よし さん プロフィール

  •  
よしさん: 園芸Park(種苗交換・配布)
ハンドル名よし さん
ブログタイトル園芸Park(種苗交換・配布)
ブログURLhttp://yosienn.blog25.fc2.com/
サイト紹介文種蒔きして残った種・株分けした余剰苗などを配布しています。
自由文種蒔きして残った種・株分けした余剰苗などを「ごみにするのは嫌!かわいがっていただける方・大事に育ててくれる方にもらってほしい」と言う気持ちから運営しています。
ホームページ→http://homepage2.nifty.com/mydacks/engei/engeiindex.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/01/25 15:13

よし さんのブログ記事

  • ブラキカム
  • https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-352/target_tab-2秋から春の間は日なたに、夏は半日陰に置きましょう。冬は、軽い霜が当たる程度なら戸外で冬越しできますが、凍るようなら室内に取り込みましょう。月から11月に、薄めの液体肥料(チッ素N-リン酸P-カリK=6-6-6)を施します。ただし、1度にたくさん肥料を施しすぎると根が傷んでしまうので、液体肥料は必ず規定倍率の2倍ほどに薄めましょう。 [続きを読む]
  • コキア・ダイヤモンドダスト
  • http://育て方.jp/cat10/post_1497.html高温多湿時期の長雨や梅雨を嫌います。下葉が枯れ上がらないように、軒下など日当たりが良く雨のかからない場所に置きます。四季を通してシルバー(白銀色)ですが、肥料が切れると葉色が悪くなるようです。秋から春にかけてしっかり肥培すると大きく育ちます。半耐寒性(0℃前後まで耐える)なので、冬越しは関東以西では戸外での冬越し可能。それ以外の地域では冬は室内に入れてください。 [続きを読む]
  • アラビス(育て方)
  • https://sodatekata.net/flowers/page/174.html非常に寒さに強くてマイナス15度まで耐えます。寒冷地でも問題なく育ちます。その代わり暑さに弱いので、夏越えさせるためには半日陰に移動させる必要があります。 花の後出来るサヤ状の種を取っておいて、秋に撒けば、また春に咲いてくれます。過湿を嫌いますので、水をやりすぎると腐ってしまいます。http://shop.teftef.biz/shopdetail/000000004245/肥料は生育期の春と秋https: [続きを読む]
  • フキタンポポ(育て方)
  • フキタンポポhttp://eco-le.jp/articles/2029肥料 花が終わり、葉と根が伸び始めるころに、液体肥料や緩効性化成肥料を与えます。窒素過多だと芽が大きくはなりますが、柔軟になり耐暑性が失われるのでやりすぎには気をつけてください。https://www.engei.net/Browse.asp?ID=469033芽につき5号鉢くらいの大きさのものhttp://www.geocities.jp/heboen2/sanyasou/fukitan.html花後すぐと、9〜11月に、固形肥料の置き肥http://www.nh [続きを読む]
  • お種箱 メンバー募集&種いかがですか?
  • 日本1周していた種が、メンバー全員に届き、私の手元に届いています。「よかっ種!ちいさな種から素敵な仲間」と言うサイトがあります。http://yosi.life.coocan.jp/engei/happyseed/HappySeedGarden.htmメンバー募集します!!Seed Box Clearance Campaign(お種箱)http://yosi.life.coocan.jp/engei/happyseed/hsgseedboxclearancecampaign.htmfacebookhttps://www.facebook.com/%E3%81%8A%E7%A8%AE%E7%AE%B1-1429394540417822/ [続きを読む]
  • コウシュンカズラ
  • http://www.yasashi.info/ko_00024.html寒さに非常に弱く冬越しに必要な温度は10℃〜13℃熱帯性樹木肥料は春〜秋の生育期、液体肥料や固形肥料つるが伸びすぎたら切り戻しをおこないます。つるを少し切り戻す程度なら生育期のいつでもよいですが、ばっさり刈り込む場合は、本格的に生育が旺盛になる前の4月下旬ころが適期です。 生長するとつるは非常に長くなりますが、一気に何mも伸びるわけではないので(むしろ伸びはゆっくり気 [続きを読む]
  • ノウゼンカズラ
  • https://sodatekata.net/flowers/page/385.html暖地や平地ではこれといった防寒をしなくても戸外で越冬が可能です。日光を非常に必要とします。花をしっかりと咲かせられるかどうかは日当りに掛かっています。日当りのいい場所に植えてください。フェンスやアーチなどの平面のものが好ましいです。直射日光や炎天下にも強い [続きを読む]
