yss2011 さん プロフィール

  •  
yss2011さん: 八郷サッカースクール
ハンドル名yss2011 さん
ブログタイトル八郷サッカースクール
ブログURLhttps://ameblo.jp/yss2011
サイト紹介文茨城県石岡市で活動しているYSS(八郷サッカースクール)のブログです。
自由文「個」の育成に特化した少年サッカースクールです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/01/28 07:53

yss2011 さんのブログ記事

  • 大人の階段
  • 今日はスクール開始時刻に遅れるハプニング、ご迷惑をおかけしました。昨日は早く来て中学生の様子を見ていたのですが…。昨日、コーチの本音を伝えた個、今日は意欲的に練習に取り組んでいました。もうかなり長い間顔を合わせていますので、その違いが分かります。少しずつ大人になっていくのでしょう。変わらず頑張ってほしいものです。 [続きを読む]
  • 指示待ち
  • 誰もいないわけではありません。ただ、コーチの「集まれ」という言葉を待っているようです。当たり前ですが、そんなこと言いません。30分経過。40分経過。50分経過。1時間経過。笛を吹かないと動かないのか?指示待ち人間はうまくなりません。よーく、考えてください。 [続きを読む]
  • 布石
  • ここ数年この時期は本当に考えさせられることが多い。まず進路という問題に直面して色々と話が入る。いいことも、そうでないことも。たとえいい結果が出たとしてもその結果に満足すればそのままだらっ〜とした感じの毎日に突入するだろう。ここから先の過ごし方が来年度への布石となる。目標が達成できたのなら次の小さな目標へと、常に常にステップアップしていかなくてはいけない。大丈夫だろうかね?このままで…。来年になって [続きを読む]
  • 予測、準備
  • 本日のスクールはオフザボールの動きをテーマに室内トレーニング。予測、準備、予測、準備、予測、準備…。サッカーの奥深さを知る導入部分、さすがはウチのOBはそのレベルが高い。もっと彼から貪欲に吸収しなくてはいけないね。 [続きを読む]
  • イスコ YS塾
  • 今回のYS塾はイスコ。特にボールの持ち方、姿勢をチェックしながら、何かのヒントになるように…。世界のトッププレーヤーは見ているだけでも色々と感じることができる。また来週!誰かな? [続きを読む]
  • キックの精度、種類
  • 今日はフットサルクラブ、昨年ウチのゴールマウスを守ってくれたGKが来てくれました。予定していたメニューを変更して今日はキックの種類を増やすことに重点を置いたトレーニングになりました。今ではGKにもFPと同じようなビルドアップ能力が必要な時代、キックの精度、種類をもっとあげていく必要がありますね。今日は中学生が二人参加してくれました。ありがとうございます! [続きを読む]
  • スピードが自然とあがる仕掛け
  • 小雨がぱらつく中、筑西市での県西校。ボールの持ち方を少しずつ改善、スピードをあげようとするのではなく自然とスピードが上がるような仕掛けをしました。雨でスリッピーなピッチだけに転ぶ個とそうでない個のコントラストがはっきりしますね。ここに来て入会当初と比べて劇的に変化している個がチラホラ、リフティングもボールタッチもこつこつとボールを触ってきたのが伝わってきます。これからも継続してください‼ [続きを読む]
  • 決めつけはいけない
  • 決めつけはいけない。最後にビブスをきれいに畳んでいる個を見て「几帳面だな〜、さすがA型!」と言ったら、間髪入れずに「O型です。」??ブラジル人の友だちがリフティング出来なかったときと同じ感覚!?子どもたちには無限の可能性を秘めている。久しぶりに八郷運動公園でのスクール、やっぱりここはいいな。虫の鳴き声、足をとられるように凸凹のピッチ等々、でも一度来ると気に入ってくれる人が意外と多いんです。 [続きを読む]
  • 予感、予想、予測、予防
  • 昨日は室内トレーニング、落ち着いた環境で積み重ね。低学年組がかなり成長したと感じる。上の個たちと混ざっても少しだけ対応できるようになっている。高学年はよりいい準備ができるようになった。予感、予想、予測、予防を大切に。あとは予習も…。 [続きを読む]
  • ロベルト・フィルミーノ YS塾
  • 今日はYS塾、題材はブラジル代表、リバプールFCのロベルト・フィルミーノ。技術的な部分よりもポジショニングについての話がメイン、今回もなぜ?どうして?の繰り返し、今頭にあるサッカーの常識を疑ってみる、違う考えもある、そんなことが分かってもらえたらと思います。サッカーの視点を変えるとまた違った何かが見えてくる。また来週も勉強の時間です。 [続きを読む]
  • 保護者の関わり方
