万病様 さん プロフィール

  •  
万病様さん: Amebaの医学
ハンドル名万病様 さん
ブログタイトルAmebaの医学
ブログURLhttps://ameblo.jp/manbyou/
サイト紹介文医者も知らない病気の真相に迫る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 334日(平均0.2回/週) - 参加 2014/01/25 17:33

万病様 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 癌コラーゲン欠乏症説
  • コラーゲンは美容のみならず免疫とも密接な関係にある。動物実験ではコラーゲンを与えておくと生存率が圧倒的に上がり、コラーゲンを継続的に摂取しただけで完治した末期癌患者もいる。日本の食事様式ではほぼ例外なくコラーゲンが欠乏している上、コラーゲンを摂取しても無駄だという時代錯誤な誤謬に支配されていることが、日本に癌が蔓延している理由のひとつだと推定される。詳細 : manbyou.com/gan/collagen.php [続きを読む]
  • 高尿酸血症隠れ鉛中毒説
  • 鉛は尿細管を詰まらせて尿酸の排泄を阻害し尿酸値を亢進させる。古代ローマ帝国がそうであったように、日本にもまた鉛製の水道管が少なからず残存している。日本に鉛中毒は存在しないと言われているが、微量でも尿酸値を亢進させるという新説に鑑みて、隠れ鉛中毒による高尿酸血症が存在すると考えられる。詳細 : manbyou.com/kounyousankessyou/namari.php [続きを読む]
  • 高尿酸血症化学調味料説
  • 化学調味料は体内でプリン体になるが、合成ビタミン同様有効活用されず尿酸として排泄される他ない。化学調味料の一日平均摂取量は2500mg。日本痛風・核酸代謝学会が定めたプリン体の許容量は400mg。化学調味料→プリン体→尿酸こそ尿酸産生過剰に至る真の経路である。詳細 : manbyou.com/kounyousankessyou/ajinomoto.php [続きを読む]
  • 高尿酸血症酸性尿説
  • 尿が酸性になると尿酸溶解量が激減して尿酸値が亢進する。高尿酸血症の95%は原因不明とされており、そのうちの90%は尿酸排泄低下型とされているが、実際にはほとんどが単なる酸性尿症に過ぎない。酸性尿症を放置して尿酸代謝を阻害する標準治療は見当違いも甚だしく、酸性尿改善薬が用意されていながらそれに気付かないのは理解不能である。 詳細 : manbyou.com/kounyousankessyou/sanseinyou.php [続きを読む]
  • SIDS添い寝説
  • 赤ちゃんに添い寝をすると窒息させてしまうことは昔から知られていた。それがいつからか安全ということになり、再び危険だと認識されるようになったが、添い寝安全説自体は訂正されず、「SIDSの要因になるから危険だ」ということになってしまった。日本ではいまだに危険という認識すらもたれていない。添い寝は第二のうつぶせ寝である。一刻も早い禁止が望まれる。詳細 : manbyou.com/sids/soine.php [続きを読む]
  • SIDSあおむけ寝説
  • ゲップを出しにくいという赤ちゃんの体質があおむけ寝で助長されることにより、腸が空気で膨脹して胃を圧迫し、そこから胃軸捻転、胃食道逆流を経て窒息に陥るが、その際に発見の遅れたケースこそ乳幼児突然死症候群の正体のひとつだと考えられる。皮肉なことにうつぶせ寝を禁止したことで今後はあおむけ寝によるSIDSの増大が予想される。manbyou.com/sids/aomukene.php [続きを読む]
  • SIDSうつぶせ寝説
  • SIDSの大部分はうつぶせ寝による窒息死に過ぎない。だが解剖上の限界・欠陥およびうつぶせ寝安全学説が生み出した“要因”という誤謬はうつぶせ寝ブームと相まって世界中を巻き込み、学会、政府、裁判所、そして遺族団体までもがその虚構の構築に加担する。真実を知るはずの専門家たちは口をつぐみ、被害者の声は届かない。そして今日もまたSIDS裁判という名の不毛な諍いが繰り広げられる。 詳細 : manbyou.com/sids/utubus [続きを読む]
  • SIDS代理ミュンヒハウゼン症候群説
  • 業界の秘密というのはSIDSの世界にも存在する。代理ミュンヒハウゼン症候群(MSBP)がそうである。小児科医ならば乳幼児突然死症候群について専門的に勉強していなくても、MSBPによる死亡例がSIDSと誤診されているであろうことは容易に想像がつくだろう。だからこの説は小児科医には不要なものである。そしてSIDSの遺族たちにも。何故ならMSBPとは母親が子供を無理やり病気にして傷害・殺害する病気なのだから。 詳細 : manby [続きを読む]
  • SIDS乳児メトヘモグロビン血症説
  • 井戸水または植物が原料であるお茶、ジュース、スープなどを6ヶ月齢未満の子供に飲ませると、それらに含まれる硝酸の影響により乳児メトヘモグロビン血症を発症し、いくら呼吸をしても酸素が体内に行き渡らず化学的に窒息するが、原因の根拠が残らず硝酸汚染の実態もあまり知られていないため、乳幼児突然死症候群(SIDS)と誤診されているものと考えられる。 詳細 : manbyou.com/sids/methb.php [続きを読む]
  • 過去の記事 …