  • ムラサキツユクサ ムラサキゴテン
  • http://www.yasashi.info/mu_00004g.htm乾燥に強く、水をやりすぎると根ぐされを起こすことがあります。寒さには強く、霜の心配がなければ屋外でも冬越し可能 最低気温2℃生育旺盛で春〜秋に茎がかなり長く伸びます。伸びすぎて草姿が乱れたら株元から1〜2節残してばっさりと切り詰めます。切り詰めることでわきから新芽が出てきて草姿が整います。全体のボリューム感を出したいのであれば、ある程度新芽が伸びた頃に摘芯を行うと [続きを読む]
  • オキザリス・レグネリー
  • http://garden-vision.net/flower/agyo/o_regnellii.html球根は真冬と夏以外だったらいつでも植えられます。水はけと水もちのよい土に浅植えします。夏以外は日当たりで育て、夏は遮光して育てると花つきと葉の美しさを維持できます。葉のみを楽しみたいときは半日陰でも十分で、花もそれなりに咲いてくれます。半日陰だとやや花茎が徒長し葉も大きくなります。水はけのよい土を好みますが、根が浅いせいかやや乾燥に弱く、すぐし [続きを読む]
  • スイレンボク(覚書)
  • http://www.worldflower.net/shop/growth/g0009?site=w1秋に花が咲き終わったら、枝元から1〜2節残して切り詰めます。伸び過ぎて見苦しい枝を切って、全体の形を整えるイメージで剪定をしましょう。寒さに弱いので、冬は室内で管理するか、風・霜が当たらない陽だまりに置きましょう。固形肥料を、9〜10月は月1回、6〜8月は月2回与えます。植え替え 2〜3年に1回を目安に行いましょう。https://www.sanyasou-sodateru.com/kaboku/s [続きを読む]
  • ハツユキソウ(初雪草)
  • https://shiny-garden.com/post-3574/日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。日照時間が足りないと徒長して倒れやすくなるので、しっかりと日の当たる場所で育てて下さい。植え付け 適期は5月〜7月上旬です。直根性で移植を嫌うので、ポット苗で入手した場合は根鉢を崩さないように植え付けて下さい。直根性で移植を嫌うため、基本的に植え替えは行いません。どうしても植え替えが必要な場合は、根を傷つけないように [続きを読む]
  • ユーフォルビア
  • https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1021/target_tab-2高温期の多肥・多湿に弱いものが多いので、できるだけ水はけをよくしておきます。強い日ざしや乾燥には強く、特に地中海沿岸地方原産のものは多肉植物に近い性質をもっています。日当たりを好み、明るい半日陰でも育ちますが、花つきをよくするには、できるだけ日に当てます。常緑種は、冬期に葉を傷めると花が咲かなくなるので、種類によっ [続きを読む]
  • シャガ
  • http://www.yasashi.info/shi_00029.htm明るい日陰でやや乾燥気味の土壌を好みます。花の咲く前2〜3月に堆肥を、花後にリン酸分の多い化成肥料を少量施します。たくさん与える必要はありません。根茎は深く植えずに地面に隠れる程度の浅植えにし、通気性を良くします。植え付け直後、はじめはたっぷりと水を与えて乾燥させないようにします。根付いたらかなりの乾燥まで耐えます。植え付けは花後が最も適していますが、基本的に厳 [続きを読む]
  • 皇帝ダリア
  • https://horti.jp/8282容器の1/2ほどまで土を入れます。中央には、塊根、または苗を置きます。土を足す前にあらかじめ1.5mくらいの支柱を立てておくと、植えた後に出てきた芽を傷付ける心配がありません。https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-833/target_tab-2http://www.mc.ccnw.ne.jp/kamome/kouteidaria.htm [続きを読む]
  • サトイモ栽培について教えて
  • サトイモを 観葉植物として 育てています。2年前に 購入しました。1個を購入し、その年の冬前に 3ポットに分け、冬越ししました。3ポットのうち、1ポットは、発芽しませんでした。去年の冬前、冬越し方法を調べました。それによると、親芋と子芋を切り離さないということでした。https://minonaru.net/post-620/芽出しに成功し、定植地(土が入っていた大袋)に 植え替えようとし、疑問に思いました。1つの芋に いくつかの [続きを読む]
  • アサザ