  • 今日もフットサルクラブのトレーニング。アップはU-9メニュー、ただ今日は全員クリアできず…。自分たちの現在地を知るにはいい機会、ちなみに昨日は3年生が同じ時間でクリアしました。これについてどう思うか?自問自答してください。昨日に引き続き遅くまでサッカー談義、親御さんのサッカーを見る目も肥えてくると関わり方も変わってくる。この前ある中学生の試合で見た光景、ハーフタイムのあとスタンドで見ている父親のもとへ [続きを読む]
  • 評価
  • この時期ですので色々な話が来ます。いい知らせ、そうでない知らせ。後者は残念ですけど自分を見つめ直すしかありません。正直言えば妥当かな?厳しい言い方で言えばそうなります。勘違いという危険信号が出ているのは常々話してはいたのですが…、これで何か変わるきっかけになればといいと思います。一方の前者は他の個よりも一足早く内定をもらいました。技術的に問題なしという評価、トレセンに選ばれることもなく輝かしい経歴 [続きを読む]
  • コントロールは容易くない
  • 昨日は県西校スクール。雨続きの一週間でしたが昨日は最高のコンディション、しかしながら次の日が運動会だから、修学旅行だからなどで休みが多数。それでも予想以上に集まって集中したトレーニングができました。止める、蹴る。ボールをコントロールするのは容易くない。それを分かっただけでも充分、あとは反復、継続。 [続きを読む]
  • ストライカー養成
  • GKと同じようにストライカー育成、養成にも特別なトレーニングが必要、ということで今日はストライカー養成講座。様々なバリエーションからのシュート練習、FK対決も…。FKはその選手のセンスを垣間見ることができるので色々な発見がある。あっという間にスクール終了、またやりたいと思います。 [続きを読む]
  • サポーター
  • 昨日のYS塾と今日のスクールはターンについて。ファーストタッチで前を向く、できそうでなかなか難しい、それでも全員がしっかりと取り組んでくれました。攻撃のテンポがあがると人もボールも動く、最後はいい感じで終了。今後もその質に拘りながら継続です。この時期色々な話を耳にします。今日はある相談を受けました。その時はまだ頭がよく動いていなくて支離滅裂でしたが、落ち着いて考えた今はぜひ本人の希望を叶えてあげてほ [続きを読む]
  • ブスケツ YS塾
  • 今日のYS塾はブスケツ、特徴的なブスケツターンにトライ。ボールを触る感覚も今までにないもので新鮮だったようで意欲的に取り組んでいました。今ではこの辺りのクラブチームでもやっていますが、それほど深くはない(と思う)。とにかく時間短縮、無駄な動きを排除できればと思います。 [続きを読む]
  • プレス回避
  • 今日のフットサルクラブのトレーニングはプレス回避。残念なことに現実逃避の個が多くガッカリ、少なくてもこの時期の6年生の姿ではないですね。最後は3年生のラストパスを4年生がゴールで終了、これに対し何かしらの感情が沸かないようだったらこの先はないでしょうね。こんなところに体験に来てくれた個には申し訳ない気持ちでいっぱい、あとは忙しい中来てくれたOBの個にも…。 [続きを読む]
  • トランジション
  • 雨のために室内でのスクールに変更、テーマはトランジション、いわゆる攻守の切り替え。奪われたボールを早く奪い返すというよりも、常に守備の時は攻撃を、攻撃の時は守備を頭の中に入れながらプレーすること。もちろん全員ではなくて、シチュエーションによって誰が、どのように…、が大事。ゲームを通じて感じたのは、ネガティブトランジション(攻撃から守備)は理解できるけどポジティブトランジション(守備から攻撃)の部分 [続きを読む]
  • 温度差
  • 寒かったり、暑かったりと毎日気温の変化が体にこたえる日々です。と同じようにスクール生の中にも温度差てきなものが存在してうまく流れるときもあればそうでないときも…、まだまだ自分の未熟さを痛感させられます。一日ひとつでも何か武器を身に付ければ一週間で7個、一ヶ月で約30個、一年間で365個。そのためにももっと高い意識で…。 [続きを読む]
  • サネ YS塾
  • 昨日はYS塾。ドイツ代表のサネのプレーを見て分析、実践。もちろん物真似ではなく、なぜ?どうして?という部分を徹底的に、論理的思考力も磨いています。ドリブルのコース、ボールの持ち方、ボールのずらし方、リズム、参考になるべきポイントが多い。 [続きを読む]
  • U-13リーグ試合観戦
  • 今日はU-13リーグのホーリーホック対アセンブルを観戦のためにつくばまで。見所が多く大変楽しめた試合、両軍にOBがいたということも大きかったのですが…。実は試合後にOBに質問しました。「後半どこ修正したの?」「サイドバックの位置はベンチからの指示?」など主に気になる守備の部分の話、それに対し彼はしっかりと言葉にして教えてくれました。そんな彼との話がまた楽しい、これがサッカー談義。また時間が空けば見に行こう [続きを読む]