実戦黒Aとツケ [続きを読む]
  • 徳川記念囲碁まつりin静岡無事終了
  • 先週日曜日から一週間、水曜日の観光ツアーオプションもいれれば、 一週間丸々ぶっつづけの大型イベントだった囲碁まつりも今日で無事おわりました。 といっても私が手伝ったのは日曜日から金曜日まででしたが、 土曜日と今日は、予定が入っていたためお手伝いできませんでした。 ちなみに、今日は予定通りならプロ棋士の公開対局と竹千代杯こども大会が行われたはずです。 そのあと閉会式のち最後に立食パーティーがあったはずで [続きを読む]
  • 第42期棋聖戦第四局 井山棋聖vs一力遼八段
  • 第42期棋聖戦の第四局は、黒番井山棋聖の中押し勝ちとなりました。 これで井山棋聖は四連勝で棋聖位の防衛に成功しました。 対局棋譜動画観戦雑感左上から激しい戦いが盤の上半分を巻き込んで起こりましたが、 右上〜が一段落したところですでに黒がポイントを上げていたようです。 その後も、白が挽回しようと奮闘していましたが、黒の巧みに打ち回して 逆転のチャンスを与えなかった印象でした。 井山棋聖はこれで四連勝で棋聖位 [続きを読む]