  • http://happamisaki.jp-o.net/flower/a/asaza.htm植え替え: 春(3月〜4月)増やし方: 株分け場所: 水中の日当たりを好む水を入れる鉢アサザはランナーを伸ばして横によく広がるので、できるだけ口径のある容器がよいです。口径は40cm以上、深さは10cmぐらい沈めるので、できるだけ深さのある睡蓮鉢などの容器を、もっと深さのある瓶などでもかまいません。鉢の大きさは5〜6号鉢ぐらいに植え付けます。水に沈 [続きを読む]
  • ウォーターマッシュルーム
  • http://sodatekata.net/flowers/page/900.html水生植物。睡蓮鉢などに沈めて、葉っぱを水上に出す。●店頭に並んでいるのは普通の土に植わっているが、これを睡蓮鉢に沈める。でないとすぐに水切れを起こす。●春から秋は戸外の日当たり。冬は室内の日当たりで管理。冬でも水につける。でないと水切れを起こす。●冬に地上部がなくなっても水につける。でないと春に復活する可能性はゼロに。生育期間に薄い液肥を水にやります。や [続きを読む]
  • パピルス
  • http://sodatekata.net/flowers/page/1492.html水を好む。春から秋は土がずっと濡れていると良い。●肥料と水と日光が揃うと非常に大きく育つ(2m)。●日光を好む。葉焼けしない。●夏の水切れに注意。●半日陰でも育ち、室内の明るいところで生育可能。●冬は霜に当たると枯れる。●冬は水を控えることで0度まで耐えるようになる。水を好むが、湿っていないと枯れるということではなく、水を張っていても根腐れせず、よく生育 [続きを読む]
  • ドドナエア
  • http://sodatekata.net/flowers/page/796.html細長い葉っぱ。それが年間を通して落葉することないです。冬には花が咲き、夏にはそれが実になります。実……正確には種子を被う「サヤ」が花のように赤く、全体にふんわりと付くのもドドナエア(ポップブッシュ)の魅力です。サヤがすごい!夏につくサヤが独特の雰囲気で非常によいです。これを見て「ドドナエアを育てたい!」と手を伸ばすのですが、ドドナエアのサヤが必ずしも多く [続きを読む]
  • 睡蓮木
  • http://www.worldflower.net/shop/growth/g0009?site=w1開花期間:5月〜10月日の良く当たる、風通しの良い戸外で管理します。寒さに弱いので、冬は室内で管理するか、風・霜が当たらない陽だまりに置きましょう。水を好みます。苔の表面が乾いたら、鉢底から水が流れる位たっぷり与えてください。春・秋は1日1回、夏は1日1〜2回、冬は2〜3日に1回が目安です。水切れは、花やつぼみが落ちる原因となりますので、十分に注意しましょう [続きを読む]
  • セアノサス
  • http://www.sodatekatalab.jp/matome/detail/207/きちんと日が当たる場所で育てましょう。寒さに関しては比較的弱い植物なので、庭植えが可能な地域は残念ながら限られてしまします。冬季におおよそマイナス五度を下回らない地域では庭植えが可能ですが、北海道などの寒い地方では鉢植えか温室で育ててあげましょう。開花時期を考慮すると春に植えてあげたほうが良いかもしれません。乾燥していることが大切肥料ですが、有機質タイ [続きを読む]
  • ユーカリ
  • http://sodatekata.net/flowers/page/257.html水やりは乾燥気味に。水のやりすぎ注意。乾燥に強い非常に頑健で、少々水を忘れたくらいでは枯れません。乾燥地域の植物ですし、非常に頑健なので、庭に植えても鉢に植えても、乾燥気味に管理します。植え付けはハーブ用の土鉢植えにする場合はハーブ用の土を利用します。庭植えする場合は出来るだけ水はけのよい土にしてから植え付けをしてください。ユーカリは肥料を大量には必要と [続きを読む]
  • ビバーナムティヌス
  • http://www.flower-toya.jp/info/201201.html開花期3月〜4月置き場所真夏の日差しで少し葉が焼けることがありますので、理想としては半日陰か、西日が当たらない場所。乾燥しすぎる土地は避けてください。寒さにも強く、降雪や霜があると葉は傷みますが、関東地方くらいまでなら屋外で育てられそうです。肥料鉢物の場合、生育中は定期的に緩効性肥料を与えます。庭植えの場合は特に肥料切れがなければ寒肥えを与える程度で十分です [続きを読む]
  • シマトネリコ
  • https://lovegreen.net/growing/p466/日向から半日陰ベランダや庭で管理する場合、春〜秋の時期であれば外に出しっぱなしでOKです。水切れに弱いので、特に夏の乾きやすい時期は土の表面が乾いてきた段階でやるといいでしょう。−3℃まで耐えられます。夏の暑さにも大変強い植物です。植え替え適期は4〜6月。生育の早い植物ですから、根詰まりしないように2年に1度は植え替えをしましょう。もし、鉢底の穴から根が出てきてい [続きを読む]